FC2ブログ
TAG index

プロフィール

kubota.K

Author:kubota.K
~サイト概要~

2chのスレやゆっくりスレ、話題の記事ややる夫AAシリーズ等、気になった記事を総合的にまとめるサイトです!

よろしくお願いします!

about

『BuZZ Plus News』
バズプラスニュース

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

やる夫でドラクエ6(完結) (37)
ゆっくりいじめSS・イラスト ※残虐描写注意! (966)
ゆっくり愛でSS・イラスト (662)
やる夫でGPM(完結) (46)
やる夫が遺跡を守るようです(完結) (57)
実装石虐待系作品 (119)
やる夫がヒットマンになるようです(完結) (15)
やる夫が3つの珠を探すようです(完結) (26)
やる夫はリィンバウムに召喚されたようです(サモンナイト) (53)
やる夫がヴァレリアを平和にするようです (7)
やる夫は人気作者になりたいようです (2)
【クマー】二人の秘密【澪】(完結) (4)
やる夫が大破壊後を生き抜くようです(メタルマックス・第一部完) (11)
やる夫達は文化祭でバンドるようです(完結) (27)
やる夫達は広島でB級グルメを食べ尽くすようです(完結) (13)
やる夫とやらない夫で月旅行に行こう(完結) (18)
やる夫とやらない夫と漫画家シリーズ(完結) (12)
やらない子の周りは中2病患者(完結) (12)
【DTB】 契約者やらない夫  ―荒野の春紫苑― 【オリジナル】 (6)
DIOえもん(完結) (6)
そっきょうたんぺんすれ(完結) (8)
風魔のやる夫 (5)
東京が死んで、やる夫が生まれた(真・女神転生Ⅲ) (14)
ファイやる夫ムブレム(再録) (16)
やる夫が囲碁の幽霊に会うようです (3)
やる夫は誰かを助けるのに理由はいらないだそうです(FF9) (17)
やる夫たちの周りには愛が満ち溢れているようです (3)
やる夫の屍を越えてゆけ(俺の屍を超えてゆけ) (6)
その他やる夫短編 (58)
スレまとめ(事件) (1)
スレまとめ(ニュース) (36)
スレまとめ(趣味) (82)
SS (21)
しぃ系AA作品(虐待・虐殺) ※残虐描写注意! (88)
南ことり (21)
のんたぬ (0)
雑多 (1983)
管理人からのお知らせ (11)
未分類 (18)
う虐 (2)








検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

2313:まりちゃ復活

2013/01/31 (Thu) 07:00
さむーい冬

今日もこの街のあちこちでゆっくりが寒さと飢えに苛まされていた


「しゃむいいいい!ゆじぇえええん!!しゃむいのじぇええっ!!」

「ゆびええええん!おにゃかしゅいたああ!ゆっぐじじたいよおお!」


薄汚い体をした一口まんじゅう大の子ゆっくり、れいみゅとまりちゃが、繁華街の路地裏の片隅
放置されたまま錆だらけの壊れたエアコンの室外機のそばで、悲鳴混じりの不満をぶちまけていた


「おちびちゃん、ゆっくりだよ、ゆっくりいい!」


二匹の親だと思われる、子ゆっくりに負けないくらい薄汚いバレーボール大のれいむが、
わめき散らす我が子を必死になだめているが焼け石に水

朝から今年一番の冷え込み、おまけに北北東の風、風速8メートル
遮蔽物もろくにない路地裏でただでさえ栄養状態の悪い子ゆっくりにとってはもはや拷問に久しい


「ゆびいいい!なにかたべたいのじぇえええ!おにゃかずいだあああ!!」

「きゃわいいれいみゅがざむいざむいだよおおお!おがあじゃああん!!たじげでええ!!」


「ゆううう…がまんしてね、もうすぐまりさがごはんさんをもってかえってくるよおお!」

「までないのじぇええ!ごはんじゃんたべたいい!あまあまだべだいいい!!」

「れいみゅもあまあまあああ!あばあばああ!ゆびいいいいざむいいい!!」


「ゆあああ!まりざああ!!なにじでるのおおお!!このままじゃおちびじゃんがあああ!!」


ついに親のれいむも子ゆっくり同様に泣きわめきだした、子育てのうまさを自称するれいむ、
本来なら子供を制御するのが役割のはずだが所詮はこんなもの

だがそれも無理はないことかもしれない、一昨日ひからびたパンの耳、おそらくはサンドイッチショップが
ゴミ出ししたときに偶然落ちた数本を、これまた運良くつがいのまりさが持ち帰って以来何も口にしていなかった、

