FC2ブログ
TAG index

プロフィール

kubota.K

Author:kubota.K
~サイト概要~

2chのスレやゆっくりスレ、話題の記事ややる夫AAシリーズ等、気になった記事を総合的にまとめるサイトです!

よろしくお願いします!

about

『BuZZ Plus News』
バズプラスニュース

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

やる夫でドラクエ6(完結) (37)
ゆっくりいじめSS・イラスト ※残虐描写注意! (966)
ゆっくり愛でSS・イラスト (662)
やる夫でGPM(完結) (46)
やる夫が遺跡を守るようです(完結) (57)
実装石虐待系作品 (119)
やる夫がヒットマンになるようです(完結) (15)
やる夫が3つの珠を探すようです(完結) (26)
やる夫はリィンバウムに召喚されたようです(サモンナイト) (53)
やる夫がヴァレリアを平和にするようです (7)
やる夫は人気作者になりたいようです (2)
【クマー】二人の秘密【澪】(完結) (4)
やる夫が大破壊後を生き抜くようです(メタルマックス・第一部完) (11)
やる夫達は文化祭でバンドるようです(完結) (27)
やる夫達は広島でB級グルメを食べ尽くすようです(完結) (13)
やる夫とやらない夫で月旅行に行こう(完結) (18)
やる夫とやらない夫と漫画家シリーズ(完結) (12)
やらない子の周りは中2病患者(完結) (12)
【DTB】 契約者やらない夫  ―荒野の春紫苑― 【オリジナル】 (6)
DIOえもん(完結) (6)
そっきょうたんぺんすれ(完結) (8)
風魔のやる夫 (5)
東京が死んで、やる夫が生まれた(真・女神転生Ⅲ) (14)
ファイやる夫ムブレム(再録) (16)
やる夫が囲碁の幽霊に会うようです (3)
やる夫は誰かを助けるのに理由はいらないだそうです(FF9) (17)
やる夫たちの周りには愛が満ち溢れているようです (3)
やる夫の屍を越えてゆけ(俺の屍を超えてゆけ) (6)
その他やる夫短編 (58)
スレまとめ(事件) (1)
スレまとめ(ニュース) (36)
スレまとめ(趣味) (82)
SS (21)
しぃ系AA作品(虐待・虐殺) ※残虐描写注意! (88)
南ことり (21)
のんたぬ (0)
雑多 (1983)
管理人からのお知らせ (11)
未分類 (18)
う虐 (2)








検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

2240:まりちゃつむり

2012/12/25 (Tue) 16:00
「さあ、いらしゃい!いらっしゃい!美味しいから食べていってみてねー」

実演販売員のおばちゃんの声が、スーパー内に響き渡る。
だが周囲には誰も人が寄り付かない。

「美味しいゆっくりのつぼ焼きだよー!可愛くて美味しいよー!」

「ゆっびゃぁぁぁぁ!!あついのじぇぇぇぇ!いちゃいのじぇぇぇぇぇ!ゆんやぁぁぁぁぁぁ!!」
カセットコンロで暖められた網の上に、一匹の赤まりさつむりが置かれている。
必死に底部を動かしているが、殻を逆さにされた状態で網の上に置かれているので、あんよが虚しくウネウネと動いているだけだった。
時々顔をしかめて涙を零すが、涙はすぐに蒸発して周囲に甘い臭いを漂わせる。

「あっちゅい!あっちゅい!まりちゃのあたまが、あっちゅいのじぇぇぇぇぇぇぇ!!ゆぶぶぶぶぶ!!ぶえぇぇぇぇ!!」

熱せられた自らの殻から伝わる熱で、その身を焦がしていく赤つむり。
殻の内部から沸騰した得体の知れない汁が、ぐつぐつと湧き出て赤つむりを苦しめる。
肌の色が次第に黒っぽく変色していき、赤つむりは苦しそうに舌を出しながら両目をグルグルと回し始める。

「いらっしゃーい!美味しい焼きゆっくりですよー!…ふーむ、人気無いわねぇ…あらやだ、焼きすぎちゃったかしら?ちょっと焦げてるわねぇ…」

「じゅっ…!じゅ…!げじゅ…びゅじゅ………びびび…ぎぎ…ぎ…」

おばちゃんが客寄せに頑張りすぎて少し赤つむりから目を離した隙に、赤つむりが少し焦げてしまう。
全体的に火が通り過ぎたのか、張りのあった体はカチカチに干からびて、両目も茶色く濁っている。
舌も萎びた唐辛子のようになり、口からは乾いた餡子を吐いている。
それでもまだ息があるようで、小刻みに震えながらうめき声を上げている。

