FC2ブログ
TAG index

プロフィール

kubota.K

Author:kubota.K
~サイト概要~

2chのスレやゆっくりスレ、話題の記事ややる夫AAシリーズ等、気になった記事を総合的にまとめるサイトです!

よろしくお願いします!

about

『BuZZ Plus News』
バズプラスニュース

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

やる夫でドラクエ6(完結) (37)
ゆっくりいじめSS・イラスト ※残虐描写注意! (966)
ゆっくり愛でSS・イラスト (662)
やる夫でGPM(完結) (46)
やる夫が遺跡を守るようです(完結) (57)
実装石虐待系作品 (119)
やる夫がヒットマンになるようです(完結) (15)
やる夫が3つの珠を探すようです(完結) (26)
やる夫はリィンバウムに召喚されたようです(サモンナイト) (53)
やる夫がヴァレリアを平和にするようです (7)
やる夫は人気作者になりたいようです (2)
【クマー】二人の秘密【澪】(完結) (4)
やる夫が大破壊後を生き抜くようです(メタルマックス・第一部完) (11)
やる夫達は文化祭でバンドるようです(完結) (27)
やる夫達は広島でB級グルメを食べ尽くすようです(完結) (13)
やる夫とやらない夫で月旅行に行こう(完結) (18)
やる夫とやらない夫と漫画家シリーズ(完結) (12)
やらない子の周りは中2病患者(完結) (12)
【DTB】 契約者やらない夫  ―荒野の春紫苑― 【オリジナル】 (6)
DIOえもん(完結) (6)
そっきょうたんぺんすれ(完結) (8)
風魔のやる夫 (5)
東京が死んで、やる夫が生まれた(真・女神転生Ⅲ) (14)
ファイやる夫ムブレム(再録) (16)
やる夫が囲碁の幽霊に会うようです (3)
やる夫は誰かを助けるのに理由はいらないだそうです(FF9) (17)
やる夫たちの周りには愛が満ち溢れているようです (3)
やる夫の屍を越えてゆけ(俺の屍を超えてゆけ) (6)
その他やる夫短編 (58)
スレまとめ(事件) (1)
スレまとめ(ニュース) (36)
スレまとめ(趣味) (82)
SS (21)
しぃ系AA作品(虐待・虐殺) ※残虐描写注意! (88)
南ことり (21)
のんたぬ (0)
雑多 (1983)
管理人からのお知らせ (11)
未分類 (18)
う虐 (2)








検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

2311:ゆっくり採集

2013/01/29 (Tue) 07:00
「おーい!そっちに逃げたぞー!!」

「ゆっぴぃぃぃぃ!こわいのじぇぇぇぇぇぇ!ゆっくちにげるのじぇぇぇぇぇ!」

一匹の子まりさが、草むらの中を慌てて跳ね回る。
尻をブリブリと振りながら、何度も何度も懸命に跳ね続ける。
周囲の草は子まりさの背よりも高く、喋らずに這って逃げれば見つかる事無く逃げられるだろう。
だがそこは頭の足りないゆっくり。
わざわざ大声を張り上げて、跳ねる逃げると宣言している。
少年達は簡単に捕まえられる事が出来るのだが、あえて子まりさの周囲で大声を出したり、虫取り網を振り回して脅かす。

「ゆんやぁぁぁぁ!かわいーまりちゃをいじめにゃいでぇぇぇ!、まりちゃはおうちににげるのじぇぇぇぇ!!」

子まりさはそう宣言すると、泣きながらどこかを目指して跳ねていく。
ゆっくりは頭が悪いが、帰省本能はそれなりにある。
おうち宣言にも見られるように、「家」という物に対する執着はかなり強い。
家があればゆっくり出来るとか、他のゆっくりや人間から家を奪えばゆっくり出来ると考えるほど、「ゆっくりする」には家が必要だと考えている。
困った事や嫌な事があるとすぐに、「おうちかえる」と言うのはその為なのだ。

