FC2ブログ
TAG index

プロフィール

kubota.K

Author:kubota.K
~サイト概要~

2chのスレやゆっくりスレ、話題の記事ややる夫AAシリーズ等、気になった記事を総合的にまとめるサイトです!

よろしくお願いします!

about

『BuZZ Plus News』
バズプラスニュース

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

やる夫でドラクエ6(完結) (37)
ゆっくりいじめSS・イラスト ※残虐描写注意! (966)
ゆっくり愛でSS・イラスト (662)
やる夫でGPM(完結) (46)
やる夫が遺跡を守るようです(完結) (57)
実装石虐待系作品 (119)
やる夫がヒットマンになるようです(完結) (15)
やる夫が3つの珠を探すようです(完結) (26)
やる夫はリィンバウムに召喚されたようです(サモンナイト) (53)
やる夫がヴァレリアを平和にするようです (7)
やる夫は人気作者になりたいようです (2)
【クマー】二人の秘密【澪】(完結) (4)
やる夫が大破壊後を生き抜くようです(メタルマックス・第一部完) (11)
やる夫達は文化祭でバンドるようです(完結) (27)
やる夫達は広島でB級グルメを食べ尽くすようです(完結) (13)
やる夫とやらない夫で月旅行に行こう(完結) (18)
やる夫とやらない夫と漫画家シリーズ(完結) (12)
やらない子の周りは中2病患者(完結) (12)
【DTB】 契約者やらない夫  ―荒野の春紫苑― 【オリジナル】 (6)
DIOえもん(完結) (6)
そっきょうたんぺんすれ(完結) (8)
風魔のやる夫 (5)
東京が死んで、やる夫が生まれた(真・女神転生Ⅲ) (14)
ファイやる夫ムブレム(再録) (16)
やる夫が囲碁の幽霊に会うようです (3)
やる夫は誰かを助けるのに理由はいらないだそうです(FF9) (17)
やる夫たちの周りには愛が満ち溢れているようです (3)
やる夫の屍を越えてゆけ(俺の屍を超えてゆけ) (6)
その他やる夫短編 (58)
スレまとめ(事件) (1)
スレまとめ(ニュース) (36)
スレまとめ(趣味) (82)
SS (21)
しぃ系AA作品(虐待・虐殺) ※残虐描写注意! (88)
南ことり (21)
のんたぬ (0)
雑多 (1983)
管理人からのお知らせ (11)
未分類 (18)
う虐 (2)








検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

2234:飼われまりちゃ

2012/12/21 (Fri) 23:00
「まりちゃをかいゆくちにしゅるのじぇ!まりちゃは、とーってもつよいのじぇ!まりちゃのめーれーきかないと、いたいめみるのじぇ!!」

元気良くそう宣言する一匹の子まりさ。
得意そうに眉毛を吊り上げて、踏ん反り返っている。
その後ろでは親れいむと親まりさが、飼いゆっくりにしろと同じ様に自信たっぷりに踏ん反り返る。

「れーみゅは、とーってもかわいいゆっくちだよ!かいゆっくりにしにゃいのは、おーばかだよ!いっしょーのしょんだよ!」

その隣では尻をプリプリと振りながら、片目を閉じてニヤニヤと微笑む赤れいむ。
だがこの一家は全体的に体が汚れており、帽子やリボンに変なシミやゴミが付いている典型的な野良一家である。

「うーん…どうしよかな?…」

そんな一家を目の前にし、腕を組んで悩む一人の少年。
品定めするように、親まりさと子まりさを見比べる。

「どーしたんだぜ?!まりささまのつよさをさとって、びびってうごけないんだぜ?!ゆっぷっぷっぷ!これだから、よわむしさんはこまるんだぜ!」

「ぷっぷー!くしょにんげんは、まりちゃをみてびびってるのじぇー!しーしーもらしゅのじぇ?ないちゃうのじぇ?おぉあわりぇ、あわりぇ!!」

まりさ親子は少年を見下すように笑い始めると、二匹そろって少年に尻を向けて屁をこく。
れいむ親子も飼いゆっくりになれると確信したのか、ウネウネと動きながらあまあま持って来いとか、ゆっくりさせろと騒ぎ始める。

