FC2ブログ
TAG index

プロフィール

kubota.K

Author:kubota.K
~サイト概要~

2chのスレやゆっくりスレ、話題の記事ややる夫AAシリーズ等、気になった記事を総合的にまとめるサイトです!

よろしくお願いします!

about

『BuZZ Plus News』
バズプラスニュース

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

やる夫でドラクエ6(完結) (37)
ゆっくりいじめSS・イラスト ※残虐描写注意! (966)
ゆっくり愛でSS・イラスト (662)
やる夫でGPM(完結) (46)
やる夫が遺跡を守るようです(完結) (57)
実装石虐待系作品 (119)
やる夫がヒットマンになるようです(完結) (15)
やる夫が3つの珠を探すようです(完結) (26)
やる夫はリィンバウムに召喚されたようです(サモンナイト) (53)
やる夫がヴァレリアを平和にするようです (7)
やる夫は人気作者になりたいようです (2)
【クマー】二人の秘密【澪】(完結) (4)
やる夫が大破壊後を生き抜くようです(メタルマックス・第一部完) (11)
やる夫達は文化祭でバンドるようです(完結) (27)
やる夫達は広島でB級グルメを食べ尽くすようです(完結) (13)
やる夫とやらない夫で月旅行に行こう(完結) (18)
やる夫とやらない夫と漫画家シリーズ(完結) (12)
やらない子の周りは中2病患者(完結) (12)
【DTB】 契約者やらない夫  ―荒野の春紫苑― 【オリジナル】 (6)
DIOえもん(完結) (6)
そっきょうたんぺんすれ(完結) (8)
風魔のやる夫 (5)
東京が死んで、やる夫が生まれた(真・女神転生Ⅲ) (14)
ファイやる夫ムブレム(再録) (16)
やる夫が囲碁の幽霊に会うようです (3)
やる夫は誰かを助けるのに理由はいらないだそうです(FF9) (17)
やる夫たちの周りには愛が満ち溢れているようです (3)
やる夫の屍を越えてゆけ(俺の屍を超えてゆけ) (6)
その他やる夫短編 (58)
スレまとめ(事件) (1)
スレまとめ(ニュース) (36)
スレまとめ(趣味) (82)
SS (21)
しぃ系AA作品(虐待・虐殺) ※残虐描写注意! (88)
南ことり (21)
のんたぬ (0)
雑多 (1983)
管理人からのお知らせ (11)
未分類 (18)
う虐 (2)








検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

2125:ひとりぼっちのまりさ

2012/10/18 (Thu) 20:53
道路の片隅に落ちた、柔らかな一つの塊。
それが全身を震わせ、精一杯の産声を上げる。
無音。
答えるものは居ない、ぐるりと辺りを見渡すと、遠くから微かな明かりが漏れていた。



彼女の名前はまりさ、生まれた時から所有している情報が、それを教えてくれた。
しかしまりさには、それ以外は何も無かった。
都会のビルの隙間で産み落とされたまりさの親は、
明かりの届かないそこでまりさは気づくことが出来なかったが、既に息絶えていた。
まりさは頭の中にぼんやりと浮かぶ”ゆっくり”を求めて明かりの方へ、ゆっくりと進んでいった。



しばらく進むと、そこは繁華街の中心だった。
キラキラとしたネオンが輝き、人々は笑顔でそれぞれの歩みを進めている。
足元にいる、子供の手のひらにも乗ってしまうようなちっぽけなまりさの存在など、誰も気づきもしなかった。
まりさははじめて見る生き物に感動し、大きな声で挨拶をした。

ゆっくりしていってね!

しかし誰も気にしない、小さなまりさの声など、はるか遠くにある人間達の耳には届かなかったのだ。
ふと、小さな子供がまりさを見つけて、楽しそうに指で指し示す。
まりさもそれに気づいて笑顔を返したが、その子の親がすぐにそれを制して、子供の手を引いてどこかに歩いていってしまう。


