FC2ブログ
TAG index

プロフィール

kubota.K

Author:kubota.K
~サイト概要~

2chのスレやゆっくりスレ、話題の記事ややる夫AAシリーズ等、気になった記事を総合的にまとめるサイトです!

よろしくお願いします!

about

『BuZZ Plus News』
バズプラスニュース

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

やる夫でドラクエ6(完結) (37)
ゆっくりいじめSS・イラスト ※残虐描写注意! (966)
ゆっくり愛でSS・イラスト (662)
やる夫でGPM(完結) (46)
やる夫が遺跡を守るようです(完結) (57)
実装石虐待系作品 (119)
やる夫がヒットマンになるようです(完結) (15)
やる夫が3つの珠を探すようです(完結) (26)
やる夫はリィンバウムに召喚されたようです(サモンナイト) (53)
やる夫がヴァレリアを平和にするようです (7)
やる夫は人気作者になりたいようです (2)
【クマー】二人の秘密【澪】(完結) (4)
やる夫が大破壊後を生き抜くようです(メタルマックス・第一部完) (11)
やる夫達は文化祭でバンドるようです(完結) (27)
やる夫達は広島でB級グルメを食べ尽くすようです(完結) (13)
やる夫とやらない夫で月旅行に行こう(完結) (18)
やる夫とやらない夫と漫画家シリーズ(完結) (12)
やらない子の周りは中2病患者(完結) (12)
【DTB】 契約者やらない夫  ―荒野の春紫苑― 【オリジナル】 (6)
DIOえもん(完結) (6)
そっきょうたんぺんすれ(完結) (8)
風魔のやる夫 (5)
東京が死んで、やる夫が生まれた(真・女神転生Ⅲ) (14)
ファイやる夫ムブレム(再録) (16)
やる夫が囲碁の幽霊に会うようです (3)
やる夫は誰かを助けるのに理由はいらないだそうです(FF9) (17)
やる夫たちの周りには愛が満ち溢れているようです (3)
やる夫の屍を越えてゆけ(俺の屍を超えてゆけ) (6)
その他やる夫短編 (58)
スレまとめ(事件) (1)
スレまとめ(ニュース) (36)
スレまとめ(趣味) (82)
SS (21)
しぃ系AA作品(虐待・虐殺) ※残虐描写注意! (88)
南ことり (21)
のんたぬ (0)
雑多 (1983)
管理人からのお知らせ (11)
未分類 (18)
う虐 (2)








検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

16:ベビしぃ園

2009/06/24 (Wed) 13:15
261 :名無しさん@お腹いっぱい。 :03/11/19 13:45 ID:1ndU6p70
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

「チィィィィィ――! イヤァ!ヤメテェェェ!」

必死で泣き叫ぶベビしぃを、樫の木の棒で激しく叩いてやった・・・。

                             「ベビしぃ園」 職員 A

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::


母しぃはベビしぃが持ってきた、「ベビしぃ園からのお知らせ」を見て声を上げた。
ベビしぃは今年の春から、街の郊外にある『ベビしぃ園』に通っていた。



   ハニャ!ベビチャン オトマリカイダッテ!

              ∧∧
              (*゚ワ゚)      チィ?
             /  つ□          ハ,,ハ
           ~(,,_,,)           (゚-゚*),,)~


262 :名無しさん@お腹いっぱい。 :03/11/19 13:46 ID:1ndU6p70

ヨルハ ハナビタイカイ シタリスルンダッテ!

            ∧ ∧ ハ,,ハ  アニャ?ウ・・ミ?
            (*^ー(゚o゚*)
             |  つ,,_,,0
           ~(~)_,,,つ (




ソウダヨー。 ヒロクッテ オミズガ イーッパイ アルンダヨ!
ナミガイッタリ キタリスルヨ、ザブゥゥーン! ザブゥゥゥーンッテ!

               *
         *         キャッ キャッ!
          ∧ ∧ ハ,,ハ    ナッコ!ナッコ!
       *  (*^ー^(o^*)
          ノ  つ,,_,,)0
        ~(  ノ  (
          しし'

母しぃはベビしぃの体をゆっくりと横に揺らす。
ベビしぃは母しぃの胸の中で、まだ見ぬ広い海に思いを馳せているように見えた。





263 :名無しさん@お腹いっぱい。 :03/11/19 13:47 ID:1ndU6p70

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

もとからベビしぃに対する愛情など、かけらもなかった。
どんなに泣き叫ぶベビ達を見ていても、何の感情も沸かなかった。

                              「ベビしぃ園」 職員 B
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

7月の突き刺すような陽射しの朝、8匹のベビしぃ達は
いつものスクールバスに乗って、各自の自宅を後にした。


            _____________
          /          /        \
   ____/_______/_ _ _ _ _ _ ヽー―ヽ______
   | ̄|| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|| ̄| ̄| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ i二||
   |_||_______||_|_|___________________i二||
   || ̄ ̄ ̄ ̄|| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄. :┌|:| || ̄|| | ̄ || || || ̄|||.______| ̄| ̄| ̄| ̄|i二||
  [||   ___||         [:]| | ||  || |   ||._.||._.||  |||.| ̄|| | |_|_|_|_|i二||
   ||  _|二二|||.       .:  | | ||  || |   ||   .||  |||.|  || | |   .|   |.i二||
   ||  (´∀`|||\.       .:  | | ||  || |   ||   .||  |||.|  || | |   .|   |   |
   ||  ⊆⊇⊂||||  \.     ;  | | ||  || |__||_____ ||_|||.|_|| | |二二 |二二|   |
   |二二:二二二二:二二二ニニ| ||  ||  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ |   | |  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄   |
   |                   |   || ||  || /⌒.∧_∧   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
   |―――――――――‐.|― || ||  || || . ( ・∀・ ) < それでは逝ってきますね!
  [|口口 ┌―┐   口口| [] || ||  || .|||:0(    )  \___________
  |二口二└―┘二二二口二ニ|| ||_||__||| | | |  |_ | | _||| : ||    _/
   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ゝ_ゝノ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ゝ_ゝ(_(__) ̄ ̄ ̄ ̄ゝ_ゝノ ̄ ̄ ̄




\ソレジャ オナガイシマス!/    \ベビチャン イッテラッシャイ!/    \ イッパイ ダッコシテモラウンデスヨ!! /

        ∧ ∧     ∧ ∧        ∧ ∧    ∧ ∧
        (  *)')    (  *)')       (  *)')   (  *)')         ∧∧    ∧ ∧
        (|   ,ノ    (|   ,ノ       (|   ,ノ    (|   ,ノ  ∧∧  ∧∧(ー^* )')  (ワ^*,,)
       ~'  |    ~'  |       ~'  |    ~'  |  (*  ) (^* ,,)と  ヽノ と  つ
         U U      U U         U U      U U  ∪  | ∪  |  ヽ  ,,,つ  ヽ  ~
                                        |  ~ |  ~'' (/"      し'`ヽ)
                                        U"ヽ) ,(/"ヽ)

バスのドアはゆっくりと閉まり、一回クラクションをならして走り出した。
バスの中のベビしぃ達は、小さなオテテを一生懸命に外にいる母しぃ達に振っている。
バスはどんどん見えなくなっていった。




264 :名無しさん@お腹いっぱい。 :03/11/19 13:47 ID:1ndU6p70

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

母親の気持ち?
知るわけないでしょう。そんな事をいちいち気にしてなどいられませんよ。

                             「ベビしぃ園」 職員 A

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

お泊まり会の会場である、海の見える小さな建物に着いたベビしぃ達は、
すぐさま着替えをして近くの海へと出た。
手には、各自の母親が作ってくれた小さなお弁当を持って。


:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
 :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.... . . . . . . . ...::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
 ::::::::::::::::::::::::::::,.(⌒ ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
 :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.,.(     ⌒):.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
 :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.(′`      丶':.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:r ⌒ヽ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
 : : : : : ,.("'    : : : : : : : : : ヾ: : ,.(⌒   ⌒): : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : .
 : :          : : : ノ: :(⌒ : : : r'⌒ヽ: : : : : : : : : : : : : : : : :
 :  、(′  :  :  :  :  :  :           ⌒ヽ :  :  :  :  :  :  :  ::
  (´                ノ
  (
  ─ー-───ー-────ー-───ー-───ー──ーー─────ーー─
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: :::::::::::::::::::::::::: :::::::::::::::::::::::::::::::::::: :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
... ... :::..:.............:::::.:.::.::.::::::: ... ... :::..:.............:::::.:.::.::.::::::: ... ... :::..:.............:::::.:.::.::.:::::::

