FC2ブログ
TAG index

プロフィール

kubota.K

Author:kubota.K
~サイト概要~

2chのスレやゆっくりスレ、話題の記事ややる夫AAシリーズ等、気になった記事を総合的にまとめるサイトです!

よろしくお願いします!

about

『BuZZ Plus News』
バズプラスニュース

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

やる夫でドラクエ6(完結) (37)
ゆっくりいじめSS・イラスト ※残虐描写注意! (966)
ゆっくり愛でSS・イラスト (662)
やる夫でGPM(完結) (46)
やる夫が遺跡を守るようです(完結) (57)
実装石虐待系作品 (119)
やる夫がヒットマンになるようです(完結) (15)
やる夫が3つの珠を探すようです(完結) (26)
やる夫はリィンバウムに召喚されたようです(サモンナイト) (53)
やる夫がヴァレリアを平和にするようです (7)
やる夫は人気作者になりたいようです (2)
【クマー】二人の秘密【澪】(完結) (4)
やる夫が大破壊後を生き抜くようです(メタルマックス・第一部完) (11)
やる夫達は文化祭でバンドるようです(完結) (27)
やる夫達は広島でB級グルメを食べ尽くすようです(完結) (13)
やる夫とやらない夫で月旅行に行こう(完結) (18)
やる夫とやらない夫と漫画家シリーズ(完結) (12)
やらない子の周りは中2病患者(完結) (12)
【DTB】 契約者やらない夫  ―荒野の春紫苑― 【オリジナル】 (6)
DIOえもん(完結) (6)
そっきょうたんぺんすれ(完結) (8)
風魔のやる夫 (5)
東京が死んで、やる夫が生まれた(真・女神転生Ⅲ) (14)
ファイやる夫ムブレム(再録) (16)
やる夫が囲碁の幽霊に会うようです (3)
やる夫は誰かを助けるのに理由はいらないだそうです(FF9) (17)
やる夫たちの周りには愛が満ち溢れているようです (3)
やる夫の屍を越えてゆけ(俺の屍を超えてゆけ) (6)
その他やる夫短編 (58)
スレまとめ(事件) (1)
スレまとめ(ニュース) (36)
スレまとめ(趣味) (82)
SS (21)
しぃ系AA作品(虐待・虐殺) ※残虐描写注意! (88)
南ことり (21)
のんたぬ (0)
雑多 (1983)
管理人からのお知らせ (11)
未分類 (18)
う虐 (2)








検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

2262:研究者のボヤキ

2013/01/01 (Tue) 20:00

「…じゃあ、そのゆっくり達をこちらにまわしてね……よろしくね♪………なかなか面白い物が手に入ったみたい♪」

「で、このゆっくり達はどうするんですか?大分弱ってきましたけど…」

「そうだね…まあ、特に新しい発見もなかったから処分でいいかな?」

「解りました、そのようにしておきます」

「よろしくね~♪」

ここはゆっくり加工所の研究室の一室。
白い服に身を包んだ一人の男が透明ケースをカートに乗せていた。
ケースの中にはカビの生えたゆっくりがどれも死に掛けていた。
このゆっくりは今日中に焼却処分されるだろう。


「では、これが例のゆっくりになります。一応洗浄は済ませてありますので」

「解りました、ありがとう」

研究室にカートが運ばれてきた。
カートの上に乗せられた透明なケースの中にゆっくりが4匹入っていた。
白服を着た少女が興味深そうにゆっくり達を眺める。

「ゆふふ!これがれいむのどれいなんだね!さすがれいむは、えらばれたゆっくりだね!」

「ゆふふ~ん?まっしろなにんげんさんなのぜ~♪」

「しろはせいけつでいいわね、とかいはなかんじよ!ゆっくりできるわ」

「ゆわーい!にんげんしゃんこんにちはー♪ゆっくりしていってね!」

「ゆぅ…にんげんさん…よろしくなのぜ……ゆっくりしていってね」

彼女はゆっくりの多様な反応に満足したようにニコニコ笑っていた。

「教授、こいつらですか新しいのは………まあ、れいむはふつうのゲス予備軍って感じですけど…」

「元気が良い奴一匹って頼んだから…別にれいむじゃなくても良かったんだよ」

「なるほど……で、残りが面白いゆっくりですか…」

「ちょっと楽しみになるでしょ♪」

教授と呼ばれた少女は楽しそうにゆっくり達を透明なケースに入れていた。
ケースには蓋をされ、それぞれ棚に並べられた。
この透明ケースは監視カメラで24時間撮影されていた。
このケースは防音加工されている、ケース内の会話は餌様の皿に仕掛けられた盗聴器で聞けるようになっていた。
教授はこれで中の様子を観察していた。

