FC2ブログ
TAG index

プロフィール

kubota.K

Author:kubota.K
~サイト概要~

2chのスレやゆっくりスレ、話題の記事ややる夫AAシリーズ等、気になった記事を総合的にまとめるサイトです!

よろしくお願いします!

about

『BuZZ Plus News』
バズプラスニュース

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

やる夫でドラクエ6(完結) (37)
ゆっくりいじめSS・イラスト ※残虐描写注意! (966)
ゆっくり愛でSS・イラスト (662)
やる夫でGPM(完結) (46)
やる夫が遺跡を守るようです(完結) (57)
実装石虐待系作品 (119)
やる夫がヒットマンになるようです(完結) (15)
やる夫が3つの珠を探すようです(完結) (26)
やる夫はリィンバウムに召喚されたようです(サモンナイト) (53)
やる夫がヴァレリアを平和にするようです (7)
やる夫は人気作者になりたいようです (2)
【クマー】二人の秘密【澪】(完結) (4)
やる夫が大破壊後を生き抜くようです(メタルマックス・第一部完) (11)
やる夫達は文化祭でバンドるようです(完結) (27)
やる夫達は広島でB級グルメを食べ尽くすようです(完結) (13)
やる夫とやらない夫で月旅行に行こう(完結) (18)
やる夫とやらない夫と漫画家シリーズ(完結) (12)
やらない子の周りは中2病患者(完結) (12)
【DTB】 契約者やらない夫  ―荒野の春紫苑― 【オリジナル】 (6)
DIOえもん(完結) (6)
そっきょうたんぺんすれ(完結) (8)
風魔のやる夫 (5)
東京が死んで、やる夫が生まれた(真・女神転生Ⅲ) (14)
ファイやる夫ムブレム(再録) (16)
やる夫が囲碁の幽霊に会うようです (3)
やる夫は誰かを助けるのに理由はいらないだそうです(FF9) (17)
やる夫たちの周りには愛が満ち溢れているようです (3)
やる夫の屍を越えてゆけ(俺の屍を超えてゆけ) (6)
その他やる夫短編 (58)
スレまとめ(事件) (1)
スレまとめ(ニュース) (36)
スレまとめ(趣味) (82)
SS (21)
しぃ系AA作品(虐待・虐殺) ※残虐描写注意! (88)
南ことり (21)
のんたぬ (0)
雑多 (1983)
管理人からのお知らせ (11)
未分類 (18)
う虐 (2)








検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

2280:お手軽レシピ

2013/01/08 (Tue) 19:00
 正月休み――。

 本当に久しぶりの休日である。何ヶ月休みがなかったかなんぞ考えたくもない。

 もうずっと毎食毎食カップ麺とサプリメントとカロリーの友っぽいサムシングばかりだった。栄養的に問題な
くとも、食事の楽しみとはほど遠い。あと、ゆっくりの泣き声成分がまったく足りていない。
 とはいえ、さすがに職場でゆ虐は業務専念義務違反だ。

 とりあえずうまい肉が食いたい。あとゆっくりの悲鳴が聞きたい。じっくり手間暇かけた虐待が引き出す極上
の悲鳴でなくていい。とりあえず悲鳴が聞きたい。


 で、いろいろと買い物をしてきた。
 食材をテーブルに広げる。肉、野菜およびその他の食材だ。
 その他の食材、つまり食用赤ゆ(れいむ種)の十個入りパック。卵パックに似た透明なケースに入れられ、ラ
ムネスプレーで眠らされたうえ、冷凍冬眠状態になっている。


 さて、メニューそのいち、である。


 赤ゆパックはテーブルに出したままにしておき、このまま自然解凍させる。同時に、牛もも肉かたまり1キロ
グラムも出しておき、室温に戻しておく。この間に、野菜の下ごしらえやらなんやらを済ませておく。


「ゆっゆっゆっ」「ゆぴ…ゆっくち」「ゆ~ん、ゆゆ~」「ゆっくちしちぇいっちぇにぇ!」「ゆっくち!」
「ゆっくち!ゆっくち!」「ゆう、ここはどこにゃにょ?」「ゆっくちしちぇいっちぇにぇ!」「ゆ~~~」
「ゆぅ、おにゃかすいちゃ…」「ゆんやぁぁぁ!うごけにゃいぃぃぃ!」「れいみゅ!おちついちぇにぇ?」


 そうこうするうちに赤ゆが騒ぎ出す。冷凍赤ゆが解凍できた頃には、肉もいい塩梅に室温に戻っているという
寸法だ。


 フライパンを火にかけ、ごく薄く油を。もも肉に塩をすり込む。さらに胡椒をミルで挽き、同じくたっぷりと
すり込む。
 火を強火に。肉を投入し、回しながら全面をしっかり焼く。
 いい香りだ。思わず腹が鳴る。


 ビニール袋に酒、醤油、オレンジジュースを大さじ2づつ。そこに表面をしっかり焼いた肉を入れて、タレを
揉み込んでおく。で、ビニール袋の中の空気を抜いて、口を縛る。


 ビニール袋をもう一枚用意する。


 赤ゆパックを開き、「ゆゆっ!にんげんしゃん?」「きょわいよぉぉぉ!」などと騒ぐ赤れいむを二匹つまみ
上げ、「おしょらをとんじぇるみちゃい!」とステレオで叫ぶのもかまわずビニール袋に放り込む。