「よし、こっちに決めた!やっぱ、小さいほうが良いかな?」

「ゆわーい!おしょらをとんでるみたーい!さいこーのきぶんなのじぇー!!」

少年はそう言うと子まりさを捕まえ、野良一家に背を向けて歩き出す。
子まりさは突然の浮遊感に、ゆっくりお決まりの台詞を口にしてキャッキャとはしゃぐ。

「ゆゆっ?!ちょ、ま、まつんだぜぇぇぇ!!までぃざもかいゆっくりにじろぉぉぉぉ!まてぇぇぇ!このくそにんげんがぁぁぁぁ!!」

「ゆっがぁぁぁぁ!れいむもつれていけぇぇぇぇ!れいむをゆっくりさせろぉぉぉぉ!」

「ゆっぴぃぃぃ!まちぇまちぇぇぇぇ!れーみゅをかいゆっくちにしろぉぉぉ!まちぇぇぇぇぇ!!」

子まりさだけを持って去ろうとする少年を、慌てて追いかける三匹のゆっくり。
鬼のような形相で、唾を撒き散らしながら必死で跳ねる。
だがそれでも少年の足の方が速く、少年は自分の自転車のカゴに子まりさを入れるとそのまま自転車を漕ぎ出す。

「までぇぇぇぇ!までぇぇぇぇ!までぃざのしゅんそくから、にげられるどおもうなぁぁぁ!ゆひー…ゆひー…よ、ようやくおいつ 『グチャ!』 びゃ!」

「おぉ?何か轢いた!グチャっていった!」

それでも何とか少年に追いつき、自転車の前に踊り出た親まりさ。
だが少年は何の躊躇いもなしに、自転車で親まりさを轢いていく。
親まりさは体を真っ二つにされる形で轢かれ、呻き声を上げると動かなくなる。
しかし少年は特に振り返ろうともせず、そのまま家に帰っていった。

「ゆがが!なにやってるのぉぉ?!くそにんげんが、にげちゃ………ゆっぎゃぁぁぁぁ?!までぃざが、はんぶんずつになっちゃったよぉぉぉぉ!でいぶ、じんぐるまざーになっちゃっだのぉぉぉ?!」

「ゆんやぁぁぁぁ!おちょーしゃん、、どーちておたべなしゃいしてるのぉぉ?!ゆっぴぃぃぃぃぃぃ!!」

やっとの思いで、親まりさまりさの元まで跳ねてきたれいむ親子。
親れいむは、親まりさの姿を見るなり罵声を浴びせ始める。
だがすぐに、両目を飛び出さんばかりに見開いて死んでいる親まりさに気がつき、涙を流しながら絶叫する。
それに続いて赤れいむも、親まりさの死に顔を見てゆんゆんと泣き始める。
れいむ親子は、まりさの死体のそばで何時までも泣き続けるのだった。




「ゆぺーっち!いちゃい!…ゆっぴぃぃぃ!なにしちぇるのじぇ、このくしょどれー!まりちゃおこるのじぇー!!」

少年は家に着くとすぐに透明な箱を取り出し、その中に子まりさを乱暴に入れて蓋をした。
幸い箱の底には土が敷いてあったため、子まりさは大した怪我も無い。
子まりさは着地の痛みに顔を歪めるが、すぐに体勢を立て直して少年を涙目で睨みながら罵声を浴びせる。

「えっと、ゆっくりって何でも食うんだったかな?とりあえず、これでいいか」

だが少年は子まりさ事を気にしておらず、蓋に付いた小さな小窓を空けると、そこから粒上の餌を箱内に入れてすぐに蓋を閉じた。
そして子まりさの様子を観察するかのように、箱の中をじっと覗いた。

「ゆっがぁぁぁ!きーてるのじぇ?!このくしょどれー!おわびとして、あまあまたくさんもってこいのじぇー!ぷんぷんぷん!!」

「あれー?食べないな。腹減ってないのかな?まあいいか、TV見よう!」

子まりさは少年の態度に腹を立て、頬を膨らませて怒鳴る。
少年はそんな子まりさの様子には気が付かず、餌を食べ始めない事を不思議がりながらも他の部屋に行ってしまった。

「それにしても、あんちゃんから貰ったあの箱すごいや。ゆっくりの鳴き声が聞こえなくなるなんて。これなら母ちゃんに、五月蝿いって言われずに済むな」

少年は満足そうに笑うと、お気に入りのアニメを夢中になって見始めた。
その日は、それ以上少年が子まりさを構う事はなかった。
一方子まりさは空腹に腹を立てて、少年を見かけるたびに叫び続けたが、少年に気付いてもらう事はなかった。