少年達は逃げる子まりさの後をのんびりと追いかけるのだが、子まりさは跳ねるのに必死で少年達に気がついていなかった。

「ゆびゃぁぁぁん!ゆびゃぁぁぁぁん!おとーしゃぁぁぁん!おかーしゃぁぁぁん!こわいのじぇぇぇ!ゆっくちしちゃいのじぇぇぇ!!」

涙と涎と汗を撒き散らしながら、歯を食いしばって必死に這いずり、必死に跳ね回る子まりさ。
途中で何度も動きを止め、あんよが痛い、ゆっくりしたいなどと泣き喚いて駄々をこねる。
すると少年の一人が手を叩いたり、大声を出して子まりさを脅かす。

「ゆっぴゃいぃぃぃぃ!ごめんなしゃいぃぃぃ!まりちゃ、おうちにかえるぅぅぅ!ゆえぇぇぇぇん!ゆえぇぇぇぇん!!」

驚いてしーしーを漏らすと、慌てて逃げ出す子まりさ。
だがそれも数cmほど進んだあたりで、再びゆんゆんと駄々をこねる。
そんな子まりさを見て苛立ちを募らせていく少年達。
少年の一人が子まりさを踏み潰そうとして、別の少年がそれを止める。
そんなやり取りを何回か繰り返し、ようやく子まりさは「おうち」にたどり着く。

「ゆびゃぁぁぁん!まりちゃのおうち!しゅてきなおうち!ゆっくちできるのじぇぇぇぇ!」

木の根元に掘られた大きな穴の前で、感動のあまり震えながらしーしーを漏らして大喜びする子まりさ。
少年の一人がその隙を突いて子まりさを捕獲すると、肩から下げた虫かごの中に子まりさを閉じ込める。

「ゆぅぅ?!まりちゃ、おしょらをてにいれちゃ………ゆっぴぃぃ?!なにこりぇぇぇぇ?!どーしちぇこんなことしゅるのぉぉぉ?!」

「ゆびゃぁぁ?!おねーしゃん!かわいーれーみゅを、たすけにきてくれちゃの?!」

かごの中には先客の子れいむがおり、ゆんゆんと泣きながら子れいむに寄り添う。
子まりさは状況が理解出来ずに、目を点にして子れいむを見つめて固まる。

「ゆゆぅ?…ゆぅーん…そーだったのじぇ…まりちゃは、けっきゃいをはずして、おもてにでて…いもーちょとおそとであそんでいたら、こわーいにんげんしゃんにおいかけられたのじぇ…」

「はっ…しょーだよ!おねーしゃんは、かわいーれーみゅをみすてて、にげたんだよ!…このくじゅぅぅ!どーしちぇ、れーみゅをみすてたのおぉぉ?!」

「ゆっぴぃぃぃ!ちがうのじぇ!まりちゃ、いいこなのじぇ!れーみゅをみすててないのじぇぇぇぇ!おうちにかえって、ゆっくちりたかっただけなのじぇぇぇぇ!!」

子れいむはワサワサと振るわせた揉み上げで、子まりさの頬を叩いた。
子まりさは痛みに思わず目を瞑り、ポロポロと涙をこぼして泣き始める。
それでも子れいむの怒りは収まらず、子まりさの両頬を交互に叩いていく。
子まりさは頬を叩かれる度に身を震わせ、言い訳にもならない戯言を必死に口にする。

少年達はそんな虫かご内の様子を気にも留めず、巣穴の前でゆっくり採集の準備を始める。
とは言ってもそれほど大掛かりな物ではない。
一人が虫取り網を巣穴の前に仕掛けると、もう一人が隙間が無くなるように網の周りに土を被せる。
そして更にもう一人が、音だけクラッカーを巣穴の方に向ける。

パーン!