「ゆっぴゃあっ! きょわいよぉぉぉ!」
「おろしちぇにぇ!おろしちぇにぇ!」


 大さじ4のオレンジジュースを赤れいむの上から振りかける。


「ちゅべちゃい!」
「ゆゆっ!あみゃあみゃ!」


 肉と同様に中の空気を抜いて袋の口を縛る。


「ゆぼぼぼぼぼっ!」
「やべぢゅぇぇぇぇ!」


 赤れいむたちは息をしているわけでもないのに苦しそうな表情を作る。ゆっくりには窒息死というものはない。
苦しいような気がするから苦しがるフリをしているだけだ。
 そして振りかけたオレンジジュースによって当面は非ゆっくり症の心配もない。

 炊飯器の内釜に肉と赤れいむを入れ、全体が浸るくらいまで熱湯を注ぐ。


「ぴぎゃあぁぁああぁあああぁぁあぁぁあああっ!」
「あぢゅいいいぃぃいいいいいぃいいぃぃいっ!」


 たかだか100度にも満たない湯で大げさな奴らだ。

 熱さは伝わるが、直接熱湯に触れてはいない。なので体が溶け出すことはない。ゆっくりが水に落ちると死ぬ
理由は溶けるからではない。ふやけて皮が破れ、中身の餡子が致死量流出することで、中枢餡に糖分を供給でき
なくなるから死ぬのだ。


「だぢゅげで! だぢゅげでぇぇぇぇぇっ! あっぢゅいぃぃぃぃぃっ!」
「ゆっぎいぃいいぃぃぃぃっ! じぬっ! れいびゅじんじゃうぅぅぅうっ!」


 残念。死なない。少なくともすぐには。

 炊飯器のふたを閉じ、『保温』のスイッチを入れる。まかり間違っても『炊飯』にはしないこと。これで釜の
中はだいたい75度くらいに保たれる。そしてこの温度は、オレンジジュースを投与した赤ゆ二匹ならだいたい
40分かけてゆるゆると死んでいく時間なのだ。

 ふたを閉じた炊飯器に耳をそばだてると、赤れいむの元気のいい悲鳴がしっかり聞こえる。そのうちこの悲鳴
に元気がなくなり、非ゆっくり症末期の泣き声になる。そして何も聞こえなくなる頃に、しっとり柔らかいロー
ストビーフができあがる。
 どうやら赤ゆの悲鳴が内部の熱湯をいい具合に振動させることで、肉がより柔らかく仕上がるようなのだ。


「あぢゅいぃぃいいっ! ぐりゃいいいぃぃ! あっぢゅいいいいいいいっ! だぢでえええええっ!」
「っぴぎゅぃぃぃぃぃぃっ! やべぢぇっ! やべぢぇええええ! れいびゅじぬのやじゃあああああっ!」


 これで今夜のディナーは準備オーケー。
 時間が来たら肉を取り出し、アルミホイルに二重に包んで保温しながら30分放置。その後は食べるときまで
冷蔵庫。


 次の料理に取りかかろう。
 メニューはヒレカツだ。

 これはまったく俺の個人的嗜好なのだが、カツにするなら豚ヒレ肉だ。ロースは厚めのスライスで生姜焼きに
限る。

 厚さ1.5センチに切ったヒレ肉に小麦粉溶き卵パン粉をつけ、別皿に取る。天ぷら鍋に油を張り、火にかけ
る。


「ゆんやぁぁあっ!」「きょわいよぉぉぉぉっ!」「こっちくりゅにゃあぁぁっ!」「だじゅげでえええっ!」
「やべちぇにぇ! やべちぇにぇ!」「れいびゅまじゃじにだぐにゃいぃぃぃっ!」「どぼぢでこんにゃこじょ
すりゅにょぉぉぉっ!」「ゆぐぢ! ゆぐぢいいいっ!」「かべじゃんどいぢぇにぇ! どいぢぇにぇっ!」
「おぢょらをとんじぇりゅみじゃいぃぃぃっ!」


 ローストビーフのタイマー役にした赤れいむたちの悲鳴が聞こえていたのだろう。残った赤れいむたちは身動
きのとれないケースの中で鳴き叫んでいた。そのうちの1匹をつまみ上げる。


「おろしぢぇええええええっ!」


 ぷしゃっ、としーしーを漏らして鳴き叫ぶ赤れいむ。その真下でシャワーを食らった赤れいむたちが口々にく
さいくさいと叫んだ。

 天ぷら鍋に取り付けた油切り用の金網に、その赤れいむを置く。


「――――ゆんやぁぁぁぁぁ!
 ……ゆ? ゆゆっ? あんよしゃんがじめんしゃんについちゃよ?」


 赤れいむはもみあげをぴこぴこと動かしながら、きょときょとと周りを見回す。そのうち温まってきた油から
上る熱をあんよに感じた赤れいむは、その温かさにしばしのゆっくりを堪能し始めた。


