FC2ブログ
TAG index

プロフィール

kubota.K

Author:kubota.K
~サイト概要~

2chのスレやゆっくりスレ、話題の記事ややる夫AAシリーズ等、気になった記事を総合的にまとめるサイトです!

よろしくお願いします!

about

『BuZZ Plus News』
バズプラスニュース

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

やる夫でドラクエ6(完結) (37)
ゆっくりいじめSS・イラスト ※残虐描写注意! (966)
ゆっくり愛でSS・イラスト (662)
やる夫でGPM(完結) (46)
やる夫が遺跡を守るようです(完結) (57)
実装石虐待系作品 (119)
やる夫がヒットマンになるようです(完結) (15)
やる夫が3つの珠を探すようです(完結) (26)
やる夫はリィンバウムに召喚されたようです(サモンナイト) (53)
やる夫がヴァレリアを平和にするようです (7)
やる夫は人気作者になりたいようです (2)
【クマー】二人の秘密【澪】(完結) (4)
やる夫が大破壊後を生き抜くようです(メタルマックス・第一部完) (11)
やる夫達は文化祭でバンドるようです(完結) (27)
やる夫達は広島でB級グルメを食べ尽くすようです(完結) (13)
やる夫とやらない夫で月旅行に行こう(完結) (18)
やる夫とやらない夫と漫画家シリーズ(完結) (12)
やらない子の周りは中2病患者(完結) (12)
【DTB】 契約者やらない夫  ―荒野の春紫苑― 【オリジナル】 (6)
DIOえもん(完結) (6)
そっきょうたんぺんすれ(完結) (8)
風魔のやる夫 (5)
東京が死んで、やる夫が生まれた(真・女神転生Ⅲ) (14)
ファイやる夫ムブレム(再録) (16)
やる夫が囲碁の幽霊に会うようです (3)
やる夫は誰かを助けるのに理由はいらないだそうです(FF9) (17)
やる夫たちの周りには愛が満ち溢れているようです (3)
やる夫の屍を越えてゆけ(俺の屍を超えてゆけ) (6)
その他やる夫短編 (58)
スレまとめ(事件) (1)
スレまとめ(ニュース) (36)
スレまとめ(趣味) (82)
SS (21)
しぃ系AA作品(虐待・虐殺) ※残虐描写注意! (88)
南ことり (21)
のんたぬ (0)
雑多 (1983)
管理人からのお知らせ (11)
未分類 (18)
う虐 (2)








検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

1185:よんでますよ、ルーデルさん。

2011/09/02 (Fri) 23:40
1 名前: ◆Wu7aKego3Y[] 投稿日:2011/09/02(金) 15:23:50 ID:jeHI5icU [1/80]
                               _ ,.:⌒≦:. ̄:.ミ:...
                            ,.イ´::/:::.. :..   :........... \
                          /.:::::::::′::.. .ヽ:..:.. ーミ:. 、:. :...\
                            /.:::::/:::::,{::::::......::::i: ヽ:.. \}:. ヽ:.. ヽ
                         /.:::::/::::::ハ::::::...:..:::ト :..\:.:....\:.}:.ミ:.i
                           i.:::::::i.::: /斗{ ::i::.. :::|⌒\:.ヽ:.:.:...ヽ:.. `ト.、
                            {::::::::|:::イ   ハ{:::. :::!  ,. __トミ::.. i:..}:彡|:... \
                           }:::::i::{ ::{ ,≧、∧::.::{ /ィぅ::ミ`yヽ:ト∨: }:.:...、.. \
                           |:::::}人:∨{ぅ::.i  \{  ヒcソノ|:::.....∨:人:::...\:.. \
                         '::::ハ ::ドト Vツ        {::::..... V   \::...丶:....\
                              ∨∧:::::}      '        Vi::....:...\  \::::..... ...`:....
                           {:ノト从      _       人::::...、::..:.\  ` <::::...... :....≧.....
                           /.::::::::: >、    ‘ ’    /  ヽ::::\::::....ヽ    ` <:::.......:::.....≧―- ... __
                        /.:::::::::://:::::>.,    . イ {     \::{ ̄`ヽト      ` <:::::::::::::..............ー.....ミ ...、
                         /イ:::/  :::::::::::::ハ ̄   乂     ヽ             `¨¨ <:::::::::........ \:\
                          { ∨   {.:::::::::::{ ,}       7フー― 、                 ` <:::::::::.....\
                            |::__::斗く    -一 //       ヽ                    \::::::....
                           斗く  \   ` ′___ 斗'一<  ̄ ̄`ヽ                    \:::..
                           / ̄_ ≧ ミ`¨¨¨¨´__  -< ̄ ̄厂`iヽ.ノ
  ,j⌒i                       / /      ̄ ̄  ノ   \ / o 厂{
  {::|!:...|   ,、                  ノイ       ____,廴 /   }  /  ハ
  |::|!:...| /:...〉                 />―ー{ー≦ ̄      {r<   ノ o,ムイ }
  |::|!:...|/:.../                  爪    __∨____,/   ヽ/ /   _ノ
  |::|i:../:.../                /' ≦ ̄ ヽ i|      /__ ≧=ー' o /__ 斗 孑}、
  |::}i::′/             rく/     _`{ _____匕 =====ミ  ヽ   ム/::..\

アンサイクロペディアで取り上げられたおかげで日本中で有名になった超英雄、ハンス・ウルリッヒ・ルーデル大佐の生涯を改めて振り返ってみるスレです。

2 名前: ◆Wu7aKego3Y[] 投稿日:2011/09/02(金) 15:24:23 ID:jeHI5icU [2/80]
              /ZZZZZZZZZヽ
   ,ヘ             トNNNNNNNNN|
   ヽ/    ,   |」  トNNNNNNNNN|     _       /7
          ヽ〉     トNNNNNNNNN|  []  i./       ´
,、                トNNNNNNNNN|               /7
ヽ>             トNNNNN;>-::┴―-- 、   /7   /  _|_o
                トNN >'´.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::::\  ´   |   _|    七,
、へ              トト/.: .::.:.:.:.:..:::/.: .:.:.:.:.:.:.:.. `ヽ     レ <_,「ヽ  (レ') ~~
  `          、ヘ   ,ィ'.:.:;' .:.:.:.:.:.:.:i.:.:i.:.:. :.:.:.:.:i.:.:i.: .:. ハ //7 /7
             V ./.:i.:.:.i:.:.:.:.:.:.:.:.A.:i.:.:.:.:.:.:.::A.::i.:.:.:.:.:.: l  ̄/
ヽ>            /.:::.:::i.:.:i.:.:.:i.:.:.::/ V.:.:.::.:. / |∧.:.:.:.:.:.:|     ,ヘ /
       ,、   /.:.::::::::i.:.i :.:.:N、.:l_ヽ Vヘ.:.:/,ィ_Z i.:.:.:.:..∧   </                ルーデル閣下をネタキャラ呼ばわりする馬鹿は
、> .       ヽ>  /.::.::::::::イ|.:レ、.:.!ィ'fァミヾ   V ,ィ㍍゙) !:::..,ィ::::ハ                           生きたまま37mm砲で打たれればいいんですよ!!
          /.:.:.::::::/ トYハ::`ゝ弋;ソ    弋;ツ∠ノ:| !::::ハ   />
            /.:.:.::::::/ .トト!.ハ ::! ::::::::.       :::::::: i::::.:!  !::::ハ   ´
        /.:.:.:.::::/  トN:..:.:八.    r =┐   ,'::.:.:.|  i:::::ハ   , '>
          /.:.:.:.:..:/   .トN .::.:.:.介:..、  '、_.ノ . イ.!:::.:.:|   i:::::ハ    ´       _
コ        /.:.:.:.:.:./   ∧Nハヘ、.:..:::/ヽ` ー 'ハ リ |::::./   i:::::ハ        イノ
      /.:.:..:.:.:/   ∧NN,ィ' ヘ\!!  \_/ .}\ レ;/    i:::::ハ
       l:.:.:.::::/   ∧>イ }:::::}  ハ ./ハ^V  ! ` ー- 、  l:::::ハ          lニコ
       |.:.:.::.;'   ∧i´ ヽ|. !/ヽ  V.:.i:.:i.:ハ ハ     ハ  l::::::::l    =ニコ
       |.:.:.:.:l   ハN  i. | / ´ユ ∧.:.:ハ:.:.:} /      .} .|::::::::|
       |.:.:.:.:|  N,イ  ヽ| _{   ┤ └/ハ├' 〉   i   |  !::::::::!
  lニコ  |.:.:.:.:! ,ウ /!.   Y \ :ナ\ l::M:| /     .i  | .|::::::::|      lニコ
=.     | :.:.:.|/i /./.ノ  /   ー'}   V iリ      i  | .!::::::::|

::::::... ..丶
:::::::.... ...\
:::.' ──-.. \
:::::::... ⌒__丶 \
:::::::::.... .'::. ).ヽ  .ヽ
:::::::::::.... __ ..丿   ヽ
:::::::::::...    ヽ   .ヽ            いきなり爆弾発言から始まるのかお!!
:::::.._ ノ ヽ.____丿   .丶
::::::::::::::.... ..::ノ      .)
:::::::::::..   ../       .ノ
:::::::::.⌒ "       ..ノ
:::::::::::::::::....    ....::::::../
:::::::::::::::::::::.. ......::::./

3 名前: ◆Wu7aKego3Y[] 投稿日:2011/09/02(金) 15:25:07 ID:jeHI5icU [3/80]
               ´::::::::::::::::::::::`丶
            /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
           .:::::::::/:::/:::::::::::::::::::::::::::\:::::ヽ         , -、
          /::::::::/::::::::::::/:::::::::::}: l:::::::::::::::iハ.      /´∨ ,ノ´゙)
           ::::::::::i:::::|:::::::{:::::::::::∧:|\:::::|:::::::::}\.   / ,/  / /`)
         |::i:::::i:|:::∧::::j|::::::::/´ |_` ::::j::::∨j:::::ヽ / ,/  / / /
         Vi:::::i:|:::| |::ハ::::/ ィんiハ∨::::::|∧::::::∨ /  / /  ′    細かいこと気にするんじゃねーよ、この白饅頭は!!
         ∧:::从::lイんiハ∨   弋:ソ '|:::(⌒\:::::/ ⌒ `ヽ( !      では、ロスケのカチューシャ砲の集中砲火でバラバラになりやがれと言い直します。
         |:::::::::ハ小弋:ソ     、、│:::\  ∨        {
         |::::::Vヘ∧ 、、  ′     |:::::::|:ハ    ー--、   ,′
         |:::::::ハ::::::::i:、   マ::ノ   イ|:::::::|_,∧   `ヽ    /
         |:::::::| l::::::::i个ト,、   . イ\|:::::/i/ 人       /
         |:::::::|八::::::i:|ノ^八 `´/  |イi:i|.:{::.{{`ー  _...イ}
         |:::::::| __\/「::{. `)く.    リ::|:i:i|::.::Vい、__///
         |::::/.::.::.::.:/.::.:| /大\  /.::.|:i:i|::.::.::.:.\__/o:〉
         ∨.::.::.::.::.:〈.::.::.:∨/}|小 V.::./|:i:i|ヽ::.::.::.::.::.::.::.::/
          |.::.:{:.::.::.::.:>::〈〈_八jハ〉〉::.`|:i:i|::.::\.::.:_/|
          |::.::.∨::.::/:.::.::.::∨| l |∨:.:: /|:i:i|.::.::.: 厂|:::::::: |

4 名前: ◆Wu7aKego3Y[] 投稿日:2011/09/02(金) 15:27:36 ID:jeHI5icU [4/80]
                                                                                            ,-‐-- 、
                                                                                          /IIIIIIIIIIIIIヽ
                                                                       _,  -‐‐-- 、_          /IIIIIIIIIIIIIIIIIIIII
                                                                     /  :::::::::::、  、 ` 、     //IIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIII|
さっき言ったとおり、本作はアンサイクロペディアでルーデル閣下の活躍を読んで                   ノ    ::::::l::::;|:::::::::::|  ::::: ,ゝヽ、  ||IIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIII|
大ファンになった作者がアンサイクロペディアや本家ウィキペディア、その他                    , ´ , I  ::::::::ト:::::|::::::::::|:::: ::::{:::::::::`、 |IIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIII/
ネット上から拾った話でルーデル閣下の活躍を再構成したものです。                    ‐-==´ゥ ::::/::::| :::::::,::_ユ= |:::::::::::|:::::::|::::::::;;;;;| |IIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIII/
ぶっちゃけ今時金を払って本を買ってそこから物語を起こすなんて馬鹿のやることですね。          ィ´::::/レ /} ::::::/ |::/ I::::::::::::l:::::::::l、:::::;;;;`| |IIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIII/
                                                              /|::::::;;ΗT/ リ |ノ  ,=サ、i:::::::::::::}:::, ;;;;|::::::::;;;;;;}lIIIIIIIIIIIIIIIIIIII/
                                                            /::::::;;ヘ i::::从|、ル|ノ  /£:ヾ!i::::::::|チ´`》;;|:::::;;;;;;;;|IIIIIIIIIIIIIIIIIII/
                                                          /:::::::::::, イ ヽlヘ:::::::ソ;ミ;j    ゞ;シ/ ::::::ノゞ∥;;,,|::::::::;;;;}IIIIIIIIIIIIIIIII/
                                                         /::::::::::::/   Y /::::::〕ヘソ      {::::::::/r'´´;;ノ|::::::::::;;;;|IIIIIIIIIIIIIII/
                                                       /::::::::::::/    ノ从::::ハ 、  , 、  /:::::ノ ト‐"  |ヽl ::;;;;|IIIIIIIIIIIII/
                                                      /::::::::/     /イ::::::::ノ l、  く   ) /::/レ' `l_  |::;;|;;;;;;::lIIIIIIIIIIII/
                                                     /:::::::: イ      /'/ { レ´   ヽ、 ´_/::/ ノ二二ユ、ノ::;;|;;;;;;::lIIIIIIIIIII/
                                                     /::::/ |     ノ"  {/ /ヘ-- ゝ´ソ/´;;;;´;;;;;/IIII/::::;;;|;;;;::|IIIIIIIIIII/
                                                     { /´{::::{        `、/;;;;;;;;;;`ヽ;;;;;ノ;;;;;;;;;--/IIIノ:::;;;;;イ;;;;::: /IIIIIIIIIIIヽ

5 名前: ◆Wu7aKego3Y[] 投稿日:2011/09/02(金) 15:28:12 ID:jeHI5icU [5/80]
            ____
          /― ― \
   rヽ     /(○)  (○) \
   i !   /   (__人__)     \
  r;r | ヽ |    ` ⌒´      | 軍オタをdisってんのかよこのアマは!!ぶっちゃけ軍オタをなめんじゃねーお!!馬鹿にするなお
〈     } .\           ./
 l    /  /           \
 ヽ   l /              \

6 名前: ◆Wu7aKego3Y[] 投稿日:2011/09/02(金) 15:28:44 ID:jeHI5icU [6/80]
       ハ    }ト.、                    ,.イイ
   /  V   |}::.\              //::.::}
  / {  ノヽ     |..トヽ::.:\ ,. -―――- ..._,..イ::./イィ::.{ }}            馬鹿な白饅頭は放っておきましょうねー
    `´      {{ {く`' ヽ:/  ...:.: :.  ..:.:..:. ミ: 、/ 孑リ
    ノ      ∨z/ ...:/.: ...::{ .:. :....:.:.i ..:.:.:.:\zV               さて、ルーデル閣下は皆さん知っている通り人類史上最高の戦果を上げた英雄です
    \         ∨/.: ..:′....:ハ .:.. .: ...:.| ..:.:.ヽ .:.:〈、              その英雄ぶりはこのお方の戦果を知ればよく分かります。
     ヽ      ,/.i .:. .:{:. ..:./ |.:.. .:. .:.:|i ..:.:.:i:..:.:ト:'.
          /!./{.:i: :イ´:丁` l:{:.:....:´丁ヽ`.:}..:.:.| }} }}
     ⌒)  ,.:...:.:{:{:.|.:{:..::ト.:.:.{    {ヽ:.i..:.:リ  }..:.|i..:.:ト.l|
       ´  / ..:.:.:从:ハト、.:{ ,≧、   ∧{ヽム=ミ|..:ハ..リ:ノヽ.               ・出撃回数2530回(落とされた回数30回)
         / ..:.:,イ.:.:,イ.:.:.:{V rぅiヽ   イrぅi`}ハ:.:.}〈:..:.:.:.ヽ               ・破壊した戦車519両
         ,..:..:.:/ノ.:/|.: i|ハ ヒヅ      ヒヅノ i}:.:.:..{、..:.:.. '.              ・破壊した装甲車・トラック800台以上
      /...:.:./:'.:/  !..:.:トi   ¨´      `¨   小:.:..i '. ...:.:.:.'.             ・破壊した火砲150門以上(100mm口径以上限定)
      .′.:.:':.: /  | .: l从               ム|.}ハ{ハ ..:.:.. i             ・破壊した装甲列車4両
       i ..:.: i.:ノ    l:i :i{  \   ヘ    ..イ }イ..:|ヽ i:...:.:. l             ・戦闘不能にした軍艦3隻(戦艦、嚮導駆逐艦、駆逐艦)
     ,l ..:.: {′   |:{小  /i> -- i爪   ノ }:.リ   ':....:.|            ・沈めた上陸用舟艇70隻以上
     /|..:.:.:.|     从{,.斗ヘ. ` ーx rー' ノト..   /:/   l::...:. |            ・落とした航空機9機(戦闘機2機、爆撃機5機、その他2機)
 i   / :|..:.:.:.l   ,. < ::.::.:}:::::::\/ミrAイ::::{::::`ソく、   }i:.:.. |
 |  / .:.,l..:.:.: {  / ..::.::.`ヽ:.:\,..:.ヘ/イ{iト\/::.::.::.::.::..} i  ハ:.. |
 l! ':.:.:/|..:.:.: |  { .::.:: i ..::.:::::.く..:.ノノ j.| V.:\、.ヽ:.:/:.{ }}i .':.:.}:.:.i
 l! .:./ !.:.:.:.:{ {{ ト..::.: | ..::.:::ヽ::Y/::.V/{ ト∨:..}}:.:i/:..ん' | /:.:.:.:.:.′ i

7 名前: ◆Wu7aKego3Y[] 投稿日:2011/09/02(金) 15:29:06 ID:jeHI5icU [7/80]
     ____
   /      \
  /  _ノ  ヽ__\         すさまじい戦果だお・・・まさに人類史上最強の戦士といってもおかしくはないお。
/    (─)  (─ \        ルーデルに敵うものなどこの地上に存在しないんだお。
|       (__人__)  │
/      ∩ ノ)━━/【】[] シュボッ
(  \ / _ノ´.|  |  □
.\  "  /   |   二⌒)
  \ /

8 名前: ◆Wu7aKego3Y[] 投稿日:2011/09/02(金) 15:29:31 ID:jeHI5icU [8/80]
             __
            /⌒ヽ:::\   ______  __ -―┐
            | : j⌒ヽ::::ヽ'´_:.:._:.:_:_:.:_:._ >'::::/7: :|
            |て /⌒..ゝ-──────-、/ア }: :.′
            |: :>:'´:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ r`/
            .イゝ´:::::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::\:::::\'::⌒' ,
          /:::://:::::::::::/:::::: /:::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ:::::::ヽ:::::::\
        /:::::!´i {:::::::::::::|:::::::/1: !::::::::::::::::::ヽ:::::::::::::'.::::::ハ:::::::::::'.    しかもルーデルは、激戦のさなかに片足を失ってしまいました。
         .'::::::r!   ヽ::::::: |::::/ |:::|:::::::::::::::|::::ハ:::::i::::: V  'ヽ:::::::::i    それでも彼は闘志を失わず、スツーカに乗って戦い続けました。
         |::::: i    |::::::::|::::! ノ::|:::::::::::::/X_j!::::!:::::::|   i!:::::::::|    スターリン言うとことの「ソ連人民最大の敵」、そしてソ連軍にかけられた賞金は10万ルーブル。
        !::::::{    |:::::::::V ̄ V\:::::/    !::/::::::ハ  人::::::::|    大戦を通し、ソ連軍からこんな扱いを受けた人物は後にも先にもルーデルただ一人。
         .'::::::::ハ  _ノヽ::::::|      ヾ     イ::::::/⌒:V  |::::::|    他にもルーデルの残した強烈エピソードは数知れず、さらに心が震えるような名言をいくつも炸裂させています。
      /::::::::/ )':.:.:.:.:.人::|z≡ミ       ィ≡x/:::/:.:.::.:.:.:ヽ |::::::|    では彼の生い立ちから遡り、ハンス・ルーデルの激烈な一生をじっくり見ていきましょう。
      .イ::::::/ (o:.:.:.:.:.::}:::ト ////   .   ////イ::.:.:.:.:.::.:o} |::::::|
      i! |::::::|  r'。 :.:.::.: !:::|            ハ:.:.:.:.:.::..イ' |::::::|
      i! |::::::|  |:.:.:.:.:.:.:. !:::ト     (  ̄ )   .ィ::::::|:.:.:.:.::.:.:|  |::::::|
      i! |::::::| ノ:.:.:.:.:.:.:.:ハ::ヽ::.|` .       .イ:.:i|::::∧:.:.:.: : .ヽ. |::::::|
      i! |::::::|(:.:.:.:.:.::.:.:.::i!::::::Ⅵ   ヽ. ̄/  |:.::i|:/:.:|:.:.:.:.:.:.:.:.:.' !::::::!
      i! |::::::|/:.:.:.:.::.:.:.::.:|ヽ:://ト  .イjニハ  |:.:イ:.:.:.|:.:.:.:.::.:.:.::.:.i!:::::|
      i! |::::::|.:.:..::.:.:.:.:.:.:.:!. //:.ヽ. // || ||ヽVノ:.:.:.ヽ:.:|:.:.:.:.::.:.:.::.:.|::::::|
      |::::::|:.:.:.:.:.:.::.:.:.:ノ:.:く:.:.:.:.: { { 〃 ヽ//:.:.:.:.::/:.:|:.:.:.:.:.:.::.:.:.:!::::::!
.      |!::::::!:.:.:.:.::.:.:/:.:.:.:.:.\:.:.:ゝイ   lY:.:.:.:./:.:.:ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.ノ::::::|

9 名前: ◆Wu7aKego3Y[] 投稿日:2011/09/02(金) 15:30:05 ID:jeHI5icU [9/80]
                       ....:≦.. ̄ ̄ ̄.:.:..ー、‐-...
                      / .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:、.:.:、.:.:.:..\:.:.`::.、         . ´  ̄ ̄
                    ,〃:.:.:.:.:.:/..: ヽ.::.:\:.\:.:.:.:.:..\ヘ:..\       /
                ,...=:..、/:.:.:.:〃〃〃.:.:〃.:.:.:.:ヘ:::.:.:ト、.:.:.:.:ヘヘ::.:. \     f 時は1916年、第一次世界大戦のさなか・・・
           〃:::::::: V:.:.:.:/.:..:::.::イ :.::ム:V.:.:..:::.ト、__、.V:.:.:.ヘヘ:::::::.:.ヘ   ( ドイツ東部のシュレージエン地方、サイフェルダウという小さな村でルーデルは生誕します。
          〃::::::::::::f.::.:.:/.:.:.:i/'|:./   V.:.:.: | V:.|`'V.:.:.:ハハ::::.:、.:ハ   ンルーデルが8歳の時のある晩、両親は彼に留守番を押し付けて近所のお祭りに行ってしまったのです。
         .'.::::::::::::::::{::.:./:.:.:.::i   {i_     V:.:.' __  .V:.:.:..}:::::|.ヾl _厂 当然ながら憤慨したルーデルを宥めるため、母親は土産話をはじめたのです。
          .'.:.::::::::::::::ハ.::| ..:.:::{, /⌒`ヽ     V /'⌒ヾ .ト.:.:..|:ヘ: !弋彡   中でもルーデル少年が物凄い食いついて来る話が、パラシュート降下する男のショーでした。
         .i..:.:::::::::::::'  V:! .:.::小,{{   }}      {{   }} |:V.∧:ヘヘ ¨彡-  あまりにもしつこく聞いてくるので、母親はルーデル少年に落下傘の玩具を作ってくれました。
          .}.:.::::::::::::{   ',|∧.::|:ヘ` ==''        ` == ' {:::レ':.:.:.:{ヘ}
        l :.::::::::::::i     |.:.:゙ト{ .:{                 i::::::..:.: .:ヘヘ
         ..' .:.:::::::::::|     | .:.:{.:.:.ヘ     f´ ̄ `!     从:::.:.:. : .::i:ヘ
         , '...:.::::::::::::}    ', ト、V:.:.: 、   ヽ.__ ノ    ノ V:.:.:.:}:.:.::|Vヘ
        .'...:.:.:::::::::::::     ',{ VV:.:.介 、     ,. <   }.:..ハ:. |:..Vヘ
       .'...:.:.:.::::::::::;'        _ノ:V:.:.}\  ̄ ̄{ノ >、    |ノ  ∨.:.:..V;.i
       .{ ..:.:.:::::::イ::{   .,..:≦.:..:.ヘ:ヽ{ヽ. `ー,v<_   i:.:ヘ:>..、.    V.:.:.: N
       .| .:.:.::::,/ |::|  〃.:..:..:..:..:..:.:}..:.. ヘ /.イ !、ミ_'〈.:..:ヘ..:..:. ハ    i.:.:.:.:..i
      .l.:.:.::::.{. {::|  {....:..:..:..:..:..:..|:..:..:..:.゛《ノハ、廴} }:.__:_l:..:..:...}   |.:.:.:.. |

