FC2ブログ
TAG index

プロフィール

kubota.K

Author:kubota.K
~サイト概要~

2chのスレやゆっくりスレ、話題の記事ややる夫AAシリーズ等、気になった記事を総合的にまとめるサイトです!

よろしくお願いします!

about

『BuZZ Plus News』
バズプラスニュース

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

やる夫でドラクエ6(完結) (37)
ゆっくりいじめSS・イラスト ※残虐描写注意! (966)
ゆっくり愛でSS・イラスト (662)
やる夫でGPM(完結) (46)
やる夫が遺跡を守るようです(完結) (57)
実装石虐待系作品 (119)
やる夫がヒットマンになるようです(完結) (15)
やる夫が3つの珠を探すようです(完結) (26)
やる夫はリィンバウムに召喚されたようです(サモンナイト) (53)
やる夫がヴァレリアを平和にするようです (7)
やる夫は人気作者になりたいようです (2)
【クマー】二人の秘密【澪】(完結) (4)
やる夫が大破壊後を生き抜くようです(メタルマックス・第一部完) (11)
やる夫達は文化祭でバンドるようです(完結) (27)
やる夫達は広島でB級グルメを食べ尽くすようです(完結) (13)
やる夫とやらない夫で月旅行に行こう(完結) (18)
やる夫とやらない夫と漫画家シリーズ(完結) (12)
やらない子の周りは中2病患者(完結) (12)
【DTB】 契約者やらない夫  ―荒野の春紫苑― 【オリジナル】 (6)
DIOえもん(完結) (6)
そっきょうたんぺんすれ(完結) (8)
風魔のやる夫 (5)
東京が死んで、やる夫が生まれた(真・女神転生Ⅲ) (14)
ファイやる夫ムブレム(再録) (16)
やる夫が囲碁の幽霊に会うようです (3)
やる夫は誰かを助けるのに理由はいらないだそうです(FF9) (17)
やる夫たちの周りには愛が満ち溢れているようです (3)
やる夫の屍を越えてゆけ(俺の屍を超えてゆけ) (6)
その他やる夫短編 (58)
スレまとめ(事件) (1)
スレまとめ(ニュース) (36)
スレまとめ(趣味) (82)
SS (21)
しぃ系AA作品(虐待・虐殺) ※残虐描写注意! (88)
南ことり (21)
のんたぬ (0)
雑多 (1983)
管理人からのお知らせ (11)
未分類 (18)
う虐 (2)








検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

2266:まりちゃのてぶくろ

2013/01/04 (Fri) 07:00
まりちゃ、ぬくぬくしゃんを、ひろっちゃよ。
たおるのべっとしゃんよりも、ぬくぬくしちぇるのじぇ。
おかーしゃんにみせちゃら、よろこんでくりぇるのじぇ?

野良の子まりさが、道端に落ちていた手袋を拾いました。
小さな毛糸の手袋でしたが、子まりさにはそれがとてもゆっくり出来る物だと思いました。
子まりさは手袋を咥えて運ぼうとしましたが、上手くいきませんでした。
そこで、手袋を帽子の上にかぶって運ぶ事にしました。

ゆんしょ!ゆんしょ!
にゃんだか、おぼうししゃんが、ぬくぬくなのじぇ!
あったかいのじぇ~!ゆっくちー!

何時もより帽子が暖かくなり、子まりさはご機嫌です。
子まりさは嬉しくなり、急いでお家に帰ろうと思いました。

これは、いいものなのじぇ!とーってもゆっくちできるのじぇー!
これならじぇったい、おかーしゃんもよろこんでくれるのじぇ!



「お?あったあった、おれの手袋!」

子まりさの目の前に、少年が現れました。
ですが子まりさは、少年に気がつかないのか、楽しそうに歌いながら跳ねています。

ゆゆ~んゆんゆんゆ~ん♪
おぼーしぬくぬく~のじぇのじぇ~♪

少年は自分の元に向かって来る子まりさを、じっと見ていました。

「なんだ、手袋が動くと思ったらゆっくりか、おい、ゆっくり!それはおれの手袋だ!返してもらうよ!」

ゆぴぃ!なんなのじぇ?
ゆわぁぁぁ!にんげんしゃんなのじぇぇぇ?!
なにかよーなのじぇ?!

少年の声を聞いて、驚く子まりさ。
ですが、すぐに膨れ上がって少年を威嚇します。

「それは、おれの手袋なんだよ。返してもらうよ」

ゆぅぅぅ?!
だーめ!これはまりちゃが、さいしょにみつけたのじぇ!
だから、まりちゃのものなのじぇ!
りかいできりゅ?