「ゆゆっ! にゃんだかあんよしゃんがあっちゃかいよ! ぽーかぽーかゆっくちー!」


 ゆっくりした赤れいむの声を聞き取ったケースの中の赤れいむたちも、泣いた赤ゆがなんとやらで口々にゆっ
くちゆっくちと声を上げている。


「ゆ~ゆゆ~ゆ~ゆ~ゆゆ~ん! ゆっくち~! れいみゅはゆっくち~! ……ゆ?
 ……にゃんだか……あちゅいよ?」


 ご機嫌に雑音リサイタルをやっていた金網赤れいむが、あんよに違和感を感じ取ったようだ。


「……あっ、あっちゅいっ! れいみゅのあんよしゃんぎゃあっちゅいっ!」


 あんよに熱さを感じ、逃げ出そうとして、


「ゆっくちにげりゅよっ!
 ……ゆえ? どぼぢでうごけにゃいにょ? あんよしゃんうごいちぇにぇ? れいみゅあぢゅいよっ!
 ゆっぐぢじにゃいじぇうごいぢぇにぇえええっ!」


 動けないことに気づく。


 最近気がついたことだが、鶏卵サイズまでの赤ゆは目の粗い網の上では、たとえ足焼きされていなくても上手
くは動けないらしい。
 で、赤ゆが熱さを感じて逃げ出そうとする頃が、ヒレカツに最適の油の温度というわけだ。

 鍋の手前からカツを数枚、滑らせるように投入する。油の温度が下がりすぎないように注意だ。食欲をそそる
魅惑の音。口の中に唾液の溢れる蠱惑の香り。カツの揚がる音に恐怖する赤れいむの甘美な悲鳴。


「ゆびゃああああああああああっ!」


 おーっと、カツを投入する前に赤れいむをどかし忘れたー。あーこれいはいかーん。

 ぷしっ、と赤れいむがほとばしらせたしーしーが、高温の油に落ちた。途端、バンッという音と共に油が爆ぜ
る。


「あじゅいいいいいいいいいいいいいいいいっ!」


 跳ねた油が直撃したのだろう。赤れいむが悲鳴を上げる。悲鳴を上げながら、またしーしーをちょろりと漏ら
す。派手な音と油はねが連続する。


「ぎっぴぃいい! ぎゃあぅあっ! あぎゃあぁああっあっあっあっあっ! んぎっぃいぃいいぃいいっ!」


 れいむが漏らす。油が跳ねる。れいむが泣く。油が爆ぜる。れいむが叫ぶ。油がれいむを灼く。


「ぴぎぃぃいいぎぃいやぁぁああぁぁあっ! れいびゅにょまぶまぶぎゃあぁぁああっ!
 あじゅっ! ながあじゅっ! ながっ! まぶまぶっ! ながにっ! あじゅいのっ! やべじぇっ!
 まぶまぶにょながあじゅいぃぃぃっ!! ゆぁぁああああっ!
 やじゃっ! もうやじゃぁぁぁぁっ! れいびゅもうおうぢがえりゅうううっ!」」


 爆ぜた油が赤れいむのまむまむを焼き潰したところで、菜箸で赤れいむをつまんでどかす。
 愉快なんだが油跳ねの掃除が少しやっかいではある。


「ゆひぃ……れいみゅ、たしゅかっちゃにょ?
 ――ゆべぇっ!」


 赤れいむはシンクの三角コーナーに――コンポストがわりに――投げ込んでおいて、しばらくはカツを揚げる
ことに集中しよう。加熱しすぎると美味しくないので、肉の芯にぎりぎり火が通るかどうかくらいで油からあげ、
網に乗せてしばし油を切る。

 皿に山盛りの千切りキャベツ。そこにカラリふんわり揚がったカツを盛り、完成だ。
 残りの肉は下ごしらえまで済ませておき、ラップして冷凍しておく。食べたくなったら揚げるだけのお手軽さ
が良い。


 カツの皿を持ってテーブルに向かう。
 ケースの中の赤れいむたちは、油温計役の赤れいむの悲鳴がよほど恐ろしかったと見えて、怯えきった顔で涙
を流しながらゆんゆん泣いている。
 この泣きべそを聞きつつ食うのがまた良い。

「いただきます」

 ザクッ、という衣の弾けるような音。柔らかくさっくり切れるヒレ肉は、噛みしめれば噛みしめるほどとめど
なくうまみが溢れてくる。付け合わせのキャベツのぱりっとした食感と、口中の脂をさっぱりぬぐってくれるよ
うな清涼感がたまらん。

 カツだろうが天ぷらだろうが、揚げ物は何と言っても揚げたてに限る。親の敵のように待ち構え、揚がったは
しから間髪を容れずに食わねばならない。
 そばで泣いている赤れいむたちがカツの美味しそうな匂いに気づき、泣き止んで、それは自分のものだからよ
こせと騒ぎ出すようでは、時間のかけ過ぎというものである。

「ごちそうさまでした」

 赤れいむたちにはラムネスプレーで泣き顔のまま眠ってもらおう。








 遅い昼食はすき焼きである。IH調理器にすき焼き鍋をセットして加熱開始。
 すき焼きは鍋物ではない。その名の通り焼き物だ。具は肉、そして長ネギタマネギ豆腐に春菊、以上。