10 名前: ◆Wu7aKego3Y[] 投稿日:2011/09/02(金) 15:30:38 ID:jeHI5icU [10/80]
          _ ‐..::  ̄ ̄ ::::... 、
           r'::/:::ィ:::::::::::j:::::::ヽ::::\
           |:::|::/ |::::::::∧:::レ::l:::|:::::rヘ
           l:::仏⌒ヘ:/ ⌒ヽl:::|:::::|::::! ルーデル少年は、それで毎日のように遊んでいたが、ついには自ら蝙蝠傘を持って二階からダイブしてしまいます。
        /::::リ y=ミ ′ ィ=ミ /:::!:::/::::| 怪我は無かったが、こっぴどく怒られたのは言うまでもありません。
        |::::{ xx     xx/::::::「)::::::| そしてルーデル少年はこれを境に「飛行機の操縦士になろう!」と決意したのでした。
        lハ:仆 ..._ ヽフ /:::: /´| ::::::!
         Ⅵ::::ソ勺 7:イV_ i!:::::::!
          |::/ 爻___ん'´ッ'⌒ヽ::::::|
          ソ /‐―一弋{、  |::::::|

    / ̄ ̄ ̄\
   / ─    ─ \
 /  (●)  (●)  \
 |    (__人__)    |
 \    ` ⌒´    /
 /            |     ・・・・・・それって、ただの馬鹿なんじゃねえの?
(_ )   ・    ・  ||
  l⌒ヽ        _ノ |
  |  r ` (;;;U;;)   )__)
 (_ノ  ̄  / /
        ( _)

11 名前: ◆Wu7aKego3Y[] 投稿日:2011/09/02(金) 15:31:02 ID:jeHI5icU [11/80]
      -‐..::::  ̄ ̄ ::::::......、、
   /:::::::::/::::::::::::::::::::::::ヽ:::::::::ヽ、
  r'´:/:::::::,イ:::::::::: |::jハ;:::::::::ヽ:::::::::::\
  |::/::::::::/│::::::::::|::| |::::ヽ:: ',:::::|:::::::..',
  !:l:::::::/ ̄|::::::::::// ̄|:::从:: |:::::|::::::::::rヘ  余計な茶々を入れる白饅頭は死んだほうがいいですね。
 ノ:|::::/ ___レヘ:::::/ ___V  ';::|:::::|::::::::::|:::::.i
. !:::{从rテ示  ∨ rテ示7 V::::::|::::::::/::::: |  そして、月日が流れて20歳のルーデル青年は、大学入試を間近に控えて悩んでいました。
/:::::::::リ ヒソ     ヒソ /::::::/::::::/:::::::::|  飛行機学校に入りたいのですが、彼の家にそんな余裕はありません。
|:::::::: ′          /:::::::「`)イ::::::::::::|  飛行機乗りの夢を諦めようとしていたその時に、ルーデルの前に、大きなチャンスが開けました。
|:::::::小、         /::::::::::r'´ |:::::::::::::|  祖国ドイツに空軍が創設され、予備将校の志願者が募集されたんです。
|∧:::| l::> .. _ ̄   .イ::::::::::/  |:::::::::::::|  六百人の志願者の中で、六人が選ばれるという難関――なかば諦めていたルーデルでしたが、それをクリア。
l| V !:::::::::|rュr勹   フ::::/V    |:::::::::::::|  こうして彼は1936年12月、ビルトパーク・ウェルター軍学校に入学しました。
    |:::::/ん)´  /:/ン勹ぅ- 、│:::::::::::|
    |::/ r')ヘ   んr'´ノ´   ヽ ::::::::::::|
    l;' /  `⌒´  ( {、     |:::::::::::::|
    / / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ヽ }!     |:::::::::::::|

12 名前: ◆Wu7aKego3Y[] 投稿日:2011/09/02(金) 15:31:39 ID:jeHI5icU [12/80]
______________
                    |
                    |   そして約2年の時が流れ、一通りの操縦技術を学び――卒業間際。
                    |   仲間達の間では、「全員がスツーカ隊(急降下爆撃機)に配属されるらしい」という噂が囁かれます。
                    |   当然ながらパイロットの花形は戦闘機であり、スツーカ隊は人気のあるものでもありません。
                    |   ルーデルはそんな噂を聞いて観念し、仕方なくスツーカ乗りを志願したんですが――
                    |   いざ卒業式の後に配属先が発表されると、クラスの仲間達はほぼ全員が戦闘機部隊。
                    |   「噂を信じて馬鹿正直に志願してしまったものだ・・・・・・」と後にルーデルは語っています。
___ /) /)________|
!:l:::::::/ ///:// ̄|:::从:: |:::::|::::::::::rヘ
ノ:|::/ /. //^)' ___V  ';::|:::::|::::::::::|:::::.i
. !:::i ^ r  /")rテ示7 V::::::|::::::::/::::: |
/:::::l   ^ 'γ''  ヒソ /::::::/::::::/:::::::::|
|::::::: r 、   j     /:::::::「`)イ::::::::::::|
|:::::::: >    /      ,/::::::::::r'´ |:::::::::::::|
|∧ /   / ̄   イ::::::::::/  |:::::::::::::|
l| /    /_r勹   フ::::/V   .|:::::::::::::|
..      ____
     / ―  -\
.  . /  (●)  (●)
  /     (__人__) \     やっぱり馬鹿じゃねーかよ
  |       ` ⌒´   |
.  \           /
.   ノ         \
 /´            ヽ

13 名前: ◆Wu7aKego3Y[] 投稿日:2011/09/02(金) 15:32:06 ID:jeHI5icU [13/80]
   r、―― -、  ´ ̄ ̄ `丶 -――ァ
  { \:.:.:/::::::::::::::::::::::::::::::::::\:.:./}
   ヽ Z∨:::/::::::::::/::::::::::::ヽ:::::::::∨Z/     とはいえルーデルは爆撃機を存分に乗りこなします。
 ::   >、Z| :::|:::|:i:::::{::::::::: }::::i:| :::::: |Z/      最新型の爆撃機スツーカの扱いにも慣れたころ、ルーデルは不本意にも偵察部隊への転属を命じられてしまいます。
 :   /::::::/| :::|:┼V八:::::::ナV┼::|::::|::\      ルーデルは寡黙にミルクばかり飲んでいて、あまり周囲とは打ち解けなかったので追い出されたんですね。
   /:::::/ |:: 八|T::::T\/T::::T|:/:::ハ:::::::ヽ     ぶっちゃけ協調性のまるでない、今で言うコミュ障というやつです。
  /::::: ′ ∨{:::i代cリ  弋cリイ:::/ハ ::::::'.
  i::::::::|:   ヽ:人っ   、  っ'::::/   i ::::: |
  | ::::::|     \{>zr-rz<}/ :  |::::::::|
  | ::::::|     〈 ((ィ介)) 〉     :|::::::::|
  | ::::::|:      ト、 l」∨} /      |::::::::|
  ';::::八       |∧ ∨ /|    /:::::::/
  \:::::ヽ     j___ヽ⊥厶}、   /イ::::/
    \{ \  /rイ⌒)(⌒ト、\  //
         `‐┴ '´ ` ┴'‐┘
       ____
     /⌒  ー、\               へー、コミュ障かお、
   /( ●)  (●)\              そう聞くと妙に親しみが沸いてくるお。
  /::::::⌒(__人__)⌒:::::\
  |     |r┬-/ '    |
  \      `ー'´     /

14 名前: ◆Wu7aKego3Y[] 投稿日:2011/09/02(金) 15:32:34 ID:jeHI5icU [14/80]
          , - ´  ̄ ̄ ̄ ヽ
           ,::::::::::::::::::::::::::::∧::::ヘ     でも白饅頭には爆撃機を乗り回すのは無理ですねー。
        ,  /:::::::::::::::::M::::::ル ∨::ヘ     そして1940年春、いよいよフランス戦が勃発し、ほぼ同時期に彼は念願のスツーカ隊帰還を果たしました。
     /::::/:::::::::::::::::/  ∨  .∨::ヘ     彼は猛訓練を積み、意気揚々と実戦を待ったのですが、そんなルーデルを待っていたのは、絶望の日々です。
      i:::::{:::::, /:::Ⅳ / ・ ヽ・ ,∨:j     フランス戦が始まっても、彼に出撃は許されなかったんです。
      |:::::::,::{ i:::!   `   ノ    Ⅵ     同僚達がスツーカに乗って出撃していく中、自分だけが居残りなのです。
      |::::::ⅣY:::∧          }i     この時期の悔しさと怒り、絶望、屈辱、その他諸々の感情は回顧録からもひしひしと伝わってきますね。
      |::::::| ヾi:::::::j   ~~~  ル     フランス戦でも、翌年のクレタ島侵攻作戦でも、スツーカ隊は参加したにも関わらずルーデルは居残りでした。
      |::::::|   ><         ノ::|
      |::::::|       > ー<´ |:::.l
      |::::::l    /::::> 忠.∧ .l:::::|
       ::::::i   /ヽ:::::::Ⅳ ∧::Ⅵ:::::l
      ∨ヘ ./:::::i::::::::::::∨:::∨:ヘ::::|
       .∨Ⅵ::::::::l:::::::::::::o:::::::∨:ヘ:j
        ∨.|::::::::|:::::::::::::::::::::::::∨:ヘ

15 名前: ◆Wu7aKego3Y[] 投稿日:2011/09/02(金) 15:33:47 ID:jeHI5icU [15/80]
..      ____
     / ―  -\
.  . /  (●)  (●)       何でルーデルは居残りばかりさせられたんだお?
  /     (__人__) \
  |       ` ⌒´   |
.  \           /
.   ノ         \
 /´            ヽ
                      ____
                  ´:::::::::::::::::::::::::::::::::`丶、
              /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
               /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
              /::::/::::::::::: /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ      当時ルーデルの飛行隊にいた上官と折り合いが悪かったらしいですね。
          /::::/::::::::::: / :::::::::/::: :::::::::::: |:::|::::::::::::::::::::::::::::',       だからその人が司令官にルーデルの航空技術は低いと報告していたんです。
           |:::::|::::::::/:/| ::::::::/::/|:::::::::::::::|:::|::::::: /::::::::::::::::::|       否定しようにもコミュ障では部隊の誰も助けてくれませんしね。
           |:::::|:::::::::⌒| ::::::::::/ :|::::::::::::::::::リ::::::/:::::::::::\::::j        ルーデルは出撃できない悔しさに男泣きに泣いたそうです。
          |::/|:::/厶..{:::::::::/⌒|::::| ::::::::|/::::: ::::::::::ハ:::::∨
          |::八if{.r心ハ:::::/  八:::|::::::::/:::: /::::::::/⌒Y⌒ヽ
          |:i:小i:| Vツ ∨   ィ=ミ、∨::: /::::::::/::-=7::::::::::} 
.            |:i::| :}         ん心∨::::/::::::::/:::_彡{:::::i:::::|
              |:i::|:::   '     弋iツノ:::::/:::::::::ハ::::::/!::: i:::::|
           ヽ:.j八         "   /:::/:::::::::/ノ/  |:::::i:::::|       「出撃命令でエンジンが唸り出すたびに、拳を耳につめこみたくなる。
          _,..,,人|:::::\('>        /:::/:::::::::∧'´    |:::::i:::::|       シュトゥーカ隊は、クレタで歴史を作っている。
       ,.'" ノ;'  ヽ:::::::i\ _,.. 、 ‐/:::/:::::::::/ ハ    |:::::i:::::|       そう思って、私は口惜しさに男泣きに泣いた」       ルーデル『急降下爆撃』
     〃;'/(    ';::::::i::::八:(  >'7:ノ:::::::::/  )\  |:::::i:::::|
      {{ {{ }} }}ゝ、;,八:::::i:::| ヾV/:::::::::::∠二/)  ヽ.│:::i:::::|
      {{ {{ }} リ /〃 |::::i:::| _∠::::::_ノイ──‐'´   ∨:::::::::::j
      Vリ /〃/  j_ '"´               }: /::::/
       }リ/'/   /                   /::/::::/

16 名前: ◆Wu7aKego3Y[] 投稿日:2011/09/02(金) 15:34:20 ID:jeHI5icU [16/80]
              __
          ´::::::::::::::::::::::`丶
       /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
      .:::::::::/:::/:::::::::::::::::::::::::::\:::::ヽ         , -、      しかし、ついにルーデルにもチャンスが回ってきます。
     /::::::::/::::::::::::/:::::::::::}: l:::::::::::::::iハ.      /´∨ ,ノ´゙)    1941年6月22日の午前4時、ルーデルはラジオで独ソ戦開始のニュースを聞いたのです。
      ::::::::::i:::::|:::::::{:::::::::::∧:|\:::::|:::::::::}\.   / ,/  / /`)    修理機を移送するためにドイツに戻っていたルーデルは、明るくなると同時に故障機格納庫に疾走。
    |::i:::::i:|:::∧::::j|::::::::/´ |_` ::::j::::∨j:::::ヽ / ,/  / / /    修理されたばかりの機体を強奪するようにして前線に飛んでいきました。
    Vi:::::i:|:::| |::ハ::::/ ィんiハ∨::::::|∧::::::∨ /  / /  ′    こうして翌日の23日に、ルーデルは念願の初実戦を迎えたたのです。
    ∧:::从::lイんiハ∨   弋:ソ '|:::(⌒\:::::/ ⌒ `ヽ( !
    |:::::::::ハ小弋:ソ     、、│:::\  ∨        {
    |::::::Vヘ∧ 、、  ′     |:::::::|:ハ    ー--、   ,′
    |:::::::ハ::::::::i:、   マ::ノ   イ|:::::::|_,∧   `ヽ    /
    |:::::::| l::::::::i个ト,、   . イ\|:::::/i/ 人       /
    |:::::::|八::::::i:|ノ^八 `´/  |イi:i|.:{::.{{`ー  _...イ}
    |:::::::| __\/「::{. `)く.    リ::|:i:i|::.::Vい、__///
    |::::/.::.::.::.:/.::.:| /大\  /.::.|:i:i|::.::.::.:.\__/o:〉
    ∨.::.::.::.::.:〈.::.::.:∨/}|小 V.::./|:i:i|ヽ::.::.::.::.::.::.::.::/
     |.::.:{:.::.::.::.:>::〈〈_八jハ〉〉::.`|:i:i|::.::\.::.:_/|
     |::.::.∨::.::/:.::.::.::∨| l |∨:.:: /|:i:i|.::.::.: 厂|:::::::: |
       ____
     /⌒  ⌒\
    /( ●)  (●)\        ついに魔王が出撃したんだお!! これからソ連軍に大損害を与えるんだお!!
  /::::::⌒(__人__)⌒:::::\
  |     |r┬-|     |
  \      `ー'´     /

17 名前: ◆Wu7aKego3Y[] 投稿日:2011/09/02(金) 15:34:48 ID:jeHI5icU [17/80]
     /::::::::::::/::::::::::::::::}::::::::::ヽ::::\::::::::::ヽ_
.    /::::::/::::::/:::::::::::::::::::l、:::::::::::ハ:::::::ヽ::::::::::lへ
   /:::::/:::::::/.!::::::::::::::::/j∧:::::::::::l:::::::::::l:::::::::|:::::ヽ              ルーデルは1941年7月18日に一級鉄十字章を受章します。
    |::::/:::::::/__l::::/:::::::/l:/⌒\::::::!::::::::::l:::::::::|:::::::::丶             この時期はソ連軍は潰走に次ぐ潰走を続けていたので爆撃する目標もたくさんありました。
    }:::':::::::/´ !/j::::::/ /     V::|:::::::::::!::::::::|\:::::::::\            こうして腕前を磨くルーデルの前に、ルーデルにとってはいわば師匠となるすばらしい
   |::l::::::::l  _ l/   ,ィfう「゚圷}:::::::::::}Y:::リ   \:::::::::\           指揮官が現れるのです。
   |::l::::::::l ィfヤ心     弋ぅツ l:::/:::::l }::/    \::::::::\          その人の名は、エルンスト・ステーン大尉といいます。
   }∧:::::::ヘ 乂ぅツ      ´,,,, /:/:::::://        \::::::::\         ステーン大尉はルーデルのことを気にかけていたのです。
   i! }从:::::'. ,,,,, 、      l:/:::::/´          ヽ:::::::::ヽ        ステーン大尉は非常に人格者で、この時期のルーデルの恩師といってもいいほどの人物。
     ヽ::V:::ヘ    、‐ ァ    j:::::/、_           ',:::::::゙,        「のちの自分の功績は、ステーンに追うところが大きい」と自著では記されています。
      八:.:.:人    `    ィ}:/≦丶            l:::::::::::l       またルーデルとステーンは共に散歩したりと、非常に良好な関係でもありました。
      /丶:.:\:.:.:> ≦匕..-──--ヘ           l:::::::::::l       この時期のルーデルはステーンの後ろを飛び、様々な技術を教わっています。
     /::::::/>、j` ,斗≦--、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\         }:::::::::::!       まさに、恩師のような人物です。
   /::::::/    __/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヘ:.:.:..:.:.:.:.:.:.:.:.:\       |:::::::::/
  /::::::/     li´/|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.'.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.l      ノ:::::::,′
/:::::/     _フ´:.}:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:',:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.{    /:::::/
:::::/   /'´ ̄_フカ:.:.:|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ:.:V:.:.:.:.:.:.:.:.:./:.|   /:::::/
/      (( /i:.:.:.:l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:V:.:.:.}:.:.:.:.:.:.:./::.:.|./:::::/
.          /:.:l:.:.:八:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:V:.:.i:.:.:.:.:.:.:'i:.:.:.:|:::::/
        /:.:.:.:.:.:.:.:.ヘ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ:}:.:.:.:.:.:.リ:.:.:.:|<
        /:.:.:.:ヽ:.:.:.:.∧:.:.:...:.:.:.:.:.:.:.:.V:.:.:.:.:/:.:.:.:.:|
        /:.:.:.:.:.:.:\:.:.:.∧:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:∨:./:./:.:.:|
        /:.:.:.:.:.:.:ヽ:.:.:.:.:..:.ヘ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.∨:.:.:.:.:.:.:.:|
.      }:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\:.:.:.:.:.\:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:∨:.:.:.:.:.:.:|
         ____
        /⌒  ⌒\
      / (⌒) (⌒)\         やっぱり魔王を鍛えるにはすっごい師匠が必要なんだお。
     /  ::⌒(__人__)⌒::: \         これでルーデルのヒットポイントは一気に上がるんだお。
     |       |::::::|   ,---、
     \       `ー'   しE |
     /           l、E ノ
   /            | |
   (   丶- 、       ヽ_/

18 名前: ◆Wu7aKego3Y[] 投稿日:2011/09/02(金) 15:35:24 ID:jeHI5icU [18/80]
                                                                                 |::::::l:::::::/|!:::::::|:::::::::::::::j| |::::::::::|:::::::::::::::::: i __
          なおスツーカことJu87は操縦士と後部機銃射撃手の二人乗り機で、                              /::::::::::::/  !ハ :::::|::::::::::::/ |:Ⅳ:::::::|::::::::|:::-、::|´:::::ヽ
          操縦士のルーデルにも相棒の射撃手がいました。                                        .’:/:::|:::!‐--|L∨::|:::::::::ム.」:|_∨::::|::::::::|:::::::`|:::::::::::l
          彼の名は、シャルノブスキー伍長。編隊内では最年少でありながら、沈着冷静な人物。             .     l イ:::: !::!   |! ∨|:::::::/   リ  ∨:|::::::::|::|:::::::!:::::::::::l
          彼を怒らせるのは不可能とまで言われる人物でありながら、深い闘志と高い技術を持っていたそうです。   .     |! |::::::|:!     ∨::::,'        Ⅵ:::::::|::|:::::::!::::::::::::!
          そんなシャルノブスキーがルーデルの後ろに乗り込み、近寄ってくる敵機に機銃をぶっ放すということですね。.     | .l!::::::l _‐-、  ∨:i  __    〉::::::::|/:::::/|::::::::::::|
          この二人は名コンビとして、熾烈な東部戦線で着々と戦果を伸ばしていきます。                       ハ::::|└‐- コ   ∨ r――-, /:::::::::::仁Y ∨:::::::::!
          それを先導するのは、良き理解者であるステーン大尉――まさに、ルーデル幸福の絶頂期といえるでしょう。      | _i下. ,,,        ̄ ̄ ¨ l:/:::::::ト |  〉:::::::::|
                                                                                 V ぃ'、    '    '''' .. -=':::> ‐┴' く /:.ィ::::::::!
                                                                                 h ぃ.ヽ          / /:/       く/ !::::::::l
                                                                                 ! '. い. l    O   レ'i:/         `.!::::::: !
                                                                                 } '. ! | ト 、     /.〃             ∨::::ヽ
                                                                                 |  l   }  ` ァ マ´ イ             ∨:::::::\

19 名前: ◆Wu7aKego3Y[] 投稿日:2011/09/02(金) 15:35:51 ID:jeHI5icU [19/80]
                    ___
                     .:.´.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:`丶、
                    .::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.:\
                _/::::::::/:::::::::::::/:::::::::::::::::::::::ヽ     1941年9月、ルーデルのいるスツーカ隊はドイツ軍の包囲するレーニングラードの町に進出しました。
               /::| :::: /:::::: //|:::::::::::::| ::::::: ハ     この町はフィンランド湾に接しているため、駆けつけてきたソ連艦隊が作戦の障害となっていたんです。
                 /::: |:::::::|::::: /'⌒ |:::::::::::∧::::::::|:::|     ソ連艦隊の内訳は戦艦「マラート」と他1隻、そして巡洋艦や駆逐艦が多数。
            /:::::∧:::::|::::/   、|八::::⌒| :::::::::::|     これを撃退するため、9月16日にスツーカ隊はレーニングラードへ出撃しました。
             |::::::」(|:::::∨二    ∨ |/::/::::リ     その編隊の1番機はステーン中隊長、そしてルーデル&シャルノブスキーの駆るスツーカが続きます。
             |/ヽヽ ::::|'⌒ヾ    x=ミ |∨::イ  
               / 、ヽ_}ノ)::::|u    .  、、 イ/ ::|
            ト`ー'´`ァ1 :::ト  (::::>   人|::::::::::|
         _/{`二了八::::|\>─ァ≦⌒八:::::::iト、
         ト--'´   V /\|   >< |  l∨ /}:::::小::ヽ
.          /|     ;〈  ∧/爪∨ │∨斗く }ハ:::ヽ
         /::::::〉     ∨> / /ノ|ハ 〉< 〈 / ,`ヽj:::::::'.
.        /::::::∧      | \人ノ| |し /  (つ-(_/_人::::::|
       |::::::〈        ノ  \l│|.l/   ∨`ーニ二} 〉:::|

      γ⌒) ))
      / ⊃__
   〃/ / ⌒  ⌒\                戦艦が相手なのかお!! さすがルーデルだお!!
  γ⌒)( ⌒)  (⌒) \ ∩⌒)
 / _ノ :::⌒(__人__)⌒ 〃/ ノ
(  <|  |   |r┬(    / / ))
( \ ヽ \ _`ー‐'  /( ⌒)
               / /