これでは燃費の悪い子ゆっくりはおろか、成体のゆっくりでも不満が高まるのは当然だった

れいむのつがいであり、二匹の親でもあるまりさが狩りから帰ってくるのを待ち続け
哀れで無様な三匹はゆんゆんぎゃあぎゃあと耳が腐るようなコーラスを奏でだした


三匹は知るよしもないが、予定ではた・く・さ・んのごはんさんを持ち帰るはずのゆっくりまりさが戻ることはけしてない

なぜか、

最強の父親(自称)狩りの名人(自称)であるまりさは
三匹がいる場所から徒歩で4~5分ほどの場所、公園脇のゴミ収集場所付近の路上で
中身のアンコをぶちまけて自慢の黒い帽子ごとぺちゃんこになっているからだ

その日まだ回収前の生ゴミの袋に運良く出くわしたまりさは、のらゆっくりの悪行の一つであるゴミあさり
すなわちゴミ袋を枝で切り裂きまんまと生ゴミの狩りに成功したのもつかの間、
後ろから近づいてきたゴミ収集車に挽き潰されたのだ

ゴミ収集の作業員は今年一番の冷え込みの中、最後の収集場所のゴミを回収するのに夢中だったのと
日々の疲労も重なってまりさを挽き潰したことに気づかなかった

その上まりさが食い破ったゴミ袋から生ゴミがあふれ出していため
その後始末に追われて悪態をつきながらその場を走り去った

誰かが気づけばまりさの死骸もやがて処分されるかもしれない
あるいはカラスの餌か

いずれにしろゴミとしての終わりをむかえることだろう



そんなことになっているとはかけらも想像できない、残された大小の汚れまんじゅう三匹は相変わらず泣き続けていた


「…ゆええ…おなぎゃずいだ…ゆええ…ゆええ…」

「ゆびいい…ゆっゆっ…」


変わったことと言えば子ゆっくりの鳴き声がだんだんか細くなったことだ、
泣きわめいたことで残り少ない体内餡がつきかけているのだろう

れいみゅとまりちゃ、ギョロギョロとした眼ばかり大きい典型的な栄養失調の顔が力なく地面に近づく


「おじびじゃああん!じんじゃだめだよおおお!まりざあああ!!なにじでるのおおお!!!おじびがあああ!!!」


れいむはといえばいよいよ危ない我が子の状態に動揺し絶叫した


「おじびじゃんがじんじゃうう!はやくなにがたべさせないど!!ゆうううもうこれじがないよおう!!」


れいむは何かを覚悟したような表情になると今まさに死の淵にある子供達に叫んだ


「おぢびじゃん! こうなっだらおかあさんはおたべなさいをするよ!!
おかあさんをたべてまりさががえってくるまでがんばっでねええ!!」


「ゆうう…おがあじゃ…」
「ゆっくじ…ゆゆ」


子まりさはさすがに母親の爆弾発言に顔を上げて何かを言いかけるが、
子れいむのほうは早くも非ゆっくち症の発作を起こしかけているらしく言葉が出ない


「まりざがかえってきたらつだえでねええ!!れいぶは…れいむは
まりさのこともおじびじゃんのこどもだいすきだったってえええ!!!」


涙で顔面をぐしょぐしょにした薄汚い醜悪な笑顔浮かべながられいむは我が子に湯呼びかける


「おかああじゃああん…ゆっぐじいい…」