子まりさは強気態度で、少年に言いました。
それを聞いた少年は、面白くなさそうな顔をしました。

「だから、それはおれの物だって言ってるだろ?おれが落としたやつなの?理解できる?!」

なーにいっちぇるのじぇ?
このぬくぬくしゃんは、とーってもゆっくちしちぇる、まりちゃへの、ぷれじぇんとしゃんなのじぇ!
よこどりしよーとしても、だめなのじぇ~~!

少年の物言いに、子まりさは怒りました。
さらに大きく膨らんで、おさげをブンブンと振り回し、その場で何度も飛び跳ねます。
少年は、そんな子まりさを見てため息をつきました。

「あのなぁ…そうだなーえっと…たとえば、お前の帽子、お前が落としたとして、誰かが拾ってもお前のものだろ?」

ゆゆ?なにいっちぇるの?!そんなのとーじぇんなのじぇ!

「だから、お前が持ってるその『ぬくぬくしゃん』は、おれが落とした物なの、だからおれの物なの」

ゆふーん!にんげんしゃん、ばかなのじぇ?!
これは、まりちゃがひろったのじぇー!だからまりちゃのものなのじぇ!

子まりさは怒って少年を睨みました。
少年は呆れた顔で、子まりさの帽子を、一緒にかぶっていた手袋ごと取り上げます。
そして手袋を、子まりさの目の前に放り投げました。

ゆゆ?!ゆわぁぁぁん!なにじゅるのじぇぇぇぇ!
まりちゃのおぼーし!
まりちゃのぬくぬくしゃーん!
ゆんやぁぁぁ!!かえしぇ!かえしぇぇぇぇぇ!!

「わかったよ、それなら手袋はお前にやるよ。そのかわりこの汚い帽子はもらうからな!」

ゆえぇぇぇん!おぼーしかえしちぇよぉぉぉ!
そりぇは、まりちゃのものなのじぇー!かえしぇ!かえしぇー!
ゆわぁぁぁん!ゆわぁぁぁぁぁん!!

子まりさは、泣きながらぴょんぴょんと飛び跳ねました。
少年はそんな子まりさを、楽しそうに見ていました。

「どうだ?お前はこれと同じことを、おれにしたんだぞ?どんなに嫌な事か分かったな?」

ゆぴぃぃぃぃ!まりちゃ、なーんにも、わるいこちょしてないのー!
おぼーしも、ぬくぬくしゃんも、まりちゃのものなのじぇー!
いじわるしにゃいでよぉぉ!!

子まりさは寝転んで、おさげを力いっぱい振り、大声で泣きました。
そんな態度の子まりさを見た少年は、だんだん不機嫌そうな顔になっていきます。

「このくそゆ…」

「あら、としちゃん、何やってるの?…あら嫌だ、野良ゆっくりじゃないの?!ゆっくりに構っていると、お馬鹿になるわよ!早くお家に帰りなさい」

「はーい!わかったよお母さん」

少年は子まりさの帽子を捨てると、それをワザと踏みつけて、母親と一緒に何処かに行ってしまいました。
子まりさの自慢の帽子は、ぺしゃんこに潰れてしまいました。



ゆびゃぁぁぁん!まりちゃのおぼーし!おぼーしがぁぁぁ!ゆびゃぁぁぁぁん!!

子まりさは潰された帽子を見て、ゆんゆんと泣きました。
ですがいくら泣いても、潰れた帽子は元に戻りません。
子まりさは泣く泣く、潰れた帽子をかぶりました。
そしてその上に、少年が捨てていった手袋をかぶりました。

ゆぐっ…ゆぐっ…おぼーししゃん…ぬくぬくしゃんで、ゆっくちなおっちぇね…

子まりさは泣きながら、お家に帰っていきました。
帽子が潰された事が、悲しくて、悔しくて仕方ありませんでしたが、手袋の温もりが、それを癒してくれる気がしました。
手袋が、子まりさを優しく撫でてくれているような気がしました。