まりさは一人ぼっちだった。



季節は冬、空気は冷たく乾燥している、それに地面もすっかり冷えていて、まりさの体を徐々に冷やしていく。
それでもまりさは、小さな体を元気一杯に動かして駆け回った。
人間の足に踏み潰されないように道の端を進んでいると、わき道ににこにことした顔のゆっくりの親子が居た。
母親れいむと父親まりさ、という一般的な番、それに二匹の子供であろうちいさなれいむとまりさが一匹ずつの、極ありふれたゆっくりの家族だ。
まりさは自分の同族を見つけ、大喜びで近づいていった。
近づくまりさに気づいた子ゆっくり2匹が、笑顔になって近づこうとした。
しかし両者の間に母親れいむが近づき、まりさのことを、もみあげを使って弾き飛ばした。
地面に転がされ、まりさは一瞬何が起こったのか理解できなかったが、視界の端で親れいむが何か大声早口でまくし立てているのが目に入った。
それを父親まりさが困った顔でなだめている。
子供達は突然怒り狂うれいむを恐れ、泣き出してしまう。

れいむは、まりさが孤児だということをいち早く察し、これから厳しい越冬に入るというのに、
万一にもまりさが家族に入り養う頭数が増えてしまうという事態になることを恐れたのだ。
過剰反応とも取れるこの行動、しかし街野良として生き延びていくためには、甘さ故の判断が後々死につながることも、十分にありえる。


だが、まだ小さなまりさにはれいむの怒りを理解出来なかった。
まりさは涙を堪えながらその場を後にした。



ゆっくりとは、何だろうか。
まりさは一人で這いずりながら考えた。
生まれた時、自分の名前と、”ゆっくりしたい”という欲求だけが自分の中にあったのを覚えている。
声の出し方も、話す言葉の意味も、少しだけだけど簡単なことははじめからわかっていた。
けれどゆっくりしたことの無いまりさは、ゆっくりすることの意味がわからなかった。


あの親子の居たところから少し進んだところに、一軒のキラキラとしたイルミネーションに包まれた綺麗な店があった。
その軒先に、さっきあの怖いれいむのそばにいて、止めてくれた親まりさに似たまりさが居た。
まりさには見分けが付かなかったけれど、それはその店のディスプレイとして置いてある置物の人形だった。
まりさはさっき起こった怖い記憶を拭い、それに近づき、挨拶をする。
挨拶は返ってこなかったが、拒まれることも無かった。
置物はただキリッとした凛々しい顔を、店の前を行く人々の方に向けている。
置物の正面に対峙したまりさは、店のガラスに映る自分の姿が映っているのを見つけた。
ガラスのそばにより、のーびのーびしたり、おさげを振って確かめる、それに合わせてガラスに映ったまりさの姿も、同じように動く。
それを見てまりさは、初めて自分の外見を知った。
そしてさっきの家族の親まりさ、子まりさや、置物のまりさと自分が似ていることに気づいた。

生れ落ちてから数時間、誰も優しくしてくれなかったが、この人は自分を拒まない、一緒に居ても許される。

まりさはそう感じ、置物にそっと寄り添った。
置物は外気に晒され、ひんやりと冷たかったが、じっとしているとまりさのぬくもりが移り、接しているところが少しずつ温かみを帯びていった。
まりさのおなかがきゅうと小さな音を立てた。
けれどまりさは自ら食事を取ることをしたことが無かったし、それに今はこの場所を離れたくなかった。


目を閉じ、体の力を抜いて、ぼんやりとする。
この体を優しく包み込む暖かな気持ち、これが”ゆっくり”。
まりさは自分の中でそう結論づけた。
今までゆっくり出来なかったけれど、今やっと、ゆっくりすることが出来た。
まりさはその喜びに打ち震えた。

まりさは思った、この人にまりさのお母さんになってもらおう。
今日は疲れたから、ゆっくりして、明日お母さんにいろんなことを教えてもらおう。




ふと、無音。

行き交う人々が一斉に足を止め、頭上を見上げた。
わあ!雪だ!
誰とも無く声が上がる。
その声にまりさは目を開け、体を持ち上げて夜空を仰いだ。
イルミネーションの光を反射して、キラキラとした白い塊が、ふわふわと音も無く降って来る。
それは小さなまりさにとって、生まれてはじめて見る夢のような美しい光景だった。
気温は一段と下がり、小さなまりさの体から徐々に熱を奪っていく。
けれどまりさはそんなことも気にせず、その光景にすっかり目を奪われていた。






ねぇおかーさん、あのきらきらさんはなんていうの?