子まりさがかすれた声で絶叫する、子れいむもまたのろのろと顔を上げて何とか母親のほうを見上げた



「さあ、おたべなさなさぎゅびゅぼ!!」



我が子に最後のほほえみをむけると「おたべなさい」と叫ぼうとした親れいむ
だが言い切る前に額の部分が爆発したように弾け両目が勢いよく飛び出した

そして涙とよだれだらけの小汚い顔に、情けない表情を浮かべた子ゆっくりのれいむとまりちゃに、
親れいむの皮膚が餡子が髪の毛がお飾りが破片となって降りかかった


「やったー!」
「すげえ!ストライクじゃん」


当然といえば当然だがゆんゆんぎゃあぎゃあ大声で泣きわめいていたために、
ゆっくりの最悪の天敵、小学生悪ガキボーイズを呼び寄せてしまったのだ

親れいむの顔が爆発したように砕けたのは二人組のバッドボーイズの一人が投げた小石が、
みごと命中したためだった


「ゆっ…ゆび?…」
「お…きゃあしゃ…ゆっ?」


子ゆっくり二匹は状況が飲み込めず目の前にあるかつては母親だったもの、
いまは物言わぬ崩れまんじゅうをしばらくの間馬鹿面で見つめていた


「…お…おぎゃあああじゃああ!」
「にゃんでぇぇ…!」


ようやく事態が飲み込めた二匹は絶叫した、なんで、どうして、
お食べなさいをして自分たちを助けようとした母親が目の前で無惨な骸と化したのかと


「おきゃ…うげえええ…くじゃいいい…」


子れいむが惨殺死体となった母親ににじり寄る、
だがその瞬間弱った体をビクンと大きく震わせると激しく嘔吐を始めた

ゆっくりだけが敏感に感じ取る例の死臭を嗅いだためだ、
そして元々餓死しかけていた子れいむにとってそれは致命的なダメージだった


「げええ…げえ…もっちょ…ゆ…」


体内のなけなしの餡子をちっぽけな中枢餡とともにあらかたはき出してそれきり子れいむは動かなくなっていた


「あれ、なんだよ、小さいの一匹しか残ってないぞ」

「ほんとだー どうすんのこれ」

そこら中に小汚い皮とアンコが散乱した惨状に顔を見合わせる子供達

「どぼじで…」

「あん?」

たった一匹残った子まりちゃが薄汚い泣き顔で二人を見上げ叫んだ

「どぼじでごんな…まりちゃのおきゃーしゃんといもうど…なんでえええ!」

瀕死の状態のまりちゃは精一杯の声を張り上げて、この理不尽な仕打ちを糾弾した

「なんでごろじだのおお! まりちゃだちなんじもわりゅいごどじでないでしょおおお!」

「うるせーよ」

スニーカーのつま先で石を投げた少年の方が軽く子まりちゃを蹴り転がした
それだけでコロンと文字通り石ころのようにころがる子まりちゃ

「いびゃいいい!!」

「おまえらがぎゃあぎゃあ喚くのが悪いんだよ! うるせえんだよ!ゆっくりは!」

「そうだそうだ!ゆっくりはうるさい!ゆっくりは死ね!」

「いびゃいいい!ゆっゆっ…」

泣きわめく子まりちゃをつま先を器用に使って潰さない程度の力加減で転がす二人
子供達にとってはじゃれているに等しい行動だが、とうの子まりちゃにとっては暴力の雨あられだった
餓死寸前の子まりちゃの体力はあっという間に尽きていく