『ゆっぴゃい!!』

「ゆっがぁぁぁぁぁぁ!!なんなのこのおとはぁぁぁぁぁぁ?!」

クラッカーの音を聞いて驚いた巣穴の中のゆっくり達が、大声で叫びだす。
しばらくすると大きな親れいむが一匹、巣穴から這い出て網に引っかかる。

「ゆぅぅぅぅ?!なんなのこれはぁぁぁ?!かわいいれいむが、うごきにくいでしょぉぉぉぉ!!」

網に掛かった親れいむは、揉み上げをワサワサと動かし網から脱出しようと試みる。
だが、そんな事で網から逃れられるはずがない。
それでも親れいむはゆんゆんと唸りながら、体をグネグネと動かし網の中でもがく。

「おかーちゃぁぁぁ!きょわいよぉぉぉぉ!!」

「ゆっぴぃぃぃぃ!ゆっぴぃぃぃぃ!!」

「みゃみゃー!みゃみゃー!」

親れいむに後れて、ゆんゆんガヤガヤと賑やかに騒ぎながら赤ゆっくり達が現れる。
その数5匹、れいむ種3匹にまりさ種2匹。
大泣きしているにも拘らず、のんびりと巣穴から這い出る。
そして網に捕まり、また泣き始める。

「にゃにこりぇぇぇぇ!ゆっくちできにゃいぃぃぃ!ゆんやぁぁぁぁぁぁ!!」

「おかーちゃ!たしゅけちぇぇぇぇぇ!ゆぴゃぁぁぁぁぁん!ゆぴゃぁぁぁぁぁん!」

赤ゆ達はぷりぷりと尻を動かしたり、揉み上げやお下げで網を叩いたりして親れいむに助けを求める。
だが親れいむは、赤ゆ達に構っている余裕がない。
網から出ようと必死だった。

「おぉ、大漁大漁!でもこのデカイのはいらないな。虫かごにも入らないし…どうする?」

「俺もいらねー。とりあえず、穴に戻して埋めとくか?」

「あー、面倒だからその辺に捨てとけばいいんじゃね?」

少年の一人が親れいむの揉み上げをつかんで持ち上げると、そのままハンマー投げのように放り投げた。

「ゆわぁぁぁぁ!おそらをとんでるみたー 『グチャ!』 ゆっでぶぇぇ?!」

眉毛をりりしく吊り上げ、嬉しそうに飛んでいく親れいむ。
そのまま勢いよく木にぶつかり餡子を吐いて気絶する。
少年達は親れいむを投げた時点で興味を無くしたのか、他のゆっくりの巣を探してどこかに行ってしまう。

「あっ!あれ、ありすじゃないか?捕まえて巣まで案内させるか?」

「えー、あれってれいぱーじゃないの?れいぱーは、汚い汁いっぱい出てるからさわりたくないな…」

そして次の獲物を見つけて嬉しそうに走っていった。





「ゆびゃぁぁぁぁん!たすけちぇよぉぉぉ!ゆっくちさせちぇよぉぉぉぉ!!」

「ゆぴぃぃぃぃ!みゃみゃー!みゃみゃー!ゆぴゃぁぁぁぁぁぁ!!」

「まりちゃはつよいのじぇ!はやくここからだしゃないと、まりちゃおこるのじぇ!だからおうちにかえしちぇよぉぉぉ!ゆびぇぇぇぇん!!」

「あみゃあみゃ?あみゃあみゃくれりゅの?!ゆわぁぁぁぁい!」

「ゆーん、ゆーん!おねーしゃぁぁぁん!どこいっちゃのぉぉぉぉ?!れーみゅはここだよぉぉぉ!!」

ダンボールの中でゆんゆんガヤガヤと騒ぐゆっくり達。
ウネウネと動き回ったり、しーしーを漏らしたり、箱から出ようと飛び跳ねたり、箱の隅に隠れるように頭を伏せて尻を振ったりしている。
少年達が捕獲したゆっくりをダンボール箱に集めたところ、ざっと30匹ほどの子、赤ゆっくりが一斉に騒ぎ出した。

「うるせーなこいつ等…ちょっと採りすぎたかな?」

「これだけいると気持ち悪いな。どうするこれ?誰か飼う?」

「うーん…俺はいらねーや。誰か食うか?全部持っていいぞー」

あまりの五月蝿さに顔をしかめる少年達。
面白がってゆっくりを捕獲したのはいいが、その後の事は考えていなかったのだ。

「どうする?逃がす?でも、勿体無いか?一応食えるし」

「俺は飼うのも食うのもパスな。こいつ等くせーし五月蝿いし、割ときたねーし。持って帰ったらかーちゃんに怒れるしな」

「全部潰すか?でもそれじゃ面白くないかな?こいつ等って特に使い道がないんだよなー」

少年達はゆっくりの処理について頭を悩ませる。
その間もゆっくり達は好き放題に泣き喚き動き回る。
大分緊張もほぐれたのか、コロコロと転がったり、のーびのーびと言いながら体を伸ばして楽しそうに遊ぶものも現れる。