とってもきれいだね、まりさはじめてみたよ、きらきらさんはゆっくりできるね。







ねぇおかーさん、まりさいまとってもゆっくりしてるよ、おかーさんもゆっくりしてる?









これからずっといっしょだよね、ずっといっしょにゆっくりしよーね。












ゆゆぅ…まりさなんだかねむたくなってきちゃったよ…












まりさはもう一度”おかーさん”に体をこすりつけ、ゆっくりと目を閉じた。
もう返ってくるぬくもりも無い、ひんやりとした冷たさがまりさを包み込む。

ふと、イルミネーションの明かりが消えた。
行きかう人も今は見る影も無い。
少しずつ確実に、小さなまりさは冬の冷たさに体力を奪われていった。
けれどまりさはそれに気づかない。
寒さも、空腹も、ゆっくりしているまりさには無意味だった。






しんしんと、静かに雪が積もっていく。
温もりも冷たさも、喜びも悲しみも、白い世界が全てを塗りつぶす。










誰にも知られること無く、一つの命の短すぎる一生が幕を閉じた。







終わり

ゆっくりいじめSS・イラスト ※残虐描写注意!コメント(12)トラックバック(0)|

≪前の記事 特集『ゆっくりに脅かされる農家』
≫次の記事 平日はゆっくりできない

コメント

2073:

最後の方が『マッチ売りの少女』に似てる。
それに、台詞を付けないとまた違った解釈が出来て面白いな。

あのまりさは孤児だったのか、可哀想に・・・。
やっぱり、辛い環境に生きてきた生物の方が根が優しくなれるんだろうな。

こういうゆっくりこそ愛でるべきなんだよ。
俺がそこにいたなら迷わず拾って飼ってやるのに。

2012/10/18 21:07 | ゲス専門の虐待お兄さん #- URL [ 編集 ]
2075:

あー、虐待してーわー

善良は虐待するなとか言うの多いけど、野良なら善良ゲス関係なく虐待するわ

2012/10/18 21:23 | あ #- URL [ 編集 ]
2076:

死ぬ寸前のとこで拾って家に連れて帰って温めて美味しいあまあまを食べさせてあげてゆっくりさせたあと唐突に虐待したいね
または連れて帰ったあと一切合切ゆっくりさせずにそのまま虐待して生まれた意味も理解できず絶望しながら死ぬってのもいいね

2012/10/18 21:31 | 名無しさん #- URL [ 編集 ]
2084:

こういうゆっくりほど虐待したいものはない

2012/10/19 10:18 | 名無しさん #- URL [ 編集 ]
2085:

あ゛あ゛あ゛ねじ切りてぇ

2012/10/19 10:55 | ゆっくり #DL0dExLA URL [ 編集 ]
2089:

善良を殺すのは正直きもい
あくまで下種を殺すのがいいってゆーかガチでただいじめ殺して満足とか大津いじめ事件のやつと同じくらいきもい

2012/10/19 16:46 | 名無しさん #- URL [ 編集 ]
2091:

まぁ、ゆっくりは空想の生命体だし、ここでどんな言い争いしようと勝手だけどさ。

現実にゆっくりがいて、善良とかゲスとか関係なく虐待する奴は死んだ方がいい。

そういう奴って法律なきゃ気に入らない人間を殺すタイプ。

2012/10/19 17:27 | 名無しさん #- URL [ 編集 ]
2094:

ゲス派はついに現実と妄想の区別もつかなくなったか

2012/10/19 21:11 | 名無しさん #- URL [ 編集 ]
2095:

たまにはこういう箸休め・・必要だよね!!

2012/10/19 21:37 | 名無しさん #- URL [ 編集 ]
2281:

必死な改行入れる人ってキモチワルイ

2012/11/01 05:34 | 名無しさん #- URL [ 編集 ]
4357:

法律なきゃ気に入らない人間を殺すって当たり前じゃんw
法律なんて物がないといけないくらいみんながそうしたがってるて事でしょ

2013/02/15 01:33 | 名無しさん #- URL [ 編集 ]
9214:

すっげーどうでもいい話だった
ゆっくりの一生なんかくだらん
虐待されてこそ存在意義がある

2013/07/22 04:26 | 名無しさん #- URL [ 編集 ]

コメントの投稿

名前
題名
メールアドレス
URL
コメント

パスワード
Secret
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

ブログ TOP