「…ゆっ…ゆっ…」

ついに息も絶え絶えの子まりちゃはぐったりとうつぶせのまま小刻みに震えるだけとなった

「あーもう死ぬな こいつ…」

「もろい!もろすぎる!ゆっくりまんじゅう!」

「ギャハハハ」

「でも…この死骸片付けないと怒られるよね」

「う…」

ゆっくりを殺しても潰してもいいけれど後片付けはちゃんとする、
それが彼らの通う学校を含むこの街のルールだった

しかし誰だってゆっくり殺しは大好きだが、小汚い死骸を片付けるのは気が進まない
思わず顔を見合わせる少年二人


「そうだ…どうせ片付けるなら面白くやろうぜ」

「えっ? どうやって?」

「ちゃっちゃらっちゃーちゃーちゃー ポポポポーン オレンジジュースううう!」

「あれ、給食に出てきたやつじゃん 飲まなかったんだ」

「これまずいメーカーのだからな まあみてろ」

そういうと石を投げた少年はジュースバックを開けてマジで死んじゃう5秒前の子まりちゃに振りかけた

「…ゆ…ゆゆゆ…なにこれ!あまあま!あばあばだああ!まりちゃふっかつうう!だいふっかつうう!」

少量のオレンジジュース、ゆっくりにとっての万能薬、が体にしみこんだ途端、
あれほど惨めったらしい顔と姿の子まりちゃに劇的な変化をもたらした

「まりちゃはふっかつしたよお! ふじみでごめんねえええ!」

ぴょーんと飛び上がるとドヤ顔で、元気いっぱいの声で叫ぶ子まりちゃ、
それを見下ろす少年の目は怒りのあまり瞳孔が開ききっていた

そのまま足を振り下ろし子まりちゃを一気に踏みつぶしてしまってもおかしくなかった

だが

「申し訳ありません まりちゃさまあ!」

「ゆ?」

オレンジジュースを振りかけた方の少年が棒読みで叫ぶと驚いてその姿を見上げる子まりちゃ

「ゆっくり反省しましたー(棒) 今のジュースはお詫びの印ですー(棒)」

「ゆゆ…やっとはんせいしたんだね!
ほんとならさいきょうのまりちゃが
えいえんにゆっくりさせるところだけど
まりちゃはか・ん・だ・い・だからふたりとも
ゆるしてどれいにしちぇあげるね」

偉そうにふんぞりかえって大声で宣言する子まりちゃ

オレンジジュースを使った少年の肘をもう一人の少年が小突いて「正気なの?」と小声で訪ねる

それに片笑いで目配せすると「まりちゃさまー(棒)どれいにしていただくまえにー(棒)
くそれい…おかーさんといもうとさんをすて…まいそーしてあげたいのですがー(棒)」と
抑揚のない声で言う少年

その微妙な様子にもちろん馬鹿で調子乗りの子まりちゃが気づくはずもない

「ゆっ! そうだよ! つみほろぼしにおはかをつくってね! 
それからまりちゃをつれてかえってかいゆっくりにしてね!
そしたらあまあまをいっぱいもってきてね!
けーきしゃんじゃないとせーさいするよ!
それからびゆっくりもよういしてね!
それから…」

べらべらとキンキン響く耳障りな声で虫のいい要求を繰り返す子まりちゃ

二人の少年はこめかみの血管がぶち切れそうになりながら、
それでも一人が子まりちゃを片手に乗せ
もう一人の子まりちゃを蘇生させた方の少年が
少し離れたところに設置されている
ゆっくり専用ゴミ箱備え付けのスコップを取りに走った

