FC2ブログ
TAG index

プロフィール

kubota.K

Author:kubota.K
~サイト概要~

2chのスレやゆっくりスレ、話題の記事ややる夫AAシリーズ等、気になった記事を総合的にまとめるサイトです!

よろしくお願いします!

about

『BuZZ Plus News』
バズプラスニュース

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

やる夫でドラクエ6(完結) (37)
ゆっくりいじめSS・イラスト ※残虐描写注意! (966)
ゆっくり愛でSS・イラスト (662)
やる夫でGPM(完結) (46)
やる夫が遺跡を守るようです(完結) (57)
実装石虐待系作品 (119)
やる夫がヒットマンになるようです(完結) (15)
やる夫が3つの珠を探すようです(完結) (26)
やる夫はリィンバウムに召喚されたようです(サモンナイト) (53)
やる夫がヴァレリアを平和にするようです (7)
やる夫は人気作者になりたいようです (2)
【クマー】二人の秘密【澪】(完結) (4)
やる夫が大破壊後を生き抜くようです(メタルマックス・第一部完) (11)
やる夫達は文化祭でバンドるようです(完結) (27)
やる夫達は広島でB級グルメを食べ尽くすようです(完結) (13)
やる夫とやらない夫で月旅行に行こう(完結) (18)
やる夫とやらない夫と漫画家シリーズ(完結) (12)
やらない子の周りは中2病患者(完結) (12)
【DTB】 契約者やらない夫  ―荒野の春紫苑― 【オリジナル】 (6)
DIOえもん(完結) (6)
そっきょうたんぺんすれ(完結) (8)
風魔のやる夫 (5)
東京が死んで、やる夫が生まれた(真・女神転生Ⅲ) (14)
ファイやる夫ムブレム(再録) (16)
やる夫が囲碁の幽霊に会うようです (3)
やる夫は誰かを助けるのに理由はいらないだそうです(FF9) (17)
やる夫たちの周りには愛が満ち溢れているようです (3)
やる夫の屍を越えてゆけ(俺の屍を超えてゆけ) (6)
その他やる夫短編 (58)
スレまとめ(事件) (1)
スレまとめ(ニュース) (36)
スレまとめ(趣味) (82)
SS (21)
しぃ系AA作品(虐待・虐殺) ※残虐描写注意! (88)
南ことり (21)
のんたぬ (0)
雑多 (1983)
管理人からのお知らせ (11)
未分類 (18)
う虐 (2)








検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

2310:クリスマスとゆっくり

2013/01/27 (Sun) 00:00
さむい、さむい、さむい。

「ゆぶるるるるぅ…ゆぅぅぅぅん…さむいのじぇ…?」

あまりの寒さに目を覚ます一匹の子ゆっくり。
眠そうにお下げで目を擦りながら、ウネウネと体を動かし周囲の様子を確認する。

「ゆぅぅ…?ここはおそとなの…じぇ?…どーして、まりちゃ、おそとにいるのじぇ?」

眠りに着く前までは、確かに暖かい家の中にいたはずだったと、目覚めたばかりの回転の鈍い頭で考える。

「くしょにんげ…?おふとんしゃん…?みんなどこにいったのじぇ?!」

いろいろ思い出してみるが、やはりどうしてこのような状況になったのかはまったく覚えていない。
ただ、野良生活をしていてようやく人間の奴隷と温かい家を手に入れたはずが、何故かまた寒い外で目を覚ました。
子まりさは大慌てで周囲を跳ね回るが、状況はまったく変わらない。

「おとーしゃ!くしょどれー!どこいったのじぇ!!どーしてここは、おそとなのじぇー!まりちゃは………しゃっびゅいぃぃぃ!あんよがつめたいのじぇぇぇぇ?!」

半分泣き顔になりながら、小さな体を弾ませて不規則に体をくねらせる子まりさ。
しばらくすると、自身の底部から伝わる冷たさに驚き顔をゆがめ、その場を何度も飛び跳ねながらゆんゆんと泣き喚く。

「なにこりぇぇぇ?!どーちてあんよしゃんがさむいのじぇぇぇぇ!じめんがつめたいのじぇぇぇ!だいちが、かわいいまりちゃにしっとして、いじわるするのじぇぇぇ!!」

飛び跳ね、転がりまわり、あれこれと騒いで見るが、子まりさを助けるものなど現れはしない。
辺りは次第に暗くなり、子まりさも泣き疲れて、冷たい地面にぐったりと体を横たえる。

「ゆぅぅ…?なんだかあかるくなったの…じぇ?」

そんな子まりさの目の前に、フッと暖かそうな明かりが燈る。
その明かりの中に現れたのは一人の人間と一匹のゆっくり。

「ゆぅぅぅ!あれは、くしょどれーと、くずめーりんなのじぇ!なにしてるのじぇぇぇぇ!!」

それは見覚えのある顔の人間と、クズと呼ばれるゆっくりだった。
子まりさは眉毛を吊り上げて、ビッタンビッタンと体を波打たせるようにその場で何度も飛び跳ねると、そのままの勢いで明かりを目指して跳ね出した。