「あらあら、すっかり干からびちゃって…これじゃまるでミイラのゾンビねぇ…パサパサしてて不味そうだし、捨てましょう」

「じ…びび…が…が…ゆ…っぐぢ…ぢ…」

おばちゃんは、干物の用に干からびた赤つむりを爪楊枝用に用意したゴミ袋に捨てると、赤つむりの入ったパックを取り出す。
パックに入った5匹の赤つむり達は、ラップ越しにおばちゃんを怯えた目で眺めながらガタガタと震える。
本当は逃げ出したいのだろうが、パックに貼られたラップに押さえつけられる様に固定されていて、ろくに動く事が出来ないでいる。
おばちゃんはそんな赤つむり達を気にする様子もなく、パックのラップを剥がすとそこから一匹の赤つむりを取り出す。
ラップが剥がされ、ようやく自由に動けるようになった赤つむり達が、元気にパックの上を這いずるが、すぐさまおばちゃんがラップを被せて赤つむりの動きを封じる。
赤つむり達はラップで体を押さえつけられ苦しそうに目を瞑る。
そして、悲しそうな目でおばさんを見上げて涙を零すが、おばさんはすでにパックの赤つむりなど見てはいなかった。

一方おばちゃんに持ち上げられた赤つむりは、涙をポロポロと流し、体をブリブリと動かしておばちゃんの手から逃れようとする。
だがおばちゃんが持っているのは赤つむりの殻だったので、赤つむりが幾ら体を動かしても意味がかなった。
まあ、体を持たれていたとしても意味がないのだが、おばちゃんは泣いている赤つむりの口に張ったテープを剥がすと、すぐに赤つむりを焼けた網の上に逆さにて乗せる。

「ぴぴぃ!いっちゃい!おくちいっちゃいぃぃぃ!ゆびゃぁぁぁぁん!ゆびゃぁぁぁぁん!………なにこりぇ?…あったかいの…ゆゆぅ?…あっちゅい!あっちゅい!あっちゅいのじぇぇぇぇ!!」

逆さにされた赤つむりは、その熱さで早速体をグネグネと動かし不恰好なダンスを踊る。
流した涙としーしーが殻を伝い、あっという間に蒸発して網と殻を焦がす。
甘い匂いが周囲に漂い、買い物客が集まり始める。

「ゆっびゃぁぁぁぁ!ゆっぎゃぁぁぁぁ!あっちゅい!いちゃい!たしゅけちぇよぉぉぉぉ!まりちゃ、ゆっくちしちゃいのじぇぇぇぇぇ!!」

「はーい、もうすぐ焼けますから、試食していってくださいねー!可愛い焼きゆっくりですよー!」

おばちゃんがどんなに笑顔で接客しても、苦悶の表情で叫ぶ赤つむりを見た客は大抵どこかに行ってしまう。
それはパックの中の赤つむり達も同様で、同属の泣き声を聞いてはポロポロと涙を零して一緒に泣いている。
大分人が去ってしまったが、それでも数名の客が興味深そうに泣き叫ぶ赤つむりを眺めている。

「はい、丁度良い感じに焼けたよ!美味しいから食べてみて!」

「ゆっびゃびゃびゃ!あっちゅい!あっちゅい!ゆんやぁぁぁぁぁぁぁぁ!!」

おばちゃんは半焼けの赤つむりに爪楊枝を刺して皿に盛ると、集まってきた客の一人に試食を勧める。
赤つむりはほんのり全身を赤くしながら、殻の中から沸いてでたあやしい汁の風呂に浸かっている。
その外見だけなら、人面サザエのつぼ焼きにも見えなくもないが、無駄に叫ぶのと動くのが少々鬱陶しい。



まりさつむりは、まりさ種の亜種のゆっくりとして知られるゆっくりである。
一時期は、物珍しさから何処のペットショップでも高価で取引されていた事もある人気のゆっくりだった。
だが、加工所で量産が可能になると、ブームは一気に冷めてまりさつむりは売れ残るようになった。
こうなってしまうと、ペットショップ内でも扱いが酷くなり、捕食種用のエサや虐待用の雑ゆっくりと同じコーナーに並べられるようになる。
そしてこの赤つむり達も、食用ゆっくりとしてスーパーで実演販売される事になったのだ。