「どうせなら、何か豪快に使いたいなー」

「うーん…豪快にかー………そうだ!いい事思いついた!おれんところの、じいちゃんちにもってくぞ!」

「え?何思いついたんだよ。教えろよ!」

「へへー!それは着いてからのお楽しみだよ!」

少年の一人がそう言うと、ダンボールを抱えて歩き出した。
他の少年もその後に続いて、楽しそうに会話をしながら歩き出す。



「うわ、くっせー!最悪だな!!」

「だろ?じいちゃんちってか、この辺りってまだボットンらしいんだ」

熱気と共に異臭が漂う汲み取り式のトイレ。
少年達もその匂いに、思わず顔をしかめる。
ここにゆっくりを持って来てする事はおそらく一つであろう。

「じゃあ、やるか!いくぞ!!」

『せーの!!』

少年達は持ってきたダンボールを傾けて、中に入っていたゆっくり達を外に出す。

「ゆわーい!おしょらおぉぉぉぉぉぉ…」

「れーみゅは、つばしゃをひろげちぇぇぇぇぇぇ…」

「みゃみゃぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!!」

「まりちゃは、おそらのおうじゃぁぁぁぁぁぁぁ…」

ゆっくり達はそのままダンボールから転げ落ち、便器にポッカリとあいた暗闇に吸い込まれていく。

「ゆっぴぃぃぃぃぃ!きょわいのじぇぇぇぇぇぇぇ!!」

「ゆんやぁぁぁぁぁぁぁ!おとーしゃぁぁぁぁぁぁ!!」

「れーみゅはおしょらのおひめしゃまぁぁぁぁぁぁ!!」

次々と後を追うように、真っ暗な穴に消えていくゆっくり達。
まるで滝のように落下していき、あっという間にダンボールは空になる。

「ゆぶっ……………くっしゃぁぁぁぁぁぁい!ゆっくちできにゃぁぁぁぁぁぁい!!」

「くらいのじぇぇぇぇぇぇ!こわいのじぇぇぇぇぇ!くしゃいのじぇぇぇぇぇぇ!!」

「ゆっげぇぇぇぇぇ?!ゆぶぶ!ゆげろぉぉぉぉぉぉぉ?!」

突然、闇の中から一匹のゆっくりの悲鳴が上がる。
そしてそれに答えるように、次々と他のゆっくり達が騒ぎ出す。
何も見えない恐怖。
体にまとわりつく、不快な臭いを放つ何か。
逃げようにも上手く体を動かせず、どこに逃げていいのかも分からない。
ゆっくり達に出来る事は、全力で悲鳴を上げる事だけだった。

「ゆびゃぁぁぁぁぁぁん!ゆびゃぁぁぁぁぁぁん!ゆっくちぃぃぃぃぃ!ゆっくちぃぃぃぃぃ!!」

「みゃみゃぁぁぁぁぁぁ!みゃみゃぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!!」

「うわ…すっげぇー!おもしれぇぇぇ!!」

「よし、逃げるぞ!!」

一人の少年が慌てて逃げ出すのを見て、他の少年達も一斉に駆け出す。
その背後からは、ゆっくりの悲鳴がゆんゆんと響き渡る。

「あはは!おもしれー!今度はもっと数を集めてからやろうか?」

「なにあれ?!恐怖の便所か?はははっ!」

「またやろうな!ぜったいだぜ!!」

少年達は大笑いしながら、全力でその場を去っていった。

なお、トイレから聞こえるゆっくりの悲鳴は、三日程止まらなかったそうだ。
聞こえてくるのはゆっくりの悲鳴なので特に怪談話にもならず、ただ迷惑な悪戯と言う事で終わったそうだ。