「うぅ…もう朝か…ん?こいつ、まだ寝てるのかな?朝だってのに、のん気なやつだ…」

「ゆぴー…ゆぴー…ゆぴー…」

母親に無理やり起こされた少年は、両目をこすりながら布団から這い出る。
そんな少年の目に止まったのは、何だか幸せそうに眠っている子まりさ。
もちろん幸せそうに見えたのは少年にだけで、よく観察すれば頬に涙の後が付いているのが解っただろう。
だが少年には、子まりさの寝顔がとても腹立たしく見えたのだ。

「おら!起きろ!朝だぞ!ほら、さっさと餌を食え!起きろー!!」

「ゆちゃ、むにゃむにゃ…『バンバンバン!』 ゆっぴきぃ!なんなのじぇぇぇ?!ゆわぁぁ…おねしーしーしちゃったのじぇ…ゆえぇぇ…」

少年は箱の中に餌をばら撒くと、子まりさを起こそうと箱を強く手で叩いた。
箱は丈夫な造りの為、少年が叩いた程度では軋みもしなかったが、子まりさを叩き起こすには十分な程の振動を与えた。
子まりさは振動に驚き跳ね起きると、ショックで少ししーしーを漏らす。
しーしーを漏らした事に気がついた子まりさは、顔を真っ赤にして両目に涙を浮かべる。
だがすぐに目の前に少年が居る事に気が付き、慌てて少年を睨み始める。

「ゆゆぅぅ!おまえのせーなのじぇ!おまえのせーで、まりちゃはおねしーしーをしちゃったのじぇー!ゆるせないのじぇぇぇぇ!!」

「おぉ、起きた起きた。朝から元気な奴だな。ゆっくりってうらやましいな、学校行かなくて良いし、のん気でさー」

少年はそう呟くと、子まりさが怒っている事に気が付かずそのまま学校に行ってしまう。

「ゆぅぅ!まつのじぇぇぇぇ!まりちゃ、おこってるのじぇー!!ぷんぷんぷーんのじぇ!!」

涙目で頬を膨らませ怒る子まりさだったが、その声は少年に届く事はなかった。




「ゆぅぅ…おなかすいちゃ…くしょにんげん、あまあまもってくるのじぇー…ぐすっ、ゆえぇぇ………どこなのじぇ…まりちゃ…ひとりぼっちなの…じぇ?さみしいのじぇ…ゆびゃぁぁ…」

薄暗い部屋の隅に置かれた箱の中で、本日何度目か分からない命令をする子まりさ。
最初の内は怒って跳ね回ったり、膨れ上がったりして怒ってみた。
だが子まりさの命令を聞くものなど誰もおらず、大声を張り上げた分だけ、動いた分だけ腹が減るのであった。
子まりさは力なく身を伏せると、一人ぼっちの寂しさを紛らわせるように目を閉じた。

「ゆうぅぅぅ…おとーしゃ…おかーしゃ…いもーちょ…どこなの…じぇ?ゆえぇぇぇ…」

だが目を閉じ思い出すのは、家族と共に暮らした楽しい、ゆっくりとした日々の事ばかり。
子まりさは身を震わせて涙をこぼすと、狭い箱の中をノソノソと動き回り、居るはずもない家族を探し回った。




「あれ?なんだこいつ、のん気に寝てやがる。まったくゆっくりって、本当にゆっくりしてるんだな!おい起きろ!餌だぞ!良いもってきたぞ!!」

「ゆぴゃ!…なんなの…じぇ………ゆうぅぅ!くしょにんげん!あいたかっ…ゆぅぅ!なにしてるのじぇ!さっさとあまあまもってくるのじぇぇぇぇ!!」

帰ってきた少年に叩き起こされる子まりさ。
寂しさのあまり思わず涙を浮かべるが、慌てて少年を怒鳴る。
だが少年には聞こえておらず、少年は持っていたビニール袋から何かを取り出して子まりさの箱の中に入れる。

「ほら、お前ら甘い物が好きなんだろ?給食で出たメロンだぞ!…まあ皮だけど、ゆっくりには充分だろ?残さず食えよ!」

「ゆぅぅ?!あまあま?おいししょーなにおい!ゆわぁぁぁい!どれーのくせによくやったのじぇ!ほめてつかわしゅのじぇ!ゆっくちー!!」

メロンの皮から漂う甘い匂いに、思わず微笑んで飛び跳ねる子まりさ。
幸せそうに体を揺らすと、メロンの皮に向かって這って行く。
少年はそんな子まりさを満足そうに眺めると、またどこかに行ってしまう。
子まりさは少年がいなくなった事には気が付かず、にっこりと笑いながら大きな口を開けてメロンの皮に齧り付いた。