「よっこらしょ!結構重いなあ」

「ゆ! なにしちぇるの! まりちゃのおかあさんといもうちょ もっとていねいにあつかうのじぇ
まったくつかえないどれいなのじぇ」

ついさっきまでの瀕死の状態は嘘のように、ゆっくり特有の根拠のない尊大さと
愚鈍な横柄さを振りまきながら少年の手のひらで喚き散らす子まりちゃ

背を向けてスコップで死骸を掬い上げて
専用ゴミ箱に放り込む少年の肩が小刻みに震えていた

怒りが憤怒の感情がその小柄な体を締め付ける

「おわりましたー(棒)まりちゃさまー(棒)」

作業を終えて振り向いた少年は能面のような顔と抑揚のない声でそういった

その怒りのゲージが頂点に達している雰囲気は
さっきから子まりちゃを手のひらにのせたままで
いい加減かったるくなってきたもう一人の少年が思わずひるむほどだった



馬鹿という小麦粉の皮がアンコをくるんでうごいているのがゆっくり

その中でもさらに馬鹿の最右翼である子まりちゃが気づくはずもなかった

「おそいのじえええ!つかえないどれいなのじえええ!
もういいからおまえはあまあまもってこい!そしたらすぐしぬのじぇ!」

大声でよだれをまき散らしながらわめき散らす子まりちゃ

それをよそに少年二人は無言で頷きあうと、子まりちゃを乗せて運んでいた少年がその手のひらをくるりと返した

「ゆ!? まりちゃ!おしょらをとんでるのじぇ!まりちゃはてんしにうまりかわ ぶぎょ!!」

聞いただけで激怒しそうな台詞をともに落下するこまりちゃ
そしてアスファルトの上に顔面から着地した

「ゆ…ゆ…  ゆぎゃあああ!まりちゃのしんじゅもうらやむはぎゃあああ!!」

黄ばんだ飴細工の歯が何個か折れて転がり、痛みと衝撃でまりちゃは転げ回って泣きわめく

「なにずるうだじぇええ! おまえびだいなくぞどれいはすぐしぬんだじぇええ!」

自分を落とした少年を短いお下げで指しながらわめき散らす子まりちゃ

「まりささまー だいじょぶですかあああ(吹き出しながら)」

そういってまたオレンジジュースを少量振りかける

「ゆゆっ! まりちゃふっかつ! だいふっかつうう!」

「ああうぜえ」

子まりちゃがドヤ顔で再び叫ぶとすかさずその後頭部をつま先で蹴り転がした

「いだいい!」

無理もないことだが怒りのあまり力加減を間違えた少年

衝撃で子まりちゃの右目が飛び出して転がる

「まりちゃのおめめがあああ!しんじつをみつめるたかのめがああ!」

「鷹が聞いたら泣いて怒るぞ」

「まりささまーだいじょうぶですかあああ(嘲笑しながら)」

また降りかかるオレンジジュース

「ま…まりちゃふっかちゅ…」

さすがに飛び出した右目は元に戻らないがそれでもヨロヨロと起き上がろうとする子まりちゃ

「ああうぜえ(爆笑しながら)!」

「ゆびょ!」

少年のつま先が今度は子まりちゃの顔面に突き刺さる、

その衝撃で残りの歯が砕け散り薄汚れた黒帽子が吹き飛んだ

「まりちゃのひゃがああ ゆっくりじだおぼうじぎゃあああ!」

転がった帽子をすかさず踏みつけ、その足を右に左にスイングさせる少年、

ナイスアシスト!

「まりちゃさまーだいじょうぶです ぶはははは」

降り注ぐオレンジジュース

「まりじゃ… ふっがじゅ…」

「ああうぜえうぜえ」

げしげし

どぼどぼ

まりじゃ…ふっか…

げしげし

どほどほ

ふっかじゅ…

げしげし


「…ゆ…ゆ…」

10分後
そこに調子こいてふんぞり返っていた子まりちゃの栄光の姿はなかった

代わりに泥だらけの傷だらけ
歯は残らず砕け散り両目が吹き飛び
自慢(笑)の金髪が斑はげになり、
お飾りもお下げも失った哀れな痙攣まんじゅうがいるだけだった

栄枯盛衰世の習い 驕るまりちゃは久しからず

「あージュースもうねーな」

「でももうジュースかけてもだめだろうね」

「ゆ…ゆぎ…」

「結構楽しめたな またやろうぜ」

「…ゆ…ゆ…」

「そうかそうか まりちゃも賛成か」

「…」


そしてゆっくりゴミ箱に心底汚そうにつまみ上げたこまりちゃを放り込むと

「せめてもの慈悲じゃ…」と吹き出しながらちょっぴり残ったジュースのしずくを
ゴミ箱に振りかけ大笑いで駆け出す少年達

そのすがすがしい後ろ姿が遠ざかったあとゴミ箱の中では小さな奇跡が起きていた

降りかかった微量のオレンジジュースが危篤状態の子まりちゃの意識をわずかにとりもどし、

「もっちょゆっぐりじだかっじゃ…」

とテンプレを呟いてそれきり二度と動かなかった

奇跡終了ー

おしまい

ゆっくりいじめSS・イラスト ※残虐描写注意!コメント(15)トラックバック(0)|

≪前の記事 撫でてよし
≫次の記事 オーディション

コメント

4038:

無意味なメタ表現が気になってゆっくりできないよ!