ゆぐっ…ぬくぬくしゃん…なぐしゃめてくりぇるの?
ゆぐっ…まりちゃ、もうなかないのじぇ。
ゆっくちおうちにかえるのじぇ。

子まりさは元気に跳ねて、お家のダンボールが隠してある、民家の裏庭に跳ねていきました。

おかーしゃん、ゆっくちおかえ………

お家に帰ってきた子まりさは、固まって動けなくなってしまいました。
お家の前には、顔を真っ赤に晴らした親れいむ。
そばには二人の少年が、楽しそうに笑っています。

「あ、あの時のクソゆっくり!もしかして、ここお前の家だったのか?こいつがお前の親だったのか?すっかり手袋の事忘れてたよ!」

「とし君、こいつ知ってるのか?」

「こいつ、おれの手袋拾って、『これは、まりちゃのものなのじぇ!』って騒いでたやつなんだよ!まさか、鬼山くんとこのゆっくりだったなんてね」

「ははっ!ちげーって!こいつら、ダンボール置いとくだけで、勝手に寄ってくる、ゴキブリみたいなものなんだって!」

手袋の少年と、その友人の少年は、子まりさを楽しそうに見つめています。
子まりさは、何が起こっているのかを、だんだん理解し始めました。
そして少年達を睨んで、力いっぱい叫びました。

なにしちぇるのじぇぇぇぇ!
ここは、まりちゃのおうちなのじぇ!
しょれに…おかーしゃんを、いじめりゅなんちぇ!
ゆるしゃないのじぇぇぇ!!

子まりさは、少年達に向かっていきました。



やめちぇよぉぉ!いじめにゃいでぇぇぇ!
どーしちぇ、こんなことしゅるのじぇぇぇぇ!
おかーしゃぁぁぁん!たしゅけちぇよぉぉぉ!!

子まりさは、少年達に捕まってしまいました。
沢山叩かれ、沢山ちくちくされました。

「おい、知ってるか?こいつらってさ、帽子とか破っちまうと、ものすごく騒ぐんだぜ!」

「本当?さすが鬼山君はくわしいね。さっそくやってみようよ!」

やめちぇ!やめちぇ!まりちゃのおぼーしをいじめにゃいで!
ゆっくちできにゃいことは、やめるのじぇぇぇ!
ぷくーしゅるのじぇ!
どーなのじぇ!こわいのじぇ!
いまなら、はんごろちで、ゆるしちぇ………

ゆんやぁぁぁぁ!!まりちゃのおぼーちがぁぁぁぁ!!

子まりさの目の前で、大事な帽子が細かく千切られてしまいました。
おさげをピコピコ振り回しても。
ぷくーっと膨らんで脅かしてみても。
ブリブリと体を必死に動かしても駄目でした。
子まりさは、今まで以上に大きな声で叫びました。

「あはは、よく泣くね、こいつ!あっと、手袋は返してもらうよ!」

「な、面白いだろ?それにしても、手なんかないのに、手袋欲しがるなんて、生意気だよな!」

シュッ!グチャ!

ゆびゃ!いちゃいのじぇぇぇ!ゆわぁぁぁぁぁん!

少年の友人が子まりさを持ち上げると、地面に叩きつけるように投げました。
子まりさは、顔から地面にダイブしました。
歯が何本か折れてしまい、尻をブリブリと振って大きな声で泣きました。

「うざ、キモ!…鬼山君、こいつどうする?このまま潰す?」

「そうだなぁ…えーっと…あ、あれがいいな!ちょっと待っててな!」

少年の友人は、庭に落ちていた何かを見つけました。
そしてそれを拾うと、庭にあった大きなゴミ箱に捨て、ゴム手袋をつけた後にそれを拾って持ってきます。

「何それ?…うわっ!くっせー!!これ、どうするの?」

「ははっ、臭いだろ?これ、そこに落ちてた軍手なんだ!ちょっと生ごみ汁付けてみたんだ!」

ゆびゃ…いちゃ…ゆぅぅ?なんなのじぇ………ゆっぴぃぃぃぃ!くっしゃぁぁぁい!つめちゃぁぁぁい!ゆっくりできにゃぁぁぁい!

少年の友人は、生ゴミの汁を吸い込んだ、薄汚れた軍手を子まりさに被せました。
子まりさは臭さと冷たさに驚いて、両目を飛び出すくらいに開いて叫びました。
軍手を取ろうと必死に体をくねらせて、おさげをピコピコと動かしています。

ゆんやぁぁぁ!これとっちぇよぉぉぉ!くっしゃいのじぇぇぇぇ!

「おいおい、お前、これが欲しかったんじゃないのかよ?そんなにいやがんなって」

「あはは、さすが鬼山君、オニすぎー!」

「おいおい、それ言うなって。ほらクソゆっくり、もっと喜べよ!お、そうだ!取れないようにしてやるよ!」

少年の友人は爪楊枝で、軍手と子まりさの頭を一緒に貫きました。

ゆっぴゃい!いっちゃいよぉぉぉぉ!
ゆえぇぇぇぇん!ゆえぇぇぇぇぇん!
おかーしゃぁぁぁぁん!たすけちぇよぉぉぉぉ!ゆわぁぁぁぁん!