20 名前: ◆Wu7aKego3Y[] 投稿日:2011/09/02(金) 15:36:16 ID:jeHI5icU [20/80]
                 /:::::/::::::::::::i::::::::::::`ヽ
                /:::::/:::/':::::::::l:i::::::::::::::ヽ\
            /::::/::::/〃::::::::/ハ::j::::::::::::i::::::ヽ
               {:::〃::/‐/ {::::://、|::|:i:::::}:::|:::::::::.
            V/::;rァミ, ∨ _ |::|:i:::/::::ミヽ:::}     まあ、でも第一回目の出撃の際、
              /::/ ヒン   ´ん _,ト|:::/::::/=-::::ハ     戦艦の装甲にも通用する2000ポンド爆弾は前線に到着してなかったから
           __  /:::{ '" '    弋ーソ::::::::::/三彡:::::i     戦艦を相手にするには威力不足の1000ポンド爆弾で仕方なくソ連艦隊狩りに向かったんです。
        / iJT} }ー―‐┐     "/:::::::::/}:::::::イ ::::::|     当然のごとく「マラート」は炎上したものの深刻な被害は受けていなくて、沈むことなく
      , ′ /ー'ン'^ヽ>く´     _/:::::::::/ノ/ l::::::::|     その場から逃げてしまうんですけれどね。
       / ー '__/:::/. -- 、_ノ ̄/:_::::/¨´    |::::::::|     つづいての作戦では、駆逐艦一隻を瞬時に沈没させます。
     /   / /:::/      ,. '´   ヽ       |::::::::|
     /    l.//   }    /     }     |::::::::|
    ,′   |'| |   /   /       ,'       |::::::::|
    l     l l l   /    /    , ' /        |::::::::|
    |     / l`'<{____/    / /}       |::::::::|
    l    .ィ"i^)ミ:=彡7     , ヘ._/ノ      |::::::::|
     `¨´ l::::l ソ <,/     /ニ彡7       |::::::::|
       l::::l  }、`7    /¨´/'!         |::::::::|
        |::::| (ミV    /、/  ,}        |::::::::|
        |::::l  }/     /     人       |::::::::|
        |::::| /     /` ー---- イ         |::::::::|
    __ |::::l /     /    / |        |::::::::|
ーT  ̄ |    ̄ 7     /====彡-ー ヘ       |::::::::|
  l   l     /   /   / -―<ミ\      |::::::::|
  |   |   /    /ミZ彡'"´ ̄ ̄`ヾ\)     |::::::::|
       ____
    //   \\
   /( ●)  (●) \           あっさり逃げられたのかお、戦艦というのは意外に頑丈なんだお。
 /::::::⌒  、_!  ⌒::::: \
 |     'ー三-'     |
 \              /

21 名前: ◆Wu7aKego3Y[] 投稿日:2011/09/02(金) 15:36:43 ID:jeHI5icU [21/80]
                 -――――-        ♪
             /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\   /
            .:::::::::::::::/::::::::::::::::::ヽ::::::::::::::ヽ
           /:::::::::::::::;':::/:::::::::::::::::j::::::::::::::::::::.        そしてレーニングラード初出撃から5日後の9月21日、いよいよ前線に2000ポンド爆弾が到着します。
           ,':::::::: /:::/|:::::::::::::::::::::::|\::::|::::::::::i        時を同じくして、戦艦「マラート」が再び現われたのを偵察機が確認。
          /|:::::::i::|::⌒|:::{::::::::i:::::::/|⌒i:::|:::::i::::|\       「今度こそ沈めてやる!」という深い闘志をもって、さっそくルーデル達は出撃します。
        /::::::|:::::::i::Ⅳ |:八::::::i:::::/ j/ V|:::::i::::|::::::\     例によってステーン大尉が一番、ルーデルが二番という流れで「マラート」に対して急降下爆撃を敢行。
          / :::::::|:::::::N,ィうテミハ :::!::/ィうiテト│::::::/\:::::::ヽ    かなり近距離で投弾したので、一瞬目の前が見えなくなったルーデルでしたが、
       /:::::::::/ハ:::::i:::.、V::.ソ ヽレ' V::..ソ :::/V  ヽ::::::::::.   相棒のシャルノブスキーが発した「戦艦が炎上しております」という声で、彼は命中を知りました。
.      /:::::::::/  レ:V^7ゝ    ,       /:イ ::|    '::::::::::,
     /:::::::::/   {;:::{ { い、   、 ,   ∩/h::iト 、  i:::::::::,
      ::::::::::;′/∨トヽ丶.\     _ ノノ // リ  \ |:::::::::i
     i::::::::::| {   l::\    ` 、‐‐/   /:::/     }│:::::::|
     |::::::::::| |   ∨|/丶、  }_{   /∨|/    │|:::::::::|
     |::::::::::| |     ∨ ̄\ |八 / ̄│ /    |│:::::::|
     |::::::::││     /    o\「o     ∨     |│:::::::|
     |::::::::│ ∨     /       }|     ∨    /│:::::::|
  _ _   ___
 / ) ) )/ \  /\
 {   ⊂)(●)  (●) \        やったお!! ついにルーデルが戦艦を沈めたんだお!!
 |   / ///(__人__)/// \
 !   !    `Y⌒y'´    |
 |   l      ゙ー ′  ,/
 |   ヽ   ー‐    ィ
 |          /  |
 |         〆ヽ/
 |         ヾ_ノ

22 名前: ◆Wu7aKego3Y[] 投稿日:2011/09/02(金) 15:37:05 ID:jeHI5icU [22/80]
     /      \  )く⌒)
             V⌒Y( ___)人
.  /     /⌒Y )__ノノ:::::::::::::::\            ブッブー、今時戦艦「マラート」が沈んだなんて言っているのは情弱の馬鹿だけですね。
  /      ∨⌒し'::::::::::::::|:::::∧:::::::::.            確かにこの爆撃で「マラート」は船体は第2主砲塔の前で真っ二つに切断されており、
 {  \(⌒し| :::::}| ::::::::::::::| :/ }::::::::::l             事実上の大破着底状態に追い込まれていますが、残った後ろの砲塔を利用して
.(⌒Y⌒ヽ_)::::|:::::::ト| ::::::::::::::|人ノ|::::::| :|             その後も海上砲台として定期的にドイツ軍部隊を砲撃しました。
 〉 {}=-ノ :::::::|::::::rミ::::::::::::::::|   |::: 八|             戦争が終わってから数年後、「マラート」は本格的な修理と改装に取り掛かり、
 しヘ _ノ:::::::::::|::::::{、|:::::::::::::N三 {∨    プッ         1951年9月25日、砲術練習艦として復帰しました。
.  //| |\::::::::| :::人|:::::::::::::|    Y               つまり沈没なんかしてないんです。
  | |│l/:::::>j:::::{" ∨¨¨⌒ヽ""  ル )  -3           ルーデルは死ぬまで「マラート」を撃沈したと思い込んでいたのかもしれませんが、
  | |│l::::::/77:::/しレ--- 、(_ イ{ /               とんだお笑いですね。
  | |r| | ::/¨7::( /     \⌒ヽ{
  l jト| |:/ /::::ノ//        V_ノ」
 ///| l{ /:/ / {       (_∧
./// :| |∨∧_/ {           )) {
'//:::::|│〉:{  )八       /厶ィ\

23 名前: ◆Wu7aKego3Y[] 投稿日:2011/09/02(金) 15:37:26 ID:jeHI5icU [23/80]
               /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
              .::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ  _
               .::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\::::::∧´:::::`ヽ
               /::::::::::::::::::::::::/| :::::::::::::::::::::::::∧:::::::::::::::::::::::: ∨:::∧:::::::::::}
             ′::::::::::::::::::::/ :|::::::::::::::::::::::::/─-:::::::::::::::| :::::::|:::::::/::::::::::::|        ちなみに日本でこの事実を指摘したのは
           ::::::::::::::::::::::::/-‐|:::::|:::::::::::::::/   \:::::::::j:::::::::|/::/:::|::::::::::|        偉大な艦船研究ブロガー、シア・クァンファ氏です。
          |:::::::::::::::::::::::::  |:::∧::::::::::/      \ :::::::::: |::::::::::}:::::::::|        シア・クァンファ氏は「世界の艦船」をはじめとする
          | ::::::::::::::::::::::|  ∨ ヽ::::::|  - ,斗-=ミV::::::::::|/:::::::::::::::::::|        日本の軍事雑誌の艦船記事がいかに間違いに満ちているかを
          | :/::::::::::::∧:l斗-=ミ   \|  ィん:::::i } リ ::::::::::ト、 :::/:::::::::::|        常に指摘し続ける偉大なブロガーです。
          |/∨:::::::∧ マ' ん::::i ト       V/(ソ |::::::/::リ'^∨:::::::::::::|        ロシア関係の記事で彼の右に出る人はこの日本では一人も
           /::::::::::::::::.   V/(ソ           |:::/:::::| /:| :::::::::::::|        いないと言っていいでしょう。
           ,′:::::::::::::::::.       .     ''"  |/::::::::|ノ | :::::::::::::|        金をもらって記事を書く雑誌ライターがこのお方に誰も叶わないなんて
             i:::::::::| :::::::::::::.  ''"           .:::::::::::厂`ヽ:::::::::::::|        そんな連中はみんな首をつればいいですね。
             |:::::::::| :::::::::::八      t  )    /::::::::::/    \ :::: |
             |:::::::::N::::::::::::i个           イ′::::::/_ノ      \:|
             | ::::::::::|::::::::::::i::|  {>  ..._,,  ´ /:::::::/´        ヽ       皆さんもシア・クァンファ氏のブログをどんどん宣伝してくださいね。
             | ::::::::∧:::::::::::::|   \ \ \.   /:::::::/       /            ロシア・ソ連海軍報道・情報管理部機動六課
             |::::::::::|ハ :::::::: |    \ \___/{::::::::|     /             ttp://blogs.yahoo.co.jp/rybachii
             |::::::::::|{ ∨\:|      \   人::::::|
             |::::::::::| 、   ∧         ー<  \|   /
             |::::::::::| \                 ∧ /
             |::::::::::|  {\  \         〈
             |::::::::::|   |           /::..  |
             |::::::::::|   {      丶    /∧::... |
             |::::::::::|    \____>ニニ/ マニニ{
             |::::::::::|      \    \┏━┓┏L..,,,___

         ____
       /     \
.    /       \ 
.  / /) ノ '  ヽ、 \      金を払って買う雑誌より無料で読めるブログのほうが内容が正しいのかお、なんだか時代は変わったもんだお
  | / .イ '(ー) (ー) u|
.   /,'才.ミ). (__人__)  /
.   | ≧シ'  ` ⌒´   \
 /\ ヽ          ヽ

24 名前: ◆Wu7aKego3Y[] 投稿日:2011/09/02(金) 15:37:55 ID:jeHI5icU [24/80]
         ,::::::::´::::::;;;;:::::::::::::::::::::::::::`
       ゝ:::: ::: ::::::;;;;;;;;::::::::::::::::::: ::::::::::::::::::`
      ´:::::: ::::: :::::;;;;;;;人::::::/::::::::::: ::::::::::::::::::::`
   ゝ::: ::::::::/ ::::::: ::::;;;;;;/ i::::/ヽ:::::::::: ::::::::::::::::::::::::}       「マラート」撃沈のことはともかく、爆弾を命中させて沸きに沸いたルーデルたちに
  //: :::::::/ヽ:::::::::::;;;;;/´ i::√ ヽ:::::::::::;;;:::::::::::::::::::::i       再出撃の命令が下ります。
   ,::: ::::::/  ゝ::::::::;;;/  i:/  ヽ:::::::::::::;;;;::::::::::::::::::::i      「マラート」の近くにいた巡洋艦「キーロフ」を破壊するために出撃せよとのことでした。
   /::: ::::::i´  ヽ:::::::i   ィイ=ミ、 i:::::::::八::::::::::::::::::::{;;;;;;     ところが、ステーン大尉の機体は着陸時に破損してしまって飛びたてません。
   ,ハ::::::::i ,ィェ  ヽi   イノ ハ 》ノ::::::ノ:::::i:::::::::::::::::::i;;;;;;;     そこでステーン大尉はルーデルの機体を相棒のシャルノブスキーごと取り上げてしまうのです。
    i::::::::i《 ノハ}`    弋;;;;ノノ レ/:::::::::i:: ,::::::::::::i;;;;;;;;     こうしてルーデルは居残りを強いられました。
     ,:::::::i ゝ;;;ノ          {:::: :::;;::: | ヽ:::::::::::i;;;;;;;;     ……しかし、ステーン大尉は帰ってきませんでした。
     `:::::ノ   '          ,:::: :::;;;::::i ノ:::::::::ノi;;;;;;;;;     ステーン機は対空砲火の直撃を食らってしまい、機体はみるみるコントロール不能に。
     i::::::′            ,:::: ::;;;::::´::::::,< i;;;;;;;;;     最期の力を振り絞り、ステーンはそのまま巡洋艦「キーロフ」に体当たりを食らわせたのです。
     ,::::::    ´`        i:: ::::;;;;:ノ:,     i;;;;;;;;;     こうしてルーデルは、恩師と相棒の二人を同時に失ってしまうという悲劇を体験しました……
     V:::::;; 、          ,:::::::i::;;/´     {;;;;;;;;;
     ∨:::::;;;;;>    _  イ i:::::::/i;/、     {;;;;;;;;;
      レヽ;;;;;;;;;;;`ー ヽ     i:::/  / `ヽ
       /::::;;;;;;;;;;;;/ , -ヽゝ´  レ /:::::: / ` ー-
      /::::::::;;;;;;;/,ゝ/i ーゝ    /::::: ,
      ,::/i:::, ⌒  //||ヾ }   /:::: ,
      / /  / // || |ヽヽ /:::  /
     / ,   イ /   || | ヽ / ::::
      i i  /《    || | 〉 〉 ,::::::
          ; ____;
         ;/      \;
        ;/   /   \\;     な、なんという悲劇……涙なしでは語れないんだお、さよならステーン大尉……
      ;/   o゚((○) ((○)゚o
      ;l        (__人__)   |;
      ;\     ` ⌒´   /;
      ;/             ヽ;

25 名前: ◆Wu7aKego3Y[] 投稿日:2011/09/02(金) 15:39:12 ID:jeHI5icU [25/80]
                                                 .     /:::::::::: : : ://::: : :/:: ://⌒ト :::: |::: : : :| : :::::.:: : |::::|i: : : : : i
                                                       :::::::::::: : :/::: : :/ ::: ://:7 ハ:::::|::: : : :|: : :i:: : : |::::|i: : : : : | 
     当然のことながら、さすがのルーデルもステーン大尉の死のショックは       |:::::::::::::::/:::::/  ///∨、│∧::i::: : : : : : :|:: : : |::::|i: : : : : | 
     相当大きかったようです。                                  |:i::::::::::厶イ  / /{:. 〉 }」/:ハi::: : :./:: : :|:: : : |/八i: : : : | 
     しかし、戦争はまだまだ続いています。                          |:|::::::::::::::/  `ー‐''   ∨ /ー'⌒7 : : :/::: : : |:: : : |/:::リ: : : : :| 
     相棒を失ったルーデルは、エルヴィン・ヘンシェルという下士官を          |八i::::::/{ _ ヽ   ∨ //:/|∧::: : : |:: : : ト:::::| : :i: : :| 
     新たな相棒に選びました。                                 丶 | :::::∧ {!弌:::ミ、   二斗≠:::=ミ:::.: : |:: : : | }く| : :i: : :|
                                                        |::::::::::::. ヾと公リ     cV公とつ∧::: : : : : lノ | : :ト、 |
                                                        |:::::::::::::::.                 ∨:::: : :.| !: :|  \
                                                        {:ハ:::::::::: ∨//  '    //// │::.:: : :| │: :|   \
                                                         | |::::i::::::i人               /|:::: :/ 八.│: :|     ヽ
                                                         | |::::i::::::|  > .   ^⌒     ´ / |::.:/ / /│: :|
                                                         Vヘ八:::|     〕> ._.、 イ  /∨:: : /    | : :|      |
                                                         j:::リ ∨\   〉  |: しヘ/   | {/V  /  | : :|      |

26 名前: ◆Wu7aKego3Y[] 投稿日:2011/09/02(金) 15:39:55 ID:jeHI5icU [26/80]
                   _ ____
            ,. .:.:´.:.:.:::::::::::.:.:.:..`丶、
           ,.:.'´.:.:.::::::::::::::::::.:.:.:.::::::::.:.:.::`ヽ、
          ,.:'.:.:.:./.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::.:.:.:.::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\        ヘンシェルはとても有能な青年でした。
        /.:.:.:.:.;'.:.:.:.:.:./.:./.:.|.:.:.l.:l.:.:.:.:.:.:|.:.\.:.:.:.:.\       彼はルーデルと出撃中に、後部機銃でソ連戦闘機を落としてしまうという
         /.:.:.i.:.::l.:.:/.::/.:./ l.:.ト、.:l l.:.:.:.:.:.:|.:.:.:.:.ヽ.:.:.:.:.:ヽ、     とんでもない戦果も果たしたほどの兵士だったのです。
       _ノ.:.:.: l.:.::|.:.|.:.:|.:./__」_l_ V.:l.:.:.:.:.:.:ト、.:.:.:.|.:.: : |:.ヽ`ー'   ルーデルとヘンシェルはスツーカを駆って着々と戦果を増やしていったのです。
    /.:.:. }.:. :.l.:.::|::.|.:.:|/´  l/  V.:.:.:.:./:l⌒ヽ. |.:.: : |..:::|     1942年1月、ルーデルは戦艦破壊などの功績によって騎士鉄十字賞を与えられたんですよ。
  /.:.:.:.:.:/.: : .l.:.::|.::|.:.:{ , テミヽ  |.:.:.:./ リ _ニl/ |.:.:.:.ノ.::.:}
  .:.:.:.:.:. ∧ ミミ.:.: ト、ト、V´んハ`   |:/ イんハ V:::::::::::::/
  .:.:.:.:/  ヽミ{.:. {.:.:\|ヽV:りノ      ヒソノノ}.:.:/.:/l/{
  ::/     ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.| ////   ,   ////レ'.`Y´.:.',
         |.:.:.:.:.:.: :|             {.:.:.:.:.:l.:.:.:.:',
         |.:.:.:.:.:.: :|     `ーー'     ノ.:.:.:.:.:l.:.:.:.:.i
         ヽ.:.:.:.:.:.::ト、          イ.:.:.:.:.: ∧.:.:.:.l
             \.:.:..:|〈 丶、 ___, <ノ |.:.:.:.:.:.,' i.:.:.: l
            ,. イヽ::|  `丶、  ∧   |.:.:.:.:./  l.:.:.: l
      __,. '´. : :.|: : :.{    ,r V  ',`ヽ |/|/  l.:.:.:..l
    /. ヽ: : : : : :.|: : : ト、  / >ⅩくVi: : ',:.ヽ、   l.:.:.:.:.l
   /. : : : : \: :.:.:.:|: : : :ヽ V //l l ト、l:. く: : :i: `ヽ、.:.:.:.:.|
   /. : : : : : : : \: :. ̄フ: :.| // l l V}: : 〉: :|: : : : }.:.:.:.::|

  ,r'ニニニ゙ヽ、
 ("´ ̄ ̄ヾ))  ___
 |   rー< ノと)/ ノ ′^ヽ\        人生楽ありゃ苦もあるさなんだお、さすがルーデル、見事勲章ゲットかお。
 |   `フ"ノ /  (●)  (●)\
 ヽ、  ' ( l :::⌒(__人__)⌒゙::l
   \  \|   `i-┬y'´  |
     \  \   `'ー'   /
       \  ヽ ー─ィヽ

27 名前: ◆Wu7aKego3Y[] 投稿日:2011/09/02(金) 15:40:21 ID:jeHI5icU [27/80]
       /::.::.::.::.::.:/::.::.::.::.::.::.::ヽ::.::.::.::.:| : : : :
       /::.::.::.::.::.::.:/::.::.::.::.::.: /!::.:: l::.::.::.::.:| : : : :
     ..::.::.::.::.::.::.::.::/:./:.::.::.::/:〈 |::.::.:|::.::.::.::.:| : : : :
    /::.::.::.::.::./::.::./イ::.::.::.:/:/ Y::.::.|::.::.::.::.:| : : : :       この頃になるとルーデルの飛行回数も莫大なものになり、休暇が命じられるようになりました。
    ::.::.::.::.::./::.::.;'  |::.::.::.,':/l  :.::.::| 、::.::.::.| : : : :       本人は「休んでなんかいられない! 前線へ向かうのだ」と繰り返していますが、
   l::.::l::.::.::.::.::./  |::.::.{/    \| \::.:| : : : :       命令なので逆らえません。
   |::.::|::.::.::{::./l   人::.::.| u  yぅ笊㍉.:::| : : : :       こうしてルーデルは田舎に帰り、しばらくのどかな日々を過ごすこととなりました。
   |::.::|::.::.::∨ ィ笊ぅ\|     んxハ 》:j : : : :       そんな休暇の後に前線へと帰還、再び戦い始めます。
   ∨ハ::.::.::.:.. 《 {xぃ}      ヒ辷ツ  | : : : :       ところが1942年11月に650回の出撃を成し遂げた頃、ルーデルは黄疸という
      八::.::.::.ハ  ゞー′            | : : : :       病気に掛かってしまったんですよ。
        \::.::.| , ,   ′     ' ' '   | : : : :
       |\j      __     し /| : : : :
       |:: 八    /ー─ ヽ     /::.| : : : :
       |::.::.::.\   {_, - 、__ノ    /::.::j : : : :
       |::.::.::.::.::.丶__       イ::.::.:| : : : :
        ::.::.::.::.::.::/ ノ─ァー<   |.::.::.:| : : : :
         ∨::.::./7 / / /_)   /|.::.::.:| : : : :
        ∨:Y/ /  {/ / -r<  |::.::.:;| : : : :
        ∧::|      / /i!    |:/ | : : : :
        / V         /八.     | : : : :

28 名前: ◆Wu7aKego3Y[] 投稿日:2011/09/02(金) 15:40:43 ID:jeHI5icU [28/80]
                         。
                       (
                        ヽ
                        ノ
                   , -─‐──‐-、                       それは気の毒なんだお、だったらおとなしく入院して治療するしかないお。
                  /           \
                 /             \'⌒ '"⌒ヽ
                l          U    l.: .: .: .: .: .: ⌒ '"⌒ヽ
               /|                .ト 、.: .: .:.: .: .:
               / /!               ト \.: .: .:.: .: .:.: .: .:
                ///ゝ __ノ  ヾ、_       ノ \ \.: .: .:.: .: .:
            | /( ⌒ィ⌒ヽ    /⌒`- ´'⌒ ) \ \__
                `ーゝィソノ  ̄ ̄ヾy_ノ--ー"___\___