 熱くなった鍋に牛脂を落とす。適度に脂が広がったところで、肉を焼き始める。ジュウジュウという音と共に
加熱された肉が縮んでいく。

 パックの赤れいむはすでに冷蔵庫から取り出して覚醒させてある。一眠りして早々と朝の惨劇を忘れていた。
 その赤れいむを一匹つまみあげ、


「おしょらをとんでりゅ……ゆっぎぃぃぃぃぃぃいっ!」


 あにゃるに爪を立てて前後に少し引き裂く。


「あにゃりゅっ! れーぶにょあにゃりゅぎゃああぁぁあああぁああっ!」


 引き裂いた部分を鍋の縁に差し込む。このとき赤れいむの顔が鍋の内に向くようにする。


「いぢゃあああああっぢゅううううぅぅううううぅうぅううっ!」


 勢いよく放たれたしーしーが肉にかかり、一気に蒸発する。同時に出汁、酒、醤油を合わせたものを肉に注ぐ。
これもまた鍋に灼かれて一気に沸騰。お手軽割り下である。

 注意点はきっちりあにゃるを引き裂くこと。そうしないと鍋の外側にぽろぽろうんうんを漏らしてしまい、後
で掃除が面倒なことになる。

 肉に火がギリギリ通ったところ――片面はまだピンク色――で引き上げ、溶き卵を絡めて食す。

 美味!


「ぴぎぃぃゃぁあああぁぁああぁぁぁあっあっあっじゅうぅあぁぁっぁぁっぁぁああぁぁぁっ!」


 中枢餡ちかくまで熱々の鍋肌を食い込まされた赤れいむの魂消る悲鳴もまた格別だ。


「だじゅげぢぇ! だぢゅげぢぇぐじゃぢゃいっ! ぢゃぢゅげぢぇっ!
 れーびゅあぢゅあぢゅやじゃああぁあぁぁぁああああぁぁあぁああああっ! おがぁじゃあああぁぁん!」


 鶏卵サイズの体のいったいどこに、これだけの量の砂糖水が給っていたのかまったく不思議である。赤れいむ
はちょろちょろとしーしーを垂らし、涙をこぼす。とてつもなくゆっくりしていない速度でぴこぴこするもみあ
げは、感電したかのように毛先が膨らんでいる。

 肉をさらに投入。もう一匹、赤れいむをつまみあげ、同様にあにゃるを割って鍋にまたがらせた。


「きょぉおおおおっぉおぉおおっぉぉっぉっぉっぉおおおおおおおぉぉおおぉっ!」


 金切り声と共にしーしーと涙をほとばしらせる赤れいむ。甘く香ばしいにおいと共に焼けていく肉。これぞす
き焼きの醍醐味というものである。

 肉を堪能した後で、筒切りの長ネギを焼く。肉から出た脂を絡めて香ばしく。この焼きネギがまた美味いのな
んの。しゃっきりした繊維の歯ごたえと、とろりととろける中心部のコントラストがたまらない。


「ほーれお前ら、おいしいおいしいおやさいさんだぞ」


 ネギをパックの中の赤れいむたちにちらつかせてみたりする。


「ゆっ!」「ゆゆっ!おやさいしゃんっ!?」「れーみゅがたべりゅよっ!」「れいみゅのだよっ!」「ちがう
よ!れいみゅのぢゃよっ!」「ちょうだいにぇ!ちょうだいにぇ!」「よこちぇーっ!」


 砂糖水を搾り取った赤れいむの悲鳴が聞こえていないわけがないのだが、目の前に美味しそうな『ゆっくりで
きるおやさいさん』をちらつかせるだけで口々に自分によこせと鳴きながら、ネギの真下にわらわらと寄ってき
た。


「おおきくくちをひらいてー」


 赤れいむたちは一匹残らず「あーん!」とか言いながら、その大口を限界まで開く。素早く箸でつまんでいた
ネギを鍋に戻し、別の――冷めていない――ネギをつまみ上げた。
 一匹の口の中に、縦に、口内の奥の奥に、ずぶりと、熱い出汁と焼けた脂をたっぷりすったネギを、押し込ん
でやった。


「むー……ぢゃぎゃああぁあぁぁああぁあぁああぁぁああああっげっゆげべぇぇぇえっげっげぎぃいぃぃあぁぃ
いいぃぁぁあがああぎょぴいいぃがっぎょぶうぅうごぱあげべえええごおぼおおぉぉおっおおっおっおぐぐぶぶ
うぅぅっぅっうっうっ……」


 その赤れいむは小さな噴水のようにしーしーを吹き上げた。目玉がぎゅるぎゅると激しく不規則に跳ね回り、
勢い余って片方が飛び出す。口とネギの隙間から餡子が吹きこぼれるように溢れ、脂の混じったうんうんがあ
にゃるからぴゅるぴゅると漏れてきた。