「5本くらい刺しとけばいいかなっと…あら?もしかして気が付いてなかった?汚い顔してるだろ、この糞れいむ、もう死んでいるんだぜ!」

「試しに、『れみりゃいらず』って団子食わせたら、あっさり死んじゃったんだよ。ボールの代わりにもならなくって、つまんなかったよ」

うしょ?…うしょなの…うしょなの…
………うしょなのじぇぇぇぇ!!
おかーしゃぁぁぁん!ゆわぁぁぁぁぁん!
まりちゃはここなのじぇー!たすけちぇよぉぉぉ!!ゆえぇぇぇぇぇぇん!!

「あら?うるさいわね…ちょっと、だめじゃない!ゴミで遊ぶなんて、汚いでしょ?さっさと捨ててきなさい!それと、帰って来たら、ちゃんと手を洗うのよ?」

「ちぇ、見つかっちゃった、わかったよかーさん。とし君、今日はここまでだな、これ、捨ててこよう」

「あ、おばさんこんにちは、じゃあ、一緒にこれ捨ててきます」

少年達は子まりさと、れいむの死体をゴミ袋に詰めて、近所のゴミゆっくり箱に捨てました。

ゆびぇぇ…おかーしゃ…おぼーししゃん…ぬくぬくしゃん…どぼしちぇ…
おかーしゃんに…ぬくぬくしゃん、みせちゃかっただけにゃのに…
いっしょにゆっくち…しちゃかったのに…

子まりさは、親れいむに寄り添うようにして泣きました。
その頭には、薄汚れて臭い、ちっともぬくぬくじゃない、軍手をつけたまま、小さな声で何かを呟いていました。




ゆっくりいじめSS・イラスト ※残虐描写注意!コメント(9)トラックバック(0)|

≪前の記事 やる夫界隈の作者と読者はケータイ小説以下
≫次の記事 初めてのゆ虐

コメント

3490:

人間の知能→→→→・・・・ゆっくりの知能 だから口でいうより暴力で教え込んだ方がいいんだよ躾には暴力が一番いいらしいし

2013/01/04 10:14 | 名無しさん #- URL [ 編集 ]
3491:

人間の所有物を不当に奪った上に恫喝したり被害者ぶったりする不法居住物体が正当に裁かれたので安心しました。

2013/01/04 11:32 | 名無しさん #- URL [ 編集 ]
3492:

ダンボールのおうちとかきらきらさんとかぬくぬくさんとか、人間様の持ち物を我が物顔で所有権を主張するのは虫唾が走る

2013/01/04 14:13 | 名無しさん #- URL [ 編集 ]
3496:

今の地球上は人間の為に改良されちゃってるから、人間の助け無しで、生きて行くのは難しい。

野良犬や野良猫の死体とかもたまに見かけるくらいだからな。

そんな中に、人をイラつかせるような事ばっかり言って、自分のことしか考えないような生き物が生きてるなんて言ってるんじゃねーよ。

せめて、人の言葉を喋らなければ、もう少し人間と仲良くできただろうに。

2013/01/04 17:32 | ゲス専門の虐待お兄さん #- URL [ 編集 ]
3507:

公害汚饅頭ごときに人間のルールを理解できる訳がない
人語を話しているのでなく人語のように聞こえる音を発しているに過ぎない
汚饅頭を見かけたら潰してゴミ箱へ
それ以外は時間の無駄

2013/01/05 01:40 | 名無しの鬼意山 #- URL [ 編集 ]
3719:

は~ぁ糞ゆっくりごときが人間と同じもの使おうとすんなよ虫酸が走るわ

2013/01/14 09:43 | 名無しさん #- URL [ 編集 ]
3779:

鬼山君は将来立派な虐待鬼意山になれるね

2013/01/16 17:41 | 名無しさん #- URL [ 編集 ]
5955:

ジャイアン思考のクズが死んですっきりー!

2013/04/11 17:42 | 名無しさん #- URL [ 編集 ]
6524:

クズみたいな考えしか出来ない糞饅頭はたくさんゆっくり虐待されていってね!すぐでいいよ!

2013/05/01 18:49 | 名無しさん #- URL [ 編集 ]

コメントの投稿

名前
題名
メールアドレス
URL
コメント

パスワード
Secret
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

ブログ TOP