FC2ブログ
TAG index

プロフィール

kubota.K

Author:kubota.K
~サイト概要~

2chのスレやゆっくりスレ、話題の記事ややる夫AAシリーズ等、気になった記事を総合的にまとめるサイトです!

よろしくお願いします!

about

『BuZZ Plus News』
バズプラスニュース

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

やる夫でドラクエ6(完結) (37)
ゆっくりいじめSS・イラスト ※残虐描写注意! (966)
ゆっくり愛でSS・イラスト (662)
やる夫でGPM(完結) (46)
やる夫が遺跡を守るようです(完結) (57)
実装石虐待系作品 (119)
やる夫がヒットマンになるようです(完結) (15)
やる夫が3つの珠を探すようです(完結) (26)
やる夫はリィンバウムに召喚されたようです(サモンナイト) (53)
やる夫がヴァレリアを平和にするようです (7)
やる夫は人気作者になりたいようです (2)
【クマー】二人の秘密【澪】(完結) (4)
やる夫が大破壊後を生き抜くようです(メタルマックス・第一部完) (11)
やる夫達は文化祭でバンドるようです(完結) (27)
やる夫達は広島でB級グルメを食べ尽くすようです(完結) (13)
やる夫とやらない夫で月旅行に行こう(完結) (18)
やる夫とやらない夫と漫画家シリーズ(完結) (12)
やらない子の周りは中2病患者(完結) (12)
【DTB】 契約者やらない夫  ―荒野の春紫苑― 【オリジナル】 (6)
DIOえもん(完結) (6)
そっきょうたんぺんすれ(完結) (8)
風魔のやる夫 (5)
東京が死んで、やる夫が生まれた(真・女神転生Ⅲ) (14)
ファイやる夫ムブレム(再録) (16)
やる夫が囲碁の幽霊に会うようです (3)
やる夫は誰かを助けるのに理由はいらないだそうです(FF9) (17)
やる夫たちの周りには愛が満ち溢れているようです (3)
やる夫の屍を越えてゆけ(俺の屍を超えてゆけ) (6)
その他やる夫短編 (58)
スレまとめ(事件) (1)
スレまとめ(ニュース) (36)
スレまとめ(趣味) (82)
SS (21)
しぃ系AA作品(虐待・虐殺) ※残虐描写注意! (88)
南ことり (21)
のんたぬ (0)
雑多 (1983)
管理人からのお知らせ (11)
未分類 (18)
う虐 (2)








検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

1510:静かな夜に(やる夫系SS)

2012/02/07 (Tue) 20:50
1 :名無しのやる夫:2011/12/20(火) 12:00:39 ID:FoG/yQdY
静かな夜に


2 :名無しのやる夫:2012/01/10(火) 01:53:57 ID:YhQc3D9w
新しい発見


3 :名無しのやる夫:2012/01/10(火) 01:54:32 ID:YhQc3D9w
ガラッ

やる夫「いましがた、思いついたんだが、
     オナニーする際に用いるオカズと言うのは、
     麻薬の様なものなのじゃないのかね。」


やらない夫「ほう。唐突な事はいつもの事と言え、その根拠は?
        如何に?」


4 :名無しのやる夫:2012/01/10(火) 01:54:47 ID:YhQc3D9w

やる夫「まず一つ目、同じネタで延々と抜くことはできないという耐性が付くこと。」

やらない夫「たしかに。」

やらない夫「一定の期間に、同じネタでしか抜けなくなる法律などが
       制定されたらたまったものではないな。
       常識的に考えて。」


5 :名無しのやる夫:2012/01/10(火) 01:55:02 ID:YhQc3D9w

やる夫「次に、別の新しいオカズを求めずには居られなくなる中毒性があること。」

やらない夫「たしかに。」

やらない夫「性癖と言うのは後天的に形成されるものだと言われているが、
       あるジャンルなど自分のフェチに合わせて、随時嗅ぎまわってしまうな。

       これも中毒であると言えよう。」


6 :名無しのやる夫:2012/01/10(火) 01:55:18 ID:YhQc3D9w

やる夫「そして、最後に。
     探したり保存したりと云う時間を無為にしてしまう非生産性まであること。」

やらない夫「なるほど、これにも同意だな。」

やらない夫「サイトを巡回し、ああでもないこうでもないと抜くブツを選び、
       なおかつ、二度と日の目を浴びるかわからないファイルを保存して、
       時に整理などして、または消し、うむ、時間の無駄だな。」


7 :名無しのやる夫:2012/01/10(火) 01:55:46 ID:YhQc3D9w

やらない夫「・・・・」

やらない夫「ふむ。
        しかし、やる夫。」

やらない夫「だから、どうした?」

やらない夫「思いついたから言いに来ただけだったら、
        ボコ殴りにした後で海に沈めるが。」


8 :名無しのやる夫:2012/01/10(火) 01:56:30 ID:YhQc3D9w
やる夫「やれやれだお。やらない夫。」
     皮のむき方から、ティッシュを丸めて捨てる所まで言わないと分からないのか?」

やらない夫「もったいぶるんじゃない。」

やる夫「簡単な話だお。麻薬の同類項であるオカズには、
     弊害がある筈じゃないか?」

やる夫「それをやらない夫に考えてもらいたいと思って来たのだ。」


9 :名無しのやる夫:2012/01/10(火) 01:58:10 ID:YhQc3D9w

やらない夫「弊害だと?」

やる夫「そうだ。それがなんであるか、さっぱり思い浮かばなくて気分が優れない。
     そこで、やる夫の敬服しているやらない夫の慧眼を頼り、
     知恵を拝借願いたいと思ったのである。」