... ... :::..:.............:::::.:.::.::.::::::: ... ... :::..:.............:::::.:.::.::.::::::: ... ... :::..:.............:::::.:.::.::.:::::::

 :::..:.............:::::.:.::.::.::::::;    .::.:::::::.::.::       :::::.::.::::::    :ザザーン!
" '"・' '.......:::::.:...,。,・'"" """ '゚゚ ' ,.,,....:::::.:...,。,'""":..., ,'""''゚゚" ' ' ' ,.,,....:::::.:..., ,
 .,.,,,_  '"・' '"・'           '"・' '"・'      '"・'         '"・' '"・' '"・'
    .,,, ..,.,.,   ,,.         .,,, ..,.,.,   ,,.     .,,, ..,.,.,   ,,.
           .,,, ..,.,.,   ,,.         .,,, ..,.,.,   ,,.
.,,, ..,.,.,   ,,.         .,,, ..,.,.,   ,,..,,, ..,.,.,   ,,.         .,,, ..
        ハ,,ハ  ハ,,ハ  ハ,,ハ  ハ,,ハ  ハ,,ハ  ハ,,ハ  ハ,,ハ  ハ,,ハ
       . (  )  (  )  (  )  (  )  (  )  (  )  (  )  (  )
       ...~(,,_,,) ...~(,,_,,) ...~(,,_,,) ...~(,,_,,) ...~(,,_,,) ...~(,,_,,) ...~(,,_,,) ...~(,,_,,)

都会育ちで海を一度も見たことのなかったベビしぃ達は、海の雄大さに目を輝かせている。




265 :名無しさん@お腹いっぱい。 :03/11/19 13:49 ID:1ndU6p70

誰もいない浜辺で、ベビしぃ達は思い思いに水遊びを満喫しました。
「ヤドカリサン イタヨ!」 「オスナ イパーイ ダネ!」 「オミジュ チュメタイネェ!」
そしてお昼近く・・・・

                                           「そろそろお弁当にしまーす!」

                                           「みなさん、準備はできましたか?」

                        \  バンニャーイ  /           ∧_∧   ∧_∧
    チィ♪   チィ♪      ハ,,ハ                          (・∀・ )  (´∀` )
  ハ,,ハ   ハ,,ハ        o(゚0゚#)   ハ,,ハ    ハ,,ハ    ハ,,ハ  ハ,,ハ   (    )  (    )
 (*゚ー゚), c(^0^*n    ゜。゜ハ,,ハc,,,)ロ  ('(*゚ヮ゚)')  ('(゚ー゚*)')  (*゚ー゚) (゚ー゚*)   | | |  | | |
  uu,,)ロ c(,,c,,)ロ      c(゚0゚iii)o)~  ロ(o,,,,,,っ  c_,,c,ノロ  ロ(ouuっ c,_,,)ロ.  (_(__). (_(__)




ベビしぃ達の前には、母しぃの愛情がたっぷりつまったお弁当が用意されている。
ベビしぃ達は、待ちきれない様子でお弁当を見詰めていた。
それにお昼のダッコも楽しみだ。


オヒルノナッコ!   アニャーン   ハニャーン  ナッコマダ?  ナッコハ?

  ハ,,ハ ハ,,ハ  ハ,,ハ  ハ,,ハ   ハ,,ハ  ハ,,ハ ハ,,ハ   ハ,,ハ
 (*゚0゚)(*゚ー゚) (*゚0゚) (*^0^) (,*゚o゚) (*-。-)(,*゙o゙)  (*゚ー゚)
 uu,,)ロ uu,,)ロ c(,,c,,)ロ:ロ(,,uu ロ(,,っuっロ(,っっ uu,,)ロ ロ(,,uu





266 :名無しさん@お腹いっぱい。 :03/11/19 13:49 ID:1ndU6p70

突然先生はベビしぃの目の前のお弁当を取り上げ、砂浜へと捨て
母しぃの愛情がたっぷり詰まったお弁当の中身を踏みつけた・・・・


『それじゃ・・・』

     ∧_∧    \ ア!チィノ オベントウ!/
   と(・∀・ )                   \ チィノ オベントウ デスヨウ! カエチテヨ―!/
  ((/⌒ヽ)) と)      ハ,,ハ
  (__)、|  |       (0T*)   ハ,,ハ      ゜。゜ハ,,ハ )  ゜。゜ハ,,ハ )
  ロロロロ>(__)       uu,,)~ (゙OT),,)~     c(0T*),,)っ  c(0<*)o)っ
"""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""


ベビしぃの口に合うようにと、小さく握られたコロコロのオニギリ、
しぃの顔に型抜きされたハンバーグ、
フワフワのあまーい卵焼きに、ウインナー。
奮発して今日の為に買ったのだろう、四角く切られた真っ赤に熟したスイカ。
せっかく我が子の為に早起きをし、愛情を込めて作ったのに。
砂まみれになったお弁当は、ベビしぃ達の目の前でどんどんグシャグシャになっていく。






267 :名無しさん@お腹いっぱい。 :03/11/19 13:50 ID:1ndU6p70


                 「おしおきモナ!」   「……っるせぇ!」

                        ∧_∧    ∧_∧      \ ナッコ!ナッコスルカラ ユルチテー!/
  アニャー! ヂィー!ミュギー!      と(´∀` )   (,#・∀・)  チィィィ!
            ハ,,ハ゜。゜    ((/⌒ヽ)) と)   (    )
  ハ,,ハ     ハ,,ハc(0T,,)    ::ハ,,ハ(__)、|  |    |  |ヽ ヽ  ハ,,ハ.∑  ハ,,ハ゜。゜ ハ,,ハ゜。゜ ハ,,ハ゜。゜
 (゙0T*),,)~ (。<*),,) u,,)~   c(゚0゚#)::)~  (__)    (__)彡__从;;)q<.iii),,)~ (。<*),,)~ (O<*),,)~ (OT*),,)~
""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""






そして・・・・泣き叫んでいるベビしぃの口に、砂を押し込んだ。


           \ グシャ!/

               从::∵∧_∧  「貴様らのメシはコレで充分なんだよ!」
         カハァッ! ハ,,ハγ(・∀・ )
              (iii゚q)と    )
              (ou_っ.(__(__ ~)
"""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""


ジャリジャリとした感触が、ベビしぃの口の中に広がっていった。






268 :名無しさん@お腹いっぱい。 :03/11/19 13:50 ID:1ndU6p70

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

常にダッコをねだられて見なさいよ。
アンタ、本当にそれでも嫌にならないのか?

                              「ベビしぃ園」 職員 B
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

宿泊施設である小さな建物に着いたベビしぃ達は、下を向いてうつむいたままだ。
8匹のベビしぃ達は、とぼとぼと先生の後ろを黙ってついて歩いている。
先生はガラリと部屋の戸を開けた。



「ここで、昼寝してろ。」

  ∧_∧
  ( ・∀・)  \デモ オフトン ナイヨ?/  \ オフトン ナイト オネンネ デキナイヨ!/  クチャイ・・・
  (    )
  |  |  |   ハ,,ハ     ハ,,ハ  ハ,,ハ     ハ,,ハ  ハ,,ハ     ハ,,ハ    ハ,,ハ  ハ,,ハ
  (__)_)  (゚0゚*),,)~ ~(,,(*>o) (;o;*),,)~ ~(,,(*To) (゚oT*),,)~ ~(,,(*゙-゚) ~(,,(*To゙) (0<*),,)~
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄



269 :名無しさん@お腹いっぱい。 :03/11/19 13:51 ID:1ndU6p70

部屋の窓はずっと開けられてなかったのか、黴臭い匂いが充満し、
ムワッとした熱気が部屋全体に篭もっていた。


昼寝をしてろと言われてはいるものの、布団が敷かれていない部屋を、
ベビしぃ達は不思議そうに見ている。




「いいから寝るんだよ!」

  ∧_∧
  (,#・∀・) \ ア アニャァ…  チドイ・・ アチュイヨゥ  イタイデチュヨー  カエッタラ イイチュケルデチュ・・・/
  (    )
  |  |  |  ハ,,ハ     ハ,,ハ  ハ,,ハ      ハ,,ハ  ハ,,ハ     ハ,,ハ    ハ,,ハ  ハ,,ハ
  (__)_) (゚o゙*),,)~ ~(,,(,,*゙o) (-o-;),,)~ ~(,,(,*゙o) (゚o゙*),,)~ ~(,,(*゙-゙) ~(,,(*゙o゙) (0;*),,)~
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄




ベビしぃはビクビクしながら、床の上に横になった。コンクリートの
床のひんやりとした感触が、ベビしぃ達の背中を包み込んだ。
ベビしぃ達は、どうにか我慢をして眠りにつこうとしていた・・・。






270 :名無しさん@お腹いっぱい。 :03/11/19 13:51 ID:1ndU6p70

だが数分後、一匹のベビしぃが部屋の熱に耐え切れなくなったのか、ぐずり始めた。



:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::                              \  ヤーヨウ! アチュゥヨォ―!  /
::::::::::::::::::::::     zzz  zzz  zzz   zz  zzz  zz   \  ママァ ナッコォ――!/
::::::::::::::::::::::
:::::::::::      ハ,,ハ ハ,,ハ ハ,,ハ ハ,,ハ ハ,,ハ ハ,,ハ ハ,,ハ       ハ,,ハ )
:::::::::::::::::::::::::::: (-。-*(-。-*(-o-*(゙。 ゙*(-。-*(-o-*(゙-゙*,),,)~:::   c(0T,,),,)っ:::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::




突如ガラリと部屋の戸が開けられ、鬼のような顔をした先生が入ってきた。



「…誰だ、騒いでる馬鹿は。…お前か?」

  ∧_∧                            \  ナッコ ナッコ ナッコ――! /
  (,#・∀・)       zz  Zzz~    zz   zzz  zzz...  \ ナッコ チテヨォォォォ―!/
  (    )
  |  |  |    ハ,,ハ ハ,,ハ ハ,,ハ ハ,,ハ ハ,,ハ ハ,,ハ ハ,,ハ     ゜。゜ハ,,ハ )
  (__)_)  (-。-*(-。-*(-o-*(-。-*(-。-*(-o-*(゙-゙*,),,)~  (( c(0<*,)o)っ ))
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄





271 :名無しさん@お腹いっぱい。 :03/11/19 13:52 ID:1ndU6p70



                                 こっち来い!
                   チィィィ!     ∧_∧
                          ハ,,ハ(・∀・#,)
                       (( c(o<.iiと    ,)
                       (( c(,,_c) Y  人
                           )  (__)__) )) ))



                               おら!
                        ∧_∧
          イチャイ!        と(・∀・ )
                 彡  .(⌒ヽ'   つ
           ハ,,ハ ) 彡  彡 `ー¬、 ノ
   ドサッ!从c(O<.iii)o)っ从  .    (_)





                 ∧_∧   ナッコナッコ・・・
               と(・∀・#,)   うるせーんだよ!
              ((/⌒ヽ)) と)
    ギヂィィィ  :::::ハ,,ハ(__)、|  |
          ::c(゙q゚#)::)~  (__)



272 :名無しさん@お腹いっぱい。 :03/11/19 13:55 ID:1ndU6p70


                ∧_∧  おっと。
              と(・∀・*,)
            プチッ   と)
       カハッ!ハ,,ハ、 / /|  |
         :::∴0゚;;)(__)(__)
        .': '.':∵‥



               ∧_∧    くたばりやがった・・・
              (・∀・;)
              (   と)
           .ハ,,ハ、 / /|  |
          c(゙q;゙;;)(__)(__)
        .': '.':∵(;::;;::;')



目を痛そうにギュっと瞑ったベビしぃは、もうピクリとも動かなかった。





273 :名無しさん@お腹いっぱい。 :03/11/19 13:57 ID:1ndU6p70

汗びっしょりになったベビしぃ達は、夕食を取る為にホールに集まっていた。
昼ご飯になるはずだったお弁当を目の前で捨てられ、
砂以外何も口にしていなかったベビしぃ達は、少しグッタリしているように見えた



             アニャーン        チィ        アニャ~
        チィチィ!       ミィミィ        ミィミィ       チ?
            ハ,,ハ ハ,,ハ  ハ,,ハ  ハ,,ハ   ハ,,ハ  ハ,,ハ  ハ,,ハ
           (*゚0゚)(,,>0) (*>_<) (,*゙o゙)  (,*゙o゚) (,*゙o゙) (゚-゚*)
       ̄ ̄|| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|| ̄ ̄
          ||                                ||


イスの上に着席しているベビしぃ達の目の前には、ケチャップがかけられたオムライスが運ばれた。


                                                    うまいぞ
       ハニャーン♪ チィ♪  チィ!  ウミュー オイチチョ! ハニャニャーン♪      ∧_∧  タップリ食え!
            ハ,,ハ ハ,,ハ  ハ,,ハ  ハ,,ハ   ハ,,ハ  ハ,,ハ ハ,,ハ       (・∀・ )
           (*^o^)(,,^o^) (,,^o^) (*^0^) (,,^o^) (*^。^)(,,^o^)  @@@と と )
       ̄ ̄|| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|| ̄ ̄| | |
          ||                                ||    (_(__)


先生の「頂きます」の言葉で、ベビしぃ達はオムライスを頬張った。
オムライスの中に入っている肉はとても柔らかく、ベビしぃの口の中でとろけるように消化された。
「オイチィネェ!」
「ハニャ! オイチーネェ!」
ベビしぃ達は口の周りにケチャップライスをつけて、みんなおいしそうに食べている。。




274 :名無しさん@お腹いっぱい。 :03/11/19 13:58 ID:1ndU6p70

やがてベビしぃ達は、全員オムライスを完食した。

            ∧_∧
           ( ・∀・ )   「みんな、晩ご飯はおいしかったかな!?」
           (    )
           | | |
           (__)_)

   \ ハ―――イ!/ \オイチカッタ デチュヨ!!/

   ハ,,ハ  ハ,,ハ  ハ,,ハ  ハ,,ハ  ハ,,ハ  ハ,,ハ  ハ,,ハ
  . (  )  (  )  (  )  (  )  (  )  (  )  (  )
  ...~(,,_,,) ...~(,,_,,) ...~(,,_,,) ...~(,,_,,) ...~(,,_,,) ...~(,,_,,) ...~(,,_,,)



            ∧_∧  「今、食べたオムライスは何のお肉が
           ( ・∀・ )     入っていたかわかるかな!?」
           (6   )
           | | |
           (__)_)

     ハニャ? ウウーン・・・? ブタシャン? トリシャン?

   ハ,,ハ  ハ,,ハ  ハ,,ハ  ハ,,ハ  ハ,,ハ  ハ,,ハ  ハ,,ハ
  . (  )  (  )  (  )  (  )  (  )  (  )  (  )
  ...~(,,_,,) ...~(,,_,,) ...~(,,_,,) ...~(,,_,,) ...~(,,_,,) ...~(,,_,,) ...~(,,_,,)





275 :名無しさん@お腹いっぱい。 :03/11/19 13:58 ID:1ndU6p70

「今日食べたオムライスの中に
入っていたお肉は、コレです!」


  ∧_∧               \  ハニャァァァァァァッ!?  チィィィィィーーーーッ! イヤァァァァーーーッ!/
  (,*・∀・)
  (  つつハ,,ハ              ハ,,ハ  ハ,,ハ    ハ,,ハ   ハ,,ハ   ハ,,ハ   ハ,,ハ   ハ,,ハ
  )  ) )(#゙p。)             (O゚iii) (-゚iii)   (゚O゙*)  (o<*)  (゚O゙iii)  (-<.iii)  (O゚iii)
 (__)__)::::::::;             ιuc)~ cuuo)~  (,,_,,)~   uu_)~.  (,,_,,)~. c._,,)~ .  uu_)~



「でも、食べちゃったものは仕方ないよね!」

先生は笑いながらベビしぃの泣き叫ぶ顔を見詰めていた。






276 :名無しさん@お腹いっぱい。 :03/11/19 13:59 ID:1ndU6p70

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

「白い毛に火つくと、他の子たちはそのベビしぃから離れていった・・・。」

                              「ベビしぃ園」 職員 A

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::


悪夢のような食事を終えたベビしぃ達は、浜辺に連れられて来ていた。


;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::::::::::::::::::::::::::::::
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;☆;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;☆;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::::::::::::::::::::::::::::::
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;☆;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::::::::::
................... ...................  .............................. ....................................................................... ......................
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
  ... :::..:.............:::::.:.::.::.:::::::    ... :::..:.............:::::.:.::.::.::::::: ..::::: .:.::.::. :::::::..
ザザッー
 .....::::: .:.::.::. :::::::..   ... :::..:.............:::::.:.::.::.::::::: ..::::: .:.::.::. :::::::..:::..:.............:::::.:.::.::.:::::
                               ザザーン
 .....::::: .:.::.::. :::::::..    .....::::: .:.::.::. :::::::..  :::..:.............:::::.:.::.::.:::::
" '"・' '.......:::::.:...,。,・'"" """ '゚゚ ' ,.,,....:::::.:...,。,'""":..., ,'""''゚゚" ' ' ' ,.,,....:::::.:..., ,
 .,.,,,_  '"・' '"・'           '"・' '"・'      '"・'         '"・' '"・' '"・'
    .,,, ..,.,.,   ,,.         .,,, ..,.,.,   ,,.     .,,, ..,.,.,   ,,.
           .,,, ..,.,.,   ,,.         .,,, ..,.,.,   ,,.
.,,, ..,.,.,   ,,.         .,,, ..,.,.,   ,,..,,, ..,.,.,   ,,.         .,,, ..