29 名前: ◆Wu7aKego3Y[] 投稿日:2011/09/02(金) 15:41:20 ID:jeHI5icU [29/80]
                 _ ___ _
             , . :´. : : : : : : : : :`ヽ、
           ,.::´: : : : : : : : : : : : : : : : :\
             /. : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : \ __ノ    ところが入院したルーデルは、一週間ほどしか大人しくしていられませんでした。
          /: : : : /: : : :./: : : :l: : : :.}: : : : : : :ヽ       入院生活に耐えられず、「休んでなどいられない。すぐに出撃だ!」と動き出すルーデル。
           ,.イ:.:i: : :.:l: : : :/:.:ハ: :l: : : ハ: : :ヽ: ヽ:.ヽ     治療のために帰国しろという医者を強引に説き伏せ、前線へと戻ってしまったんです。
         /: :l:.:.i: : :.:l: : :/`メ、 V: : : :レく : : :|: : :|: :|      「だめだよ出て来ちゃあ」と驚く司令にも負けずに、ルーデルは今日もスツーカで飛び立っていきました。
       /: : /V:i : : :l: :/ l/ \ |: : /:}/ ',: :|: : :|: :|      今度の彼の戦場は、スターリングラード。病気など、戦っているうちに勝手に治ってしまったようですね。
        /: : / Vi: : : l/   - 、 |/l/ , - V }: /: ∧
     /: : /  ハ: :.:.l  三ミヽ   彡三  l/: : i: : ',
      /: : :′  ヽ '; : :l              ハ: : :.|.: : :',     ノ⌒)
    /: : : ′   `i: : |   ' ' '     ' ' ' j: l: : ∧: : :|  `ーく     )
   /: : : :,′      i: : ト、     )_ノ    ,.イ: l:: ::| i: : |     ヽ __)
  ./: : : :.:′  , .:.´ ̄\|.:.:7> 、 __ ,. イ l:./.: / _」: :.|
  i: : : : :;′ /:.::::::::::::::::::::/:::i \   /i::::::l:::::l//:\l: :./
  |: : : : i   l.:.:::::::::::::::::::/:::: |  \_/ l::::::l:::::::::::::::::::.\
  |: : : : |   |.::::::::::::::::l:〈::::::: | /⌒ヽ  l:::::l:::::::::|::::::::::::.:.ヽ
  |: : : : |   |:::::::::::::::::l::::.\: |/ /芥ヽV :::/:::::::::|.::::::::::::::::::ヽ
  |: : : : |   |::::::::::::::::::V::::::ヽ| // l V::::::〉::::::::|::::::::::::::::::::::l
  ト、: :.: |  ∧.::::::::::::::/ r'つ/ ´ ̄ ̄` V.::::::::::::|.:::::::::::::::::::::!
  |: ∧: |  |: :ヽ.:::::.,.イ´ _ }  ∧ ∧ 彡'⌒ヽノ:::::_::::::::::::::,′
  |/ ヽ{  |.:.::´.::`7´{  _ }  (*゚ー゚){ _`   }.::´.:::`.:::::::/
       /.:.:::::::::/:.:.:.{   ノゝ-----く    ノ.:::::::::::::::ノ

30 名前: ◆Wu7aKego3Y[] 投稿日:2011/09/02(金) 15:41:40 ID:jeHI5icU [30/80]
             ____
           /      \
          / ─    ─ \
        /   (●)  (●)  \        戦争してたら病気が治ったなんて、それないない。
        |      (__人__)     |
        \     ` ⌒´    ,/
 r、     r、/          ヘ
 ヽヾ 三 |:l1             ヽ
  \>ヽ/ |` }            | |
   ヘ lノ `'ソ             | |
    /´  /             |. |
    \. ィ                |  |
        |                |  |

31 名前: ◆Wu7aKego3Y[] 投稿日:2011/09/02(金) 15:42:07 ID:jeHI5icU [31/80]
 -‐    ̄ ̄   ‐- 、
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:i.:.:.:.丶、__ ノ
:.:.:.:.:.:.:.:.l:.:.:.:.:.:.l:.:.:.:.:.:.:|:.:.:.:.:i:.:.\
:.:.、:.:.:.:.:|:.:.:.:.:.:.l:.:.,、:.:!:.:.:.:.:|:.:.:ヽヽ          しかし彼が赴いたスターリングラードでの戦いは熾烈を極め、
:.:.:.\:.:.:.l_:.:.:.:.:.:!:.ハ:.:|:.:.:.:.:l、:.:.:.N          その激烈な対空砲火の前にルーデルですら苦戦したのです。
:.:.:.:.:.:.`7:.:ヽ:.:.:.:l.:し':.:|:.、l:.:ハ:.:.:.:!           ところがこのスターリングラードでドイツ第6軍は1942年11月末に包囲されてしまいます。
:.:.:.:.::::::i:.:.:.:.i:ヽ::.!:.:.:.:.:!/ lメ、_,ハ:./           この包囲に至る潰走の原因となった退散するルーマニア軍(同盟軍)を
::::::::::::::|:.:.:.:.l:::::::h:.:.:.:l r三ュ| !′           ルーデルは機上から目撃、大いに憤慨しています。
::::::::::::::!:.:.:.:.|:::::〈〈:.:.:.:i. | l !└i            こうしてスターリングラードに残ったドイツ軍は翌年降伏、この戦いは敗北に終わってしまいました。
=‐---l:.:.:.:.:|:::ノヽ':i.:.:.! ! __ / 
..:..:..:..:.!:.:.:.:.:!`丶!:.:.!:.:.l /  |′
..:..:..:..:l:.:.:.:.:l..:..:..:.ヽ:l:.:.l. { __l
..:..:..:..:!:.:.:.:.:!..:..:..:..:..}!:.:.! ̄
:.:..:..:..|:.:.:.:.:i..:..:..:..:..ハ:.l
..:..:..:..|:.:.:.:.:|..:..:..:../  リ
..:..:..:..|:.:.:.:.:l..:..:/
..:..:..:..l:.:.:.:.:.l/
..:..:..:..l:.:.:.:.:.:!
..:..:..:..,!:.:.:.:.:.l
               ____
             /       \
           /  ⌒   ⌒  \
          /  (●) (●)  \           いくらルーデルでも、たった一人で戦局を変えることはできなかったんだお。
            l    ⌒(__人__)⌒    l
          \     `⌒´     /
          /              \

32 名前: ◆Wu7aKego3Y[] 投稿日:2011/09/02(金) 15:42:28 ID:jeHI5icU [32/80]
              ,..::::´::::::::::::::::::`丶
              /:7:::::::::::::::::::::::::::::::::::::`く⌒ヽ
.             i:〃:::::::::::/:::::::::ヽ::::::::::::::::::::::::::'          1943年の初頭には、ついにルーデルの出撃回数は1000回を突破しました。
              /イ::::::/::八 :::::::!:∧:::::::::| :::::i::::::|          しかし同時に、ルーデル最大の敵がまたも襲い掛かってきました。それは、休暇です。
    お         |:|i:::イV\V\|/ヽ:::::八i リ:::: |          ルーデルは必死で抵抗し、単身で空軍省に乗り込んで上層部を説得。
    断.       |八::} ◯   ◯   ∨ :::i/:|:::::|          とうとう休暇を取り消してもらい、前線に留まることができたんです。
   り       |:::::iハ⊃    ⊂⊃|:::::リ |:::::|          休んでなどいられない、さあ出撃だ!
    す         |::::Ⅳゝ  ‐-   イ:l/V │:::|
    る        | :::|   `¨ア斤クj>、  |:::::|
    で        | :::|    /V文く/V {   |:::::|
    す         | :::|   _ノ { 。i   、 `¨})::::))
.    °       l ::(( (_{_ ノ| 。i  _〈`ー′::: |
.             |:::/     〈_/}\__》  |:::/
           ∨    ,::´::`ト、_}__}__〉  ∨
                   {::::::r'´ ト-:|
                 ヒ 」   ';::::ヽ、   -=⌒)
                   ____`くノ_     ´

34 名前: ◆Wu7aKego3Y[] 投稿日:2011/09/02(金) 15:43:17 ID:jeHI5icU [33/80]
.            |\    }\
.            |:::: \_/:::::::、
            ´____):::::`ヽ:::|                         ルーデルはすぐに前線には帰れませんでした。
.      /::::::::⌒ヽ::::::::::::::::\- 、                       命令により対戦車実験隊に配属となり、そこでとうとうルーデルは、
.        | ::∧::::::::::∧:::::::::::::::::::ヽ:::\                     対戦車用新兵器であるJu87Gを手にしたんです。
.        ∨- !::: !:::::: !::::::::::::::::::::::} ::::::\                    これは37mm砲などというものを搭載した戦車攻撃用のスツーカであり、その攻撃力は激烈。
      _ノ━.|:::(|:::::: |:::::::::::::::::::ノ \:::: \                  ただしそんなものをブラ下げていたら、機動性はガタ落ちになってしまう諸刃の剣。
     (   〃:: !:::::: !::::::::_イ ̄> 、. \::::::\ _ -、              それでもルーデルはこの機を気に入った様子で、さっそくソ連軍相手に暴れ狂います。
      \∠_ノ::::::::| ̄: : : ´ ̄: : : \_∠ ¨フヘ ::::|\            このJu87Gを、ルーデルは終戦の時まで愛用することになるんですよ。
   <二{{: : : : : |::::::::!: : : : : : : : : : /: : : /_ {::::| /L____ ヘ
      ` ̄` ≪ :_|:::::: |: : : : : : : : : : : : : ::/   八: ∨   {:::::::::::::::\
             |:::::: |≪: : : : : : : : : : : ::! ー─  \:\-=¨二二二 ̄
           ノ:::: /  ` ー-  ___|_     |\:\{:::::::::::::::::::\
           /:::::::;′                 ̄ ̄ ̄¨ \:\ ̄ ̄ ̄ `
         ∠__彡                     \:\
                                       \_)
        ___
      /     \
     /  _丿;;;;ヽ_ \     37mm!! 栄養ドリンクの瓶くらいはある大きさだお!! トンでもない大砲を積んでいたんだお!!
   /  (○) ;; (○)  \
   |     (__人__)  u .|
   \     |i!|i!||    /
   /(<<<) .`⌒´(>>>)\

35 名前: ◆Wu7aKego3Y[] 投稿日:2011/09/02(金) 15:43:39 ID:jeHI5icU [34/80]
                    ....:::::´ ̄ ̄`::ヽ..
              ー=≠´::::::::::::/:::::/:::::::::::::\       r-
               ...:::::´:::::::::::::::::/:::::::: /::::::::ヽ::ヽ::::.     'ミケ
           /´::/::/::::::::::/:::;イ/:::::/:::::::::::::ll:::::l、::l    'ミケ
         //:::::(::/::/::::::::/::/ i/:::::/::;|::|::::::::ll:::::|:ヽ|_   _ノ
       / /::::::::::::y:/::::::::::i:::ナヽ!::::::込」::ト::|::::|:::::|:::(:::`X、/ /  そして1943年5月になると、ヒトラー総統じきじきに柏葉付騎士鉄十字章が授けられました。
       / /:::::::::::::/{イ:::::::::/,L. 、|::::/ 厶リ`l::|:::l:::::;ヒ少'...XX、     この際にルーデルはヒトラーと一時間ほど語り合い、多大な感銘を受けていますね。
     // /::::::::::/  λ::爪.《'「゚ヽ.|:;イ -去=  .  // /:::::::/  ,/::::N:::ハ `'''’/   "k'..,以:::::f< XXXX./:::::.
   /' /:::::/   /:;:::::::::/ `} "" '   ''''//:::/XXXX./::l::::::::::.
  .∥/:::::/    !'{:::::/ {: :^公、  、 ,_,>ー'>'.XXXX./  |::|::::::::::!
   レ::::::/       \{ !: : : ヽ: >、_/-.、jスXXXX./   |::|::::::::::|
  //::/               V.: : : :ト、Y´: : :\XXX./!    |::j::::::::::|
  i:/::/                ハ : : : } ./゚: : : : :/.X./: :ノ    /:/:::::::::/
  !:::/              _{: \: :| {゚: : : : : } /; ; ィ′   /:/::::::::;イ!
 j::/           ,.イ ∧ : :`:},ヘ: : : : :/: ̄; ィ′   /:::::::::/ l:!
./:イ          _」: ;レ’,イ: : ヽИ: : : : : /: :/    /::::::;イ   !:|
|::::i            |/  〃ゝ : : : Y>、_/: ヽ;ハ.    /:::/ノ   //
|;:::|         /    l匆 ヘ: : : : |弋_ : : :イ .   ///   //
|ト:::i         |   /k匆 \: : :k  ,): :!:|  /::/    /
| ヾヽ、  ,     i   V k   ヾニJ / : ノノ/:/  _,/
|  \  ̄,       _λ   `ー‐'「zr/´,.イ´ :_; イ::/   ̄
     ̄     ,ィく;|     ム / ./ ̄ ̄ /-′
            じヘ、 〉、  し /j-、_」-'′
            ー'.〈 `ーァ‐'´

36 名前: ◆Wu7aKego3Y[] 投稿日:2011/09/02(金) 15:44:02 ID:jeHI5icU [35/80]
               ____
           /      \
          /  ー) (ー  \    ルーデルはヒトラー崇拝者だったのかお、馬鹿なヒトだお。
        /  ,(●)  (●),  \
        |      (__人__)    |
         \     ` ⌒´   ,/
-‐-
:::::::::::::\
{:::::::::ハ:::::ヽ   でも当時、ドイツ人はほとんどヒトラーを崇拝してたんですよ。
ハ::::/ニ∨:::}   戦後になって、ほとんどの人間がそれを無かったことにしてヒトラーと親衛隊に戦争の罪を擦り付けたんです。
ッ∨t::ッ‐Y:|   所詮ドイツ人なんてその程度なんですよ。
)  ⊂⊃リ   しかしルーデルは戦後も自らの信念を貫き通したんですね。
_t ュ イ::|
く ̄|::::iノ
::.\|::::|

37 名前: ◆Wu7aKego3Y[] 投稿日:2011/09/02(金) 15:44:38 ID:jeHI5icU [36/80]
                          _
             ___         //{
             }\:.:.:.:.:>───<:.:./V  っ
             ∨/ヽ:.::::::::::::::::::::::::::: `く/    っ
             ,ゝ、/:/:::/::::{::::::::::::ヽ::::::ヽ          そんな苦境にもめげず、ルーデルはひたすらに進出してくるソ連戦車を破壊していきます。
                /:::イ :::|::::|::、∧::::::: }:ハ::::::: ト、         そしてルーデルはというと、1943年11月に総統から柏葉・剣付騎士鉄十字勲章をもらっています。
         __/::::/八::::|::::|∨ ':::: /|:/| :: |:j:::ヽ        相棒のヘンシェルも1000回出撃を達成し、騎士鉄十字章を受けるまでになっていました。
        〃:.:.:/ :::,′ V|::│> ∨< |:::::jハ::::i
        ^⌒7:::::/ヽ.  ヾi:::|⌒)_..._(^Y!::::リ_,j::::|  はみ
.           /::: ∧:.:.ヽ ∧:|'^´_" )ヾ`^ レく  | ::|   はみ
         {:::::{ \/ :`y'、ソ、)、ソ、y、)',,::彡",ヽ
            '::::::':、 / (( ) .iy'ソ ' )'y )、ソ、),,彡'彡|
           \::::r'=、 ,  ::i )/i y )、) 'y k彡,,"」
             `く`''、._ノ .::ノ/彡f ::ヽ ;Y 、、、,-ー'"
             \ハ`ー-'=ー"ニ=ー~"`^
        ____
       / \  /\ キリッ
.     / (ー)  (ー)\
    /   ⌒(__人__)⌒ \   <さすがルーデルだお、天下無敵の英雄なんだお!!
    |      |r┬-|    |
     \     `ー'´   /

38 名前: ◆Wu7aKego3Y[] 投稿日:2011/09/02(金) 15:45:04 ID:jeHI5icU [37/80]
   r、―― -、  ´ ̄ ̄ `丶 -――ァ
  { \:.:.:/::::::::::::::::::::::::::::::::::\:.:./}
   ヽ Z∨:::/::::::::::/::::::::::::ヽ:::::::::∨Z/       しかし、そんなルーデルに人生最初の大危機が襲うことになります。
 ::   >、Z| :::|:::|:i:::::{::::::::: }::::i:| :::::: |Z/        1944年3月20日、ドニエステル河に掛かった橋を爆撃しろという命令をルーデルは受けました。
 :   /::::::/| :::|:┼V八:::::::ナV┼::|::::|::\        ところが、橋の爆撃には成功したもののルーデルの部隊の新米機が対空射撃に当たってしまいました。
   /:::::/ |:: 八|T::::T\/T::::T|:/:::ハ:::::::ヽ       そして新米二人の乗った機体は、そのまま地上へと不時着してしまったんです。
  /::::: ′ ∨{:::i代cリ  弋cリイ:::/ハ ::::::'.        隊長であるルーデルは、他の友軍機には帰還を命じ、自身は新米機の救難へと向かいます。
  i::::::::|:   ヽ:人っ   、  っ'::::/   i ::::: |        こうして不時着地点に着陸したところ、新米二人は幸いにも無事でした。
  | ::::::|     \{>zr-rz<}/ :  |::::::::|        そこでルーデルは彼らを自機に乗せ、そのままその場を離脱しようとしたのですが、
  | ::::::|     〈 ((ィ介)) 〉     :|::::::::|        非常に足場が悪く、車輪が泥に食い込んでしまって離陸出来なくなってしまったのです。
  | ::::::|:      ト、 l」∨} /      |::::::::|
  ';::::八       |∧ ∨ /|    /:::::::/
  \:::::ヽ     j___ヽ⊥厶}、   /イ::::/
    \{ \  /rイ⌒)(⌒ト、\  //
         `‐┴ '´ ` ┴'‐┘
               ____
             /      \
           / ─    ─ \
          /   (●)  (●)  \        天下無敵の英雄にしては随分間抜けなんだお。
            |      (__人__)     |
          \     `⌒´    ,/
          /     ー‐    \

39 名前: ◆Wu7aKego3Y[] 投稿日:2011/09/02(金) 15:45:27 ID:jeHI5icU [38/80]
                  <;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;>,,,、
               /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;\
              /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;∧
              /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;i;;;;;;;;;;;/|;;;∧∨;;;;;;;;;;;;;;;;;丶
             .イ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;{;;;;;;;;;/ .|;;;| }}∨;;;;;;;;;;;;;;;;;;;}       そうこうしている内に、ソ連軍兵士多数の影が現れます。    
           ./;;;;{;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;{;;;;;;;/- | /  }} ゝ:::::::::::::::::::}       やむなくルーデルは機をその場に乗り捨て、相棒のヘンシェル、新米二人と共に総勢四人で逃げ出します。
           /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/ソ;;;/  .l/  l  ∨;;;;;;;;;;;;;;;|       ところが、しばらく走ると目の前にはドニエステル河が広がっていました。さらに後からはソ連兵も迫ってきます。
          /;;;;;;∧;;;;;;;;;;;;;;;;/ ,,=、、ヽ     / ∨、;;;;;;;;;./      泳ごうと言い出したヘンシェルにルーデルも同意。服を脱ぎ捨てて四人で川に飛び込みます。
         ./;;;;;;;;/丶;;;;;;;;;;;;;|         /;;;;;;;/  \|;;;;;;;;;} ` .fミリ     {ミゾ/;;;i;;;;;/       あわてて彼を助けるためもう一度飛び込んだルーデルですが――――彼の目の前でヘンシェルは溺死してしまいました。
         /;;;;;;;;/   |;;;;;;;;;;| < " >     <">i;;;;;|;;;;;;}
        /;;;;;;;/    |;;;;;;;;;|       `    i;;;;;{;;;;;;;}
        |;;;;;;;{  .   |;;;;;;;;;|、           ノ;;;;;;|;;;;;;;;}
        .};;;;;;;} ,-//i  |;;;;;;;;|,-|丶   ´-`  イ;;;;;;;;/;;;;;;;;| ._ _
        |;;;;;;;;|ノ/./ | .n |;;;;;;;;|/\ > -.イ  };;;;;;;;;;;| |;;;;;;;h .| l l
        };;;;;;;ヽ| | .y / |;;;;;;;;|   .\   ソ^ !、_{;;;;;;;;;;| {;;;;;;;;〉〉〉l h
        };;;;;;;;∧   { |;;;;;;∧   `Y/  |  {;;;;;;;;;|>;;h;;;;}   | 〉
       |;;;;;;;;/ |   | |;;;;;;|∧  /∨\ |  |;;;;;;;;;|  } lソ   ! |
       |;;;;;;;,| ∧   〉 |;;;;;;;{ ∧ ///| | | ∨  .{;;;;;;;;{. { `ノ  /
       |;;;;;;(  f    {.|;;;;;;;{  ./〈 //| !ヽ〉  {;;;;;;;{ ∧    ./
       };;;ソ  }    } |;;;;;;;{  ∧ /|。| ∨   {;;;;;;{  Y   }
       };/  /    ./i };;;;;;;|    } } { {    {;;;;;;;|  |    }
       /  /    /. | |;;;;;;;;|   | |  | |     {;;;;;;;{   |    |
      ____
      /_ノ ヽ、_ \
   o゚((●)) ((●))゚o         こんなところで溺死なんてかわいそうなんだお、ヘンシェル・・・・・・。
  /::::::⌒(__人__)⌒::::::\
  |       |r┬-|     |
  \     `ー'´     /

40 名前: ◆Wu7aKego3Y[] 投稿日:2011/09/02(金) 15:46:03 ID:jeHI5icU [39/80]
              , .::::´:::::::::::::::::::::`:::...、
             /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
           / : ::::::::::::::::::::::i::::::::::::::ヽ:::::::::ヽ
             i::::::/:::/:::/::::::/|::::::::: ::::::i:::i::::::ハ
        ,.ィ´::::,':::::i:::::i::::::/ V:i:::::::::∧:i::::::::ハ     ルーデルの危機はまだまだ続きます。
          / :::ト:::::::::::i:::::|:::/`ヽ |::i::::::::|-|:|:::::::::ハ     空腹と疲労の中で歩き続ける三人。たまたま友軍のルーマニア兵と思しき兵士が目に入ったので声を掛けると、
.         i:::::爪::i:::::::!::/レ' 、 |::i::::::/ リ'Y::! :::::i     なんとそれはソ連兵だったんです。ルーデルは肩を撃たれ、他の二人はそのまま捕虜になりました。
       |:::::::ト、:i:::::::Vィ孑芯゙ V!::/,ィ≦Y!::|:::::::|     しかもいつのまにか敵の応援が押し寄せてきて20人以上。さらにソ連兵達は軍用犬まで引っ張り出してルーデル狩りを始めます。
       |:::::::| Y ::i:::|` 込リ   l/ 込リ' | :i:::::::|     ルーデルは地面に横たわって体の上に土をかけ、なんとか急場をやり過ごす事に成功。
       |:::::::|  |::::i:::|  ,,,      ,,,  |:::i/::::|     周囲に敵の姿が見えなくなったのを見計らって、再び走り出します。
        |!::::::|  |::::i:::|、   / ̄ ̄ヽ、 ,!:' :::::::|     このときに 「それにしても勘のにぶい軍用犬だ」と言い捨てたのは有名ですね。
.      /|:::::::|  |::::i::ノ)ィニY´ ∧,∧ rY | ::/:::::|
.       / .! :::::l  乂:::|//`) O(・ω・)(ヽ\イ!:::::|
     ,′.|:::::广  ̄` | ´ニつ ,:::::::::::::(\ヽ}ー、|
.     i  | :/:.:.:.、:.:.:.:.| 〈 } `ー‐┬':::〉  .| .:.::ハ
.      i   |::i:.:.:.:.:.:ヽ:.∧  Y::V/小V:.:.:.{  八 : .:|
.      !   |::|:.::ヾ、:.:.:{.:`ー'\{{J.|.U}}::/:`ー'.:.:.:}.:.:.|
     |  |::|:.:.:.:.:ヾ.:∧:.:.:.:.:o::〉ノ乂ソ〈:o.:.:.:.:.:∧.:.|
     |   |::|:.:.:.:.// : :.:.:.:.:.:./:.:.|| ||:.::∧:.:.:.:.:.:.!.:.V|
.      !  .|::|:./:../:.:.:.:.:.:.::o.:|:\!j ij /.: |:o.:.:.:.:.:.:.ヘ!
      乂´.! |:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/:.|:.:.:.:\/:.:.:.|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヘ
    /:.:.:.:.:|::{ :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:リ.:.:.:.O:| .:.:.:ト.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヘ
.   |:.:.:.:.:.:|::ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/: .:.:.:.:.:.:|.:.: .:乂 .:.:.:.:.:.:.:.:.:ノ

