FC2ブログ
TAG index

プロフィール

kubota.K

Author:kubota.K
~サイト概要~

2chのスレやゆっくりスレ、話題の記事ややる夫AAシリーズ等、気になった記事を総合的にまとめるサイトです!

よろしくお願いします!

about

『BuZZ Plus News』
バズプラスニュース

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

やる夫でドラクエ6(完結) (37)
ゆっくりいじめSS・イラスト ※残虐描写注意! (966)
ゆっくり愛でSS・イラスト (662)
やる夫でGPM(完結) (46)
やる夫が遺跡を守るようです(完結) (57)
実装石虐待系作品 (119)
やる夫がヒットマンになるようです(完結) (15)
やる夫が3つの珠を探すようです(完結) (26)
やる夫はリィンバウムに召喚されたようです(サモンナイト) (53)
やる夫がヴァレリアを平和にするようです (7)
やる夫は人気作者になりたいようです (2)
【クマー】二人の秘密【澪】(完結) (4)
やる夫が大破壊後を生き抜くようです(メタルマックス・第一部完) (11)
やる夫達は文化祭でバンドるようです(完結) (27)
やる夫達は広島でB級グルメを食べ尽くすようです(完結) (13)
やる夫とやらない夫で月旅行に行こう(完結) (18)
やる夫とやらない夫と漫画家シリーズ(完結) (12)
やらない子の周りは中2病患者(完結) (12)
【DTB】 契約者やらない夫  ―荒野の春紫苑― 【オリジナル】 (6)
DIOえもん(完結) (6)
そっきょうたんぺんすれ(完結) (8)
風魔のやる夫 (5)
東京が死んで、やる夫が生まれた(真・女神転生Ⅲ) (14)
ファイやる夫ムブレム(再録) (16)
やる夫が囲碁の幽霊に会うようです (3)
やる夫は誰かを助けるのに理由はいらないだそうです(FF9) (17)
やる夫たちの周りには愛が満ち溢れているようです (3)
やる夫の屍を越えてゆけ(俺の屍を超えてゆけ) (6)
その他やる夫短編 (58)
スレまとめ(事件) (1)
スレまとめ(ニュース) (36)
スレまとめ(趣味) (82)
SS (21)
しぃ系AA作品(虐待・虐殺) ※残虐描写注意! (88)
南ことり (21)
のんたぬ (0)
雑多 (1983)
管理人からのお知らせ (11)
未分類 (18)
う虐 (2)








検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

2328:かわいいれーみゅ

2013/02/09 (Sat) 20:00
「ゆんゆんゆ~ん!ゆっくちゆっくち、ゆっちっち!ゆっくちしていっちぇね!」

突然少女の前に飛び出す一匹の子ゆっくり。
わざとらしく尻をプリプリと振りながら、片目を瞑ってウネウネと体をくねらせる。
そして少女の顔を見上げると、自信たっぷりといった様子で得意げに眉毛を吊り上げる。

「ゆぅぅぅぅん!おちびちゃん、とっても、とーってもかわいいよぉぉぉ!」

子れいむに続いて、今度は親れいむが少女の前に姿を現す。
親れいむは満面の笑みを浮かべて、子れいむを褒め称える。
二匹とも全体的に薄汚れた、何処から見ても野良ゆっくりである。
二匹はお互いの顔を見て満足そうに微笑むと、今度はニヤニヤと少女を見下すように笑い始める。

「ゆっぷっぷ!みちぇみちぇ、おかーしゃん!このにんげんは、れーみゅのかわいさにおどろいちぇ、しょっくでしんじゃったよ!」

「しかたないよおちびちゃん!おちびちゃんは、せかいいちのびゆっくりだからね!でも、どうしてもっていうなら、かいゆっくりになってあげてもいいんだよ!」

どうやらこの親子は、子れいむの可愛さを使って飼いゆっくりになろうと考えているようだ。
少女はそんな二匹を見て一言呟く。

「………可愛くない」

『ゆゆ?!』

少女の言葉に一瞬固まる野良れいむの親子。
その言葉を回転の鈍い頭で理解すると、途端に顔を真っ赤にして怒り始める。

「ゆっぷぅぅぅ?!なにいっちぇるのぉぉぉぉ?!れーみゅはしぇかいいち、かわいーゆっくちなんだよぉぉぉ!!」

「そうだよぉぉぉ!おちびちゃんは、ゆっくりのてんしさんだよぉぉぉ!ゆっくりのようせいさんだよぉぉぉ!どこがかわいくないっていうのぉぉぉ?!」

頬を膨らませて揉み上げをブンブン振り回し、唾液を撒き散らしながら文句を言うれいむ親子。
だが少女はそんな親子の怒りに興味がない様子で、淡々と親れいむの問い掛けに答える。