「うわ…このれいむきたないな…うんうん、しーしー撒き散らしてますよ……」

「本当だね……助手君、綺麗に片付けておいてね♪」

「う……まあ、仕事ですから頑張りますけど…(教授みたいなちびっ子が色気だしてもね…)」

「何か言った?」

「いえ…」

教授は助手を眺めながら怪しい笑みを浮かべていた。






「教授、あのまりさ親子は礼儀正しくて良いですね。あのれいむはめっちゃ腹立ちますけど…」

「ふーむそうかな?……あ、あのれいむは怒って殺しちゃだめだよ、しっかり面倒見てあげてね♪」

「はい……ところで教授……どうしてたまに怪しく笑うんですか?」

「ああ、あれね…私の先生がね、『教授たる者怪しい笑みの一つくらい出来ないと一人前じゃない!』
 って言ってたから練習したんだ。結構不気味だった?」

「はあ………(相変わらずよくわからん人だ……)」

そういうと教授は怪しく笑って見せた。





「教授、馬鹿組の餌やっておきました。あいつ等馬鹿ですけど態度は良いですよね……」

「むーしゃ、むーしゃ、しあわせー!でも、もっとおいしいものがたべたいよ!たくさんでいいよ!」

「うわ…最悪だな……」

「ちょっと助手君、冷蔵庫からプリン取ってきて♪」

「えぇーこれ、俺のおやつのぷっでぃ~んですよ…まさか、そのれいむにあげるんじゃ…」

「そう、そのまさかだよ♪早く持って来てね♪…あ、そうそう、ゆっくりの真似してると馬鹿になっちゃうよ~」

「うぅ…俺のおやつが………(れいむめ!糞ゆっくりの分際で!!)」

助手はれいむに怒りを募らせていった。
この日から教授はれいむに人間のお菓子を与えるようになった。

「でもどうして急にお菓子を与えるんです?」

「この前のゲスまりさは絶食させたでしょ?だから今度のゲスは色々甘やかしてみようと思ってね♪」

「なるほど…(こりゃストレス溜まるな)」






「ゆぼぇ~~~♪」

「五月蝿いのが始まったな…教授、音声切りますね」

「お願いね♪」

「まったく…あのまりさ親子を見習わせたいですね、今日もうんうん床に撒き散らしてましたよ…」

「あらら…それはお疲れ様。でもあの親まりさもね~♪」

「何か問題でもあるんですか?善良そうですけど………」

「ふむ、ちょっとこのシーン見ててね…ここをこうすると……」

「なるほど……めーリンガル機能ですか…(めーリンガル怖ぇぇぇぇ!!)」

「あ、そうだった。明日からゆっくりの体洗わなくて良いからね♪」

「あー…なら霧吹きで湿度上げておきますね」

「お願いね♪」






「教授、またこのまりさ子供に嘘話してますね…………でも、結構頭は良いですよね?何で金バッチ試験に落ちたのかな?」

「試験にめーリンガルが使用されるようになったからじゃない?あれだと嘘とか隠れゲスだと落とされるしね♪」

「ふむ………下手に賢いより、この馬鹿組みたいなゆっくりのほうが幸せなのかもな…」

「そうかもね………あら、れいむがあまあまの催促してるみたいだよ。助手君、がんばってね♪」

「う……(れいむ死ね!)」






「れいむのカビが大分広がってきたね♪今日採取するよん♪」

「ふむ…栄養の差ですかね?……てか、あの馬鹿組はなんであんなに元気なのかな?」

「馬鹿は風邪引かないんじゃない?」

「………そんなもんですか?…」





「ぱちゅりーはうそはつかないのぜ!!そんなのはしんじないのぜ!!」

「何ってるんだい?君だって嘘つきじゃないか、それなのにどうして他のゆっくりを信じるんだい?」


「…………教授ってけっこう意地悪なんですね」

「ん?ほら、あの親まりさって私の事怖がってたでしょ?だからそれに答えてあげただけ♪」

「それは毎回不気味な笑みを見せるからでしょ?」

「まあ、そうかもね♪あ…そうだ、あのれいむはもう要らないから処分しても良いよ♪」

「あら、今回も駄目でしたか………」

「うん、普通に発見済みのカビだったよ♪なかなか難しいね」

「ですね…で、れいむは焼却処分で良いんですか?」

「うーん…そうだね、助手君は頑張ってお世話をしてたから、助手君の好きにして良いよ♪」

「え………それ、本当ですか?ヒャッハァァァ!しても良いんですか?」

「いいよ~♪」

「ヒャァッハァァァァァ!!…………やっぱり教授は意地悪ですね♪」

「助手君ほどでもないぞ♪」

「「はっはっはっはっはっはっはっはっはっはっ!!」」

二人はお互いの顔を見て怪しく笑い続けていた。






「助手君は最近顔色が良いね♪」

「当然ですよ!あ、今度面白いレポート提出しますね」

「楽しみにしてるよ~♪あ、そうそうあの親子と馬鹿組も処分して良いよ」

「やっぱり発見済みでしたか…」

「だね…なかなか新薬に使えそうなカビは見つからないね。不思議饅頭に生えるカビならと思ったんだけどね~♪」


「やっほー!教授ちゃ~ん♪」

「うぐっ!こらこら~!いきなり抱きつくな!はなせ~!頭を撫でるな~!私は君より年上なんだぞ!」