41 名前: ◆Wu7aKego3Y[] 投稿日:2011/09/02(金) 15:46:27 ID:jeHI5icU [40/80]
            |l|/////////////|     ______
            |l|/////////////|   ´::::::::::::::::::::::::::::::::::::`丶、
            |l|/////////////l/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
            |l|/////////////:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
            |l|/////////⌒7::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::〈⌒\
            |l|////////::::::/ :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::';:::::::::ヽ     もはや足の裏は裂けて血が溢れ、肩も負傷し、体力は消耗し、腹は減り、フラフラになったところで
            |l|///////::::::/::::::::::::::::::::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ ::::|::::::::::::!     ルーデルは一軒の農家を発見したんです。
            |l|'///// ::::::::::::::::::::::::::::: /::::::::/::::::::::::::::::::::::::::} ::::::::::::: ::::| ::::::::::|     窓を叩き壊して強引にその民家へ押し入ると、中にいたのは年老いた老夫婦。
            |l|'/////|:::::::::| : /::::::::::::::::::::::::{::::::::::::::::::::│::::| :::::::::::: |:::::::::::::::::|     ルーデルはロシア語が喋れないので話は通じませんが、身振り手振りで意思を通じて
             Ⅵ/////|:::::::::|::::| ::::::::::: |::::::/ |:::::::::::::::::::: |::::::| :::::::::::: |::::i::::::::::::|     そのままルーデルはベッドに横たわり、三人は川の字で寝ます。
                 Ⅵ////|:::::::::|i:::| ::::::::::: |:::/-‐!:::::::::::::::::::‐-::∧::::|::::::::|::∧ ::::::::|     途中でいったん目を覚まし、老婆に食料を分けて貰いました。
             |l|////|:::::::::i|:::| ::::::::/ |::|  | :::::::::::::::::::::::リ '::::|::::::::l/ |::::::::∧     それを味わった後で、もう一度体力回復のために15分ごとに目を覚ましながら睡眠。
             |l|////|:::::::::リ:::|:::::::::| |::l  `|:::l::::::::::::::/|/   ∨:::::::ハ. |::::::::i:::|     そして午前一時になると、ルーデルはお世話になった民家を辞して再び逃走を開始します。
             |l|////|:::::::::|::八 :::: | |/   l八::::::::::/      | :::::::::: ト|::::::::i:::|
             |l|////|:::::/゙|:::::: \_| ミ辷彡  ∨|/ ミ辷彡'| :::::::::: | }┐::i: |
             |l|,'//,'厂/ |::::::::::∧  、、、   ///   、、、  厶イ::::::::|人 ∨i::|
            __ルく¨7     | ::::::: |ハ       '      / |:::::::::::::|  `ヽ:::.
             /¨{「.::.::∨ 〃   | :::::::::|  >'⌒ ー-/^Yヘー-─く. ∨ :::::::|   } }::|
        / :.::.::{{::.::.::{ {{   八i\ ::{ {       i/`}´ i    } /:::::八ノ  }} }:|
          /::.::.::.::.::{{::.::.::人_{_   { ヽ{ |i     ' r小.│     |厶イ  ___リノ∨
         {::.::.::.::.::.::{{:/{   `⌒\{.    |i=====// | │====i|  }/     }
.        |::.::.::.::.::/)/|     \ \. : :|i   / { 〈〉 } |     i|_ /        }
          |::.::.::/(/}}:.:|      \ `ー|/⌒マ   l|  マ\  |  /   /   ∨
         |::/ /.::.::}}::.∨       \/  ∨    :リ   ∨八 | '  /     │
        |´/{{ ::.::.::}}::. |         イ   {    |    }} \{       │
       │::.::.{{.::.::.::.}}::.:|      / /|   {     |    }    |∨      |

42 名前: ◆Wu7aKego3Y[] 投稿日:2011/09/02(金) 15:47:05 ID:jeHI5icU [41/80]
         ...::´::::::::::::::::::::::::::::::::::`丶::::::\
         /,:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\:::::\⌒丶
       /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::丶::::::::::::ヽ:::::ヘ::::::::ヽ
        /:::::::::,':::::::::::::::::::::::::::::::::}::::::::::.:::::::::::::::'.::::::!::::::::::l
.      /:::::::::/::::::::::i::::::::::::::::::::::∧:::::::::::::::::::::::::|:::::|:::::::::::|       そしてルーデルは一晩を歩き明かし、翌朝にはルーマニア人の農夫と連れの女性に出会いました。
     }::::::::::::::::::::∧::::::::::::::::::::l⌒\:::::::::::::::::::|:::::|:::::::::::|       二人に菓子をもらい、一番近くの町の位置を教えてもらい、ようやくフロレスチの町に到着する直前に、
     |::::::::::::::::::::/へ::::::::::::::::::/    ヽ::::l:::::::::|r、:|:::::::::::|       ルーデルは二人のドイツ兵に遭遇して彼らに保護され、ルーデルはなんとか一命を取り留めたんですよ。
     |::::::::::::::::::,′ }::::::::::::::l  ,ィfう冬ヘ:::::::::|j ):::::::::::|       とてつもない窮地を脱し、満身創痍ながら帰還を果たしたのです。
     |::li::::::::::::::|   j:八:::::::::l  弋ぃツ j:::::::::| .ノ|:::::::::::|
     |::}l::::::::::::::| jfう゚心\:::|   ..,,,,, |:::::::::|/ .|:::::::::::|
     }/ハ:::::::::::入 乂ぅツ          |:::::::::|、_ |:::::::::::|
       }:::::::::::::::.丶  .,,,   ′       }:::::::/  `ヽ:::::|
       |::::::::::::::::/ ハ      - '   /::::::/     \|
       |:::::::::::::::′x个 、.. __    ィ:::::::/        ヽ
       |::::::::::::::| /     ヽ\ ヽl:::::::|          '.
       |::::::::::::::| }       八 ノl::::::|          .
       |八:::::::::| |   、   ヽ二八::::|          l
        }::::\:::j ∧   \      \〉      /   |
        |::::::::::Y  Y   ヘ`        {         |
        |:::::::::::|   |    ヽ   j\  .|       .:ノ  |
        |:::::::::::|   |_     \-┘ `ー|        ィ'
        |:::::::::::|    ` ̄}`ー‐^\.:.:.:.: └r─ ─‐< ノ
         ____
       /      \
      /         \          もはや人間ってレベルじゃないぞそれ、完全な異能生命体じゃねーか。
    /              \
    |       (__人__)    |
     \     ` ⌒´   /

43 名前: ◆Wu7aKego3Y[] 投稿日:2011/09/02(金) 15:47:25 ID:jeHI5icU [42/80]
                            __
                      , - .. ' ´ :: :: :: :: :: ::`.. .. 、
                    /:: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: `.. .、
                   /:: :: :: :: :: :: :!, :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: ヽ
.                  /:: :: ::i:: :: :::| :: :!.', :', :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :ヽ
                 /:: :: :: :| :: :: :|:: ::| ',::|'、 :: :: :: i :: :: :: ::i :: :: :: :',
                ./:: :: :i :: | :: :: :l :: :!-‐',:!‐\ :: ::! :: :: :: ::! :: :: :: ::'        さて、ヘンシェルを失ったルーデルは、ロースマン准尉という下士官を後席に乗せて出撃します。
                /:,::| :: :| :::! :: :: :|:: ,'  .リ_  \:|:: :: :: :: | _:: :: :: ::',        怒りに燃えたルーデルはなんと一日で6回もの出撃を果たしました。
                 /イ:: ! :: :i, ::!', : :: l::/  xテチ、`}  !:: :: :: :: !´_ヽ, :: :: ,       敵の対空射撃も激烈で、ルーデルは1日のうちに何度か機体を替えなければいけなくなったそうです。
              / |:: |:: :::|イ:| \:: !'   iヽ:ソ::l  .|:: :: :: :: |´ ` .} :: : '       追いかけ回された怒りを解き放つかのように暴れ続け、この日だけでソ連戦車を17両破壊・・・・・・。
                 |:: :!:: ::| !xz、ヽ|     `‐'´  .| :: :: :: ::| ノ /:: :: ::',       翌日は9両破壊し、合計26両。この地域に展開していたソ連戦車、約4分の1をたった1人で殺っちゃいました。
                ! :: ',:: :::|{'イチヽ.         | :: :: :: ::|_´./ :: :: :: :'      この地域の敵戦車を根絶やしにし、眼下に広がるはソ連戦車の残骸のみです。
                .' :: ::、:: |, ヾ-'            |:: :: :: :: | :´ :: :: :: ::i::',      そこでルーデルは、「すべてが静かに、まるで死んだように見える」と一言。
                 .', :: :ヽ|::'、-、  '.         |:: :: :: :: | :: :: :: :: :: l::: ,
                  |:: :: _/ .',   __        !:: :: :: :: ! :: :: :: :: ::ノ:: :|
                 .ハ‐´、 ヽ'、 '、, -、  `     ,| :: :: :: ::l :: :: :: / :: :: l
                /ヽ, .i、 ヽ .i `' , <´     /.|:: ::i:: ::/::, -´ ヽ、 :: :: ',
                /  .し,.', !/ /:: :: :: i` ..- .イ   |:: // ´     .ヽ:: :: ,
               ,     ヽ'´ /| :: :: :,ハ,://|  レ'/          ',:: ::
               ,'       //'、:: ::/‐ ´ ./_  .//           i :: :',
              /  , -‐ //  .', :i ヽ  i `./´¨             .|:: :::',
              _/     / /    ,:'、ヽ-、|./                 .! :: ::
            //     .,'´      .!::`ヽ '´            /    .| :: :: ',
           / .i     ,'      ./ |:/              / -‐  |:: :: :: ',
            /   ヽ   /|     _! .'´ _/          , -‐´      |:: :: :: ::'
.           /    ヽ_ //   __ / ‐ ´          , '´         .|:: :: :: :: ',
         /      ,  ' ̄-´             , 'i           |:: :: :: :: ::'

44 名前: ◆Wu7aKego3Y[] 投稿日:2011/09/02(金) 15:47:46 ID:jeHI5icU [43/80]
         , -─‐──‐-、
        /、ハ,        \
      /^ <  て        \
      l  ./'Y''~ヾ       ; l⌒ '"⌒ ヽ、                死んだように見えるー。
      |  `  ::::::::::::::::::      |ー       \
.      !   ::::::::::::::::::::::              ,;   \ ,rー、
       ゝ :::::::::::::::::::::::::::::::::  i'′⌒ ̄ ̄` ̄ ̄ ̄ヾ`ヽ ヽ
      (  ヽ'"(__人___)"'__ ,ノ ヽ、____"___,、___ソノ__ノ
     ゚~゜´^i!i!i!i!i!⌒ ´"´´゚^゚^ ~゜゚`´^゙^ ^´'゜´^゚´ '゚^´゙ ^ ゚゜
      ( i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i! と_
   ( ̄i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i! ,
    `ー、i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i! j
      - _i!i!i!i!i!i! ` ー' ̄     ̄
        廴_i!i!ノ

46 名前: ◆Wu7aKego3Y[] 投稿日:2011/09/02(金) 15:48:16 ID:jeHI5icU [44/80]
                  {   \
               ___   \  \
            /   \ _ヽ  }
           (__/⌒>====ヘ___ノ 、
               /::/^:::::::::::::ヽ〉::::ヽ
             //::::/{:::::::::::::j::::::Ⅵ:::::}            白饅頭の死体なんて誰も見たくありませんね、本当に死ねばいいのに。
            /イ:::{:::ナ∧:::::::::∧::}::}:|彡|ヽ           さて、三代目の機銃手となったロースマン准尉ですが、これが実は役立たずのヘタレでした。
               /|:八/ィぅム:::::/ィぅiⅣ:|/::;:::::ヽ          ある日の出撃で数十機の敵機に囲まれた際に、ロースマンはパニックを起こして機銃を撃ち返せなくなったのです。
                /::j从::l弋:.ノ∨ 弋:.ノ! :ト:∧:::::::':,         超絶機動で敵機をかろうじて振り切ったルーデルですが、これ以降ロースマンを見捨てます。
           /:::/ |八"    ""│:|'´ハ:::::::::.         この直後に柏葉剣付ダイヤモンド騎士鉄十字章をルーデルは貰いに行くことになるのですが、その際でも
             /:::/  :|::::i>  ‐  イノ :j   :::::::::,        「ヘンシェルが一緒であれば全く嬉しいのだが、後ろに座っているのはロースマンである」といいたい放題です。
          ::::::i  rV∨{{ 了´ ノV∨\  ! :::::|        きっと「ヘンシェルの代わりにこいつが死んでいればよかったのに」と思っていたんでしょうね。
           |:::::| ノ  } ミー彡  } _ハ |:::::::|        これ以降彼の著作にもロースマンが登場することはありません。
           |:::::|/{⌒\i      //  .} |:::::::|
           |:::〈/^ ̄ ¨''ー─‐ ⌒ヽ _ハ |:::::::|
           |::::(____...、 -------、_J〉/  l |:::::::|
          i:::::/::.::.::.::.:}> ..___/ ̄ ∨ |:::::::!
             Ⅵ::.::.::.::.:/::.::.::.::.::/::.::\ 、 |  ::: ;′
              |⌒\〈「⌒\_/::.::.ヽ::∨i | /:::/
               |   7|   ,'::.::.::.::.:':;:.}⌒V:::/
               |   /:.|   /::.::.::.::.::.::':;:\_∨
               「 ̄/ .::ト--∧:.::.::.::.::.::.::∨.::/
.             | ,/__,;;|  /:.::.::.::.::.:.::.::.::.:/
      ___
    /     \
   /  _ノ '' 'ー \          そこまで言うのなら、連れて行かなきゃいいのに。
 /  (●)  (●)  \
 |      (__人__)    |
 \      ` ⌒´   /

47 名前: ◆Wu7aKego3Y[] 投稿日:2011/09/02(金) 15:48:40 ID:jeHI5icU [45/80]
                     _,  -‐‐-- 、_          /IIIIIIIIIIIIIIIIIIIII
                   /  :::::::::::、  、 ` 、     //IIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIII|
                 ノ    ::::::l::::;|:::::::::::|  ::::: ,ゝヽ、  ||IIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIII|
               , ´ , I  ::::::::ト:::::|::::::::::|:::: ::::{:::::::::`、 |IIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIII/
           ‐-==´ゥ ::::/::::| :::::::,::_ユ= |:::::::::::|:::::::|::::::::;;;;;| |IIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIII/
              ィ´::::/レ /} ::::::/ |::/ I::::::::::::l:::::::::l、:::::;;;;`| |IIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIII/   さて、その柏葉剣付ダイヤモンド騎士鉄十字章をヒトラーから受け取る時、
            /|::::::;;ΗT/ リ |ノ  ,=サ、i:::::::::::::}:::, ;;;;|::::::::;;;;;;}lIIIIIIIIIIIIIIIIIIII/    ルーデルはヒトラーに「これ以上飛んではいけない」と言われます。
          /::::::;;ヘ i::::从|、ル|ノ  /£:ヾ!i::::::::|チ´`》;;|:::::;;;;;;;;|IIIIIIIIIIIIIIIIIII/     凄まじい技量のルーデルを地上任務にし、新米パイロットの育成にあてようと思ったのですね。
        /:::::::::::, イ ヽlヘ:::::::ソ;ミ;j    ゞ;シ/ ::::::ノゞ∥;;,,|::::::::;;;;}IIIIIIIIIIIIIIIII/      またルーデルほど有名になってしまうと、仮に戦死してしまった場合、士気に与える影響は底知れません。
       /::::::::::::/   Y /::::::〕ヘソ      {::::::::/r'´´;;ノ|::::::::::;;;;|IIIIIIIIIIIIIII/      しかしルーデルは「受章によって前線に出られなくなるなら、受け取れません」と総統に向かって豪語。
     /::::::::::::/    ノ从::::ハ 、  , 、  /:::::ノ ト‐"  |ヽl ::;;;;|IIIIIIIIIIIII/        これにはヒトラーも、「まあいいわ、飛びたまえ」(原文そのまま)と言わざるをえませんでした。
    /::::::::/     /イ::::::::ノ l、  く   ) /::/レ' `l_  |::;;|;;;;;;::lIIIIIIIIIIII/        こうしてルーデルは、今日も前線へと向かうのです!!
   /:::::::: イ      /'/ { レ´   ヽ、 ´_/::/ ノ二二ユ、ノ::;;|;;;;;;::lIIIIIIIIIII/
   /::::/ |     ノ"  {/ /ヘ-- ゝ´ソ/´;;;;´;;;;;/IIII/::::;;;|;;;;::|IIIIIIIIIII/
   { /´{::::{        `、/;;;;;;;;;;`ヽ;;;;;ノ;;;;;;;;;--/IIIノ:::;;;;;イ;;;;::: /IIIIIIIIIIIヽ
   ヽ::::>、 ヘ       /;;/;;;;;;;;;;;;;;;;;;`、;;/´IIIIII/::::::;;;;;;//;;;;::: /IIIIIIIIIIIIII 、
    \::::\` 、   /;;;∥;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|/II/´//::::::::;;;/II/;;;;:: /IIIIIIIIIIIIIIIIIヽ
      ヽ \ ゞ/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/III/::::::::;; /IIIIII/;;;;::/IIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIヽ
       `>ゝ〃;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,-‐‐´  ::::::::/IIIIIIIIIII ノ:::::/IIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIII〉

48 名前: ◆Wu7aKego3Y[] 投稿日:2011/09/02(金) 15:49:01 ID:jeHI5icU [46/80]
     ____
   /      \
  /   _ノ ヽ、_.\         そこまでして飛びたいのかお。
/    (●)  (●) \        勲章もらって後方でゆっくりしていたほうがどう考えてもいいに決まっているんだお。
|       (__人__)    |
/     ∩ノ ⊃  /
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |
  \ /___ /

49 名前: ◆Wu7aKego3Y[] 投稿日:2011/09/02(金) 15:49:20 ID:jeHI5icU [47/80]
                       ____
                      '"::::::::::::::::::::::::`ヽ、
                  /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::: \
.                 イ::::: /::::./::::::: l:::::::::::::::::l::::\
               _ム:::/ /::::::::/::::::.ハ:|:::::::::::::::::|:::::::::ヽ
.              /:::::::::l:::l:::::::: |:::: / .||:::::::::::::: イ::::::::::::l
             /:::::::l::::::|::::|:::::::::|:::/  !|::::::::::::/ |:::イ:::::::ト、     さて、ロースマンを見捨てたルーデルは、新しい後部機銃手を求めます。
             ,'::::::::::!:::::l::: |:|::::::ハ:「 ̄リヽ:::::::厂¨ソ !:::::,       白羽の矢が立ったのがエルンスト・ガーデルマン。ヘンシェルと同様の有名人ですね。
            ,::::::::::::ト、::l:::::l:!::: !ィをミ、 \/チァく./!::/       彼はルーデルと一緒に850回以上出撃し、騎士十字章を授与されることになるんです。
            :::::::::::::| ヽハ::::::\代こン    ヒソ '/::レ        ルーデル・ヘンシェルに続く三人目の基地外が誕生したわけですね。
            , /::::::::::!  ヽ」::::::::ト      、  ,':::::!        ガーデルマンはソ連の著名なエースの機を撃墜したことになってますが、まあ多分
           ,'/:::::::::::,'   !:::::::::!          ,:::::::|        故障か機の構造の欠陥か何かで墜落したのをどこかで勝手に撃墜したことにしたんでしょうね。
           〃:/::::::/  ,イ}:::::::::ト 、     , イ::::::レ
          / レ :::: / , イ | レ!:::::ト 、`'ーr <:::::|:::::: !
.         /:::/::::>'´   l  ',:: | \/| ト、:::::::l::::ハl
         /:: /:,イ      |  .V /ァTV | \∧:|
.         '::::/イ       |    V/〃!l | l.  ヽ
       /::: /: l         \  ///小!} |   }
.      ,::::: /:::::{         / \,イ| V く  / l
      ':::::::'::::::::ト 、        \  l| | | / ! .|
     /:::::::'::::::::/|  \   l.     \ ヽレ' ム_/
     .':::::::,'::::::::,' !.   \  |     >イT"   `゛ 丶、
     !:::::::'::::::: l  ト.    \!_ ,>'′  | |_    i ヽ 〉
     |::::::f:::::::::! .|ヽ    /     O | !_」>、 !ノ ノハ
.     !:::::|:::::::::|  lハ  /     O  `イ /-イ ̄「  !

50 名前: ◆Wu7aKego3Y[] 投稿日:2011/09/02(金) 15:49:47 ID:jeHI5icU [48/80]
     ____    ━┓
   /      \   ┏┛
  /  \   ,_\.  ・        構造の欠陥って何だお?
/    (●)゛ (●) \
|  ∪   (__人__)    |
/     ∩ノ ⊃  /
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |
  \ /___ /
            , -::---::-.、
          /:::::::::::::::::::::::::::ヽ
         /::::::: /VV\:/\:ヽ          墜落したといわれるLa-5戦闘機は木製で、その作りの悪さから外板がはがれたり枠がゆがんだりするのが日常茶飯事だったそうです。
        ノ::/:: : |     ・ . ・ ヽ:ヽ        安くてたくさん作れる割に安全基準なんて何のそのでドンドン落ちてバカスカ消耗していったんですね。
       /:ノ::::|: :|  =   _人  ~ l:::〉       だからそのエースさんの機も作りが悪くて勝手に落ちただけ。お気の毒ってヤツです。
     /::/ V::|:: |        ノ´リ
     //    V:リ:|      _. ィ‐┐
    ノ´      >ー<二○'´i ̄
           `ー┐      l
            _」      つ
           ゝ───…  ̄
         /
      ⌒ヽ/

51 名前: ◆Wu7aKego3Y[] 投稿日:2011/09/02(金) 15:50:16 ID:jeHI5icU [49/80]
               ___
          ., -‐ '"::::::::::::::::::::::`> 、
.         /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
        /:::::::::::::::::::::::ィ:::::::::::::::::::l::::::::::::: \
       ,':::::::::l:::::::::::::/|:ト,:::::::::::::: ト,::::::::::::::::`ヽ
       イ::::::!:::|:::::::l ム+!-、:::::::::::| V::::|:::::::::::::トゝ     まあこんな話を持ち出さずとも、ルーデルの逸話はまだまだあります。
     /:::::::::: |:: |:::::::!/  _L  、::::イ厂l::/:::::::.:::::}       ある日の出撃で部下のフィッケル機が、被弾してそのまま敵陣へと不時着してしまったんです。
.  /::::::::ハ::: !:::lハ::::レ'朽.ヾ  ヽ/,チモミ〈|::::::::::::/       さっそく助けようとしたルーデルでしたが、彼は「味方飛行場以外で着陸してはならない」と厳命されている身。
. /::::::::/ .ヽ }::::::::ヽト弋_ソ     ト' リ 〉l:::::::,イ        流石のルーデルも命令には逆らえず、さてどうしたものかと考えて、ここで名案が閃きました!
/::::::::/    Ⅵ::::::::: | ,,,,,,   ,  `´ イ レ':∧       要するに地上で止まらなければ着陸にならないのだと。
::::::::/       l:::::::::::|    __  "" j: |l::::::: |       そこでルーデルは車輪を地面に付けて滑走し、そのままいっさい止まらず、フィッケルと機銃手を拾って離陸。
:::: /         !::::::::::|    ヽ...ノ   ノ::::|ハ:::::: |       この無茶な機動をルーデルは見事にやってのけ、無事に部下を救って帰還したのです。
::./         l:::::::::|>、      イ:::::::::ハ::::: !
'         入:::: l`ヽ、`' ‐r<  |:::::::/  l:::::::!
       , -<  |ヽゝ  ,ィV,、 ト、_lイ/   !::::::l
     /      |  ト  / 〉仆、j  l>、_   !:::::}
.    /       \ ヽ' //l!!ト、v |;;;| >、 .!:::::l
.     {        く  V〈/.ハl } | |;;;|   } !::: |

  (( (ヽ三/)    (ヽ三/) ))
      (((i ) ___( i)))
     / /⌒  ⌒\ \
     ( /( ●)  (●)\ )         すごいお!!まるでサーカス並みなんだお!!
     /::::::⌒(__人__)⌒::::: \
     |              |
     \             /