 そしてそのまま、ゆっくり黒ずんでいった。


「………………ゆびゃあああああああああああああっ!」
「ゆぎゃあああああああああああああああああっ!」
「だぢゅげぢぇええええええええええええっ! おがあぢゃああああああああああっ!」
「やぢゃやぢゃやぢゃああああっ! れーびゅじにだぎゅにゃいいいいっ!」
「やべぢぇぇぇぇぇ! もうやべぢぇぇぇぇぇっ! どぼぢでこんにゃごぢょじゅるにょぉぉぉぉ!」」
「ゆっぐぢ! ゆっぐぢ! ゆっぐぢゆっぐぢゆっぐぢゆっぐぢゆっぐぢぃぃぃぃぃぃっ!」


 俺が黒ずんだ赤れいむから抜いたネギを嚥下したあたりで、残った赤れいむたちが絶叫した。無力な鳴き声が
心地よい。
 鍋に食材を入れていく。タマネギ、豆腐、残りの肉。豆腐も肉から出た脂で香ばしく焼いてやる。出汁の量は
あくまで少なめをキープ。

 あ、やべ。出汁入れすぎた。

 ところで、うっかり出汁が多くなった場合、麩に吸わせるのがスタンダードだろうか。
 新しい赤れいむをつまみ上げ、まむまむとあにゃるを指先で軽くひねり潰してふさぐ。


「れいびゅのまぶまぶとあにゃるがぁぁぁぁ!」


 目をひん剥いてぴぎょぴぎょ叫ぶ赤れいむのその目玉に箸を突き刺し、


「おべべええええええっ!」


 柔らかい饅頭肌に余分な――熱々の――出汁を吸い取らせた。


「あぢぁぁぉおおおああぁぁぃぃぃいいいぃぃいぃいぃいぃぃぃっ!」


 皮が破れて中身が漏れる前に引き上げることだけ注意。引き上げた赤れいむは用済みなのでパックに戻してお
く。


「ゆあっ! ゆあああっ! ゆあああああああああああっ!」」
「れいみゅ! れいみゅぅうぅぅっ!」
「きょわいいぃぃいぃいぃいいぃぃっ! ゆええええええええええええんっ!」
「やじゃやじゃやじゃああぁぁぁ! もうやじゃ! ゆっぐぢさしぇでぇぇぇぇぇっ!」」
「がえりゅっ! れいみゅおうぢがえりゅぅぅううぅぅっ!」


 あー悲痛な叫びが心地よい。

 火の通った具を次から次へと噛みしめ、嚥下してゆく。ことに春菊はさっと、本当にさっと火を通して香りと
食感を楽しみたい。





 いやあ、食った食った。堪能した。
 後片付けは……まあ一息ついてからで良いか。

 急須に茶葉を入れてポットから湯を注ぐ。
 あの後、麩の代わりにもう一匹赤れいむを使ったので、残りは二匹。

 お茶請けを用意しようかね。


「ゆぐっ…れいみゅ、たしゅかっちゃにょ?」
「ゆっ! きっとしょうだよっ! れいみゅたち、えらばれたゆっくちなんだよっ!」
「ゆっくちできりゅ? れいみゅゆっくちできりゅの?」
「えいえんにゆっくちしたみんにゃのぶんまでゆっくちしようにぇ!」


 湯飲みにとぽとぽと茶を注ぐ。
 爪楊枝を二本用意する。

 赤れいむが逃げ出せない程度の深さの皿を用意して、

「おしょらをとんでりゅみちゃい!」
「ゆんわあ! れーみゅはとりしゃん!」

そこに残りの赤れいむ二匹を移し替える。


「ゆゆっ、にんげんしゃん! ゆっくちしちぇいっちぇにぇ!」
「ゆっくちしちぇにぇ! れいみゅといっちょにゆっくちしようにぇ!」


 選ばれたゆっくり、か。まあ間違ってはいない。
 爪楊枝を手に取り、赤れいむの脳天にぷっすり突き刺した。中枢餡を傷つけないぎりぎりのところまで押し込
んでいく。


「ゆぴっ! ……いっ…………いぢゃいよぉぉぉおおっ! いぢゃいいいい! ゆんやぁあぁぁぁあっ!」


 爪楊枝をもう一本。残りの赤れいむの脳天にぷっすり。


「!………ゆぎぃぃぃぃっ! いぢゃぃぃぃぃっ! とっで! こりぇとっでぇぇぇぇっ!」


 ふー、っと湯飲みのお茶に息を吹きかけながら、


「痛い痛いを取ってほしいか?」


 と聞いた。


「とっぢぇぇぇぇぇ! れいみゅいぢゃいのやじゃぁぁぁ!」
「だじゅげぢええぇぇぇ! ゆんやっ! ゆんやあぁぁぁっ!」


 ずぞぞっ、と湯飲みから茶をすする。
 ああ、赤ゆの悲鳴でお茶が美味しい。


「自分に刺さったのは取れなくても、相手に刺さってるのは取れるだろ? お互いに取ってもらいっこすればい
いよ」


 ずー、っとさらにひとくちお茶をすする。
 赤れいむたちは、「ゆ?」としばらく考え、其の手があったかとばかりに顔を輝かせる。そしてどちらが先に
爪楊枝を抜いてもらうか、目に涙を浮かべた笑顔のまま視線を交わし、