277 :名無しさん@お腹いっぱい。 :03/11/19 14:00 ID:QDiRIG0L
>オフトン ナイト オネンネ デキナイヨ!
>カエッタラ イイチュケルデチュ・・・
>ヤーヨウ! アチュゥヨォ―!
>オイチカッタ デチュヨ!!


278 :名無しさん@お腹いっぱい。 :03/11/19 14:01 ID:1ndU6p70


さっきの悪夢を忘れようとしているのか、ベビしぃ達はみんな
まだ一度も見たことのない「花火」がどんな物なのだろうと想像を膨らませていた。




                                  これから花火大会でーす!/

                                    ∧_∧  ∧_∧
                                    (・∀・ ) (´∀` )
  ハ,,ハ  ハ,,ハ   ハ,,ハ   ハ,,ハ   ハ,,ハ  ハ,,ハ   ハ,,ハ   (    ) (    )
 (*゚0゚) (*゚ー゚) c(*゚0゚)っ(*^0^) (,*゚o゚) (*゚ヮ゚)  (,*゚ー)   | | |  | | |
  uu,,)~ uu,,)~ c(,,c,,)~ ~(,,uu  ~(っuuっ~(,っっ  ~(,,uu    (_(__) (_(__)






279 :名無しさん@お腹いっぱい。 :03/11/19 14:02 ID:1ndU6p70


;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::::::::::::::::::::::::::::::
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;☆;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;☆;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;    ;;::::::::::::::::::::::::::::::
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;☆;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::      ;;;;:::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::     ・
               /
     .  \ .  ∴.'ヾ    .ヒュルルルルーーーー パンッ!
      ・ ;:; メ ´,;:。;:;:,,,'';;:∴ 丶       パンッ
         ∴,,''',ノ ヘミ   ・.
      ( (;',,'《,,ミゝ〆ノ;;'',,'''',' )         パパンッ
      ・  。 ∴,,,',''',,,  メ
        ∴ /ゝ ソ ゞ  。  .
  ・,ヽ/     ・  丶    ・
  ゝ÷。メ       ゝ

   丶         )
\ 「コエ キレーダネ!」             /
  \     「オハナノ カタチ ダッタネ!」   /



目の前で次々に上がる花火に、ベビしぃ達は目を輝かせている。





280 :名無しさん@お腹いっぱい。 :03/11/19 14:02 ID:1ndU6p70

            ∧_∧  次はみんなも花火を
           ( ・∀・ )  やってみましょう!
           (6   )
           | | |
           (__)_)



先生は各自に一本ずつ花火を手渡した。
緑と赤のテープが巻かれて、竹棒の持ち手がついた花火だった。



先生たちは、ベビしぃが手に持っている花火に火をつけていく。
シュッという音と共に火が付いて、赤や緑の色の花火が出てきた。



          ハニャー キエーダネェ!   ミュ? ヒガ ミドリニ ナッタヨ!

コエ チレー          ハ,,ハ   ハ,,ハ         ハ,,ハ
    ハ,,ハ     ※ーc^0^*)  (*^ヮ)っー※ ※ーc(o^*)
  ~(,,(*゚ワ゚)o-※     c(,,c,,  ~(っuっ        c,uc,,,)~

  ハニャニャーン                       アレ? キエチャッタヨ・・・

     ハ,,ハ           チィ!            ハ,,ハ
    (*゚ヮ゚)o-※     ハ,,ハ             (*゚-゚)っー・
    ~(っuっ   ※ーc(o^*,),,)~           ~(っ,,)っ   シュウッ....





281 :名無しさん@お腹いっぱい。 :03/11/19 14:03 ID:1ndU6p70


一匹のベビしぃが持っていた花火が、シュウッという音と共に消えてしまった。


「アハハ、本当だね。
もう一度火を点けてあげるよ。」

    ∧_∧ .人
   ( ・∀・) .(o)        センセェ チィノ ハナビ
   (    つ┃     ハ,,ハ  キエチャッタヨゥ!
   | | |    ・-c(o゚*,,)
   (__)_)      c,uc,,,)~


   「ほらっ!!」
                 ボッ!
    ∧_∧        人
   ( ・∀・)ミ     ━(o)
   (    つ      从:;从 チィィィィィィィィィィッ!?
   | | |    ・-c(゚0゚iii)
   (__)_)      c,uc,,,)~




282 :名無しさん@お腹いっぱい。 :03/11/19 14:03 ID:1ndU6p70

その様子を見た他のベビしぃ達は、火がついたままの花火を浜辺に投げ捨て、
我先にと火達磨のベビしぃの側から逃げ出した。



       (  ,,  丿  丿,,,,, )
        (,,;;; ヾ 丿  ,,,;;;;)
         (;;;;,.丿 ;;;;ヾ;;)
  ハギュゥゥゥゥ! ハ从,,,;;;;) タチケテェ! ナコ ナッコォォォッ!?          アニャー!        チィ―!
        从T0)゙;;从从                      ハ,,ハ           ハ,,ハ
       从从从从从从从              ε 三 ~(,,(iii゚0)   ε 三 ~(,,(ii>O)



「アアアーーーッ! イヤァァァァッ! アチュウヨゥ! ナゴォォォォォッ!!??」
全身火達磨になったベビしぃは、そう言うとバッタリと仰向けに倒れた。




283 :名無しさん@お腹いっぱい。 :03/11/19 14:04 ID:1ndU6p70
ベビしぃが倒れるのを待っていたかのように
ようやく、先生がバケツの水をベビしぃに浴びせ掛けた。
だが、ベビしぃがもう動く事はなかった。
砂浜には肉が焼けた匂いと、花火の残り香がまざった匂いが広がっていた。




   (,,;;; ヾ 丿,,,;;;;)        ∧_∧  「大丈夫かい?」
  (,,;;;  メ;;;,, ,,,;;;;)        (・∀・*,)
   (,,;;; ヾ 丿,,,;;;;)     /⌒Oと    )
    (;;;;,.从从 ;;;;)λ::::::  | ̄ ̄|.| | |
     (;;;从 (#(;;゙;O゙)っ::::: |__|(_(__)


一日で2匹のお友達を亡くしたベビしぃ達は、泣きながら宿舎に入った。

今日のこの日を指折り数えて待っていたのに・・・。
みんなと楽しく遊べると思っていたのに・・・。
沢山の思い出が出来るはずだったのに・・・。


「じゃあオヤスミ!また明日ね!」

    ∧_∧
   ( ・∀・)    チィ・・・  ナッコ・・・  ナッコナイノ?   オトーダチ  イニャクナッタ・・・ チィ・・・
   (    つ
   | | |     ハ,,ハ      ハ,,ハ  ハ,,ハ      ハ,,ハ    ハ,,ハ    ハ,,ハ
   (__)_)    (T-゚*),,)~ ~(,,(*>o) (;o;*),,)~ ~(,,(*T-゚) ~(,,(*>-) ~(,,(*T0゙)