53 名前: ◆Wu7aKego3Y[] 投稿日:2011/09/02(金) 15:50:34 ID:jeHI5icU [50/80]
.         /: : : : : : : : : : : : :ハ: ::::ヽ::: : : : : : : :.:: : : : : : :ヽ
.       /:::::: : : : : : / : : : : : : ∧ : ::::: : : : : : : : ::.:: : : : : : : }
      /:::::: : : : : : /: : : : /:: :/  :::::::::::::: : : :| : :::::.:: : |: :〃⌒: ヽ
.     /:::::::::: : : ://::: : :/:: ://⌒ト :::: |::: : : :| : :::::.:: : |::::|i: : : : : i       それからもルーデルとガーデルマンは暴れ狂い、ソ連戦車をひたすら撃破します。
      :::::::::::: : :/::: : :/ ::: ://:7 ハ:::::|::: : : :|: : :i:: : : |::::|i: : : : : |       しかしある日、低空飛行で攻撃を行っていたルーデル機は対空射撃を受けてしまいます。
     |:::::::::::::::/:::::/  ///∨、│∧::i::: : : : : : :|:: : : |::::|i: : : : : |       そのままルーデル機は森の大木に激突し、機体はバラバラ。二人は大怪我をしてしまいました。
     |:i::::::::::厶イ  / /{:. 〉 }」/:ハi::: : :./:: : :|:: : : |/八i: : : : |       ルーデルの太腿は機体の金属片が突き刺さり、ずぶりと貫通。
     |:|::::::::::::::/  `ー‐''   ∨ /ー'⌒7 : : :/::: : : |:: : : |/:::リ: : : : :|       ガーデルマンは座席ごと投げ出され、前部座席にいたルーデルのさらに前にまで吹っ飛んでいったんです。
     |八i::::::/{ _ ヽ   ∨ //:/|∧::: : : |:: : : ト:::::| : :i: : :|       幸いすぐにドイツ兵に助けられ、基地に戻った二人ですが・・・・・・。
      丶 | :::::∧ {!弌:::ミ、   二斗≠:::=ミ:::.: : |:: : : | }く| : :i: : :|
         |::::::::::::. ヾと公リ     cV公とつ∧::: : : : : lノ | : :ト、 |        「休養などはとっていられない。すぐに出撃だ!」
         |:::::::::::::::.                 ∨:::: : :.| !: :|  \
        {:ハ:::::::::: ∨//  '    //// │::.:: : :| │: :|   \     この一言で肋骨を三本折っていたガーデルマンを無理やり引きずり出してそのまま出撃。
          | |::::i::::::i人               /|:::: :/ 八.│: :|     ヽ    さっき落とされた地域の敵戦車やトラックを次々と破壊したのです。
          | |::::i::::::|  > .   ^⌒     ´ / |::.:/ / /│: :|
         Vヘ八:::|     〕> ._.、 イ  /∨:: : /    | : :|      |
        j:::リ ∨\   〉  |: しヘ/   | {/V  /  | : :|      |
       /::/  __, -‐く\ |  /_..><⌒\く八    | : :|     ∧
.      /::/〉 / /  ―ヽノ│r( `ー-、 ∨  \∨  :| : :|:  /  ハ:|
.       /::/´/ ∨  ' 二} V{ \     }     ヽ\ :| : :|/      l:|
      l::/ / , -┴…‐-<_}  〈_丶__ ノ_     }⌒ヽ| : :|      }
      |:{. /        \ /     \)_       | : :i¨¨⌒\ `ヽ
      l∨            /           \)       |: :/

54 名前: ◆Wu7aKego3Y[] 投稿日:2011/09/02(金) 15:51:07 ID:jeHI5icU [51/80]
       ____            ____
     //,;'::;;;;;:、\         /     \
    //,ィ':::::;;;;;;;;;;;;;、\      /       .\      ─    ─
  //,ィ';;;;;;;;;;;餡;:::::;;;;;;、\     /   (:::::)_(:::::) \    ○   ○          ガーデルマン、可哀そうに・・・・・・。
  | | イ;;;;;;:::::;;;;子;;;;;;;;;;;;;;;;} |   |     (::::::::::::)   |    (__人__)
  \\ `;;;;;;;;;;;;;;;;;::::;;;;;イ /    \     |::::::::::|  ,/      トェェェイ
   ノ ノ イ;;;;;::::;;;;;;;;;;;;;;;'、 \    ノ    `ー'´    \      、ェェ/
 /´              ヽ
 |   l             \
 ヽ    -一''''''"~~``'ー--、   -一'''''''ー-、.
  ヽ ____(⌒)(⌒)⌒) )  (⌒_(⌒)⌒)⌒))

55 名前: ◆Wu7aKego3Y[] 投稿日:2011/09/02(金) 15:51:41 ID:jeHI5icU [52/80]
               _,... ---- 、_
           _,...- ' : : : : : : : : : : : :`ー、_
         /: : :,r/ : : : : : : : : : : : : : : : : : :ヽ、
       /: : : /::/ : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ::',
      / : : : : / :{ : : : : c :  : 、 : i : : : : : : : : : ', __              しかし、ルーデル閣下がどれほどがんばっても、戦況は日に日に悪くなるばかりでした。
      /: : : : : : : i : : i : : : : : : : | : : :i : : : : : : : : : :Y: : \             ドイツ軍はとっくにソ連領から駆逐され、同盟国だったルーマニアで戦うようになっていました。
     i : : : : : : : :i i: : |: : : : : : : i ', : :ト、: : : i : : : : : | : :C::'、           しかもソ連はレンドリースと呼ばれる軍需物資の支援をアメリカから受けており、さらにアメリカも
     i: : : : : : : : :i .|: :i: : : : : : : :| ',: :| }: : : : |: : : : : |: : : : : `、          爆撃機を派遣してソ連を支援していたのです。
     |: : |: : : : : :|--i-i'i´: : : : :7--i z、_|_: :i : :i : : :i: : : : : : :`、         ついにある日、着陸直前のルーデル機を米軍のP-51戦闘機が襲い、ルーデルは脱出したものの
     |: /|: i : : : :|r=rリミ、i : : : :/_,;,レ'ェ、|: : : :i : i: : :∧: : : : : : : `、        機体は破壊されてしまったのです。
     V: :|: ト、: :λ {:ひトヽ; : :/ァ:てイ `アi : :/: :|_: / .', : : : : : : : :`、       ルーデルの部隊はハンガリーに撤退しました。
     /: : i: |ヽ: ト,ハ弋ソ  V h辷ソ_ノ |: :/: ::レ'   ', : : : : : : : : ',
     i : : :リ: :ト、|:ハ xxx  '   xxxxx゚~ .|::/ : :/     ', : : : : : : :
    ;' : : : : : i |: ::>、   __    _,ィ/: : ::i、     ', : : : : : : :
    ,' : : : : : :i ,|: : : :|>、_ヽ -`_,...-' |: : : :/;:;:\     ', : : : : : : :
    i : : : : : :| i |:ト、: |;:;:;:| `T ´  _,,.イ: : ::/;:;:;:;:;:;:\   ', : : : : : : :
   ;':: : : : : : | .|;:;リ;:;:ソ;:;:;:;:i  ヽ∠´  レイ::/;:;:;:;:;:;:;:;:;:;ヽ  ', : : : : : :
   i : : : : : : | i;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;V<にレヘ、ノ;:;:レ;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;/   ', : : : : : :
   |: : : : : : :|  i;:;:;:;:;\;:;:;:;|-7Vヾ V;:;:;:/;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:ィ   .', : : : : :
   ;':: : : : : : ::| /´ ̄`ヽ;:;:;iノ || ,r⌒ヽ、;:;:;:;:;:;:;:;:;:;::;:;:i    ', : : : :
  ;' : : : : : : : :|/    y ソ;:;:;i/ / r'   \;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;|    ',: : : :
      ___
    /ノ  ヽ、_ \
   /(●) (●.) \      まあそれは仕方がないお・・・・・・いくらルーデルでも数十万人の軍団を止めることは出来ないお。
 /  (__人_,)    \
 |  l^l^ln ⌒ ´        |
 \ヽ   L         ,/
    ゝ  ノ
  /   /

56 名前: ◆Wu7aKego3Y[] 投稿日:2011/09/02(金) 15:52:12 ID:jeHI5icU [53/80]
                   ___
               ,. r ' ´.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.``:. 、
            ,. 、 /.:.:.:.:.:.:.i.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\
            , '.:.:.:.:.i.:.:.:.:.:.:.:.:.:l.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\
          /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:::i.: /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\
        /.:.:.:.:.:.:./i:.:.:.:.:.:.:.::::l/:.:__: /|.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::.:.:.:.:.:.ヽ
        ,'.:.:.:.i.:.:./: |.:.:.:.:.:.::::/!:.:/|/`|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ィ:::.:.:.:.:.:.:.:.}     撤退を重ねるドイツ軍。それを助けるためルーデルがある日出撃すると、なんと見たこともない新型の敵戦車が。
       ,:.:.:.:.:.!:.:,':.: !:.:.:.:.:.:::イ レ' i  |.:.:.:.:.:.:.: / :i:::.:.:.:.:.:.:.:.i     「イワンめ、また新型を造りおったか」(原文そのまま)と呟きながら、たちまち五両を破壊してしまいます。
        i.:.:.:.:.:i:.ハ::>l.:.:.:.:.:.:::テミヽ ∨.:.:.:.:/ `!:::.:.:.:.:.:.:.,'     好奇心にかられ、その残骸を観察しようと高度を下げたところ、敵の対空砲火を受けてしまいました。
         |:.:.:.:.:.i:| イ ,|:.:.:.:.:.::::{i:::o:リ}  |:.:..:/_  |::.:.:.:.:.:.:.;      弾丸はルーデルの足に当たって出血多量。頭が朦朧としつつも、なんとか操縦桿を離さず基地に帰還します。
         |:.:.:.:.:.:i| ヽ |:.:.:.:.:.:::i ``´     レ',x.z=、|::.:.:.:.:.:. {      当然ながら入院加療を必要とする重傷で、医者に6週間の入院を宣告されましたが、
         |:.:.:.:.:.:ハ   !:.:.:.:.:.::l '''      {i::oテi}}|:.:.:.:./i:.ハ      彼はわずか八日後に病院を強引に退院してしまうのです。
.      /.:.::::::.:.:.:.', |:.:.:.:.:.::i       ,   `"´ ,イ.:/:.i:.:.:|、
      /.:.:::::,::::ゝ、:.':, !: .: :.::l   r 、   '''  ,イ::::!'::::::.:i.:.:.| `.
.      /.:.:./     ヽ:',|:.:.:.:l|\  `´    , '.::::::::::::::::::i:.:.:|  i
     /.:.:./       ',:|:.:.:/i  ヽ.,.  ‐ '  |::::::::::::::::::i :.:.i  i
.    /.:.:./       i:レ' !   丶.__    |:::::::::::::::::::::::.:i ;
   /.:.:.:,'           |:.:|  ヽ  _ |.|´¨ :/:::/|:::/:::::::::::| ,
.  /.:.:.:.:i      i  ノ!.:ト、        .|.|  // ヽレ' |:::::::::::|;
 ,':.:.:.:.:.:|      i / .|.:| ヽ     |.',     ヽ |:::::::::::|
..,:.:. /!::::|      |:  .|.:|   ヾ、___,,.ノ .ヽ :.    ヽ :::::::::|
,:.:.:,' ! ::|       i:   |.:|    ヽ/   ヽ::.     ヽ:::::::!
:.:.;  .|::::|.     |.   |.:|      ..:::     ト、     ヽ:::|
:.:;  |::::|.      |.   |.:| . .. ...::        } ヽ      ヽ.
:;   i :::|.       i    |.:|          ....:::i   ヽ     ヽ.

57 名前: ◆Wu7aKego3Y[] 投稿日:2011/09/02(金) 15:52:29 ID:jeHI5icU [54/80]
                   ____
                 /      \
                /⌒  ⌒    \         6週間の入院が8日で退院・・・・・・無茶にもほどがあるお。
  ○  ○       /(  ) (  )    \
               |   (__          |
              \   _l        /
              /  ー        \

58 名前: ◆Wu7aKego3Y[] 投稿日:2011/09/02(金) 15:52:51 ID:jeHI5icU [55/80]
           /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : \
           /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :`ヽ、: : : : : : ヽ
        /: : : : : / : : : /: : : : : : : : : : : : : : : \.: : : : : : : ,
        _/: : : : : / : : : ∧: : : : : : : : : : : : : : : : : :ヽ: : : : : : :、__
     /: l: : : : : :′: : :/ ',: : : : : : : : : : : : : : : : : : :ヽ: : : : : :l : \      そして1945年元日、ルーデルは「金柏葉・剣・ダイヤモンド付騎士鉄十字勲章」をヒトラーから授けられます。
.    /: : : |: .: : .: | : : : /   |: : : : : : : : ト、 : : : : : : : : : }: : : ! : |: : : :ヽ     この「金柏葉・剣・ダイヤモンド付騎士鉄十字勲章」は末期のドイツにおいて新しく出来た最上位の勲章。
   /: : : : | l : : : |: : : / __ Ll : : : : : : :| _、__ : : : : : {: : : | :│: : : : '、    ドイツが滅亡の危機に瀕した時、十二人の英雄(円卓の騎士になぞらえて)が現われる――
.  /: : : : : | | : : : |: : / ´   | |: : : : : : : |´ \(\ : ーz≧│ :|: : : : : : '、    そんな、あらゆる意味で末期的な発想の元にヒトラーが制定した十二人限定の最上位勲章なんです。
  /.: : : .: : :| | : : : |: :/ (、_、_Vヘ、 : : : :│   _,_),ヽ : : : : :│: l: : : : : : : '.   これを授けられ、ドイツを救う十二人の筆頭になったルーデルでした。
 .′ : : : : ∧l : : : |: :lY rう゚ミヽ \ : : : | ィチう゚ミ`YVヘ、:│:∧ : : : : : : l   なお後の十一人は現われず、この勲章を貰ったのは後にも先にもルーデルただ一人なんですよ。
 l: : : : : : :′∨: :│:八 トイ;;;ハ  ∨\l 仆イ;;ハ ノ小: :\h'  ',: : : : : : |
 |: : : : : : { (|.: .: :|/l ゝV辷ソ         V辷ソ  |: : : :| |   }: : : : : : |
 |: : : : : : |   |: : : : :|                  リ: : : | ノ  |: : : : : :│
 |: : : : : : |  | : : : :ハ         j)        从: : :r'    |: : : : : :│
 |: : : : : : |  l|: : : :从    r 、        f^!   八: : : |    |: : : : : :│
 |: : : : : : |   |: : : : :{) 、  | ! (ヽ、 0  /)!│ ,イ : : : : l   │: : : : : :|
 |: : : : : : |  │: : : :|  丶| | \\ /,o'つ.|イ l| : : : :/     |: : : : : 从
 |: : : : : : |   ヽ : : :ハ  (|  |>_ノ⌒oく゚_ィレ'´)  |: : : /    │ : : ∨ }!
. 从: : : : : |  ,イV(\:{_ノ  (  ☆ rイ/,/ {_}:/´)--  、 │: : :V  |l
/l{ V : : : ン'´   ヽ ヽ/   \__ノ '´/   \/ /    \j: : : /   l|
 l| ∨:/      \           (         /      ヽ: :/   |!
 |!  ∨         }         `ニニ⊃   /        ∨    |
 j!  |         |       /        /        │    !
.   │       、  〉      ノヽ、       〈    ,        |   ノ
     |      }rヘノ       r'′  `、     、rヘ{       |
    │      く^ /     /^し'⌒Y|      ヽ `^)       |

59 名前: ◆Wu7aKego3Y[] 投稿日:2011/09/02(金) 15:53:14 ID:jeHI5icU [56/80]
       ___
     /:::: u ::::::::\
   /  ○ 三 ○:: \       ルーデル専用の勲章・・・・・・特別扱いもいいところだお。
  /::u:  (__人__) :::::::\
 |   ヽ |┼┼| / u  |
 \    `――'´     /
 / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\

60 名前: ◆Wu7aKego3Y[] 投稿日:2011/09/02(金) 15:53:36 ID:jeHI5icU [57/80]
            ,.....-─...-.....、
         /:::::::::::::::::::::::::::::::`:::ヽ
        /::::::|::::::::::::::::i::::::::::::::|::|::::::ヽ
       /:::::::::|::::|::::::l:::∧:|:::::::::|::!:::::l:::ヘ
       !::::::::::|:::::!:::::|:/-ヽ!、::::::レヽ:::|:::::l
      /:}::::::::::|:::::|:::::レ  、 ヽ::リ  ヽ!::::       そして例によってこの受章の際にヒトラーとルーデルの間で飛ばない飛ぶの話になります。
     /:::::!:::::::::|::::::l:::{彳リハ  V んぅ::|:リ       受章の辞退を盾にあくまで飛び続けることを訴えるルーデルに、ヒトラーはいったん折れます。
     /:::::::l:::γ|:::::::ヽl ヾソ    ヘソl::レ       ところが、勲章を持って前線に戻ったルーデルに重ねて飛行禁止の通達が届きます。
     !::::::::lゝ,ヽ|::::::::::|  ,,    '   !:         これは正式な命令であるために、ルーデルはついに表向きは飛べなくなるのです。
     !::::::::'  ヾ|::::::::::|     ‐-  ィ::|        そこでルーデルは自身の出撃を隠し、彼が撃破した戦車は部隊の共同戦果とし誰が撃破したか記録しなかったのです。
     レ:::::!   ヘ::::l:::::!`  ,  _  ´:::::!        ところが変なところで細かいドイツ空軍省はこの報告に納得せず、あっさりと嘘はばれてしまいます。
     i::::::ハ    リ::::::i    i  l:::::::::::リ
     !:::i, '⌒ -/:∨` - 、_ 〉.:ヾ''''''- 、
    l:/      ヽ' : : : : : : :, '´    ヽ
    !:!         ` ‐‐'       i
   /:::|                   |
   ':::::::!     、!          i,   リ
  i::::::::;     ヽ        /    イ
  !::::::::|       〉       /     !
  |::!:::::!  ,-‐~`‐、ノ       〈 , - 、/
  l::!|::::ゝ〈: : :,-‐、,〉     :.:.  i´: : : : ,`
  |::||:::::::| ` ,   i:.:..   .:.:.:.:. / ̄`、:ノ

61 名前: ◆Wu7aKego3Y[] 投稿日:2011/09/02(金) 15:54:01 ID:jeHI5icU [58/80]
       ____
     /⌒  ⌒\      ドイツの役人は頭が固いんだお
   /( >)  (<)\     それにしても自分の戦果を他人に譲ってまで戦い続けるなんてやっぱりルーデル閣下は世界最強なんだお!
  /::::::⌒(__人__)⌒::::: \
  |    /| | | | |     |
  \  (、`ー―'´,    /
       ̄ ̄ ̄

62 名前: ◆Wu7aKego3Y[] 投稿日:2011/09/02(金) 15:54:20 ID:jeHI5icU [59/80]
                           x久
                          /./ ',
                     __ィ=.、.,イ:::,イ彡 |
                       /⌒Yノ/::,:/- ─┴: 、
              __ .-─'  '‐リ´::::/:::::,:::::::::::::::\ ̄≧::..、_          ,、 /) __
          x< ̄      _. ァ 升:::/::: ,イ:ハ::::,:::::::!::::::ヽ ̄ミ¨フ′        / レ' ー'/
           ヽ     _>  ´ /:/,ィ‐/:!::/卞、|::fi::: 从::::::::::',ミ/       xヘ / ,′   ーっ
          \` ̄>、ニ<:::::ハ {<,':: l,'ぅハ. ',从/,斗:!::::i:::|         /ニニ/   __<
               |\    ヽニニ'/ ',`:!:::::lゞソ   iム┐!:j::丿:i      /三ニ/ /\  `゙′
               l: : :\   !.三ヽ-:Ⅵ:::: !'''   , じソ厶,':::::八   x=くニニニ//: : : : :ヘ、
           /: : : : : \ .|ニニ三|:{::::::l ( ̄! '''./::::/.ィ'´ _,ィ≦三三三ニ/´: : : : : : : 八      戦果を偽ってまで戦い続けたルーデルですが、1945年2月9日、
            / : : : : : : : :`!ニニニl人从ヽ.`_   イ.|::: !:ノ≦三三三三ニニ/: : : : : : : : : : :.:ヽ     出撃した彼は大戦における最大のピンチを迎えます。
            ,': : : : : : : : :.:.:|.三三三三ヽj /,イ::k:ヽ从,リ三三三三三ニニ/: : : : : : : : : : : : : :ム
        .ィ: : : : : : : : : : :.|三三三三三//i:|i ',_ソ レ′三三三三三ニ/: : : : : : : : : : : : : : : :ム
      /::/l: : : : : : : : : : : |三三三三三辷':j|::ハ\三三三ニニニニ/ : : : : : : : : : : : : : : : : /
     /:::::/::::¨了: : : : : : : :弋ニニニニニ三|:l.!:|∧ \三三ニニニ/ : : : : : : : : : : : : : : : /
   ,.イ::::::::/:::::/i、: : : : : : : : : :`lニ三三三三l」L!ニム   i`.:<.._/: : : : : : : : : : : : : : : : : :i
  ./:: !:::: ,':::::/   ヽ_: : : : : : : :|ニニニニニ三三三ム {: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :/
  /:/:::i:::: |:::/     / : : : : : : : !ニニニニ二三三三弍 ', : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : /
 ,':,'!:::::|:::::レ′      廴_: : : :.:..|ニ三三三三三三三/ ∨: : : : : : : : : : : : : : : : : : /
 |{ |::::::l:::::|         i了: : : \ニニ三三三三三〈    マ : : : : : : : : : : : : : : ┌ ヘ
 ',:::::!:::::',        / j: : : : : /三三三三三三三:',    寸 : : : : : : : : : : : : :/:::::∧
  \::::::::::::',           ! / : : : : jニニニニ三三三三三!    V: : : : : : : : : : :, <:ヾ:::: ハ
    ∨::卜:ヽ       之_: : /三三三三三三三三/     ', : : : : : : >'´  ',::|::::::::}
     ',:::l `゙ミ.          ヽ`7ーァ三三三三三三f.       |: : : : :厂     .|::!::::::,′
      Ⅵ               〉 .く三三三三三三シ        j : : : /      j::i:::::,′
     从                 /   `ー' ̄¨ヾ三三!.      ,′:/      /;イ:::/
                       ,'         ./ }        ,'⌒′     彡'/ /
                      ,'          /  .!        /          从′
                     ,′       , ′ j         ,′
                    ,′     /     !        ./
                 j     /    j.       /
                /     , ′      |     /
                   /    ,.:′       i     /
             /     ./        {    ,′
             , ′ヽ_ ,. ′       |.    ,′
               /   /          ヘ   , Ⅴ
           /    /                 ゙<´  ',

63 名前: ◆Wu7aKego3Y[] 投稿日:2011/09/02(金) 15:54:39 ID:jeHI5icU [60/80]
   /    /' /     / ,:'くヽ/ \ ,、 ヘ  /i
 ,:' /   ,: ' / ' / / ,:'/  /\丶\ゞ」 ノ 丿
'  ,:   /'   / ̄ ̄ ;;\\へ\  ||   |/
' / ,:'/,:  /(〇)  (●);\  Y´ |ノ
/,:     / (__人__) :::::::;;;;;;;;;\  ,:'/,:   /'     最大のピンチ・・・一体なんだおそれは。
/ ,:'/,  |;;;; ::::` ⌒´:::::;;;;;;∪;;;;;;;;;;| ' / / ,:'/,:
 /    \;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,/' /
/  /'  /  ∪ :::::::::;;;;;;;;;;;;;\'/  /'
/ ,:'/,: |::Y    ::::∪;;;;;;;|;;;;;|/ ,:'/,:
     ||∪ :::::::;;;;;;;;;;;;;;;|;;;;;|

64 名前: ◆Wu7aKego3Y[] 投稿日:2011/09/02(金) 15:55:01 ID:jeHI5icU [61/80]
                 _r'゚^⌒゚⌒^゚ヽ‐- 、
               r'゚^,≫=====ミ 》く: : \
              /゚,/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: ∨ .:|.:.:.:.xヘ
              ∨.:.:./.:.:.:.:.:ヽ.:.:.:.:.| :.:i|.:.〃{.:.:.:\            1945年2月9日、オーデル戦線にてソ連戦車12両を撃破したルーデルでしたが・・・・・・。
                 ∠7/ :::|八:::::::::|\ト| :::i|、{L人:::::::::\           13両目のスターリン戦車を撃破した瞬間、40mm砲の対空射撃を受けてしまったんです。
            〔/|ハ::::i|⌒V\|ィ心| :::i|ハ ::::|\:::::::::\         しかもそれは、操縦席にいたルーデルの右脚を吹っ飛ばしてしまいました。
               /小:iY心   Vソ| :::i|_ノ::ノ| | \::::::::\        薄れ行く意識の中で、後席のガーデルマンに励まされながら、なんとか不時着に成功します。
              く//|:::iハ V},    | ::::|l/ :Lノ  \::::::::\      そして気付いた時、彼は病院のベッドで横たわっていました。
              /:::/ :|:::i:人   。  j:::::八        \::::::::\     そこで彼は右脚を失ってしまったことを悟り、悲嘆に暮れてしまいます。
                /:::/  |:::i|    -‐ァ7:::/ ̄L.          \:::::::\
           /:::/  |::八 , -‐rく∨::/::::::::::::ト┐          \:::::::ヽ
             /:::/   :レ  _/   \ V:::::::::::::::| ,ハ_         \::::::::、
          /:::::′    〃  ..::::::::::} |::::::::::::::::| }:::::}         丶::::::.
          ::::::|     厶゚\:::::::::: r'| |::::::::::::::::| |::_ノ゚ア             ::::::|
          | :::::|   / \_}::_:ノ:::| |::::::::::::::::| |_゚_ノ\          |:::::|
          | :::::|  /  /  〕:::::::_」 L_::::::::::::厂>┐  \         |:::::|
          | :::::l/   /   { ̄=- / ̄}⌒}^′{丶、 \        |:::::|
          |::::/  /     { ̄_/   人{人ー‐'〉  \   ー-っ__ /::::::|
         ∨  ,イ       <   / /|_}_」>く____>‐┬ーァ’ :::::/
         /  人::\     / \∠__,ノ \:::::::::::::::: / ノ_人∠:::/:::/
         {jjJノ\厂     |   r'´::::\   >::::::::/ ノノノ~ノ  //:
             \     トJ  r'::::::::::::::::|/:::__/彡~∨ソ
                 厂  /::::::::::::::::::::/~-r~'     |┘