やらない夫「・・・」


10 :名無しのやる夫:2012/01/10(火) 01:58:34 ID:YhQc3D9w

やらない夫「一朝一夕では考えつかないかもしれないな。
       しばし時間を頂きたい。いいだろうか?」

やる夫「もちろん構わない。
     やる夫も一人で考えてみるとしよう。それでは失礼する。」

やらない夫「む。ちょっと待ってくれ。やる夫。」


11 :名無しのやる夫:2012/01/10(火) 01:59:03 ID:YhQc3D9w

やらない夫「オナニーのオカズは麻薬だとするならば、
       セックスのパートナーはどういう位置づけになるのだ?
       その部分に君の考えがあるなら今のうちに、聞いておきたい。」

やる夫「セックスパートナー?なんだそれは、都市伝説ではないのか?」


やらない夫「いや現実である。具体的に言えば、
        俺にとっての翠星石は、一体何をもたらす存在なのか?」


12 :名無しのやる夫:2012/01/10(火) 01:59:43 ID:YhQc3D9w

やる夫「え?翠星石が・・・セック?ス?
     もう一度聞かせてもらえないだろうか?」

やらない夫「あ?ヤベ。まずった。」

やる夫「うわあああん。」


13 :名無しのやる夫:2012/01/10(火) 02:00:10 ID:YhQc3D9w

バタン。

やらない夫「・・・」



やらない夫「これが、若さか。」

翠星石「なに、綺麗におわらせようとしてんですか!?
     その場に居合わせた人間の気持ちも少しは考えろってんですぅ。」


14 :名無しのやる夫:2012/01/10(火) 02:00:52 ID:YhQc3D9w

やらない夫「あいつが急に突っ込んでくるから仕方ない。
       それにしても、今の問いかけ、君はどう思うかね。」

翠星石「なにをですか?」

やらない夫「すなわち、君にとっての俺というわけだ。
        何に喩えられるのかな?」


15 :名無しのやる夫:2012/01/10(火) 02:02:01 ID:YhQc3D9w

翠星石「うーん・・・
     小難しい事はよくわかんねえですぅ。」

やらない夫「よくわからないという感覚を放置しておく事は不快ではないのか?」

翠星石「でも、やらない夫はやらない夫だし、なにかに例えてもしょうがないですぅ。
     それに、あの、その、人との付き合い方を…ックスパートナーという関係だけに縛って
     考えてはいけないと思うのですよ。」


16 :名無しのやる夫:2012/01/10(火) 02:05:11 ID:YhQc3D9w
                                                      ドア
やらない夫「なるほど。無生物的な動作と混濁するべきではない、と。」            ..|
                                                      ...|  やる夫「・・・・・」
翠星石「もういいですぅ。                                        .|
     そんなことよりも、さっきの続きをして欲しいですぅ。」                   |   やる夫「・・・・・」
                                                      ...|
やらない夫「完全に萎えてしまったし、驚いたな。                              |   やる夫、がたがたと震え始める。
       やる夫の奴、本当にとんでもない時に飛び込んでくるもんだ。」           |
                                                      ...|


17 :名無しのやる夫:2012/01/10(火) 02:07:44 ID:YhQc3D9w
                                                      ドア
翠星石「あんなオタクでキモイデブ、どうでもいいのですぅ。」                    .|
                                                      ...|  やる夫、涙を流し
やらない夫「そうだな。しかし、お前目当てで此処に通うんだから、いじらしいじゃないか。」....|  鼻水も止まらない。
                                                      ...|
翠星石「勘弁して欲しいですぅ。迷惑だってはっきり言わないと分からないんですかね。」  .|
                                                      ...|


18 :名無しのやる夫:2012/01/10(火) 02:09:53 ID:YhQc3D9w
                                                      ドア
翠星石「んうう。」                                           ......|
                                                      ...|
翠星石「本当にやらない夫はそこが好きですね。」                         .|  やる夫、寒気を覚えて、
                                                      ...|  座り込む。
やらない夫「そうさ。俺はここから生まれてきたんだからな。」                  ..|
                                                      ...|  やる夫、体に力が入らない。
翠星石「んふふ。あっ・・・・」                                      .|
                                                      ...|  やる夫。激しく勃起する。
翠星石「あっ。あっ。あっ。」                                     .....|  生まれてこのかた無い程に
                                                      ...|  激しく勃起する。


19 :名無しのやる夫:2012/01/10(火) 02:11:21 ID:YhQc3D9w

やる夫「うっ・・・うぅ・・・・・」             
                                
 ドピュ…                                
                                      
やる夫はそこで初めて、知った。                                   
                                                  
モニターで知る強姦ポルノよりも、現実で大切なものが汚される事に、               
激しく性的に欲情する自分の呪われた性格を。                       
                                   
            おわり

その他やる夫短編コメント(0)トラックバック(0)|

≪前の記事 祝!時代遅れのオワコン代表ネギま!が遂に終了wwwww
≫次の記事 罰当たり!姑の残した家を買い叩き富を貪った銭ゲバ嫁!

コメント

コメントの投稿

名前
題名
メールアドレス
URL
コメント

パスワード
Secret
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

ブログ TOP