「あったかそうなのじぇぇぇぇ!ゆるさないのじぇぇぇ!!まりちゃが、おしおきのせーさいをしてやるのじぇぇぇぇ!!」

だがそれを阻むものがいた。

「ゆんぶぅぅ?!な、なんなのじぇぇぇ?!どーぢて、なかにはいれないのじぇぇぇ?!」

子まりさは目の前の透明な壁、ガラス戸に阻まれてそれ以上先に進むことができなかった。
顔面をガラスに勢いよく打ち付けたせいで顔を真っ赤に腫らし、涙と小便を溢れさせる子まりさ。
そんな子まりさに気がついたのか、人間に抱きかかえられためーりんが心配そうに子まりさを見つめる。
だが人間は子まりさを一目見た途端、顔をしかめてガラス戸に近づくと、カーテンを閉めてしまう。

「ゆぅぅ?!なにこりぇぇぇ?!みえないのじぇ!どーちて、こんないじわるしゅるのじぇぇぇぇ!!」

子まりさは両頬を膨らませながら、カーテンの隙間から零れる明かりを目指して飛び跳ねる。
故意なのか偶然なのか、わずかに開いたカーテンの隙間から部屋の様子をのぞき見る。
部屋の中では人間とめーりんが楽しそうに食卓を囲んでいた。

「ゆわぁぁ!あれはなんなのじぇ?!おいしそうなのじぇぇぇ!まりちゃもたべるのじぇぇぇ!!」

子まりさは大きな口をあけて、目の前のガラス戸に噛り付く。
そしてその冷たさと硬さに顔を歪めて、涙を流しながら怒り出す。

「ゆっびゃぁぁぁ!まりちゃもたべるのじぇぇぇ!どーちて、まりちゃをむしするのじぇぇぇ!まりちゃだって、おなかがすいてるのじぇぇぇ!!」

だが子まりさがいくら叫んでも、一人と一匹にその声は届かない。
少しずつ減っていく料理を目の前に、ただだらしなく涎をたらして恨めしそうに一人と一匹を睨む。
そんな子まりさのことなどお構いなしに、一人と一匹は楽しそうに料理やケーキを食べ進めていく。

「ゆぅぅぅん!やめるのじぇぇぇ!それはじぇーんぶ、まりちゃのなのじぇぇぇぇ!たべるなぁぁぁ!ゆっびゃぁぁぁぁぁん!!」

子まりさはガラス戸に顔をぴったりと張り付かせて泣きながら、楽しそうな一時を過ごす一人と一匹をただじっと見つめていた。




「しゃむい…のじぇ………おなかすいちゃ…のじぇ………ゆぅぅ……うぅ…ぐしゅ…」

やがて眺めていた部屋の明かりも消え、料理も消え、二人も消え。
冷たい風の吹く外には、凍えた子まりさが一匹残された。

「ゆぅぅ………ゆ?…つめちゃい!…いちゃい!………しゃっむいのじぇぇぇぇぇ!!」

はらりと舞う白い粒が、子まりさの頬に触れる。
子まりさは一瞬身を強張らせると、あまりの冷たさに顔をしかめて泣き叫ぶ。
初めて触れるそれはとても冷たく、そして子まりさにはその冷たさが鋭い痛みに感じられた。
だが雪は子まりさの事などお構いなしに、後から後から降りそそぐ。

「いっちゃい!つめちゃい!やめちぇよぉぉ!どーちてまりちゃをいじめるのぉぉぉ?!」

子まりさは寒さに震えながら、痛みに転がりながら、雪の降り出した空を涙目で睨みつけて泣き叫ぶ。

「ゆっびゃぁぁぁぁん!もうやなのじぇぇぇ!おうちかえるのじぇぇぇぇ!!……ゆぅぅ?…あれにゃーに?…」

子まりさは疲れ果てた体をうねうねと動かし、何処かに向かって少しずつ這い出した。
そして急に燈った明かりに気がついた。

「あったかそうなの…じぇ…あかるいのじぇ……まるで、おとーしゃんみたい…なのじぇ…」

不思議な明かりを放つ『それ』に吸い寄せられるように、のそのそと這いずっていく子まりさ。
両目が涙でかすんでいるのか、何時別れたかも忘れた親と『それ』をダブらせてうれしそうに微笑む。