65 名前: ◆Wu7aKego3Y[] 投稿日:2011/09/02(金) 15:55:21 ID:jeHI5icU [62/80]
        ___
       /_ノ  ヽ\
     / (○) (○) \
   / u   (__人__)   \    あ、足が無くなってしまったのかお!!大変だお!!それじゃあもう飛べなくなってしまったんだお!!
   |     |i!i!i!i!|   u  |
   \  u  |;;;;;;;;;|    /
    /    `⌒´    \
   (<<<)        (>>>)
    |、 i、       ,i  /
    ヽ_/       ヽ__/
     |          |

66 名前: ◆Wu7aKego3Y[] 投稿日:2011/09/02(金) 15:55:42 ID:jeHI5icU [63/80]
.                          /::::::::/:::::::::::|:::::::::::::::::::::\
                         / /.:::::/:/:::::::::::!::|:::::::::::::::::::::::l
                        '::/:::::::: 从:::::::::::::i:::!∨::::::::::ヽ:::|⌒',
                        l::::|.::::::/_!| V::::::/''!厂∨:::::::::|::::::::::::l
                        ∨!::::::!´ヽ V:::l 冫xrュ∨::::::!:::ハ::::::l    ところがルーデルはそんなことではへこたれないんですね。
.                       ∧:!:::::| .ィテc ∨  ´辷ノ》:::::::lV/ !:::::l    彼は右脚を失ったことそのものより、それによって少なくとも数週間飛べないということのほうを悲しんだといいます。
.                        !:::::l|:::ハ `ヽ┘      /:::::::::レ !/l::::::!    心の底から戦争のことしか考えていない戦争キチガイなんですね。
                       |::::::!!::::ハ      , /|::::::::/ ! l:::::l
                       |:::::/!:::::::!ヽ、  `´   ィ:::::/  |  !::::|
                       |::::ハト、::| `:l`. ァ- < l/::::ム-┴ 、!::::!
                       |:::l イ¬j‐介"´  _ x彳、〈     V::|
                       ! / x―-+.|_. x≦- 、  `     Ⅵ
.                       |///////////////\        !!
                       リl/////////////////∧ l      !゙、
                  -―-、 / |/// ̄ ̄\////////∧ |    | \
                /     〈 l//      ヽ////////l∧     l   `'' ‐- 、
            _  -/        ∨ !        ∨//////‐┴‐- 、 !       `ヽ- 、
        , ‐ '' : : : :/         Ⅵ           ∨////: :: :: :: :: :: : `丶、      ノ:::::}
      イ: :: :: :: :.ィ¨/          l       l   ∨//: :: :: :: :: :: :: :: :: :: : `丶ニ -‐'´
     /: : : :: :: : /; ; '           |       |:   ∨': :: :: :: :: :: :: :: :: : :: :: :: : :\
    l: :: :: :: :: :: : ヽ/        /  l          !:   !: :: :: :: :: :: :: _ ノ: :: :: :: :: :: :',
    !: :: :: :: :: :: : ./        ,'――‐l         ├‐―┴――. .. ."´  : :: :: :: :: :: :: :'
.    |: :: :: :: :: :: :./        /: :: :: :: :|       |: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: ::: :/

        ____
      /     \
     / _ノ  ヽ__  .\        片方の脚を吹っ飛ばされても戦い続けるなんて・・・・・・さすが人類史上最強の超英雄なんだお。
   / (○)!i!i(○)   \
   |   (__人__)  u    |
   .\   )t-ツ     /
    /   ⌒´      \
    \_(__)      i\(__)
     |          |

67 名前: ◆Wu7aKego3Y[] 投稿日:2011/09/02(金) 15:56:07 ID:jeHI5icU [64/80]
               __ \              /
            <::::::::::::::\∧   _____   ∧/⌒>‐=ミ
            /::::::::::::::::::::::::}/::::::::::::::::::::::`丶{::::::::::::::::::::::::::::::::\
              /::::::::::⌒::::::>'7::::::::::::::/::::::::::::\::::::\:::::::::::::::::::::::::::⌒\
           /::: /ー=彡/ /::::::::/::: |::::::::: |:::::::::::: |:: ∨Y⌒丶::::::::::\:: ヽ   ♪
         /:::::::::::::::::::/::|o|/::: /::/|::::::: ∧:::: |::: |=ー|o|::::::::::::::::::::::::::|\}
           / /|/:::::::::::::: ∨:::::::::/⌒|::|::: 厂\:|::: |::::::| 」:::::::::::::::::::::::::::\
.          /  /::::::::/::::::::::|:::::::Yア心|人/ ィぅ爪::::∨::「`\::::::::::::::::::::::::::::ヽ    こうしてルーデルは義足を作ってもらい、六週間で退院。
            /::::::::/:::::::::::: /|::::::小Vソ    Vソ |::::::|ソ    :::::::::::::::::::::{\:::.    いうまでもなく、本当は六週間で退院できるような傷じゃないんですよ。
        厶イ:/::::::::::::::: :::人/::::: _n_    、、 |::::::|     |:::::::::::::::::::::::、 ::|   片足での飛行にも慣れ、さっそくソ連戦車を撃破しますが案の定足の傷口が開いて大出血。
          l/:::::::::::::::::::/ /::: 八ーu┘r:::、   /|::::::|     |:::::::::::::::::::::::::い!:|   それにもめげず、ルーデルはさらに出撃を続けたんです。
          /::::::::::::::::/V │::/  丶、 ー' イ :::::::|   /:::::::::::::::::::::::::::∨:j   なおここから終戦までに30両以上の戦車を破壊しているはずなんですが、書類記録では5両。
          ::::::::::::::::/    :| ::|    _}` ´   L 」:: 厶<::: イ::::::::::::::::::::::::::::∨   公式には入院していることになってたんで、書類申告できなかったようですね。
         人|::::::::: /   / ̄: `マ'´      /⌒\ \|:::::::::::::::::::::::: :::::|
           |::::::乂   { : : : : : : :}‐一  ー/: : : : : : }  ∨::::::::::::::::::::|:::::|
          ::::/\}  ∧: : : : : :人     _{: : : : : : / () |:::::::::::::::::::/|:::/
            ∨    { ゝ-ーく_ >─<r'ー:、: : イ    () /|:::: / :|/
                    | {::.::.::.::.:}\___〃::.::.::.}´ |  ()人/  |/
        ♪          匸}::.::.::.:ノ|::.::.::.::.::{::.::.::.::ノ__` ̄厂
                ∨::.::.::.「´::.::.::.::.:<|::.::.::.{::.::.::.:: ̄}
                  ′::.::. {::.::.::.::.::.::. {::.::.::.::\:.::.::.::.′
                   {:.::.::.::.::Y_::.::.::.::.::.:ヽ::.::.::.::.::ヽ::.:/
                ヽ::.::.:: 人`'ー──ヘ、::.::.::.::./
                   ー'´ /`ー───‐ヘ::_/\
                      {::.::.::.::.::.::.::.::.::.::::.::.::.::.::::.::\

69 名前: ◆Wu7aKego3Y[] 投稿日:2011/09/02(金) 15:56:27 ID:jeHI5icU [65/80]
             (ヽ
         __  ( i)))
        /⌒  ⌒\ \
      / ____________ノ  \       傷が治らないまま義足で出撃して、しかも記録に残らない戦車撃破が多数・・・・・・。
    ./::u:: ⌒__________( ○)(○)      やっぱりルーデルは人間を越えているお!!
    |    (⌒)|__________(__人__)
    ,┌、-、!.~〈`ー´/   _______|l!|li!|
    | | | |  __ヽ__________ |ェェェ
    レレ'、ノ‐´   ̄〉  |
    `ー---‐一' ̄

70 名前: ◆Wu7aKego3Y[] 投稿日:2011/09/02(金) 15:56:51 ID:jeHI5icU [66/80]
         /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
        」::::::::::::::::::::: イ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ト
       /:::::::::::::::::::::: /|: ,、:::::::::::::::::,イl::::!::::::::::::::::::::::::\
.      /::::::::::::::::::::::::: / .|:小:::::::::::::::/ !:::ハ:::::::::::::::::::::::::::::\
     /:::::::::ハ::::::::::::: /¨¨レΤ:::::::::::/ ̄j:/「Τ::::|:::::::::ハ:::::::::::::ヽ    どれだけ片足のルーデルが孤軍奮闘しようと、戦争の行方は全く変わりません。
     '::::::::::ハ:::|:::::::/,≦_L.ト ヽ::::: ! ,..L_≧}::: /:::::: ハ::::::::::::::::    ドイツ第三帝国に止めを刺すためにいよいよソ連軍はベルリンまで迫ります。
.    ,::::::::::::' lヾ\ k/てイ㍉  \| チう¨卞》/:::::::::j  ',::::::::::::::    ヒトラーは自殺し、5月1日にベルリンは陥落します。そしてついに1945年5月7日、ドイツは無条件降伏を受諾します。
    ':::::::::::,'  |::::::::`トヽ弋.ソ     弋::ン 彳 :::::::::|   ',:::::::::::::
    j::::::::: / ,ィ:::::::::::!      ,      イ:::::::::::::ト、 ',::::::::::::
   ,':::::::::/ / |::::::::: |             ノ::::::::::::/  ヽ V::::::::
   l::::::::イ /  |::::::::: |> 、    ^    ,イ!/::::::::/    }  |::::::::::
   ,'::::::::::! l   ト、:::::!  い> 、 _  ,, イ /‐!l:::::: /    l  |:::::::::::
.  l::::::::::| l    \ |  い     / /   |:::::/    l   !::::::::::
  f::::::::: ! l      .l   い    / /   レ'      l   |:::::::::::
  !:::::::::::| .l      |>――-、 , ――-</      /   |::::::::::::
  !:::::::::::|  ',      !      V     /     /   |::::::::::::

      / ̄ ̄ ̄\
    / /     \ \
   /  (●)  (●)  \    ドイツが降伏して、やっとこれでルーデルの戦争が終わるんだお。
   |    (__人__)    |
   \    ` ⌒´    /
   /              \

71 名前: ◆Wu7aKego3Y[] 投稿日:2011/09/02(金) 15:57:23 ID:jeHI5icU [67/80]
           .    ̄ ̄ ̄ ミ  .
         /   ...:.:.ヽ:.. ヽ:.. :... \
       . ' ..:.:{..i ..:. ..:.:.:.ト :_: ..ヽ.. ..:rx.
      /.......:.:.:L{:. :: .:.:.|:|´i:.、:.i.` :∨..::|...:ヽ
       /.ィ .:/:|∧:..:..:.:.}:| }∧トi:. :.i...:.:| ...:.::
      ノ' {.i .:..:ト:{ __ハ :.:/リ,イ笊iy:. :.ト、:.! ...:.:i
       从 ..:.:V´iぅ:ミV   ヒツ小:..!y}:.} ...:.:|      相変わらず白饅頭は甘いですね、むしろこれから最後のルーデルの戦いが始まるんです。
      r‐ {\バ ヒツ ,   ::::.|:..|ノイヽ .:{      終戦で降伏を余儀なくされたルーデルの部隊ですが、大のアカ嫌いのルーデルがソ連に降伏するはずがありません。
      { | .:.:. 小 ::::   --.   }:.:..iト..廴:}:ハ      米英軍の支配地域へと逃げ込むことを決意したルーデルは最後に残った爆撃機、
     | l }:.人込.  ‘ー ’  イ:.:/}:...}.. ≧x}     Ju87が3機、Fw190が4機を引き連れて追撃してくるソ連機を撃退して振り切った上で米軍基地に着陸するのです。
     __j. { 〈/ム::{i ≧ァ --< ノイ/.. /     `ヽ    ちなみにルーデルに置いていかれた地上支援部隊は陸上から撤退しますが、途中でパルチザンに襲われて
   r{ ( \V-ミ.从:.. \入_∧_/`く     ..:ノ    見事に殲滅されています。
 /´{ 、 ヽ. ヽミ..丶:..i  〈  /i|トV  / ./ .....:イ
 ヽ._〉ー'`’ 〉  トi.:i.:}.:{:..  ∨ハl!∧./ .../彡 ...ノ
   {    {  .ノノ..:.:::人:......《 从...》....::/:.. ≦..∧
   乂_ イ//...:/  〈` `イハト'...:r'   ....:ハ:::.',
     `ー<ノイ::}   }丶../ノ ||≦ノ  ...イ .∧::.i
       | .:|..:i   /:..  {」 }j.../  ...::::/::. ....:〉:|
       | ..: ..:′ ∧ ....::≦..:ノ   ./::. ..イ∧|
       } .:../  /∨_>‐<_{   :/≦i 斗匕〉
        i ../{   V \/ 十/人 ...:ノ十十十| ノ|
         | ::. |    丁ヽ≧_/  `ー1斗 ┴ 7´:..l
         |/:. |     .   〈ノ,   厂´   ′ i |
         |:.... .,     ',  }ノ /人}     /}:. :/}ノ
       V..:ト廴     ヽ `‘´ }    ./|:/ ′
        ∧..{       〉     |    {. |:.′
         、:.       ∧   ノ    ,! |{
         \_     ':::::`ーァ' 廴_ ノ::} 八
                  }::::::::::/  i:::::::::::::|
               ;::::::: /   ';::::::::: l
              ,::::::::/     l::::::::: |
               /::::::::{    }::::::::::{、
             爪⌒'1    ム.==v' }
             V ヒ...{、   .廴.._/ ノ
              { 乂__ハ  /   / i′
               丶_.ノ   ト--' ノ

73 名前: ◆Wu7aKego3Y[] 投稿日:2011/09/02(金) 15:57:52 ID:jeHI5icU [68/80]
                           /YVYヽ
                 ,  -―- ,   l ̄ ̄ ̄ ̄WVV ̄ ̄|
           /.: : : : : : : : : :.ヽ|                |
          /.:.:. : : : : : : : : : : :.:|               |
           ,イ : : : : : : : : : : ∧: : : |              |     着陸したルーデルは戦利品漁りの米兵に脅されますがそれを突き放して機内に立てこもり、将校を待ちます。
           |: : : : :A: : : : :/⌒>、:|              |     さすがプライドの高いルーデルですね。
        ,イ.: : : / 仆、: :/  _〉|              |     現れた将校にルーデルは他の投降ドイツ将兵もいる広間に通されますが、ここでナチ式敬礼をやります。
        /.: .:/Yfrマ ∨  f初Y |              |     「英語は話せるか? あと、ナチ式敬礼はやめてもらいたい」という米軍将校に対し、ルーデルは言いました。
          /: : ,′,代cソ    ゞイ |              |
       /: : / ,叭     '      ノ|       /〉      |
        /: : ∧   V>、 ´`   / |    //〉      |      「ここはドイツだ。英語が話せたって、ドイツ語以外はしゃべろうとは思わない。
      ′ ,'  ゝ イ之l>ー<!  ..⊥......,ィ´ 為_____|       どんな敬礼をしようと君らの知ったことではあるまい。
     /: : / /.:.:.:.:.:.:.:.ヘ  〉く Y´:.:.:.:.:.:./  /:.:./           われわれはドイツ軍人としての敬礼法を教わり、それをそのままやっているだけの話だ。
     ,'.: :.イ  l.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヘ仆-}ヘ}:.:.:.:.:/ ヽ/:.:./            スツーカ隊は空の戦いで敗れはせぬ。われわれは囚人ではない。
    ,.:. : :.|  ',.:.:.:.:.:.:.:.:.:. ヘl三}ノ.:.:/.:.:.:.:./:::/ ',             ドイツ兵はすべての戦闘に負けたものではなく、ただ物量の重圧に屈したにすぎない。
    |: : : :|  ∧.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:又 /.:.:.:.:.:.:/.::∧ : : ',            われわれがここに来たのも、ソ連軍地域にとどまるのを欲しなかったからだ。
    |/|: : |     〉.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./:.:.:.:.:.:./:.:.:| ∧ : : ',            ま、そんなことはどうでもいい、身体を洗わしてもらいたい。それから何か食べ物がほしい」
    l l: : |   〈.:.:〉:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/.:.:.:.:丿 |.: : :!                                            ハンス・ルーデル『急降下爆撃』より
      l:.:.:l     〉.:.:.:`.:.:.:.;__/.:.:.:.:/   |.: : : |
      ∧: ∨  /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|   | : : |
     ∧:.:\/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./     | : : |         ここまでくるともはやずうずうしいの一言です。
       \/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.;′    | : : |
        ,' :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.l     |.: : : |
         ∧ .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|      ′: : |
       ,' ∧ .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. |    /: :,': :|
      ,' / ∧.:.:.:.:.::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. |    /: :/l: :|
      l l l Τ!ーr--、____ ノ|    /:.:/ : : : |
      | l l  l l  |   l   l  l  |   ': :/ ' : : ′
      L|__|  | l  |   l   l  l  |  // /: :/
       l `ーーL..」__l__l_l_|/   //
       |        ||      /     /
       ____
     /      \
   / ─    ─ \     いや、というか単なる命知らずだお。
  / -=・=-   -=・=- \
  |      (__人__)  U  |
  \     ` ⌒´     /

74 名前: ◆Wu7aKego3Y[] 投稿日:2011/09/02(金) 15:58:22 ID:jeHI5icU [69/80]
       /:::::::::::::::::l:::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
        /:::::::::::::::::/!::::::::::::::l::::::::::::::::::ハ
      l::/::::::::|:::/. |::::::::::::∧:::::l:::::::|:::ハ
     /|:::{::::::::::!/__,.|::::::::::/、_l::::|:::::::|:::::|ヘ       そして後の尋問で、ドイツにあった捕虜収容所の写真を見せられたルーデル。
     /::|::l|:::::::::レ´:.:.:.リ、:::l:.:.:.l::/|::::::|::l::i::ハ       そこには残虐な惨状が映っていましたが、前線一筋のルーデルにはかかわりないことです。
    ,::::::Vヽ::::::{:.:.:.__:.:.:.ヽノ:.:__V:.l:::::j::レ|:::::l       そこで彼はこう言い放ちます。
     i:::::::l|:::;;ハV=≠:.:.:.:.:.:.:.≠=V::::|) .!:::ハ
    !::::::| !::::∧:.υ:.:.:.:.:.,.:.:.:.:.:.:υ./:::::l |:::::::,
.    |:::::::! l:::::::::,:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::.:.,'::::::j  !::::ハ       「全然知らない。だが、戦争の常だ、多少のことはやむを得まい。
.    !::::::i V::::::|ゝ、:.:.:.:.´`:.:.:.:.:. ィ:::::::/.  l:::::::l       いつの時代、どこの国でも悲惨なことは起こり得る。ボーア戦争の残虐さを君たちも知っていよう。
    l:::::::| ハ::::::|   ,}`....-....'{、´ l:::::/   |:::::::|       それにしても、この写真は捕虜収容所のもののみとは限らない。
    i:::::::| , レリ‐'~:||:.:.:.:.:.:.:.:.||:`レν、__  !:::::::|       ドレスデン、ハンブルクその他の都市で四発爆撃機が襲来したあとには、もっと大きな死がいの山が築かれた。
    |:::::γ:.:.:.:|  |‐|-、:.:.:.:,-||‐ l  |:.:.:.:ヽ|::::::::|       罪もない女や子供が無数に虐殺されたのだ。
    !::::|':.:.::.:.:.|  l`||:.:.:.:.:.:.:.:||ノ/  !:.:.:.:.:i|::::::::|       君たち紳士が、もしこのような写真に関心を払うなら、東の方に行ってみるがいい。
   |:::::|:.:.:.:.:.:.l   ゝ, '  ̄ ` 、   .|:.:.:.:.:.:|!:::::::|       写真ではない実物が、現に東方の蛮族の手によって行われているのだ」
   |:::::|:.:.:.:.:v'   /      ヽ  v':.:.:.:.!::::::::|                                                   ハンス・ルーデル『急降下爆撃』より
   !:::::}:.:.:.:.:i    !        ハ.  !:.:.:.:.:|:::::::::!
    |:::|j:.:.:.:.:.l   i  '´ ̄`' 、  i  !:.:.:.:.:!::::::::|
   !:::.!:.:.:.:.:.i  ,-ゝ i' ⌒ `、!_,-、 i:.:.:.:.:.!:::::::::!    まあそもそもナチ親衛隊以外のドイツ軍が虐殺にかかわっていないなんてうそっぱちだし、
.   |::::|:.:.:.:.:.:| γ-`; '      }ニ、 ヽ':.:.:.:.:.|:::::::::|    知らないなんてことはないはずなんですけどね。
.   !::::|:.:._,.l-i:.:.:., ' l. . . : : .. ト、:.:.:.:ト,:.:.:.:.:;::::::::|
.   |::::|'´:.:.:.:.:.:.:.:ノ: :.:!: : : : : : : .!ヽ、 ノノ⌒ヽ|::::::::j
.   !::ハ:.:.:.:.:.:.:/ i:.:.:.:i: : : : : : : :i:ハ.ヽ:.:.:.:.:.:.ノ:::::::::

      / ̄ ̄ ̄\
    / _, 、_ \
   /  (●)  (●)  \    ルーデル閣下にそんなやましいところがあるはずないお、何言ってるんだおこの女。
   |    (__人__)    |
   \    ` ⌒´    /

75 名前: ◆Wu7aKego3Y[] 投稿日:2011/09/02(金) 15:58:56 ID:jeHI5icU [70/80]
            ,......'.:::.....: ̄.....:::::`....、
          ':::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ:::::::::::\
       /::::::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ::::::::::::::ヽ
        .::::::::::::::::|::::::::::::::::::::l::::::::::::::::::::::::::::::::::∧
     l::::::::::::::::/|:::::::::::::::::::A::::::|::|:::::::::::|:::::l!::::::::} _       捕虜生活はしばらく続いたのですが、その待遇は非常に良かったのだそうです。
     |:::::/::::::ム !::::::::::::::::/ l::∧:|:::::::::::|:::::!:::::::::|'::::ハ      米英軍の将校達はひっきりなく訪ねてきて、誰もが聞きたがるのはルーデルの超絶な戦果。
     |:::::|::::::/  ::::::::::::レ  }:リ ヽ::::::::::|::l::i:::::::::!::::::::l      「いったいどんなカスタム機に乗っていたのか?」と、誰もがルーデルに尋ねたようですね。
     |:::::|:::::{   |:l::::::::| ' ィr〒ヾ,}:::::::::|::!:i:::::::::|:::::::::|      しかし彼の愛機であるJu87Gは、37mmカノンを搭載した対戦車攻撃用の機体。
     |:::::|:::::|,ィ=ミxレl::::::!  い心 |:::::::/:::リ、:::::|:::::::l::!     別に特別なカスタムなど施されていないどころか、通常のJu87よりも鈍重であるくらいです。
     |:::::|:::::|゙ んハ ヾ"  弋少 |::/リ::::::i }::::ィ:::::::|::|     ルーデル自身はその質問に不思議がり、別にこれといった秘訣もなかったのだがと首をひねっています。
     |::レ'\i 弋ソ ,        レ::::::::::::!ノ/!:::l:::|::|
     ヾl}:ヾ:::}            /::::::::::::::!'  |::::!::l:::!
       |::::`::i     _     /:_,--─ー-y::::i:::|::|
       |:::l:::人     `, --─‐'~:.:.:.:.:.:.:||:.:.:.:.:.:.}::::!:::リ!
       |:∧:::::::> 、‐'´:.:.:.:.:.:.:||.:.:.:.:.:.:.:.:.||:.:.:.:.:.::i::::i::::::|
       レ ヽ::_,-´:.:.||:.:.:.:.:.:.:.:.||:.:.:.:.:.:.:.:.:|| :.::.:.:.:ヽ:|::::::|
         l'''/:.:.:.:.||.:.:.:.:.:.:.:.:||:.:.:.:.:.:.:.:.:||:.:.:.:.:.:.:.}:|::::::::|
         |:.:}:.:.:.:.'ノ.:.:.:.:.:.::.:.リ:.:.:.:.:.:.:.::.リ:.:.:.:.:.:.:..!:!::::::::!
         レ,:):.://:.:.:.:.:.:.:.:./ノ,-'´ ̄ ̄ ̄ ̄ ヽ:ノ::::::::|
          /:|.:.:((:.:.:.:.:.:.:.:.:,-´          |::::::::::::!