後日少年達は、50匹ほどの赤、子ゆっくりをトイレに流しているのをおじいちゃんに見つかり、少年達はお説教をされました。



anko3645.png


ゆっくりいじめSS・イラスト ※残虐描写注意!コメント(12)トラックバック(0)|

≪前の記事 オーディション
≫次の記事 クリスマスとゆっくり

コメント

4003:

「帰省本能」じゃなくて「帰巣本能」だろ

2013/01/29 12:58 | 名無しさん #X.Av9vec URL [ 編集 ]
4005:

ボットン便所に落とした後の描写が全カットのままENDとか中途半端すぎてゆっくりできない

2013/01/29 13:45 | 名無しさん #- URL [ 編集 ]
4007:

↑妄想でカバーすれば問題ない

2013/01/29 14:10 | 名無しさん #- URL [ 編集 ]
4009:

ゆっくりが嫌われる理由を挙げてみた
1,人間を格下扱い
2,赤ゆは世界が自分をゆっくりさせて当然と思っている
3,自分が世界一最強&かわいいと信じて疑わない
4,お家宣言や全ての物が手に入ると思ってる
5,生意気&バカ&無能
6,クソ弱いのに希望を持ってるからぶっ潰したくなる
はどなど

2013/01/29 18:48 | 名無しさん #- URL [ 編集 ]
4010:

>>4009
それゆっくりが嫌われる理由ってかれいむとまりさ限定の話な気が・・・

2013/01/29 19:12 | 名無しさん #- URL [ 編集 ]
4013:

まだあるぞ  
ゆっくりのルールは世界のルール
世界は自分を中心に回っていると思っている
自分さえよければどうでもいい
などなど

2013/01/29 19:45 | 名無しさん #- URL [ 編集 ]
4017:

ゆっくりはゆっくりでもゆっくり虐待のゆっくりとオリジナルゆっくりやゆっくり動画のゆっくりは全くの別物だってことは理解しておけよ?
そこをごっちゃに考えてニコやつべでゆっくり虐待を話題に出すやつが多く見られる
餡子脳だとか糞饅頭とかぺにまむうんしーとかな

ああいう人の多くいる場でゆっくり虐待を持ち出すのは自滅行為だと理解するべき
ゆ虐は表舞台に出ちゃいけない嗜好だ
空想とは言え生き物を殺して楽しむ娯楽なんだから不快に思う人の方が正しい感性を持ってると言える
ニコニコ大百科でも批判の方が多いことからもそれは解る
批判を受けても反論や正当化なんて絶対に出来ないししちゃいけない
もしも神主がゆ虐について知ったら間違いなくNGを出すだろう
二次創作とは言え自分の作ったキャラクターを元にした生き物が虐待を受けるんだからいい気持ちがするわけがないからだ
そうなればそこでゆっくり虐待は終わりだ
そうならないためにも日陰者に徹しなきゃダメなんだ

おまえらが本当にゆっくり虐待を心から愛する鬼威惨悪姐惨なら解ってくれると信じてる

最近ゆ虐アンチと思われる批判コメントがいくつか書き込まれるから注意喚起してみた

2013/01/30 00:03 | 名無し #- URL [ 編集 ]
4022:

海外の画像サイトで「ゆっくり」と入力すると
東方系とごちゃまぜで画像が出てくるのだが、
ゆっくりと東方の区別が付いてないのか?

2013/01/30 04:26 | 名無しさん #- URL [ 編集 ]
4025:

日本人ですら区別ついてない人が多いんだから、外国人は言わずもがなでしょ
つーか元が同じなんだから一緒くたにしてしまうのも仕方ないかと

2013/01/30 08:22 | 名無しさん #- URL [ 編集 ]
4028:

ニコやつべ(笑)

2013/01/30 12:55 | 名無しさん #- URL [ 編集 ]
4031:

ニコ厨(ドヤッ)

2013/01/30 18:18 | 名無しさん #- URL [ 編集 ]
4033:

>>4010
れいむ&まりさのみということ書くの忘れてたわ

2013/01/30 19:41 | 名無しさん #- URL [ 編集 ]

コメントの投稿

名前
題名
メールアドレス
URL
コメント

パスワード
Secret
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

ブログ TOP