「ゆっくちいただきまーしゅ!むーしゃ、むー…ゆぅぅ?!なにこりぇ!かたいのじぇぇぇぇぇ!しょれに、あんまりあまあまじゃないのじぇぇぇ!!」

幸せそうに皮を齧る子まりさだったが、その皮の硬さに顔をしかめる。
その上少年が綺麗にメロンを食べたせいで、その熟れたオレンジ色の身は殆ど残っていなかった。
しばらく不満そうに頬を膨らませて飛び跳ねていた子まりさだったが、空腹には勝てずに再びメロンの皮に噛みつく。

「むーちゃ…むーちゃ…あまあま…にがにが…やっぱりかたいのじぇ…どぼちて………ゆっくち…ゆっくち………ゆえぇぇ…」

もはやいくら文句を言っても、どれだけ怒っても何も解決しない事を悟ったのか、子まりさは両目に涙を浮かべると顔をしかめながらメロンの皮に齧りついた。
その日、子まりさは少年の姿が見える度に何かを叫んだが、少年が子まりさを見る事はなかった。
子まりさは少年が見えなくなる度に、ブルブルと身を震わせて涙をこぼした。




「おい、朝だぞ!あれ?なんだ、全然メロンの皮が減ってないじゃないか!ちゃんと食えって言ったのに!」

「ゆぅぅ…なんなの…じぇ…ゆっくち…まりちゃ、ゆっくちしたしのじぇ…ゆっくち…ゆっくち…ゆっくちさせちぇよぉぉ…」

少年が箱を揺すったせいで、子まりさが力なく身を起こす。
頬には涙の跡が残り、両目は真っ赤になっていた。

「ありゃ?なんか元気がないな。日に当てた方が良いのかな?じゃあ、今日は特別にベランダに出してやるぞ!ありがたく思えよ!!」

その子まりさの元気の無さに気が付いた少年は、子まりさの箱を持ってベランダに出ると、一番日の当たりの良い場所に箱を放置した。

「ゆぅぅ…なんなのじぇ…まぶしいのじぇ…でも、とーってもきれいなのじぇ…!きらきらしてるのじぇ!ゆっくちー!」

「おっ…なんだか元気になったみたいだな。じゃあ、その皮食べ終わるまで、次のエサは無な。じゃあな!」

子まりさは朝日の眩しさに目を細めるが、その美しさに思わず微笑む。
少年はそんな子まりさを見て満足そうに笑うと、学校に行ってしまった。
子まりさは朝焼けを、幸せそうにいつまでも眺めていた。




「ゆぅぅ…あついのじぇ…のどがかわいたのじぇ…ゆっくち…おみじゅ…おみじゅがのみたいのじぇ…」

苦しそうに顔を歪める子まりさ。
呻くような声を上げると、水を探してノソノソと力なく箱の中を彷徨う。
綺麗だった朝日も、日が高くなるとその熱で少しずつ水分を奪い、子まりさをジリジリと苦しめた。
帽子を被っている分、多少日差しから逃れる事は出来ているだろう。
だが真っ黒なその帽子は日の光を吸収し、子まりさの頭を熱する。
子まりさは何故こんなに暑いのか、何故こんなにのどが渇くのか解らずに狭い箱の中を逃げ場探して彷徨い続ける。

「ゆっくち…あまあましゃん…おみじゅをちょーだいにぇ…むーちゃ…むーちゃ…」

メロンの皮にわずかに残ってた水分を求めて皮を齧るが、殆ど乾いていて満足にのどを潤す事が出来ない。

「ゆぅぅ…いじわるしにゃいでよぉぉ…まりちゃ、かわいそーなのじぇ…ゆっくちしたいのじぇ…ゆびぇぇぇ……ゆぅ…あそこなら、すずしそーなのじぇ…?」

ゆんゆんと泣いていた子まりさだったが、メロンの皮に出来る影を見つけて、何とかそこに身を隠して休む事にする。

「ゆぅぅ…ここなら、すこしすずしいの…じぇ…ゆっくち…ゆっくち…」

少し楽になったのか、子まりさはそのまま寝てしまう。
だが影はすぐに形を変えて移動し、子まりさは再び日の下に晒されてしまう。

「ゆぅ…ゆぅ…ゆっくち…ゆゆっ!どーしちぇまりちゃ、またあつあつなのじぇぇぇぇぇ?!」

暑さに目を覚ました子まりさは、再び影の中に身を隠すとぐったりと眠り始める。

「かげしゃん、いじわるしにゃいでね…まりちゃは、ゆっくちしたいだけなのじぇ…」

そしてまた日が子まりさを照らし、子まりさは慌てて影の中に入る。
そんな事を繰り返している内に子まりさはすっかり弱りきってしまい、少年が帰ってくる頃にはろくに動けなくなっていた。