「いちゃい!いっちゃい!ゆびゃぁぁぁぁぁぁ!やべちぇぇぇぇぇぇ!ひっぱらにゃいでよぉぉぉぉ!!」

客の青年が、赤つむりに刺さった爪楊枝をぐいぐいと動かして、赤つむりを殻から引っ張り出そうとしている。
だが赤つむりの中身が殻のどこかに引っかかっているらしく、なかなか赤つむりが殻から出てこない。
赤つむりは体に刺さった爪楊枝を動かされる痛みで、体をグネグネと動かし泣き叫ぶ。

「いちゃいぃぃぃぃ!まりちゃのからだがさけりゅのじぇぇぇぇぇぇぇ!ゆっびゃぁぁぁぁぁぁぁ!!」

少々強引に殻から引っ張り出される赤つむり。
そのせいで体の一部が裂けてしまう。

「あら、ちょっと殻の中に残っちゃったわね。これって全部綺麗に取るの難しいのよねぇ」

おばちゃんは青年にそう呟くと、パックの中から新たに赤つむりを取り出して網の上に乗せる。
青年は赤つむりを口に運ぶと、頬の辺りを一齧りする。

「どう?美味しいでしょ?今なら5匹1パックで100円よ。塩をふって食べても美味しいわよ」

「うーん…なんかジャリっていった…おばさん、これちゃんと砂利抜きしてるの?」

笑顔で営業するおばちゃんだが、青年は苦虫を潰したような顔で齧った赤つむりを見つめる。
この赤つむりは加工所産のゆっくりで、砂利抜きなどしなくても良い物。
おそらく赤つむりの雨細工の歯を齧ってしまったのだろう。

「あらぁ?お口に合わなかったかしら?」

「あんまり美味しくないねこれ。じゃあ、またね」

青年はそう言うと、爪楊枝と一緒に食べかけの赤つむりと殻をゴミ袋に放り込む。

「ゆべっ………いちゃいぃぃ…まりちゃのぷにぷにほっぺしゃん…すてきなからしゃん…ぺーりょ…ぺーりょ…ゆえぇぇ…どぼちて……ゆっぐぢ…」

瀕死の赤つむりは、袋の中でポロポロと涙を零しながら苦しそうの顔をしかめて震えだす。

「まりちゃ…ゆっぐぢ…ゆっぐぢしちゃいのに…ゆっぐぢ…ゆっぐぢ…ぐしゅ…ゆべぇぇぇ…ぇ…」

瀕死の赤つむりは、悲痛な叫び声を上げならがゴミ袋の中で息絶えた。
その声を聞いていたパックの中の同族達は、どれもが悲しそうな、悔しそうな表情で涙を流して震えていた。
だがおばちゃんだけは相変わらずの笑顔で、赤つむりを焼き続けるのだった。







4121.jpg


ゆっくりいじめSS・イラスト ※残虐描写注意!コメント(6)トラックバック(0)|

≪前の記事 うちの兄はトラブルメーカーだった
≫次の記事 弱く儚い物達

コメント

3285:

だいたいの奴がつむりなだけで生意気だからザマァwww

2012/12/25 17:34 | 名無しゲーマーさん #- URL [ 編集 ]
3303:

おいしちょー ゆっくりできりゅにぇー

2012/12/26 17:04 | 名無しの悪姉惨 #- URL [ 編集 ]
3527:

まずっての。

2013/01/06 02:20 | ゆ!ち #- URL [ 編集 ]
6536:

虐待を楽しんでいるわけでもないし全く売れないおばあちゃんが健気だ
変わってあげたい、そして悲鳴を聞きたい

2013/05/01 21:06 | 名無しさん #- URL [ 編集 ]
8165:

そうだよな、おばちゃんが可哀想だから俺が代わりに焼くよ!

2013/06/26 06:21 | 名無し #- URL [ 編集 ]
19693:

おばちゃん、時間の無駄です。

2017/01/05 16:13 | 名無しさん #- URL [ 編集 ]

コメントの投稿

名前
題名
メールアドレス
URL
コメント

パスワード
Secret
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

ブログ TOP