次の日にはどんな事が待っているのだろう?
ベビしぃ達は恐怖感と絶望感に苛まれながら、小さな体をクルンと丸めて眠りについた。





284 :名無しさん@お腹いっぱい。 :03/11/19 14:04 ID:1ndU6p70

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

「元から楽しませるような計画はしてなかった。
                   今度は職員が楽しむ番だった。」

                              「ベビしぃ園」 職員 B

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

浮かない顔をして朝食を取ったベビしぃ達は、
先生の後について浜辺に来ていた・・・・。

 :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
 :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.... . . . . . . . ...::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
 ::::::::::::::::::::::::::::,.(⌒ ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
 :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.,.(     ⌒):.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
 :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.(′`      丶':.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:r ⌒ヽ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
 : : : : : ,.("'    : : : : : : : : : ヾ: : ,.(⌒   ⌒): : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : .
 : :          : : : ノ: :(⌒ : : : r'⌒ヽ: : : : : : : : : : : : : : : : :
 :  、(′  :  :  :  :  :  :           ⌒ヽ :  :  :  :  :  :  :  ::
  (´                ノ
  (
  ─ー-───ー-────ー-───ー-───ー──ーー─────ーー─
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::    :: :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
... ... :::..:.............:::::.:.::.::.::::::: ... ... :::..:.............:::::.:.::.::.::::::: ... ... :::..:.............:::::.:.::.::.:::::::

... ... :::..:.............:::::.:.::.::.::::::: ... ... :::..:.............:::::.:.::.::.::::::: ... ... :::..:.............:::::.:.::.::.:::::::

 :::..:.............:::::.:.::.::.::::::;    .::.:::::::.::.::       :::::.::.::::::    :ザザーン
" '"・' '.......:::::.:...,。,・'"" """ '゚゚ ' ,.,,....:::::.:...,。,'""":..., ,'""''゚゚" ' ' ' ,.,,....:::::.:..., ,
 .,.,,,_  '"・' '"・'           '"・' '"・'      '"・'         '"・' '"・' '"・'
    .,,, ..,.,.,   ,,.         .,,, ..,.,.,   ,,.     .,,, ..,.,.,   ,,.
          □ .,,, ..,.,*.,   ,,.         .,,, ..,.,.,   ,,.
.,,, ..,.,.,   ,,.      ※    .,,, ..,.,.,   ,,..,,, ..,.,.,   ,,.         .,,, .
               λλ
  ▼  ∵   ※ *(;;(;;゙;-゙)っ


昨日の夜の花火の燃えかすが、そこかしこに散らばっている。
そして、その側には火達磨になって死んでいったお友達の死体。



285 :名無しさん@お腹いっぱい。 :03/11/19 14:05 ID:1ndU6p70

「これから、お片づけをします。」
ベビしぃ達は小さな体をビクゥと震わせ、先生の目を見詰めた。
「きのうの花火の時に出たゴミを片付けます。」

                                           ∧_∧   ∧_∧
    ミュー     アニャーン               ナッコ!   チィ!  (・∀・ )  (´∀` )
        ハ,,ハ   ハ,,ハ   ミュー           ハ,,ハハ,,ハ     . (    )  (    )
       (oT*)  (゚0T*)   ハ,,ハ      ハ,,ハ  (゚0゚(゙0T*)      | | |  .| | |
        uu,,)~  uu,,)~  (oT*),,)~   (-T*),,)~ uu,,uu,,)~      (_(__)  (_(__)



ベビしぃ達は、小さな手で花火の燃えかすを拾い集めている。

             「大分きれいになったね。 それじゃ
       ∧_∧    今度はコッチのゴミを片付けようか。」
      ( ・∀・)
      (    )               ハ,,ハ    ハ,,ハ
      | | |               (,,。,,。) . (。,,。,,)     ハ,,ハ
      (__)_)             ~(,,っっ    c._,,)~  ~(,,(*゚-゚)っ
"""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""

ベビしぃ達はゴミを拾う手を止め、先生が指差す方向を見た。





286 :名無しさん@お腹いっぱい。 :03/11/19 14:05 ID:1ndU6p70

ベビしぃ達はゴミを拾う手を止め、先生が指差す方向を見た。





   ∧_∧
  ( ・∀・)    \ チィィィ! …イヤーヨゥ! ヤデスヨゥ!/
  (    つ
  | | |         ::ハ,,ハ::    ハ,,ハ  ハ,,ハ            :::λλ::::::
  (__)_)       ::(0T*);;;)~::~(,,(*To) (-<*),,)~        :::::(;;(;;゙;-゙)っ::::
"""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""

先生が指差していた物は、昨日亡くなったお友達の死体だった。




「捨てやすいようにゴミを切り分けますからね。」

   ∧_∧
  ( ・∀・)   チィィィ!  ヤメテヨゥ! チェンチェ ヤメテェ!
  (つ■;;;;;;;;;;;;;;;i
  | | |  ハ,,ハ            .ハ,,ハ  ハ,,ハ            ::::λλ::::::
  (__)_) (0<*),,)~ = 3    ~(,,(*To) (oT*),,)~        ::::::(;;(;;゙;-゙)っ::::
"""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""

先生の手には電動ノコギリが握られていた。





287 :名無しさん@お腹いっぱい。 :03/11/19 14:06 ID:1ndU6p70


電動ノコギリは死体を切り刻んでいく。
時々肉片が周りで見ていたベビしぃ達に振りかかってきた。



ブリュリュッ、ブリュリュッ!                             ヤメチェー!
                 ∧_∧       チィノ オトーダチ イジメナイデェ!
             ;;',:@>(`( ・∀・)                         ハ,,ハ
             ; (( (ヽ(   ,つ■;;;;;;;;;;;;;;;i  ハ,,ハ     ハ,,ハ  ハ,,ハ   (゚0T*)
             ・;´  と;;(_)(;;(;;゙;-゙)っ    (0T*);)~ ~(,,(*To) (oT*),,)~  uu,,)~
""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""

やがて先生はベビしぃの死体をバラバラにし終わった。


「それじゃ、みんなで片付けてください。」
   ∧_∧
  ( ・∀・)     チィィィ! …ソンナ チドイヨゥ!           \モウ ヤー! チィモ ヤーヨー!/
  (    つ                      ∬ ∬
  | | |         ハ,,ハ   ::ハ,,ハ::                      ハ,,ハ    ハ,,ハ
  (__)_)        (0<*),,)~ ::(0T*),,)~::~  c∵(;;゙;-゙) @>  ─=≡~(,,(*>0) ≡~(,,(*>0)
""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""


手足を切り取られ、頭と胴体をバラバラにされたベビしぃの死体を、先生は顎で示した。
2匹のベビしぃが、逃げるように向こうのほうへと逃げていった。





288 :名無しさん@お腹いっぱい。 :03/11/19 14:07 ID:1ndU6p70

バラバラになったお友達の死体を片付けたベビしぃ達は、
無言でピンポン玉ほどのオニギリを咀嚼している。
昨日から続く悪夢のような出来事が、おいしいはずのオニギリの味を石のような味に変えていった。



       チィ モウ ヤァヨゥ・・  ムシャムシャ    モグモグ          カエリチャイ・・・

           ハ,,ハ    ハ,,ハ           ハ,,ハ        ハ,,ハ
          c(-゙*,),,)~ (゙o゙*),,)~       ~(,,(*゙~)       (0T*),,)~
""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""


::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

「ウミデ タベル ゴハン キット オイシイヨ!」

                  お母さんはそう言ってくれたのに・・・・。

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::



               *
.         *        *

.          ∧ ∧ ハ,,ハ  キャッ キャッ! ゴハン♪
.       *  (*^ー^(o^*)  チィ、チャノチミー!
           ノ  つ,,_,,)0
.        ~(   ノ  ノ
          しし'




289 :名無しさん@お腹いっぱい。 :03/11/19 14:08 ID:1ndU6p70
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

「ハニャッ! ベビチャン トッテモ リュック ニアッテルヨ!! カワイイッ!!」

      せっかくお母さんがこの日の為に手作りしてくれたのに・・・。

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::


          カワイイヨッ!