「れいみゅのいちゃいいちゃいさんをとっちぇにぇ?」
「れいみゅのいちゃいいちゃいさんをとっちぇにぇ?」


 期せずしてまるっきり同じセリフを言い合い、笑顔を凍りつかせた。


「ゆ……れいみゅ、いちゃいいちゃいにゃんだよ? れいみゅのをとっちぇにぇ?」
「ゆゆっ! れいみゅかわいちょうでちょ? たしゅけちぇにぇ? たしゅけちぇにぇ?」


 お互いに、自分の方がかわいいし自分の方がかわいそうだという、本当にどうでもいい主張を重ね合っている。
 ああ、馬鹿だなあ。


「れいみゅをしゃきにたしゅけちぇにぇ!」
「ゆーっ! れいみゅがしゃきぢゃよっ!」


 以前同じことをやったときは、かわいそうアピールが流れるように罵り合いに移行して、さらに殺し合いへ展
開するまであっという間だった。だいたい五、六分ほどで「ちにぇ! ちにぇ!」と、お互いに鶏卵サイズの体
をぶつけ合い始めたものだが、今回はどうだろうか。


「うるしゃいよ! わがままいわにゃいでれいみゅをたしゅけりょ! ぷきゅーっ!」
「ゆぴぃぃぃっ! きょわいぃぃぃ!」


 成体ともなるとそうはいかないが、赤ゆっくりの力関係などは、往々にして先にキレた方の勝ちである。この
赤れいむたちの優劣もやはり同様だった。


「れいみゅがしゃきにきまっちぇりゅでしょこのくじゅ!」
「ゆええぇぇぇん! れいみゅくじゅじゃにゃいのにぃぃぃっ!」
「うるしゃいよ! いいきゃられいみゅのいちゃいいちゃいしゃんをぬいちぇにぇ!
 いしょいでにぇ! はやくしちぇにぇ!」


 こんなふうにしてゆっくり同志での序列が決まると、たとえばお飾りを失うなどの決定的な事件がない限り、
それが覆されることは基本的にない。よくまりさがれいむに使い潰されたりするのも、ゆっくりのこの習性が一
因なのだが――まあそれはともかく。

「ゆぐっ……れいみゅだっていちゃいにょに……ゆっくちいちゃいいちゃいしゃんをぬくよ……」
「いいかりゃはやきゅぬいちぇにぇ! いちゃくしたりゃしぇいっしゃいぢゃよっ!」
「ゆぅっ……にょ、にょーびにょーび! ゆーぅ……とどきゃにゃいよ……」
「ゆきぃっ! はやきゅしりょくじゅっ!」


 どちらも同じサイズの赤ゆっくりだ。体を伸ばして、さらには舌先まで伸ばしても、頭頂部に刺さった爪楊枝
を引き抜くのは簡単ではない。


「ゆぅぅ……れいみゅ、もうしゅこしあちゃまをさげちぇにぇ? とどきゃないよ?」
「ゆあああああっ! れいみゅにめいれいしゅりゅにゃあああっ! はやきゅにゅけえええっ!」
「ゆひぃ! ぴょ、ぴょんぴょんしゅりゅよ!
 ぴょんぴょん! ぴょーんぴょーん! とどいちぇにぇ! とどいちぇにぇ!」


 高圧的に要求された方の赤れいむは、口を開けて舌を伸ばしたまま、たしたし跳ねる。要求した方の赤れいむ
も、さすがにふんぞり返っていたのでは爪楊枝を抜いてもらえないと分かったのだろう。取りやすいように、や
や顔を伏せるようにした。

 十数回目のジャンプでようやく、伸ばした舌先に爪楊枝が引っかかった。

 引っかかった。

 引っかかって――ジャンプした赤れいむの体が落ちる動きに合わせて、五ミリほど深く刺さった。


「ぴょっ! きょぴぴぴぎゅぴゃぱぱゆきゅきゅきゅぴーぴーぎぃぃぃぃぃぃぃっ!」
「ゆぴいぃぃっ!
 にゃ……にゃにこりぇ……にゃにこりぇぇぇっ! ゆっくちできにゃいぃぃっ!」


 ほんの少し深く食い込んだ爪楊枝が、赤れいむの中枢餡を傷つけたようだ。目玉は左右デタラメにぎゅるぎゅ
る回転を始め、悲鳴とも鳴き声ともつかない奇声を上げだした。右のもみあげは残像が残るほどの高速でぴこぴ
こしてるし、左のもみあげは感電したように毛先が開いたまま硬直している。体全体を右にねじりながら伸び上
がり、少しのけぞった感じで細かく震えながらゆらゆらと揺れる。ただでさえ緩いまむまむからしーしーが間欠
泉のように、ぷしっ、ぷしっと吹き出している。

 真正面で同族の壊れる瞬間を見ることになったもう片方の赤れいむが、同じようにしーしーを垂れ流しながら
後ずさった。


「んんぎぎぎぎゅぶぶべべべきょーぴゃきゃきゃくかくかくかあががあーあーあーるれるられえられるらりろる
れらぱーぱーんがぐぐぐぅびゅびょびょびょーきょぉぉぉぉっ!」