「どこって?まず、このリボンが可愛くないわ」

少女はそう言うと、子れいむからリボンを取り上げる。
子れいむは一瞬何をされたのか理解出来ずに固まるが、すぐさま狂った様に跳ねながら泣き始める。

「れーみゅのおりぼんしゃん!ゆっくちしたおりぼんしゃん!しゅてきな、かわいーおりぼんしゃん!かえしちぇ!かえしちぇよぉぉぉ!!」

舌を伸ばして必死に少女からリボンを取り返そうと跳ねる。
親れいむもそんな少女に怒り、少女を威嚇する。

「なにじでるのぉぉぉ?!おちびちゃんの、かわいいおりぼんをかえしてね!れいむはおこっているんだよぉぉぉ!れいむはおこるとこわいよぉぉぉ!!」

「こんなに汚いリボンなのに大事なの?こんなに可愛くないのに大事なの?」

「ゆっがぁぁぁぁ!なにいっでるのぉぉぉ?!かわいいでしょぉぉぉ?きたなくないでしょぉぉぉ?!それがないと、おちびちゃんがゆっくりできないでしょぉぉぉ?!」

その場で何度も飛び跳ねながら、少女を睨み付ける親れいむ。
少女はそんな親れいむに怯える様子もなく、そのままリボンを手で千切り始める。

「ゆんやぁぁぁぁ!れーみゅのおりぼんしゃん!かわいーおりぼんしゃん!ゆっくちぃぃ!ゆっくちぃぃぃぃ!!ゆびゃぁぁぁぁぁぁぁ!!」

「ゆわぁぁぁぁぁ!!どぼじでこんなことずるのぉぉぉぉ?!おちびちゃんの、かわいいおりぼんがぁぁぁぁ!!」

「あれ?可愛いのはこのリボンだけ?やっぱりそいつは、可愛くないのね」

『ゆゆぅ?!』

少女の言葉に涙目で固まる親子。
そして次の瞬間に、猛烈に講義を始める。

「なにいっちぇるのぉぉぉぉ!れーみゅはかわいーゆっくちだよぉぉぉ!ゆっくちのあいどりゅだよぉぉぉぉ!!」

「おちびちゃんは、かわいいにきまっているでしょぉぉぉぉ?!にんきとうひょうでも、いちばんかくていだよぉぉぉぉ!!」

「そう?ならやっぱり、この汚れた可愛くないリボンはいらないわね」

少女は楽しそうに鼻歌を歌いながら、子れいむのリボンをバラバラにして捨てた。
子れいむは舞い落ちるリボンの残骸を、悲しそうな顔で見つめている。

「あとね、このワサワサしてるのも可愛くないわ。キモイのよ」

少女は悲しみに震える子れいむの揉み上げを指で摘むと、そのまま一気に引き抜いた。

「ゆんぴゃぁぁぁぁぁぁ?!いちゃいぃぃぃぃぃぃ!れーみゅのしゅてきなぴこぴこしゃんがぁぁぁ!ゆびぇぇぇぇぇぇん!!」

「ゆぅぅぅぅ?!なにじでるのぉぉぉぉ?!おちびちゃんの、かわいいぴこぴこさんがぁぁぁぁぁ?!」

揉み上げを引きちぎられた痛みに顔を歪め、ポロポロと涙をこぼす子れいむ。
親れいむはまたも少女を怒鳴りつけるが、少女は相変わらずの態度で淡々と問いかける。

「何?可愛いのは、この気持ち悪いワサワサだけ?違うんでしょ?なら、無くなっても良いじゃない」

「ゆぅぅ?!それは!ゆぅ…ゆぐぐぐぐぐぅ!ゆぎぃぃぃぃぃ!ゆっがぁぁぁぁぁぁ!!」

「ゆんやぁぁぁぁぁ!おかーしゃ!たすけちぇよぉぉぉ!かわいれーみゅが、いじめられてりゅんだよぉぉぉ!たすけちぇよぉぉぉ!!」

少女の言葉に親れいむは悔しそうに唇を噛みながら、両目をグルグルと回して唸り声を上げる。
何かを言い返そうと考えているのだが、特に良い案も浮かばずに頭を悩ますばかりであった。
子れいむはそんな親れいむに助けを求めるが、悩む親れいむには聞こえていなかった。

「ゆぅぅぅ!このくしょお…ゆっぎゃぁぁぁぁ!いちゃいぃぃぃ!ぴこぴこしゃんひっぱらにゃいでよぉぉぉ!いちゃいっていってるでしょおぉぉ!ゆっびゃぁぁぁぁぁぁ!!」

ブチブチと音を立てて揉み上げが引き千切られていく。
子れいむは体を捩って少女から逃れようとするが、逆にそのせいで自ら揉み上げを引っ張る事になり苦しむ。
少女は揉み上げを完全に引き千切ると、子れいむの目の前にワザとらしくチラつかせてから地面に捨てると、そのまま何度も踏みにじった。