              ∧ ∧
              (*゚ワ゚)   ハ,,ハ   ママ アリガチョー!
              /  つ   (゚ワ゚*)   チィ ウレチー♪
            ~(,,_,,)     uu,,)ロ


:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

寝る前に、お母さんと一緒に指折り数えて待ちわびたお泊まり会だったのに。
沢山の楽しい思い出をお母さんに話してあげられるはずだったのに。

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::


    フフッ ベビチャンタラ・・・      アト フチュカ・・・
               ∧ ∧  .
              (*゚ー゚)ハハ`ヽ~  zzz
              (つと,(。‐*),,)~





思い描いていた「楽しいお泊まり会」とは全然違う、
恐怖感と絶望感だけが支配するお泊まり会・・・・。
現実の全てを受け入れられるほど、ベビしぃ達はまだまだ強くない。





290 :名無しさん@お腹いっぱい。 :03/11/19 14:08 ID:1ndU6p70

やがて、他のベビしぃ達がオニギリを食べているのを見かけ
死体の始末を逃げ出したベビしぃが2匹、みんなの前に走ってきた。


ロコ イッチェタノ?
        ハ,,ハ     ハ,,ハ            \ チィモ オイギィ タベマスヨゥ!/
        (*゚o゚)     (*゚-゚)
~"~"~`"~" ~(,,uu    ~(,,uu """`~""~"`~"~`"~"~`"~""`~"ハ,,ハ~"`~"`"`"~~"`""~~",゛:::
                                   (゚0゚*),,)~ 三 3 ゛:::::,::::::::,:::

                                  \  チィモ チィモ!/
                                          ハ,,ハ
                ハ,,ハ  モウ タベチャイマシタヨウ・・・         (゚0゚*),,)~ 三 3
               (*゚-゚)
              ~(,,,uu
                              ゙" ゙" ゙" ゙"゙ "゙"゙ "゙ ゙" ゙'      ゙"゙""
   ゙゙" ゙          ハ,,ハ  オニーギ ニャイヨ・・・
               (*゚o゚)
              ~(,,,uu" ゙"                    ゙"゙"" ゙"





291 :名無しさん@お腹いっぱい。 :03/11/19 14:09 ID:1ndU6p70





                                      チィニモ オイギィ!  オニーニ・・・
 チィ モウ カエイタイヨゥ・・   ナッコ!  ナッコ チテホチーヨ・・・ ナッコ・・
                                          ハ,,ハ    ハ,,ハ
        ハ,,ハ      ハ,,ハ           ハ,,ハ  ハ,,ハ      c(゚0゚*)   (゚-T*)
      c(-T*),,)~ c(,,(゙O゙*)っ       ~(,,(,*゚-゚) (゚-゚*,),,)~     c,uc,,)~  cuuc)~
""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""






                                       あっ、いたいた・・・

                                       ∧_∧
                       从      从        (・∀・ )
                       ハ,,ハ    ハ,,ハ       (    )
         ハ,,ハ  ハ,,ハ       (iii゚0゚)   (iii゚0゚)      .  Y  人
       ~(,,(,*゚o゚) (*゚-゚),,)~     cuuc,,)~  cuuc)~       .(__)__) )) ))
""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""




292 :名無しさん@お腹いっぱい。 :03/11/19 14:09 ID:1ndU6p70




                                     どこ行ってたの?
                                     心配したよ。

               \ ゴメンナチャーイ!! /     ∧_∧
                                  (・∀・ )
   ハ,,ハ  ハ,,ハ          ハ,,ハ    ハ,,ハ       (/ (ノ ,,)
 ~(,,(,*゚-゚) (*゚-゚),,)~     ~(,,(*T-゚) ~(,,(*゙0゚)      (__(__ ~)
""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""



                                 「もう、オニギリはないから
                                   あっちで先生達と
                                     ゴハン食べようね。」

                                            ∧_∧
                          チィ♪     ナッコ♪     (・∀・ )
                                          と    つ
   ハ,,ハ  ハ,,ハ                  ハ,,ハ      ハ,,ハ      人 ヽノ
 ~(,,(,*゚-゚) (*゚-゚),,)~          (( (( ~(,,(*゚ワ゚) (( ~(,,(*^0^)    (__(__)
""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""





293 :名無しさん@お腹いっぱい。 :03/11/19 14:13 ID:1ndU6p70

先生に連れられ、みんなから離れた所で腰を下ろした2匹のベビしぃに、
先生は串に刺さった肉の塊を差し出した。



「みんなには、ナイショだからね。」

       ∧_∧
      ( ・∀・)    チィ♪    イタダキマチュ♪
      (つ串 つ串
       .|  |  |        ハ,,ハ    ハ,,ハ
      (__)_)      (^0^*),,)~ (゚ー゚*),,)~
"""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""



                              r'⌒'~'⌒'~'⌒'~'⌒'~'⌒'~'⌒'~'⌒'ヽ
                             (          λλ            )
                               )      ::::::(;;(;;゙;-゙)っ::::         (
                             (                         )
                              丶~'⌒'〇'⌒'~'⌒'~'⌒'~'⌒'~'⌒'~'´
                                    O
「どうしたの?お腹空いてないの?」              o
                                   ゚
       ∧_∧
      ( ・∀・)      …ア アニャ!      チィノ オトモダチ!
      (    つ
       .|  |  |         ハ,,ハ             ハ,,ハ
      (__)_)      ~(,,(*゚0゚)∑ 串   串  ∑(゚0゚iii),,)~
"""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""





294 :名無しさん@お腹いっぱい。 :03/11/19 14:24 ID:1ndU6p70

「せっかく持ってきてあげたのに?」

       ∧_∧
      (,#・∀・)      チィィィィィィ!       モウ イヤダヨゥ・・・
      (    つ
       .|  |  |         ハ,,ハ             ハ,,ハ
      (__)_)      ~(,,(*T0)  串   串    (゙0T*),,)~
"""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""






                 ボゴォ!  ハ,,ハ  チィィィィィ!
                       c(*>0)っ
           .    ∧_/从ノ;,;'".'(っ,,ノっ
           .   ( ・∀/⌒)∵、゚             チィィィィィ!
              と /  / つ ドカッ!
                ヽ_ノ ノ                ∑ハ,,ハ
                 (_ノ      串   串     (0゚iii),,)~
""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""





295 :名無しさん@お腹いっぱい。 :03/11/19 14:24 ID:1ndU6p70




             ・・・

               ∧_∧          |iili
              ( ・∀・)      lili    グシャ!
              (    つ        lilil|           ガクガクブルブル
              | | |        ハ,,ハ        ハ,,ハ
              (__)_)    从c(-<*),,)っ从   {{(゚0゚iii),,)~}}
""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""





       「…っるせえなぁ!」

               ∧_∧ \  チィィィィ!       /
              (,#・∀・)  \ナッコシマスカラ――!/
              (    )               ヤメテェェェェ!
              | | |      ::::ハ,,ハ:::::       ハ,,ハ
              (__)_)    ::::c(oT*),,)っ::::    (0<.iii),,)~
""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""



296 :名無しさん@お腹いっぱい。 :03/11/19 14:25 ID:1ndU6p70


「なぁにがナッコだ?片付けから逃げ出した挙げ句に
人が持ってきてやったメシも食わないなんて!」


                       ∧_∧
                       (,#・∀・)つ  ゲシッ!
                       (   、iii>
                       / / (li__)そ ナッコォォォ! ハ,,ハ   チィィィィ!
                      (_)(>q*;;)o::)っ      {{(0゚iii),,)~}}
""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""





                     「アアッ!?死んだか?」

                       ∧_∧
                      (,#・∀・)つ               イヤァ…
                      (  __,,.⌒l
                       / / (__)               ハ,,ハ
                      (_)c(。q;。)o;;)っ::      (( (( ~(,,(iii゚0゚)
""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""




297 :名無しさん@お腹いっぱい。 :03/11/19 14:25 ID:1ndU6p70




                      「・・・待ちなさい。お友達が寂しがってるよ。」

                 ∧_∧
                 (,*・∀・)
                 (    )つ                   マァマ・・・タチュケテ・・
 λλ             人   Y                   ハ,,ハ
c(。q;。;)o;;)っ::    (( ((  し (_)            (( (( ~(,,(iii>-)
""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""