 大口を開け、舌を突き出したまま叫んでいた赤れいむは、そのまま口を閉じてしまい、舌先をがっつりとかみ
切ってしまう。
 こんな状態になっても痛覚はまだしっかり生きているようで、ぐるぐる回る目から涙を跳ねちらかし、ちぎれ
た舌を振り回している。


「ゆんやぁぁぁ! くりゅにゃっ! こっちくりゅにゃぁぁぁぁっ!」
「じゅじゅべぎゅぽぢふぉひーあーふぁれひえらいおあえれらぁぁぁぁぁぁぁっ!」


 壊れた赤れいむが痙攣しながらころりと倒れる。そして奇声を上げながらぐにょぐにょと皿の中をのたうち回
り始めた。
 人間で言うところの、腰の抜けた状態になっているのだろう。まともな方の赤れいむは涙としーしーを垂れ流
しながら逃げ惑うことすら出来ずに泣き叫ぶ。


「ゅおういおぷふぃうすいはふぃおうじゃじぇあがうこあんれはういおふいおあなあなうぇぐいぃぃぃぃっ!」
「ゆんやっ! ゆんやぁぁぁっ! くりゅにゃっ! ゆっぴぃぃぃっ! やぢゃやぢゃやぢゃぁぁぁっ!
 こっちくりゅにゃ! こにゃいでっ! こにゃいでにぇ! こにゃいでにぇ!」
「げっ! げっ! ぐぃどぉべっげっ! げっ! ぢゅげっ! ぢゅげっ!」


 壊れた赤れいむの奇声はすでに意味をなさないが、何を言いたいのかは不思議と分かる気がした。


「なぁおい、そいつ
 『れいみゅをこんなめにあわせたげすはしねっ!』
 って言ってるぞ」
「しょんなのちらにゃいぃぃぃっ! どぼぢでこんにゃこちょしゅりゅにょぉぉぉっ!
 れいみゅにゃんにもわりゅいこちょしちぇないにょにぃぃぃっ!」
「げぇぇぇぇっ! ぎゅぎょぇぇぇぇぇっ! ぴょぢゃれりゅえぇぇぇぇぇぇっ!」
「うん、間違いない。お前も同じ目に遭えって言ってるな」
「うしょ! うしょうしょうしょぉぉぉっ! れいみゅわりゅくにゃいぃぃぃぃっ!」


 うにょんうにょんとうごめいていた壊れ赤れいむが、そのとき偶然、まともな赤れいむの近くに転がってきた。
あいかわらず意味をなさない奇声を上げながら、まともな赤れいむのもみあげに噛みついた。


「ゆっぴぎゃぁぁぁぁぁっ! はなちちぇぇぇっ! あっぢいっでぇぇぇぇっ! ゆんやぁぁぁぁっ!」


 人間で言えばゾンビに掴みかかられたようなものだろうか。
 赤れいむはひときわ大きな悲鳴を上げた。噛みつかれていない方のもみあげをわさわさ振り回し、涙とヨダレ
としーしーはもちろん、うんうんまで漏らした。ふりほどいて逃げようとしても、壊れ赤れいむの歯が、がっち
りともみあげに食い込んでいる。

「やあああああああっ! ゆあああああああっ! あああああああっ! ああああああああああああああっ!」
「ぢいいいいいいいいいいいげっげっげっえええええええええええええぎょばばばばばばばばあああああっ!」


 どちらが壊れているのか分からない叫びが交差する。

 と――

 いびつに捻じくれた壊れ赤れいむの頭に、いまだ刺さったままの爪楊枝。それをまともな赤れいむがくわえ込
む。よりいっそう深くねじ込もうと、全身で押し込み始めた。


「ゆあああああっ! ちんでっ! ちんでっ! ちんでにぇっ! おにぇがいだかりゃちんでにぇぇぇっ!」


 まあ、そこまで必死にならずとも、すでに爪楊枝の先端は中枢餡に食い込んでいたわけで。それをぐりぐりと
こじるのだから、結果は見えている。
 ほどなく壊れ赤れいむは奇声も上げることも、ぐにゃぐにゃうごめくこともできなくなり、ときおり細かく痙
攣しては「いいい」と細い声を上げるだけの存在になり――。

 動かなくなった。


 爪楊枝をくわえ込んで押し込もうとしたときに、口中を傷つけたのだろうか、それとも吐餡だろうか。最後の
赤れいむは、少量の餡子を口からこぼしながら荒い息を吐く。

「ゆはーっ! ゆはーっ! ゆはーっ! ゆはーっ!」
「あーあ、やっちゃったー」
「ゆぎっ……おみゃえにょ……おみゃえにょせいだろがぁぁぁぁっ! くしょにんげんんんんっ!」


 そうだろうか。
 そうかも知れないし、そうでないかも知れない。
 湯飲みの底に残ったお茶を飲み干し、


「まあそれなりに楽しめたかな。
 お前もコンポストにするから、嫌ならおたべなさいでもなんでも好きにしな」
「……ふ……ふ……ふじゃけりゅにゃあああああああああっ! ぷっきゅっきゅうううううううううっ!」