2013/01/31 09:55 | 名無しさん #- URL [ 編集 ]
4039:

この人、歯を一本二本じゃなくて一個と数えるんだな。
最初のあたりの「拷問に久しい」は「拷問に等しい」だね。
なんにしろ、文章にある修飾表現が冗長すぎる。

2013/01/31 10:34 | 名無しさん #- URL [ 編集 ]
4040:

>>4039
そういう普通の誤字はまだマシなほう


駄目なまちがいってのは

時系列が入れ替わってたり(夜の出来事だったはずが昼間の出来事になっていたり)、
両目が衝撃で吹き飛んでるはずなのに後になってアマギる拷問を加えていたりする、
作者が自分で書いた内容を忘れている系のミスと、

2311:ゆっくり採集 みたいな

>かごの中には先客の子れいむがおり、ゆんゆんと泣きながら子れいむに寄り添う。
>子まりさは状況が理解出来ずに、目を点にして子れいむを見つめて固まる。

この>>泣きながら子れいむに寄り添う は 子まりさでないとおかしい

誤字というより筆記間違い系のミス

こういうのは読むのに集中できなくなるので一番うんざりする

2013/01/31 12:03 | 名無しさん #X.Av9vec URL [ 編集 ]
4041:

ゆっくりの声ってかなりうるさい上に人をイライラさせる波長まで含んでるんだよな
そんな不快音をギャーギャー垂れ流すゆっくりが町中にゴロゴロしてるのを想像してぞっとした
ノイローゼになる人が大勢いるんだろうな‥‥
ゆっくり生えてこねーかなとか思ってたけどやっぱりごめん被るかも

2013/01/31 15:16 | 名無し #- URL [ 編集 ]
4042:

他人がノイローゼになろうが知ったことじゃないね!
俺は嬉しいからゆっくり生えてきてね!!すぐでいいよ!!

2013/01/31 17:17 | 名無しさん #- URL [ 編集 ]
4043:

俺もゆっくりは生えてきていいとおもうよ!ゆっくり生えてきてね!

2013/01/31 17:26 | 名無しさん #- URL [ 編集 ]
4046:

ゆっくり(希少種、ゲスを除く)は生えてきてね・・・



糞饅頭・ゲスなおことわりだよ!!

2013/01/31 20:47 | 名無しさん #- URL [ 編集 ]
4047:

給食のオレンジジュースのくせに大容量過ぎて笑ってしまった

2013/01/31 20:56 | 名無しさん #- URL [ 編集 ]
4048:

これ書いたのSS作家の新人さんなのぜ…
ゆっくり将来さんが楽しみなのぜ!

2013/01/31 21:18 | 名無しさん #- URL [ 編集 ]
4050:

やっぱこういうのはキモいコメント欄も含めて1つの作品なんだなと思いました。

2013/02/01 01:57 | 名無しさん #- URL [ 編集 ]
4106:

ゲスじゃないゆっくりとか論外でしょおおお
馬鹿なの死ぬのおおおおおお

2013/02/03 15:56 | 名無しさん #- URL [ 編集 ]
4390:

野良まりちゃ復活ッ
野良まりちゃ復活ッ
野良まりちゃ復活ッ
野良まりちゃ復活ッ

2013/02/16 18:30 | 名無しさん #- URL [ 編集 ]
4405:

×ゆっくりいじめ
〇糞饅頭(糞袋)虐殺

2013/02/17 11:48 | 名無しさん #- URL [ 編集 ]
6481:

調子に乗るのはゲスとまではいかないまでも善良でもない
まあ赤ゆ如きに人間の方が強いなんて理解できないだろうがな

2013/04/30 19:16 | 名無しさん #- URL [ 編集 ]
9332:

は、はあ

2013/07/25 01:48 | 名無しさん #- URL [ 編集 ]

コメントの投稿

名前
題名
メールアドレス
URL
コメント

パスワード
Secret
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

ブログ TOP