298 :名無しさん@お腹いっぱい。 :03/11/19 14:26 ID:1ndU6p70


:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

「後の残り六匹をどうしようか考えるだけで興奮した。
  ……それだけストレスが溜まってたってことでしょう。」

                         「ベビしぃ園」 職員 B

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

夕闇がせまる海岸に、ベビしぃ達の姿があった。
楽しいはずのお泊まり会なのに、ベビしぃ達の顔には笑顔がない。

ベビしぃ達は丸くなって、自分たちの真ん中で燃える炎を見詰めている。
8匹いたはずのお友達は、いつのまにか4匹になっていた。


::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::     ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::         ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::           ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
───ーー────ー-───ー-───ー──ーー─────ーー─
... ... :::..:.............:::::.:.::.::.::::::: ."        ".. :::..:.............:::::.:.::.::.::::::: ::: ..:: .:.::...
 .....::::: .:.::.::. :::::::..   "           "     ...:::::.:.::.::.       ::
 ... ... :::..:.............:::::.:.::.::.::"            "::::: ... :::..:.............:::::.:.::.::.::::::: :::
 .....:::::.:.::.::.:::::::.....:::::.:.....:"             "::::.:.::.::.::    :::::.....:::::    .
 ... ... :::..:...........    "              "   ..:::::.:.::.::.::::::: ... :::..:...........
:::..:.............:::::.:.::.::.::::::.::.:::::::"               "
 :::..:.............:::::.:.::.::.::::::;    .::.:::::::.::.::       :::::.::.:::::: ............:::::.:.::.::.::::::: ::: ..:: .:.::...
" '"・' '.......:::::.:...,。,・'"" """ '゚゚ ' ,.,,....:::::.:...,。,'""":..., ,'""''゚゚" ' ' ' ,.,,....:::::.:..., ,
 .,.,,,_  '"・' '"・'           '"・' '"・'      '"・'         '"・' '"・' '"・'
    .,,, ..,.,.,   ,,.         .,,, ..,.,.,   ,,.     .,,, ..,.,.,   ,,.
           .,,, ..,.,.,   ,,.         .,,, ..,.,.,   ,,.
.,,, ..,.,.,   ,,.         .,,, ..,.,.,   ,,..,,, ..,.,.,   ,,.         .,,, ..





299 :名無しさん@お腹いっぱい。 :03/11/19 14:26 ID:1ndU6p70

【キャンプファイヤー中】



                                         楽しいかい?
                   (  ,,  丿  丿,,,,, )
                     (,,;;; ヾ 丿  ,,,;;;;)               ∧_∧
       「オウチニ カエィタイヨゥ…」   (;;;;,.丿 ;;;;ヾ;;)、 「オトモダチ・・・ドコ?」    (・∀・ )
                       λ从,,,;;;;)           ハ,,ハ     と    ,)
          ハ,,ハ  ハ,,ハ     从从从从从      ハ,,ハ  (゚-゙*)     | | |
        ~(,,(*T-)~(,,(,,>0)  从从从从从从从     (0T,,),,)~cuc,,)~  . (_(__)
""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""







                                 「そうだねぇ。みんなのお友達、
       (  ,,  丿  丿,,,,, )             何処に行っちゃったんだろうね?」
        (,,;;; ヾ 丿  ,,,;;)
        (,,;;; ヾ 丿  ,,,;;;;)      チィノ オトーダチ ドコ?     ∧_∧
         (;;;;,.丿 ;;;;ヾ;;)、                       (・∀・ )
         λ从,,,;;;;)                ハ,,ハ       ⊂    つ
        从从从从从          ハ,,ハ  (*゙O゙)        ( (  (
       从从从从从从从      ~(,,(*T0) ~(,,uu         (_(__)
""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""





300 :名無しさん@お腹いっぱい。 :03/11/19 14:27 ID:1ndU6p70




                                        「・・・ちっ。」
       (  ,,  丿  丿,,,,, )
        (,,;;; ヾ 丿  ,,,;;;;)  \  カエチテヨゥ チィノ      / ∧_∧
         (;;;;,.丿 ;;;;ヾ;;)、     \  オトーダチ カエチテェ! /  (・∀・# )
         λ从,,,;;;;)                       ハ,,ハ と と  )
        从从从从从          ハ,,ハ         (*>0)っ( ( (
       从从从从从从从      ~(,,(;T0)    ε≡ ~(,,u,,ノ (_(__)
""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""








     (  ,,  丿  丿,,,,, )                「……お友達に会いたい?」
     (,,;;;   (;;;;,.丿 ;;;;ヾ;;)
       ,,;;; ヾ 丿  ,,,;;;;)                    ∧_∧
      (;;;;,.丿从 ;;;;ヾ;;)、            アイタイヨゥ ハと(・∀・ ) すっ・・・
       λ从从,从,,;;;;)     ハニャ?   ハ,,ハ     (*T-) と   )
      从从从从从从从        ~(,,(;゙-゚)   ~(ou_u (__(__ ̄)
""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""




301 :名無しさん@お腹いっぱい。 :03/11/19 14:27 ID:1ndU6p70


                                                「お友達は・・・・・」
                 (  ,,  丿  丿,,,,, )          ナッコダ♪
                  (,,;;; ヾ 丿  ,,,;;;;)                 ハ,,ハ∧_∧
\ ナッコダ! ナッコ! /    (;;;;,.丿 ;;;;ヾ;;)                   (*^ヮ)∀・ )
                    λ从,,,;;;;)         アッ! チィモ ナッコ!  0,,,_と   ,,)
  ハ,,ハ   ハ,,ハ          从从从从从              ハ,,ハ     ( ( (
~(,,(*゚0゚)~(,,(*゚0゚)       从从从从从从从            ~(,,(*゚ワ゚)    (_(__)
""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""






                    チィィィィィィィィィィィッ!
                               ハ,,ハ 丿
                              c(0<*),,)っ ミ
                                        その火をくぐった所にいるからね!
                 (  ,,  丿  丿,,,,, )
                  (,,;;; ヾ 丿  ,,,;;;;)        ブンッ    ミ∧_∧
チィィィ!                  (;;;;,.丿 ;;;;ヾ;;)              (ヽ(∀・ ,)
          チョンデル・・・    λ从,,,;;;;)           チィ      ヽ   と,,)
  ハ,,ハ   ハ,,ハ          从从从从从             ∑ハ,,ハ   Y  人
~(,,(*>0)~(,,(ii゚0゚)       从从从从从从从            ~(,,(゚0゚iii)   (__) J
""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""





302 :名無しさん@お腹いっぱい。 :03/11/19 14:28 ID:1ndU6p70




「君たちも・・・」                                   「さあ、早く!」
                      (  ,,  丿  丿,,,,, )
  ∧_∧                 (,,;;; ヾ 丿  ,,,;;;;)      ゴンッ!    ∧_∧
 ( ´∀`) \チィィィィィィ!!/   アヂィィィィィィィィィィィィ!               と(・∀・ )
 (    )                    λ从,,,;;;;)  アニャァァァァッ!?     (⌒ヽ'   つ
 | | |   ハ,,ハ   ハ,,ハ          从>o<*)从从   ハ,,ハ     三  `ー¬、 ノ
 (__)_)~(,,(*>0) ~(,,(ii>0)       从从从从从从从  c(0<;),,)っ三   二   (_)
""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""





先生は笑いながら、燃え盛る炎を呆然と見詰めているベビしぃを炎の中に突き飛ばしていった。



                                      「よかったねぇ!
 「お友達によろしくね!」                       これでお友達のところに行けるね」

                       (,,  丿  丿,,,,, )
..∧_∧                  (,,;;; ヾ 丿  ,,,;;;;)           ∧_∧
( ´∀`)     ドガッ           ;,.丿 从;;;;ヾ;;)           (・∀・ )
(    )  ドガッ        ママァ!   λ从从,,,;;;            (    )
 |  |ヽ ヽ   二≡   ハ,,ハ      ハ从(O。*)从从从           | | |
..(__)(__从 =≡二三~(,,(*>0)  三(,,>0)从从从(0<*)从从            (_(__)
""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""




303 :名無しさん@お腹いっぱい。 :03/11/19 14:28 ID:1ndU6p70


ベビしぃ達を包み込んで燃え盛る炎は、よりいっそう天を焦がしていった。
先生は、炎の中で助けを求めて泣き叫ぶベビしぃ達を、さも愉快そうに見詰めていた。




          (,,  丿  丿,,,,, ) 丿,,,,, )
           (  ,,  丿  丿,,,,, )
    ∧_∧      (,,;;; ヾ 丿  ,,,;;;;)            ∧_∧
   (,*´∀`)       (;;;;,.丿;从;从)、             (・∀・*,)
   (    )       λ从,,,;;;;);从从从            (    )
   | | |      从(゚0゙;;从(゚;o;。);从;从            | | |
   (__)_)     从((;;゚;q。)从从(,,0。)゙;从从从从.      (_(__)
""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""




:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

「私達は聖職者じゃないんです。
過ちも犯します。でも、それには必ず理由があるんです。」

                         「ベビしぃ園」 職員 A

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::




304 :名無しさん@お腹いっぱい。 :03/11/19 14:29 ID:1ndU6p70

そして、お泊まり会からベビしぃたちが帰ってくる予定の日・・・。






       ベビチャン マダカナ?      ∧ 三∧ キョロキョロ
                       (゚-゚三-゚)
                         |  ヽ
                        とUU,,O~
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄



                                         \
                                           \

                                    郵便でーす!
       オソイナ・・・・           ∧ ∧
                        (゚- ゚*)               /
                         |  ヽ             /
                        とUU,,O~
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄





305 :名無しさん@お腹いっぱい。 :03/11/19 14:29 ID:1ndU6p70

郵便局の配達員が、ベビしぃを待つ母しぃ達の元に小包を運んでいった。


                       │ ハンコお願いしますモナ。
                       └y───────────

                       ,-----ヽ__
                ♪       ゝ=〒===ノ
             ∧∧   ___  __(´∀` )、
            (*゚ー゚) |〒  |⊂|__f :y:/ハ
              | つっ   ̄ ̄   /_L_|^(_|ノ]
           ~ノ ノ         ノ  ハ ̄ヽ
            ∪∪       (⌒ ̄)( ̄ )
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄





小包の住所には、ベビしぃ園の文字があった。
母しぃは、ウキウキしながら小包の紐をほどいた。

                ナンダロウ?
                         ∧ ∧
                         (*゚ー゚)   パカッ!
                         /O  つ/
                        ~(O| ̄ ̄|
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄





306 :名無しさん@お腹いっぱい。 :03/11/19 14:30 ID:1ndU6p70


               ハニャーン!
               キレイナ マキガイ!
                        ∧ ∧@
                        (*゚ワ゚)/)
                        /つ  /
                      ~(O| ̄ ̄|\
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄





            アレ? コレハ ベビチャンニ ツクッテアゲタ リュック・・・
             ドウシタノカナ?
                         ∧ ∧ ?
                         (*゚ー゚)
                         /つロO
                       ~(O| ̄ ̄|\
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄




中から出てきたのは、1つの貝殻、、お手製のリュックサック。
そして、園からの手紙が同封されていた。




307 :名無しさん@お腹いっぱい。 :03/11/19 14:31 ID:1ndU6p70

母しぃは、可愛らしいシールで封をされた手紙を読んだ。

それは、信じられない内容の手紙だった・・・。

(あなたのベビちゃんが、お泊まり会中に亡くなりました。夏場で死体の痛みが早い為、こちらで処分しました。
骨もカスほどしか残らなかったので、替わりにベビちゃんが海で取った貝殻を同封します。)



               シィィィィィィィッ!?
                         ∧ ∧
                       Σ(*。,,,。)
                        /つ□O
                      ~(O| ̄ ̄|\
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 


           ベ・・・ベビチャン・・・!!

                        ::∧ ∧::
                        ::(iii゚O゚)::
                        /つ□O
                      ~(O| ̄ ̄|\
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄





308 :名無しさん@お腹いっぱい。 :03/11/19 14:32 ID:1ndU6p70


小包を受け取った母しぃ達は、急いでベビしぃ園へと向かった。



       ∧ ∧           ∧ ∧  チョット! ドウイウコトデスカ!
       (iii゚ o゚)          (*゚O゚)
      /つ つ         /つ つ□    ∧ ∧             ∧ ∧
    ~(  つ     三 ~(  ノ       (*゚O゚)/)           (iii゚O゚) オナガイ!!カエシテェェェェェェ!
  ≡≡ し'´          @@        / つロ            / つ つ
       ∧ ∧           ε 三 ~(_つノ            ~(  /
       (*゚ 0゚)                  し'         ≡≡≡ @'@
      と   ,,つ          □ ∧ ∧
     ~(_⊃             (ヽ*゚O゚)  シィノ ベビチャンヲ カエシテ!
  ≡≡ (ノ              ヽ/  ,,つ
                    ⊂(_ ./
                ε 三   ヽ)


文句を言ってやろうと、ベビしぃ園の門の前までやって来た母しぃの目に飛び込んできた物は
〔ベビしぃ園は閉鎖しました〕の張り紙と、
全ての荷物が消えた、もぬけの殻の園内だった・・・・。


::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

           「シィィィィィィッ! ベビチャン ドコニ イッタノォーーーーー!」

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::




309 :名無しさん@お腹いっぱい。 :03/11/19 14:35 ID:1ndU6p70

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

「もうこんな事はやらないかって?そうだなぁ。
    ………………わからないよ。そんな未来の事。」

                        「ベビしぃ園」 職員 B
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::



お泊まり会も終え、先生達は今まであったベビしぃ園をたたんで
とある街の都心の雑居ビルに新しい託児所を構えていた。
この街に、あの事件を知る者は、誰もいなかった。

「でもさぁ、こうして殺してみるとあっけなかったな。」


          ∧_∧                     ∧_∧
         ( ・∀・)                    (´∀` )
          (   つ ┌─────────────┐と  )
         ┌─┐│                    │┌─┐
         └┬┘└┬───────────┬┘└┬┘
゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙

「毎日ダッコねだられて溜まってたストレスを一気に発散できて良かったんじゃないの?」
「とにかく、ゴミ虫を片付けられて清々したわ。」
先生たちは口々にそんな事を言いながら笑いあった。





310 :名無しさん@お腹いっぱい。 :03/11/19 14:43 ID:1ndU6p70


「で、話しは変わるんだけどさ。作ってみたんだよ。コレ、パンフレットなんだけど。」
パンフレットには、ベビしぃが楽しそうにダッコされている写真が沢山載っていた。



          ∧_∧                     ∧_∧
         ( ・∀・)つ□                 (´∀` )
          (   つ ┌─────────────┐と  )
         ┌─┐│                    │┌─┐
         └┬┘└┬───────────┬┘└┬┘
゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙


:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

(愛情いっぱいのダッコを通じて、ベビしぃちゃんの笑顔を守ります。
ベテラン保育士が心をこめてお預かりします。
たのしいイベントも沢山あります。*お泊まり会、クリスマス会、ダッコ大会など)

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::




                      ハ,,ハ∧_∧
                     (*゚ワ゚)・∀・ )
                     0._,,と    )
                       ) | | |
                       (_(__)






311 :名無しさん@お腹いっぱい。 :03/11/19 14:44 ID:1ndU6p70



「愛情…か。んなもん、ゴミなんかにいらねぇよ。」   「またさぁ、やっちゃうかもな。」


          ∧_∧                     ∧_∧
         ( ・∀・)                    (´∀` )
          (   つ ┌─────────────┐と  )
         ┌─┐│                    │┌─┐
         └┬┘└┬───────────┬┘└┬┘
゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙





「しぃはストレスの元…だもんな。」     「いつか発散しなきゃいけないよなぁ。」


          ∧_∧                     ∧_∧
         ( -∀-)                    (∀` ,,)
          (   つ ┌─────────────┐と  )
         ┌─┐│                    │┌─┐
         └┬┘└┬───────────┬┘└┬┘
゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙






312 :名無しさん@お腹いっぱい。 :03/11/19 14:45 ID:1ndU6p70



「・・・・あのゴミ虫の・・・・」              「ナッコナッコって声が・・・」

         ∧_∧                     ∧_∧
  ←--  (・∀・ )               ←-- (∀` ,,)
          (   つ ┌─────────────┐と  )
         ┌─┐│                    │┌─┐
         └┬┘└┬───────────┬┘└┬┘
゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙



「最高にストレス溜まるんだよな・・・・。」

 ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::



       ナッコ!      ナッコ チテクダチャイ!

          ハ,,ハ    ハ,,ハ
        ~(,,(*^ヮ) ~(,,(*^0^)



::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::






313 :名無しさん@お腹いっぱい。 :03/11/19 14:45 ID:1ndU6p70


:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::



            チィィィィィィ!ナッコ! ナッコ チテクダチャイヨー!!

                ヽ, ハ,,ハ
                c(,,(*>O)o



::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::


      ナッコ ナッコォォォ! ナッコ チテクレナイト ママニイイチュケマチュヨゥー!

                  ハ,,ハ゜・。゜
               (( (nT0)っ ))
                 ~(,,っ,,っ


::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

・・・・どうやら、またいつかやってしまいそうである。


                                             【糸冬】









しぃ系AA作品(虐待・虐殺) ※残虐描写注意!コメント(0)トラックバック(0)|

≪前の記事 キモゴミの学校
≫次の記事 ある、母親しぃの手記

コメント

コメントの投稿

名前
題名
メールアドレス
URL
コメント

パスワード
Secret
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

ブログ TOP