 何の気なしに軽い気持ちで俺が言ったひと言に、なにか過剰に反応した赤れいむがふくれあがった直後のこと
だ。


「ぷっきゅうううううううううううう――」


 ぶぽっ


「――ううう……ゆ?」


 赤れいむの脳天には爪楊枝が刺さったままで、つまりは穴が空いている。口の中もさっき傷つけたっぽい。
 その状態で口中に空気をため込んでふくれあがったなら。
 内圧を高めたなら。



 まあ頭の穴からクジラよろしく餡子が吹き出るわな。



 中枢餡が飛び出してくるとは正直予想しなかったが。


「ぶふっ! ぶはははははははははははっ!」


 お茶を含んでなくて本当に良かった。
 本当に、最後の最後まで楽しませてくれる。


「新式のおたべなさいかよ。面白かったんでコンポストは免除してやるよ」


 赤れいむのあんよの近くにコロコロと転がってきた中枢餡に爪楊枝を突き刺し、口に運ぶ。
 渋いお茶がもう一杯ほしくなる強烈な甘さだった。

ゆっくりいじめSS・イラスト ※残虐描写注意!コメント(14)トラックバック(0)|

≪前の記事 ゆっくりのある生活
≫次の記事 のらゆっくりのきもち

コメント

3580:

なんだろう
個人的に料理ネタは面白いと思えない

2013/01/08 20:28 | 名無しさん #- URL [ 編集 ]
3582:

悪くないけど
ゆ虐書く人って大概あにゃるまむまむ破壊の描写をくどくど書くのよね
エロゲのやり過ぎなのか、他の欲望が溢れてるのか
正直、初期の頃のシンプルな作品のほうが好み

2013/01/08 20:40 | 名無しさん #- URL [ 編集 ]
3583:

ゆっくりを料理に活用しながらなおかつそれが虐待にもなっているという
鬼威惨の食と虐待へのこだわりは恐ろしいほどである

2013/01/08 22:19 | 名無しの鬼意山 #- URL [ 編集 ]
3584:

しーしーを料理に使うのはちょっと
いくら砂糖水っていってもなあ

2013/01/08 22:35 | 名無しさん #- URL [ 編集 ]
3585:

個人的にはとてもいい作品だと思うなぁ、長さも適度だし、
料理の描写もうまいし。

2013/01/08 23:15 | 名無しさん #- URL [ 編集 ]
3590:

とても楽しい時間を過ごせました。ありがとうございます。


2013/01/09 00:38 | 名無しさん #- URL [ 編集 ]
3591:

>>あにゃるまむまむ破壊の描写をくどくど書く
これは確かにちょっとな…と思うけどやたら理屈こねたがるやつの鬱陶しさに比べたら大したことはない
哲学気取ってんだか知らないけどダラダラ講釈打ちまくって挙げ句ゆ虐は温いわつまらないわ書き手の自慰行為にしかなってないようなやつ
長編で序盤パッと眺めて受ける印象がヒネくれた文体>>>ゆっくりに関する描写な作品の場合はスルー推奨

2013/01/09 00:43 | 名無し #- URL [ 編集 ]
3599:

赤ゆ欲しい

2013/01/09 01:38 | 名無しさん #- URL [ 編集 ]
3607:

ゆっくりできるおちびwを作る為のぺにまむは饅頭共にとって、お飾りと同じ位に重要なパーツなので、絶望的な状況を手っ取り早く表現する為に破壊されまくるwんじゃね?

しかし、しーしーですき焼きはねーだろ…。

2013/01/09 07:05 | 名無しさん #- URL [ 編集 ]
3613:

ゆっくりをあくまで食材というか料理用消耗品として扱ってるのがいいね

個人的にはこういうゆっくりを材料や観察対象として描く作品が好きだな
ゆっくりを生き物として扱わず、「感情を持ち人語を話すけど生物ではなくあくまで無機物」にしているのがいい

2013/01/09 11:56 | 名無しさん #nzWc6r1Q URL [ 編集 ]
3634:

>3607
饅頭どもがキスでガキ作る設定だったなら、口腔破壊はそんなに徹底的に描写されなかったと思うよw
おまん腔に棒突っ込んだり、ケツ穴から糞垂れたりする描写はやたらと書く癖に、
涙や汗や表情なんかの表現はおざなりーみたいな文体の作品群のこと言ってんでしょう

まああれだ、消防や厨房、道程と既知外はちんまんうんうん大好きですから仕方ないですよw
ソースは僕!

2013/01/10 02:41 | 名無しさん #- URL [ 編集 ]
3666:

夜中に読むんじゃなかった……お腹空いた

2013/01/11 03:38 | 名無しさん #- URL [ 編集 ]
3778:

肉、肉、肉はちょっと偏りすぎじゃない?

2013/01/16 17:04 | 名無しさん #- URL [ 編集 ]
9512:

作品に文句付ける奴らは自分等のコメも同様なのに気づかない。
貶すだけ貶して悦に入った自慰野郎が大半。

2013/07/30 09:20 | 名無しさん #- URL [ 編集 ]

コメントの投稿

名前
題名
メールアドレス
URL
コメント

パスワード
Secret
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

ブログ TOP