「ゆぅぅ…おみじゅ…ゆっくち…おとーしゃ…おかーしゃ…ゆっくち…ゆっくち…」

「あれー?もしかして死んでる?」

帰宅した少年が、子まりさの箱を取りにベランダに出る。
だが子まりさはその事に気がつく余裕もなく、力なく震えては小声で何かをボソボソと呟くだけだった。
少年は殆ど動かない子まりさを見て首を傾げると、箱の蓋を取った。

「おーい!生きてるか?…うっわ!くっせー!何だこの臭い?駄目だこりゃ、捨ててこよう!」

少年は子まりさに触ろうとするが、その前に鼻を付く異臭に気が付くと、顔をしかめて慌てて蓋をしてしまう。
日の下に放置されたメロンの皮と、子まりさが食べずに放置した魚のえさが、土の水分を吸って箱の中に異臭を充満させたのだ。
少年はその臭いのせいで子まりさが要らなくなり、箱を抱えると近所の公園まで持って行った。

「とりあえず、花壇に捨てておけばいいか!次は土じゃなくて、砂を入れようかな?」

少年はそう呟くと、箱の土を子まりさごと花壇の土の上にぶちまけた。
子まりさはコロコロ転がって箱の外に出る。
幸い転がったおかげで、少量の土を頭から被るだけで土に埋もれる事はなかった。

「じゅべっべ…げぼっ…ごぼっ…っち…ゆっくち…」

「あれ?生きてたのか?でもこいつ、最初は威勢が良かったのに、あんまり元気じゃなかったからなぁ…病気持ちだったのかな?つまんねぇの」

子まりさはむせながらも、何とか体についた土を払って力なく震える。
少年はその弱りっぷりを見て面白くなさそうに顔をしかめると、砂を手に入れるために砂場に向かった。

「さて、砂をーっと。おっ!ゆっくり発見!こいつはあれより元気かな?」

「ゆゆぅ!なにしゅるんだじぇ!はなしゅんだじぇ!ぷくーしゅるんだじぇ!!」

「ははっ!元気がいいや。今度はこれにしよう!!」

砂を箱に入れていた少年は、早速別の子ゆっくりを見つけて捕まえる。
自分の手の中で、ブリブリと元気良く体を動かす子ゆっくりを見て、その様子に満足そうに笑う少年。

「ゆっ…ち…ゆ…ち………ゆえぇ…ぇ………ぇ…………」

捨てられた子まりさは、そんな様子を見て狩れ果てたはずの涙を一粒零す。
そして身震いをすると、そのまま崩れる様に地面に伏して動かなくなった。

「だしぇー!だしぇー!ゆっくちせーさいしてやるんだじぇぇぇぇ!!」

「おぉ!何言ってるか分からないけど、もの凄く元気に動いてる!これなら、さっきの奴みたいに簡単に死なないかな?ラッキー!」

少年はそんな子まりさに気がつく事も無く、新たに手に入れた子ゆっくりを見て満足そうに微笑んだ。





ゆっくりいじめSS・イラスト ※残虐描写注意!コメント(20)トラックバック(0)|

≪前の記事 肌色の花壇
≫次の記事 美しい人間様

コメント

3194:

…コレって、拾った少年が残念な奴だっだだけくね?
「ゆっくり(内側)の声が聞こえない」=「こっち(外側)の声が聞こえない」で、機械装置なけりゃ逆は無いのは少し思考能力あれば思いつくのに
外から「メロンの皮喰い終わらないと追加の餌は出さない(キリッ」
なんて言っても通じるワケない(わからんでも喰わなかった理由を箱の蓋開けて聞くことくらい出来る…)のに、喰わない(喰えないのにわかってない)=病気持ち?って発想が…

昆虫Onlyで飼ってる人間でも「喰わない=適してない?」の発想位はある…

2012/12/22 03:39 | 名無しさん #npv2arko URL [ 編集 ]
3197:

ダメだこの少年ハハハ 知能ない(@^▽^@)