「あんよ…つめちゃい…もうすこしなの…じぇ…あんよしゃん…うごいちぇ…ゆん……ゆん……ゆぅぅ…ゆぅぅ…」

寒さと空腹のせいで、ろくに体が動かなくなってきた子まりさ。
明かりのそばまでやってくると、急に這うのをやめる。

「ゆぅぅ…?…あんよしゃん…どーちてうごかないの…じぇ?まりちゃのこと…きらいなのじぇ?…いじめるのじぇ?…もうすこちなの…じぇ…あったかそうなの……おとーしゃ…」

極度の寒さで体が震えすぎて、その振動のせいでろくに這うことが出来なくなった子まりさは、ぽろぽろと涙をこぼして目の前の明かりを眺める。
明かりを放つ『それ』も、子まりさに答えるかのように震えて涙をこぼしたかのように見えた。

「ゆ…くち……もっと…ゆっ……ち……おとー……しゃ…つめちゃ……ち……ゆ……」

やがて子まりさは震えるのを止めた。
雪はそんな子まりさを覆い隠すように、いつまでも降り続けた。




どうやら子まりさが凍え死んだようだ。
あれはクリスマス用に拾ってきた薄汚い野良の子ゆっくりだ。
一週間ほど前に親まりさとセットで拾ってきて、子の方だけ適当に飼っておいた。
その間私を奴隷だの糞人間だのと罵り、非常に不快だったがそのストレスは別室で飼っていた親まりさにぶつけておいた。
そして今日、クリスマスイブの日にラムネで眠らせておいたのを庭に放置してやった。
大分寒い思いでもしたのか、部屋の明かりをつけた途端汚い顔でこちらに向かって跳ねて来た。
流石にあれは、私の飼いゆっくりのめーりんの精神衛生に悪いので、即カーテンを閉めさせてもらった。
まあ、あえて子まりさが中の様子を覗けるくらい、少し明けておいてやったのだが。
私達がクリスマスイブを楽しむ様子を、子まりさにも見てもらいたかったのだ。
だいぶ悔しそうな顔で涙を零していたので、めーりんとの表情と見比べながら大変楽しませてもらった。
最後にお情けとして、あらかじめキャンドルスタンド風に改造したはげ饅頭の親まりさの口の中に立てた蝋燭に火を燈して置いてやった。
案の定、子まりさは火に入る夏の虫のごとく、親まりさの明かりに吸い寄せられるように這って行った。
親まりさも凍えて震えるわが子を見て満足そうに涙を流して喜んでいるようだった。

これは我が家での毎年のクリスマスイブの習慣である。
事の発端は、以前クリスマスイブ日に侵入した野良まりさの親子達が、飼いゆっくりのめーりんに怪我をさせた事が始まりである。
私は二匹を殺さない程度に痛めつけて、庭に目から下を埋めた状態で死ぬまで野ざらしにしてやった。
それから毎年この時期になると、野良まりさの親子を捕まえてきては、クリスマスの生贄にしているのだ。
おかげで今年も素敵なクリスマスを迎える事が出来そうだ。
私は雪の下で凍え死んだ二匹二感謝しつつ、薄汚いごみ饅頭をゴミ箱に投げ入れた。




ゆっくりいじめSS・イラスト ※残虐描写注意!コメント(26)トラックバック(0)|

≪前の記事 ゆっくり採集
≫次の記事 野良ゆごっこ

コメント

3956:相互リンク

初めまして、人気サイトランキングです。
サイトランキングを始めました。
ランキングに、登録して頂きたくメールさせて頂きました。
SEO対策にも力を入れています。
一緒に発展していけれるように頑張りたいと思いますので宜しくお願いします。
http://1-0x.com/cl1/

2013/01/27 00:16 | まゆみ #- URL編集 ]
3959:

オモシロカッタネー

2013/01/27 01:03 | 名無しさん #- URL [ 編集 ]
3964:

どうして、めーりんってどの作品でもくずゆっくり扱いなんだろ???

2013/01/27 01:44 | カツミ=タナカ #- URL [ 編集 ]
3967:

>3964                                      「ゆっくりしていってね!」→「じゃおーん!」→「ゆっくりできないゆっくりだね!」  っていう流れ。でも、喋らんめーりんとかうどんげの方が俺的に可愛いと思う。      

2013/01/27 02:28 | 名無しさん #- URL [ 編集 ]
3968:

じゃおんしか話せないから
とか
気持ちが優しくてやり返さないから通常種が増長しやすい
とか
中身が辛い
とか
一応設定はあるねー

2013/01/27 02:29 | 名無しさん #- URL [ 編集 ]
3971:

逆に何故めーりんが人間に優遇されるのかも気になるけど

2013/01/27 04:50 | 名無しさん #- URL [ 編集 ]
3975:

3968の設定どおり、ちゃんと飼えば人間に反抗しないから
感覚的に犬や猫を飼っているのと変わらないから

野良猫や野良犬を可愛がる人いるだろ、あれと同じ

2013/01/27 07:55 | 名無しさん #- URL [ 編集 ]
3976:

>>3971
しゃべれないだけで、実は賢いっていう設定もあったような。
鉛筆銜えさせると、ひらがなを書いて筆談できる。とかいうSSがどこかにあった。
胴つきになると爆乳とか。
あと、可愛がっても増長しない性格とか。

んーずいぶん優遇されてるなぁ。

2013/01/27 10:18 | 名無しさん #- URL [ 編集 ]
3977:

こたつまりさも同じだぜ「こたぁ」しか言えないし賢いけど通常種クズ扱い
こたつまりさは優遇してもいいかな

2013/01/27 10:46 | 名無しさん #- URL [ 編集 ]
3979:

1 めーりんは絶対にゲスにならない        
2 めーりんは皮が厚くクソ強い
3 めーりんはものすごく頭がいい
4 普通の言葉が喋れないので通常種に差別される
5 めーりんの言葉がわかる種もある
6 めーりんは優しい
7 6だからゲスにも手を出さない
8 めーりんはかいゆに最適

2013/01/27 12:06 | 名無しさん #- URL [ 編集 ]
3980:

虐待派だけどこたつむり大好き

この作品のゴミクズまりちゃは0番の紙ヤスリで滑らかに削る
マッチで針ネズミにしてから火を点ける
いや…
縫い針で針ネズミにしてからチャッカマンで針を炙って熱伝導してもいいな…
オレンジジュース掛けながらならイケる
メガホン被せて頭上から罵詈雑言もいいな…

SSの『ひとりぼっちのまりちゃ』も所詮はコイツと変わらんのかもしれん

2013/01/27 14:14 | 名無しさん #- URL [ 編集 ]
3981:

めーりんとかきめぇまるは好きだな

そのめーりんをクズ扱いする饅頭共は死んでくれ

2013/01/27 14:34 | 名無しさん #- URL [ 編集 ]
3982:

>>3680あれこたつむりだったんだうろ覚えでわからんかった
あとさっき通常種愛で見たけど刺激がなくておもんなかった

2013/01/27 20:54 | 名無しさん #- URL [ 編集 ]
3988:

私はキリライターさんのこたつ破壊される4コマイラストで
『こたつむり』って表記されてたからそう呼んでるよ♪
SSでは『こたつまりさ』って表記されてる作品もあるねー

どっちでも通じるから平気平気♪

2013/01/28 03:39 | 名無しさん #- URL [ 編集 ]
3992:

じゃお~ん!

2013/01/28 17:53 | ゆっくりななし #DL0dExLA URL [ 編集 ]
3993:

>>3988
サンキュー!キリライターさんのあれかぁ。最後のコマの子れいむがいった「ちゅーぱく!」がうざかったな~

2013/01/28 19:53 | 名無しさん #- URL [ 編集 ]
3994:

↑追加
「ちゅーぱく」は子まりさでした、まあ子れいむも「ゆぴぴ」とかいいながらしーしーかけてたけどな

2013/01/28 20:12 | 名無しさん #- URL [ 編集 ]
3996:

のらとかいゆの扱いの差を描いた作品は好きです。

2013/01/28 23:13 | 名無しさん #- URL [ 編集 ]
4004:

帝都あきですね。わかります。

2013/01/29 13:25 | 名無しさん #- URL [ 編集 ]
4026:

「ちゅーぱく」じゃなくて「ちゅぱーく(すぱーく)」じゃないの?

2013/01/30 08:23 | 名無しさん #- URL [ 編集 ]
4027:

キリライターさんの新作待ち遠しいねー♪

2013/01/30 09:33 | 名無しさん #- URL [ 編集 ]
4034:

>>4026
ワッワッワーーオーよく見たらワッワッワーーーオー

2013/01/30 19:52 | 名無しさん #- URL [ 編集 ]
4035:

コメントの流れにワロタwww

2013/01/30 23:16 | 名無しさん #- URL [ 編集 ]
4141:

キリライターさん絵が更に上手くなってる!ゆっくりの輪郭の書き方も変わってて以前よりゆっくりがデブw
向こうは画像糞重たいし皆と語り合いたいからここで紹介されるのが楽しみだなぁ~
キリさんの作品で自分が8虐・2愛でと確認できますたww

2013/02/04 10:47 | 名無しさん #- URL [ 編集 ]
4224:

汚らしい糞饅頭共と原種のゆっくりたちを一緒にしないでくださいます?w

2013/02/08 06:05 | 名無しさん #- URL [ 編集 ]
18864:

生態系の際底辺が偉そうにすんなと思う。
後、誰も生ゴミ未満の奴に嫉妬なんてしないと思う

2015/07/26 14:25 | 名無しさん@ニュース2ch #- URL [ 編集 ]

コメントの投稿

名前
題名
メールアドレス
URL
コメント

パスワード
Secret
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

ブログ TOP