「ゆあ………あ…あ…あ…れーみゅのぴこぴいこしゃん…ゆえぇぇ……えぇ……」

リボンに続いて揉み上げと、れいむ種のシンボルともいえる物を二つも失った子れいむ。
流石に答えたのか、ガタガタと震えながらも見上げの残骸を見つめてポロポロと涙を零す。

「あーそうそう。こういう可哀想な私、みたいな仕草もきらいなのよ。全然可愛くないのよ」

「ゆえぇ…なにいっちぇるの…?れーみゅは…かわいしょーで…かわいいよぉ…ひぐっ…ゆっぐ…ぐ…」

「あら?やっぱりそれって、悲しんでるふりなの?だかられいむって、可愛くないのよね」

少女はため息をつくと、子れいむの口を足で踏み潰した。
子れいむは一瞬両目を飛び出さんばかりに見開くが、叫び声を上げる前に口が潰されてしまい、ただ痛みに身を震わせるしかなかった。

「どう?これでもまだ可愛いの?こんなのが?」

少女は親れいむを足で蹴飛ばし問いかける。

「ゆごぉぉ?!なにずるのぉぉぉぉ?!れいむのかわいいおかおに、きずがつくでしょぉぉぉぉ?!」

「いいから答えなさい!これでも、このゴミは可愛いの?」

「ゆっ?!」

蹴られた事に腹を立てて文句を言う親れいむ。
だが、少女に凄まれて思わず身を縮め、ボロボロになった子れいむを見て思考停止する。

「ゆゆ?なに、このきたないゆっくりは?こんな、ぜんぜんゆっくりしてないのが、かわいいわけないよ!このごみをさっさとかたづけてね!そしてれいむをかってね!!」

「そう…やっぱりれいむってそうなのね…そういう所も可愛くないわ」

グチャ!

「びゃ!」

少女は親れいむの返答に呆れた様にため息をつくと、そのままジャンプして親れいむの頭に着地した。
親れいむは呻き声を上げると、両目と口とあにゃるから餡子を飛び散らせて動かなくなった。

「あーあ…これ、全部片付けないと駄目なのかなぁ…れいむって、死ぬ時も可愛くないのよね…汚いのよねぇ…」

少女はだるそうにそう言うと、親れいむの残骸と子れいむを近くのゴミゆっくり箱に捨てた。
辛うじて生きていた子れいむは、ゴミゆっくり箱の中で死ぬまで涙を流していた。





ゆっくりいじめSS・イラスト ※残虐描写注意!コメント(9)トラックバック(0)|

≪前の記事 赤ゆ危機一髪
≫次の記事 まりちゃのたからもの

コメント

4245:腐女子

秘密結社鷹の爪の総統のあそこ舐めたい                                        小学生腐女子ww

2013/02/09 21:52 | ねきゅー☆ #- URL [ 編集 ]
4251:

『能ある鷹は爪隠す』って言葉知ってるか?

本当に可愛い奴はむやみやたらに可愛い所を見せないし、ましてや、自分が世界一可愛いとか言わないから。

人間だって自分が一番とか思ってる奴の底辺なんてたかが知れてるしな。

2013/02/10 02:15 | ゲス専門の虐待お兄さん #- URL [ 編集 ]
4259:

この少女の意見に全面同意せざるを得ない
れいみゅうぜぇー

2013/02/10 05:18 | 名無しさん #- URL [ 編集 ]
4266:

マジレスかっけーwww

2013/02/10 17:54 | 名無しさん #- URL [ 編集 ]
4274:

少女(CV田村ゆかり)で再生されたw

2013/02/11 05:30 | 名無しさん #- URL [ 編集 ]
4281:

全れいむ種に見せてやりたいなこれ

2013/02/11 22:28 | きめぇ丸を愛でる者 #- URL [ 編集 ]
4297:

この少女飼いたい←

2013/02/12 20:48 | 名無しさん #- URL [ 編集 ]
6250:

↑おいこら、仲良くなりたいなら分かるが飼いたいってどういうこっちゃ

2013/04/21 19:30 | 名無しさん #- URL [ 編集 ]
7364:

無能のれいむオンリーの可能性大だけどこの少女はレベルの高い御姉惨だね(ニッコリ)
リボン+もみ上げのゆっくり精神責めコンボは鬼威惨は大好物なので少女にはすっきり~させてもらったよ

2013/05/27 09:16 | 新人鬼威惨 #- URL [ 編集 ]

コメントの投稿

名前
題名
メールアドレス
URL
コメント

パスワード
Secret
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

ブログ TOP