2012/12/22 09:55 | 名無しさん #- URL [ 編集 ]
3200:

ゴミ屑饅頭はとこかく
人間の方が糞じゃねーか・・・・

こういう無能はペット飼っちゃ駄目だ


2012/12/22 10:48 | 名無しさん #- URL [ 編集 ]
3202:

少年、の年齢が小学校低学年ならこんなもんじゃね?
ショップでもそのくらいの年齢の子が買えて、こんな扱いでも許されるみたいな扱いの価格設定だし

2012/12/22 16:26 | 名無しさん #- URL [ 編集 ]
3206:

鬼威惨「なにこのガキクズ過ぎ虐待したい」








2012/12/22 19:35 | 名無しさん #- URL [ 編集 ]
3209:

その辺で拾ってきた虫をペットにしてみる酔狂をおこした子供がその虫の飼い方が解らず殺してしまった

周りの大人も、子供が拾ってきたのが犬猫ならまだしも、
殺してしまったところで誰も何も言わないような生き物を拾ってきた、そんな子供の一人遊びにわざわざうるさい事いってめくじらは立てない

次元的はその程度の話

2012/12/22 22:04 | 名無しさん #- URL [ 編集 ]
3214:

真剣にゆっくり飼う気はないんだろ
死んでもどうだっていいんだし
そこらですぐ拾えるから

2012/12/22 23:53 | 名無しさん #- URL [ 編集 ]
3222:

言葉が存在しない、テレパス逹のみが住む世界で起きた悲劇
頼れるまりさは、路上で2つになって死んでる
だいたいそんな感じー ゆっくり日和ー

2012/12/23 03:10 | 名無しさん #- URL [ 編集 ]
3230:

最初のゆっくりの家族の今後が手に取るようにわかるんだが・・・どうせレイムはシングルマザーなんだよかわいそうなんだよだからあまあまよこせとか飼いゆにしろとか言って人間に怒りを買って殺されるだろうな

2012/12/23 16:52 | 名無しさん #- URL [ 編集 ]
3241:

どう考えても糞饅頭共の方が悪いだろ・・・

2012/12/24 03:22 | 名無しさん #- URL [ 編集 ]
3247:

自分のものだといったら自分のものだと本気で主張する
自分に都合に悪い記憶は改ざんしてそれを事実だと主張する

ゲスゆっくりの修正ってそのまんま三国人だし

2012/12/24 08:51 | 名無しさん #- URL [ 編集 ]
3361:

なるほど三国人か
とするとまりさが中国でれいむが韓国ってところか

2012/12/29 02:46 | 名無しさん #- URL [ 編集 ]
3602:

ゲスに相応の扱いでゆっくりできた

2013/01/09 01:59 | 名無しさん #- URL [ 編集 ]
3785:

小さい頃はよく生き物殺しちゃったなぁ
でもゆっくりはいいよね?

2013/01/16 21:55 | 名無しさん #- URL [ 編集 ]
3790:

いいよね?って何?
お前は他人にゆっくり殺すなって言われたらそのまま従っちゃうの?

2013/01/16 23:18 | 名無しさん #- URL [ 編集 ]
5522:

昔は鬼蜘蛛叩き潰してたなあ。
赤ゆつぶすのはああいう感じなんだろうか。

2013/03/29 17:10 | 名無しさん #- URL [ 編集 ]
6161:

正直つまらん

2013/04/18 23:13 | 名無しさん #- URL [ 編集 ]
6541:

餌を全部食うまで次の餌は無しな!なんて言えるだけマシな子供だと思うけど
子供なら食うとこ見たさに、まだ前の餌が残ってるのに次の餌をどばどばどばどば入れて腐らせて生体を殺すのが多いからね。アクアリウムとかカブトムシとか

2013/05/01 22:19 | 名無しさん #- URL [ 編集 ]
7446:

正直な所、ゆっくりよりも圧倒的なクズがいるとそっちを虐待したくなるな。やっぱりゆ虐は愛か憎悪あってこそ、無知はつまらんね

2013/05/31 12:49 | 名無しさん #- URL [ 編集 ]
19502:

饅頭虐待するのは分かるけど子供虐待したいはないだろ
一回警察か精神科行ってきたらどうだ?
軽犯罪犯す危険があるぞ

2016/06/26 22:31 | 名無しさん #- URL [ 編集 ]

コメントの投稿

名前
題名
メールアドレス
URL
コメント

パスワード
Secret
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

ブログ TOP