     ____
   /      \
  /         \
/           \    ルーデル閣下はシャアじゃないお、三倍速く飛べる機体にも赤く塗った機体にも乗ってないんだお。
|     \   ,_   |    すごいのはルーデル自身なんだお。
/  u  ∩ノ ⊃―)/
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |
  \ /___ /

76 名前: ◆Wu7aKego3Y[] 投稿日:2011/09/02(金) 15:59:22 ID:jeHI5icU [71/80]
.              ...........- ―― -...........
          ,..::::":::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`:..
.        /::::/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\:::::\
        ,':::::::/:::::::j::::::::::::!::::::::::::::::::|::::::::ヽ::::::::::::::ヽ
       i:i:::::::j:::::::;'::::::::j::::!::::::::::|:::::::i::::::::::::}:::::::::::ヽ::i
     ,r'{::|::::::i!::::::{:::::::∧::i:::::::::::i:::::::ト、:::::::!::::::::::::::::!:!':.、
    /:::::i::';::::::';::::/!:::⌒ ';:ト:;::::::::!::::::j"⌒ヽト、:::::::::j!:!:::::ヽ.
.   /:::::::::::i:::';::::::';/"';:/__、'j '::::::i::::/  ,__V  V::::j::i!j::::::::::::ヽ      ともあれ、入院治療をかねた捕虜生活をしばらく続け、
.   !:::::::::;' ';:∧:::::i y'斥ミ、  ';:::レ" ,ィ斥ミ、 i!:/イ;' `ヽ::::::::::i     1946年4月には釈放され、とうとう自由の身となってルーデルの戦いは終わったんです。
   j::::::::i!  j_レ\!〈 r:::ハ    V    r::ハ 〉レレ;_j   ';:::::::::i     彼はあの大嫌いなソ連に引き渡されることもなかったんです。
  ,':::::::/  ( i!::::::i  _Vとノ       ヒとノ,  !:::::j )    ;::::::::!     彼は自由の身になりましたが、当然ながら軍は解体しているので
  i:::::::j   `j:::::::: xxxxx     ,    xxxxx .:::::::!'    i::::::::!     一般の仕事に付くことになりました。
  |:::::::i    i!:::::∧                  ∧:::::i     !:::::::!
  i:::::::i    i!:::::j ` 、    `   '    / j::::::!    j:::::::i
  |:::::::!    !:::::i!   >..,   __   ,. イ   i:::::i     !:::::::!
  i:::::::j    レV,....--ーr/j     iVー--...,Vj    i:::::::i
  |::::::i    /..:i..:..:..:..:../:j \  / i:\:..:..:..:..i:..ヽ   j:::::::|
  i:::::::!    {..:..:.!..:..:..:.;'..:..:..i   y'  j.:..:..:';.:..:..:i.:..:..}    !::::::i
  |:::::::!    i..:..:.,.:..:..:..>.:..:.! イij`ヽ !..:..<:..:..:.,.:..:..i    |::::::i
  i:::::::|    j..:..:..:..:..:..:.\.:..:.! ((_八_))i.:..:./.:..:..:..:..:..!    !::::::!
  |:::::::!    }..:..:..:..:ヽ、..:..\ヽ`イj`"ノ/:..:.,/:..:..:..:..{   !::::::|
  i:::::::i    !..:..:..:..:..:ヘ..:..:..:..\v!ij'/:..:..:..7:..:..:..:..:..i   i:::::::i
  |:::::::i    ';..:..:..:..:...:..V:..:..:..:..:.Y:..:..:..:..:../:..:..:..:..:...;'   |:::::::!
  i:::::::j     i!.:..:..:..:..:..:.ヽ:..:..:..:..:!O:..:..:./~.:..:..:..:..:.j    j:::::::|

      γ⌒) ))
      / ⊃__
   〃/ / ⌒  ⌒\
  γ⌒)( ⌒)  (⌒) \ ∩⌒)    やったお!!もうルーデルは自由なんだお!!
 / _ノ :::⌒(__人__)⌒ 〃/ ノ
(  <|  |   |r┬(    / / ))
( \ ヽ \ _`ー‐'  /( ⌒)
               / /

77 名前: ◆Wu7aKego3Y[] 投稿日:2011/09/02(金) 15:59:41 ID:jeHI5icU [72/80]
              ....::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::..
           /:/:::::::::::::::::::::::::\:::::::::::::::>x
          /:/::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ:::::::::::::::::::\
.       /:/:::::::::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::',__          ところがどっこい世の中はそう甘くはありません。
..    /:::::::::::::::::::::/::::::::::::::::::::::::::l:::::::::::::::::::::::::::::::::::j,:ヽ         多くの旧軍人同様、ルーデルはさまざまな迫害を受けることになります。
.    /:::::/::::::::::::::::::l::!:::::::::::::::!:::::::::l:::::::::::::::::::::::::::::::::::ハ:::ハ        薄汚いドイツ人たちは、戦争終了と同時にあっという間に手のひらを返してナチスとそれにかかわった
   /:::::/:::::::::::::::::::::!:|:::::::::::::::|:::::::::'ヽ::::::l:::::::::::!::::::::V::::}:::Λ       軍人たちに八つ当たりをするんですね。
   l::::/:::::::::::::::::::::/!:!:::::::::::::::!::::::/  V:::!::::::::::|:::::::::l:::::|::::::Λ      こうしてルーデルは、スイス、イタリアと流れ、1948年には南米のアルゼンチンへと渡ります。
   l::::|:::::l::::::::::::::/ N::::::::::::::::!::::/⌒` l:::|!:::::::::|:::::::::}/::}::::::::Λ      時のアルゼンチンの独裁者に取り入ったルーデルは、アルゼンチン航空機産業の顧問に任命され、
.    V:|:::::l:::::::::::::l/ !:::::::::::::::!::/     }:ハ:::::::l:::::::::rV::l:、:::::::::\    飛行術も教えて彼の弟子を増やしていくのです。
.    N:::::::::::::::l:::|  V:::::::::::::!/  / ,斗ミ.l::::/\:/} }く代>-<
     |:::::::::::::Λ|__-V\:::::|    イ_)ノ.}'!:/::::::::|_ '::://
.    /\Λ:::ト.〃こテミ、 ヽ|     之こj|::::::::::::|ノ/
   /::::::::::/:::ヽ|::ヘ` 之こ}           |::::::::::::|/  /
.  !::斗イ:::::::::::::::Λ  ,,,,,,  ,     """ |::::::/-=二
 /   .乂:::::::::::::::Λ_       _  --―┴ ´
/       ̄`¨    _>'''"´
        v-/ ̄´
    / ̄/ /

78 名前: ◆Wu7aKego3Y[] 投稿日:2011/09/02(金) 16:00:01 ID:jeHI5icU [73/80]
       ____
     /_ノ  ヽ、\
   /( ●)  (●).\        なんとひどいんだお、ルーデル閣下は何もしていないのに……。
  /   (__人__)  u. \
  |ni 7   ` ⌒´    . |n
l^l | | l ,/)      U  l^l.| | /)
', U ! レ' /      . . | U レ'//)
{    〈         ノ    /
..i,    ."⊃    rニ     /
 ."'""⌒´       `''""''''

79 名前: ◆Wu7aKego3Y[] 投稿日:2011/09/02(金) 16:00:21 ID:jeHI5icU [74/80]
           < : : : : : : : : : : : : >、
        ,‘: : : : : : : : : : : : : : : : : : : :\
       , : : : :/ : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :\
        /: : : :/: : : :,: : ∧: : : : : : : : 、: : : : : : ::、        アルゼンチンで実業家として成功したルーデルは、趣味であったスポーツに力を入れます。
     /: : : : ' : : : /: :/ ∨: : :!: : : : }: : : ト、 : ハ       テニスや水泳、スキー・・・・・・ルーデルの活躍は多彩でした。
   ,:^v: : :!: : |: : : ‘: :,'__ ∨: :|: : : :∧: : :!::::,: : :.      時に登山には力を要れ、もはやプロの登山家といってもいいほどでした。
  / : r=::、|: : :!: : : ! /    `∨:| : : /´`.: :,::::::.: : : :.    彼は南米最高峰のアコンカグア(6962m)や、ユヤイヤコ(6739m)などアンデス山脈最高峰に挑んでいます。
/: : : /::::::::|: : :i: : : |/x≦ミ、  .::! : /  ∨:::::::|: : : i    またユヤイヤコには3回の登頂、うち1回は登山仲間のノイベルトが滑落事故で死亡するという悲劇を体験。
: : : : / ∨::::!: : :ト、: ::!' んr'::,   、 / x≦ミ、:::::! : : ,    その際、ルーデルはノイベルトの亡骸を抱えながら、山頂にまで到達しています。
: : : /   ∨:l : : |: \{ 弋: ン    }' 'ん': :} 》::::,: : :/!
: : /     、!: : :!: : |` , , , ,    、 ゞ=゚'' //|/}/ |
: /       ! : : : :|           ' ' ' ' ! : :!: : : ,
/       ,: : : :|      、_,、_,     ,: : :|!: : : :.
         ’: : : :|、           /: : :リ, : : :.
         ‘、 : { r}>        イ : : : :/ ,: : : i
        ___\::、\    ァ、 ´ |: : :/  ’: : : ;
    _, - ´ ! ∧`  `'   { ∨={!:/    ∨ : {
  / 、     |  ∧、  /,爪ヽ {  、>、     ∨: : 、
 /    :.     !   ∧\/ /イハ∧!  } }>、   ∨: : :、

80 名前: ◆Wu7aKego3Y[] 投稿日:2011/09/02(金) 16:00:41 ID:jeHI5icU [75/80]
         ___
        / .u   \
      /((○)) ((○))\
/⌒)⌒)⌒).::::  (__人__) l_j :::\     /⌒)⌒)⌒)     死んだ仲間の遺体を背負って・・・・・・超人とか何とか言うレベルじゃねーぞそれ。
| / / /     |r┬-|     | (⌒)/ / / //
| :::::::::::(⌒) U .| |  |    /   ゝ  :::::::::::/
|     ノ    | |  |    \  /  )  /
ヽ    /    └ー.┘    ヽ /    /

81 名前: ◆Wu7aKego3Y[] 投稿日:2011/09/02(金) 16:01:10 ID:jeHI5icU [76/80]
               , -─ ── ‐- ,
            , '´ :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: ` ..、
          / :: :: :: / :: :: :: :: :: :: :: :: ::ヽ, :: :: :: \
            / :: ::/ :: / :: :: :: :: ::|:: :i :: :: :: :: i :: :: :: :: ヽ
         / :: ::/ :: / :: :: :: :: :::,'i:: :| :: :: :: :: |、 :: :: :: :: ::',
        ,' :: :: |:: :: |:: :: :: ; :: :/ | :::! :: :: :: :: | ,:: :: :', :: :: l        やがて当時の西ドイツに帰還したルーデルは、49歳のときに28歳年下のドイツ人女性と結婚しています。
        |:: :: ::| :: ::| :: :: :,':: /  l ::|: :: :: :: ::,' ', :: ::|:: :i :|        またルーデルは軍人互助会組織"カメラーデン・ヴェルク"を設立し、旧軍人たちの支援を行います。
      .,--、! :: :: |:: :: |:: :: /!::/`ヽ,.i :|i :: :: :::/-‐´|:: ::l :: |::!        彼は極右政党を支持するガチガチの右翼で、しばしばナチズムを積極的に肯定する発言を行いました。
     / :: :::i :: :: :| :: ::!:: / .レ    リ ', :: ::/   i:: /:: ::l::|        「ローマ教会がナチス戦犯の逃亡を手助けしてくれた」とか、「あの戦争はドイツ生存のための戦争」などなど。
    ./ :: :: ::|:: :: :::!: :: :V:! xテエx、   ', :/ x==、レ'| :: /::l        中でも一番まずかったのは、1976年にドイツ軍に招かれて講演を行った時のことです。
    , :: :: :: :ト, :: :_|:: :: :: :|{ ハし!    .レ .イシkハ } .!::/ ::,'        このときのネオナチ支持者的な言動が問題となり、彼を招いた二人の将官が首になりました。
    ,':: :: :: :: | ', ::i |:: :: :: :| 弋_ ノ      辷:ノ  レ':|::/|        「ルーデルスキャンダル」とまで言われたこの騒動、ぶっちゃけもはやルーデルは
   , :: :: :: :: :| .ヽ,| ! :: :i ::|        ,      /:: ::|,' :|        ドイツにとってはた迷惑なだけの人物でしかないことを物語っています。いわば老醜をさらしたわけですね。
   !:: :: :: :: ::|  `'| :: :l ::|              ' :: :::! :: !
    | :: :: :: :: :!   | :: :| ::! u           /:: :: :,' :: :|
    |:: :: :: :: ::|   ,| :: :| ::ト、     'フ     /! :: :: :, :: ::|
    |:: :: :: :: ,'  / ',:: :|:: :i `_ 、       ,/ .! : :: / :: :: !
    |:: :: ::. -' ´    '; ::!ヽ,|  \` - _, '´| ', .!:: ::/` -、::|
    |:: :r´       V .`i    `-´   ,  l.|: /    ヽ
    |:: :l        |   ',  /中ヽ i   |.!'      '
    |:: :|        l__   'V´/ rVl .iV  ._!        i
    |:: :|      i    `7 ´/ i .| l ',' <´         l
    |:: :|    、 l    /  | / i |  !   〉     /   !
    |:: :l     ヽ l    ヽ ヽ   !||`´/ /       /   ,
       ____
     /   ノ( \
   /  _ノ  ヽ、_ \      ナチスを支持するなんて、ひどいヤツなんだお!!
  / ノ( ●━━●   \
  |  ⌒ (__人__) ノ(  |
  \     ` ⌒´   ⌒/

82 名前: ◆Wu7aKego3Y[] 投稿日:2011/09/02(金) 16:01:34 ID:jeHI5icU [77/80]
                     , -r‐ .
                 /u .::::::  `ヽ、
                     /..:::::.::::i::::::   ミ、:::ヽ
                 , ≦::::::::.::::i:::::: ..::::::ト、\ハ         またアメリカがA-10「サンダーボルトII」という地上支援機を開発する際、ルーデルを顧問に招きます。
             /::/l::::::::..::::i:::::::: .:::::::\:::\        彼の助言が反映され、A-10は非常に頼もしい地上支援機に仕上がりました。
           /:::, '   ゝ、::::: i::::::::::::::::::;イ:ト、::::\       もっとも湾岸戦争で散々ボコられてたいした飛行機じゃないことがばれるんですが。
.          , ':::::〃  , -‐ ゝ─―── '--くヽ::::::ヘ
          /:::::::/   { ム-‐ニ ニ‐- 、    ', ヽ:::::ヘ
.          / r、,(ユ=、ヽムニゝニrァ、: : : ヽ ,  .! ∨::ハ     1982年12月18日、ルーデルはバイエルンで死去します。
         /:/: : : : : :´: : : : : : : : .;>く): ::  .|  V:::ハ     葬儀の際にはルーデルの信望者であるネオナチ達も詰め掛け、大変な騒ぎに。
.        /〃: : : : : : : : : : : : : :/    ヽ、イ   l    }::::ハ    しかも葬儀中に、真上では西ドイツ空軍機2機が追悼飛行を行ったのです。
      //^ヽ: : : : : : : : : : :/      V.|   ′  |:::::::l    当然ながら、この西ドイツ軍の行動は大問題になりました。
.     /::{   \: : : : : : :〃         }.|  .{   .}:,'|:::l    西ドイツ軍は、「あれは訓練飛行」とすっとぼけます。幼稚な言い訳ですね。
     ′:!    \: :ヽ: /           |.|   ',  .,'/ |:::|    こうして、最後まで迷惑を振りまきながらハンス・ウルリッヒ・ルーデルは埋葬されました。
      |:::::l      `ーァゝ-          | ',   !  /'  !:::!
      !:::::|',       ´ |',          | ',   !/  ,'::,'
      !i::::| ',         .| .',          |  ',  !   ./:/
      !l、 | ',       |  ',          | . } .!-、_ /
     リヽ! .',      |  ',        .|   !、_..ム'
         ',      |.  .',      }
          ',     |   ',       .{

       ____
     /      \
   /  _ノ  ヽ、_  \     人類史上最強の戦士、さようならだお・・・・・・。
  / o゚((●)) ((●))゚o \
  |     (__人__)     |
  \     ` ⌒´     /

83 名前: ◆Wu7aKego3Y[] 投稿日:2011/09/02(金) 16:01:57 ID:jeHI5icU [78/80]
              ___               __
              {`ヽ、\_  -―――――-/,..イ⌒7
              | 乙\_>'"´  ̄ ̄ ̄ ̄`^<  乙 }
              ∨  /::::::::::::::/:::::::::::::::丶::::::::::\  >|
              ∨/:::::::::::::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::∨/
                〃::::::::: / :::::{ :::::::::::::::::::::::j::::::::::::ヽ::∧
               _{i:: /:::::::| ::: ;'|::::i::::::::::::::::::,'|::::| ::::::::|:::i:ト、          一つだけ確実なのは、彼の残した驚天動地の戦果はこれからも残り続けることです。
               /:|i:::|:::::::::|::::/ |::::i:::::::::::::::/│::| ::::::::|:/:j:::::、         当然ながら、この記録はもはや破られないでしょう。
            /::::|::::|:::::::/∨ イ:::|::::::::::::/ `:ト:∧::::::::::::リ::::::::,         そしてなんといっても、良くも悪くもルーデルが貫き続けた強烈な敵を破壊する意志。
              /::::: i|:::|::::::i ,_ |::∧ ::::::/   j/_;::::/::::ト、:::::::::,        そこら辺が、戦後60年以上経っても、ルーデルが我々を惹き付け続ける所以でもあるのです。
           /::::::::/|:八::::|!《不)心 \/  ィ千不》/ :::::|ハ::::::::::,
             /::::::::/ :| :::::ヽ{. 弋.:ソ      弋:.ソ |! ::::::|   :::::::::::、
         /::::::::/  | :::::::∧ :.:::::::   ,    :::::.: ,′:::: |  \:::::::ヽ
           /::::::::/   ';:::::::::小、           ,{:::::::::: |    ヽ ::::::::,
.          /::::::::/     ヘ:::::::::|: :> _  ‐っ  . イ | :::: //\     ';::::::::i
       /:::::: /   /: : ;ゝ--{/: : | >  -</ | ノ-―〈: : : ヽ    :::::::|
       ,':::::: /   /: : / 、\\: :|  \_/  八_〈 / /ヽ: : }  :|:::::::|
       :::::::/    { : : {、 { {r┴イ : | />'介く\/: :.(つー'ー'ソ: : |   |:::::::|
      |:::::::i     〉 八_ ̄ニrく〉: :∨/ l| |\∨: 〈/ト.二-∧: : }   |:::::::|
      |:::::::|:     |: :|: :ヘ二/: |: : :〈〈_/ | |l、_〉〉 : :〉|\/: :|: :ノ   |:::::::|
       |:::::::|     〉 | o: : : : : |:\: :`Ⅵ| |Ⅳ´ :/ :|: : : : o:|:〈.    |:::::::|
       |:::::::|    }/| o: : : : : |: : :\: :j」_|」 :/: : :│: : : o |: }   |:::::::|
       |:::::::|    {: :l : : : : : : | : : : : \: }/: : : : :/ : : : : : ∨    j:::::::|
      |:::::::i     ∨ : : : : : :/ : : : : : : : | : : : : : 〈 : : : : : : /   /::::::/
       ヽ:::::::..    \__/ : : : : : : O | : : : : : : \__/   /::::::/
.        \:::::\     / : : : : : : : : : : : |: : : : : : : : : : :|    /::::::/

85 名前: ◆Wu7aKego3Y[] 投稿日:2011/09/02(金) 16:02:26 ID:jeHI5icU [79/80]
        ____
      /      \
     /  ─    ─\
   /    (●)  (一) \   さようならですお、ルーデル大佐・・・・・・あなたのことは忘れませんお。
   |       (__人__)    |
    \      `_⌒ ´  /
.    ノ.,.,.,.,.,.,.,/ )ヽ.,.,.,く
   (;:;:;:\;:;:/|_ノi );:;:;:;:)
.    |;:;:;:;:゙;:;:;:;:;:|;:;:;:|;:;:;:;:;:;:/
    \_;:;:;:;:;:;:;|;:;:;:|;:;:;:;:::ノ

86 名前: ◆Wu7aKego3Y[] 投稿日:2011/09/02(金) 16:02:50 ID:jeHI5icU [80/80]
             ___            .....-‐┐
             〉z、:..:..:> ――‐z..'..:..:..:,∠}}
            厶- > ' ...:...:...:...:...:...:...:...:./⌒>  X
                {イ/,  ..:/.:/ .:i..:..:i:.ヽ:..:..:ヽ孑   十        これを読んだ皆さん、ドンドンこのスレを宣伝して
             //.:イ斗 {   } .}.ハート i.:.::トrト、  ナ        ルーデルの偉業を広めましょう。
         も   从:/:|ハ:ハ.:.::/イノ }/}:ノ|.:.::i:::ヽ:.ヽ.  r‐r‐     いまや情報はお金を払わずとも集まるのです。
          ぐ    i.:| :/,z==ミV′ =ミ、|.:.:::|):∧:..'. 丶.ノ     誤訳だらけの古臭い本をいまさら買うなんて馬鹿のやることです。
             |.:{.:{つ      ⊂つ} .:.::}:/ l:.:. !        ニコ動、youtube、たくさんルーデル閣下のネタはありますよ。
          r‐r‐ }.::込.  `爪`T’  / ::.:/′ }.:..| も
            丶.ノ /.::}ヽトミ:i7{‐;;‐ミ]7チ/イ}/―x. /:..;′ぐ      後、ルーデルとは関係ありませんが、軍ヲタ必見のブログを紹介します。
              /..:/   ∧つ(_ノヽ.:.:} /.:/⌒’{:..:′        既存の雑誌をぶっ潰すために、ドンドン読んでください。
          __.ノ.:ノ    廴7´oト、.:.:/V.:ノ    |:..{
        .イ.:ご´_    厂 >┴ = イ\   ヽ:.\__     週刊オブイェクト
    _ /′`  ̄ ̄`r‐、-<`ヽ/___r― 、__ノ     \:__ミ⌒`    ttp://obiekt.seesaa.net/
  ,/o´_;ソ777t>'ト、  {::..::..::斗 '´ _/⌒∨      /´― ’
 i >‐/:o:__' :i :;;三〉 ヽ. `¨´    i⌒.:.::/                 隅田金属日誌
 ヽヽ`ー`== 彡__ノ ノ       廴.:ノ                  ttp://schmidametallborsig.blog130.fc2.com/
   `  二二二  ´                             



ということで、ルーデル氏の生涯を短くダイジェストで1スレで収まる程度にまとめましたwwwww




その他やる夫短編コメント(0)トラックバック(0)|

≪前の記事 「そういうことを考えるのが問題なんだ!」
≫次の記事 日常の最終回予想

コメント

コメントの投稿

名前
題名
メールアドレス
URL
コメント

パスワード
Secret
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

ブログ TOP