「えぇー!教授ちゃんてば、どう見ても○学生なのに……」

「…………(俺もそう思うんだけど)」

「むぅ!気にしている事を…………助手君!その目は何?………で、何の用かな?」

「ほらほら、あの面白いゆっくりだよ!用が済んだらくれるって言ったでしょ?」

「あぁ……でも、あの親子はもう駄目だよ♪今日私が止めを刺しちゃったし……ってか言葉攻めなんだけどね♪」

「あー勿体無いな…じゃあ、あの馬鹿組み貰って良い?」

「良いけど………時間があれば,、何でカビでも平気なのか調べたかったんだけどね~♪
 まあ、治療すれば飼ゆになると思うよ」

「やったー!ありがとね~♪じゃあ、貰っていくね!」


「やっと行ったか…相変わらず騒がしい子だね~♪」

「あの人、教授の同期なんでしたっけ?………で、これからはどうします?希少種でも使ってみます?」

「ん?ここでは希少種はご法度なんだよ!知らなかったっけ?ここの加工所は某希少種愛護団体が作ったんだよ♪」

「そうなんですか!」

「その愛護団体が、希少種を苛めたり殺したりする基本種を排除するために作った加工所なんだよ~♪」

「そうだったんですか……じゃあ、次は野生の基本種でも使ってみますか」

「そうだね~♪ついでに山に遊びに行くのも良いかもね~♪」

「…………(まったく良く解らない人だ)」








ゆっくりいじめSS・イラスト ※残虐描写注意!コメント(19)トラックバック(0)|

≪前の記事 冬のゆ虐
≫次の記事 箱の中のおバカな面々

コメント

3438:

まったくよく分からん糞オリキャラマンセーSSだ。

2013/01/01 20:34 | 名無し #- URL [ 編集 ]
3439:

この手法ウザい

2013/01/01 21:11 | 名無しさん #- URL [ 編集 ]
3440:

え…おわりかよ

2013/01/01 21:39 | 名無しさん #- URL [ 編集 ]
3442:

ああ なるほど
例のSSの白服視点なのか

2013/01/01 22:03 | 名無しさん #- URL [ 編集 ]
3443:

バカコンビは死んでないのな

2013/01/01 22:53 | 名無しさん #- URL [ 編集 ]
3444:

関連作品がたくさん生えてきたよ。駄作厨さんよかったね。

2013/01/01 22:55 | 名無しさん #- URL [ 編集 ]
3445:

これの関連作品の感想でググれかすって言ってる奴いたけど
ググる必要ない作品だわ

2013/01/01 23:14 | 名無しさん #- URL [ 編集 ]
3446:

検索しても見つからなかったから有りがたいです

2013/01/02 00:16 | 名無し #- URL [ 編集 ]
3447:

オリキャラのノリがうざい

2013/01/02 00:24 | 名無しさん #- URL [ 編集 ]
3449:

バカコンビはなんか憎めないから助かってよかった
まあ最後には何らかの理由で潰されるのかもしれないが

2013/01/02 00:57 | 名無しさん #- URL [ 編集 ]
3453:

最近SSばかりだのう、

2013/01/02 01:43 | 名無しさん #- URL [ 編集 ]
3461:

どんな落ちか気になって見てみたらオリキャラがキモすぎて全部台無しになってた・・・

2013/01/03 00:19 | 名無しさん #- URL [ 編集 ]
3469:

バカ二匹は助かったのか

2013/01/03 09:45 | 名無しさん #- URL [ 編集 ]
3551:

あほな研究者だな

2013/01/07 23:30 | 名無しさん #- URL [ 編集 ]
4796:

おまえら愚痴ばっかいってるけど一回自分でSSつくってみなよ。多分このSSよりの駄作ができるよきっと

2013/03/01 23:02 | 名無しさん #- URL [ 編集 ]
6198:

駄作厨さんは文句しかいえないんだじぇ

2013/04/20 04:58 | 名無しさん #- URL [ 編集 ]
6526:

岡崎教授だったらよかったなあ(落胆)

2013/05/01 19:15 | 名無しさん #- URL [ 編集 ]
8020:

漫画にすればよくなりそうな気がする

2013/06/22 10:13 | 名無しさん #- URL [ 編集 ]
8166:

ゆっくり視点のSSは面白かったのに、どうして人間視点はこんなことに…。
作者は本当に同一人物か?

2013/06/26 07:11 | 名無し #- URL [ 編集 ]

コメントの投稿

名前
題名
メールアドレス
URL
コメント

パスワード
Secret
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

ブログ TOP