FC2ブログ
TAG index

プロフィール

kubota.K

Author:kubota.K
~サイト概要~

2chのスレやゆっくりスレ、話題の記事ややる夫AAシリーズ等、気になった記事を総合的にまとめるサイトです!

よろしくお願いします!

about

『BuZZ Plus News』
バズプラスニュース

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

やる夫でドラクエ6(完結) (37)
ゆっくりいじめSS・イラスト ※残虐描写注意! (966)
ゆっくり愛でSS・イラスト (662)
やる夫でGPM(完結) (46)
やる夫が遺跡を守るようです(完結) (57)
実装石虐待系作品 (119)
やる夫がヒットマンになるようです(完結) (15)
やる夫が3つの珠を探すようです(完結) (26)
やる夫はリィンバウムに召喚されたようです(サモンナイト) (53)
やる夫がヴァレリアを平和にするようです (7)
やる夫は人気作者になりたいようです (2)
【クマー】二人の秘密【澪】(完結) (4)
やる夫が大破壊後を生き抜くようです(メタルマックス・第一部完) (11)
やる夫達は文化祭でバンドるようです(完結) (27)
やる夫達は広島でB級グルメを食べ尽くすようです(完結) (13)
やる夫とやらない夫で月旅行に行こう(完結) (18)
やる夫とやらない夫と漫画家シリーズ(完結) (12)
やらない子の周りは中2病患者(完結) (12)
【DTB】 契約者やらない夫  ―荒野の春紫苑― 【オリジナル】 (6)
DIOえもん(完結) (6)
そっきょうたんぺんすれ(完結) (8)
風魔のやる夫 (5)
東京が死んで、やる夫が生まれた(真・女神転生Ⅲ) (14)
ファイやる夫ムブレム(再録) (16)
やる夫が囲碁の幽霊に会うようです (3)
やる夫は誰かを助けるのに理由はいらないだそうです(FF9) (17)
やる夫たちの周りには愛が満ち溢れているようです (3)
やる夫の屍を越えてゆけ(俺の屍を超えてゆけ) (6)
その他やる夫短編 (58)
スレまとめ(事件) (1)
スレまとめ(ニュース) (36)
スレまとめ(趣味) (82)
SS (21)
しぃ系AA作品(虐待・虐殺) ※残虐描写注意! (88)
南ことり (21)
のんたぬ (0)
雑多 (1983)
管理人からのお知らせ (11)
未分類 (18)
う虐 (2)








検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

2330:浜辺にて

2013/02/10 (Sun) 05:00
波打ち際に置かれた三つの丸い塊が、まるで死んだ魚のような輝きを失った目で海を見ている。
哀愁に満ちた表情で自分達の不幸を嘆き、その不幸に酔っているかの様に黄昏ている野良ゆっくりの親子。
寄り添うように子れいむと子まりさが、親れいむにもたれ掛かる。

「おちびちゃん…おかーさんもいっしょだからね…こわくないよ…」

「ゆっくち…」

自分達はこの世でもっとも可愛そうな悲劇のヒロイン。
そんな顔をして悲しそうに涙を零す。




ザザザー

小さな波がそんな親子のあんよをくすぐる。

「………ゆっびゃぁぁぁぁ?!がらいぃぃぃ!いだいぃぃぃぃぃぃ!じみるぅぅぅぅぅぅ!!なにごれぇぇぇぇ?!なんなのこのおみずさんはぁぁぁ?!」

「ゆっびゃぁぁぁぁぁ!しょっばいぃぃぃぃ!いだいぃぃぃぃぃぃ!れーみゅ、しんじゃうぅぅぅぅ!!」

「びゃびゃぁぁぁぁ?!がらいのじぇぇぇぇぇぇぇぇ!これどくはいっちぇるぅぅぅぅぅ!!」

一瞬驚いた表情で固まっていた親子は、突然息を吹き返したかのように騒ぎ出す。
皮が少し干乾びていたせいか、海水の吸収が良かったようだ。
子まりさと子れいむは血走った両目を飛び出さんばかりに見開いて、涙と涎を撒き散らしながらグネグネと動いて苦しがる。
親れいむは大きい分多少余裕があるのか、顔を歪めて泣いているくらいだが、先ほどの半死の顔が嘘の様に生き生きとしている。

ザザー

「ゆっぎゃぁぁぁぁぁぁぁ!じみるぅぅぅぅぅぅぅぅ!!」

再び押し寄せる波。
親子ゆっくりは尻をブリブリと振りながら、慌てて波から逃げようとする。
だがそれよりも速く、波は親子ゆっくりに襲い掛かる。

「ゆっびぃぃぃぃぃぃぃぃぃ!じゃっばぁぁぁぁぁぁぁ!!」

「がびゃ!ゆびゃ!げっばぁぁぁぁぁぁ?!」

親れいむは背中に波を受け押し流され、子ゆっくり達は波に飲まれてコロコロと転がり海の方に吸い寄せられていく。

「ゆっびゃぁぁぁぁぁ!からいおみじゅしゃん、やだぁぁぁぁぁぁ!れーみゅ、じにだぐないぃぃぃぃ!!おかーしゃん、たすけでよぉぉぉぉぉぉ!!」

「まりちゃのおぼーち!おぼーちどこいっだのおぉぉぉぉ!ゆんやぁぁぁぁぁぁぁ!!かえしぇぇぇぇぇぇ!ゆっくちできにゃいのじぇぇぇぇぇ!!」

皮が少しふやけたせいで、這いずる速度が遅くなる。
それでも必死に波のこない所を目指して、ズリズリと体を引きずる子れいむ。
子まりさは無くなった帽子を必死に探そうと、その場でグネグネと体を動かす。
親れいむはそんな子ゆっくりを見て、慌てて助けに戻ろうとする。

「まっででねぇぇぇぇ!おちびちゃんは、おかーさんがたすけ、ゆげぼごべげぼぼぉ?!」

大きく口を空けて海に向かって跳ねていく親れいむ。
そのせいで大量の海水を飲み込んでしまい、両目をぐるぐると回しながらもがき苦しむ。

「ゆげぼごぉぉぉぉ?!いやだぁぁぁぁぁ!じにだぐないぃぃぃぃ!こんなじにがだはいやだぁぁぁぁ!もっどゆっぐりじだいぃぃぃ!!」

海水と一緒に餡子を吐き出すと、子ゆっくりには目もくれずに海から少しでも離れようとする親れいむ。
一方、子まりさは波に弄ばれるように、押し流されたり吸い寄せられたりを繰り返す。
子れいむは波にさらわれて、流され始める。
揉み上げを必死にワサワサと動かすが、それも空しく沈んで見えなくなる。

「でいぶはじにだぐないぃぃぃぃぃ!ここはゆっぐりできないぃぃぃぃぃ!!」

「まりちゃ…もっどゆっくちしちゃい…しにちゃくにゃい…ゆっくち…ゆっぼげごべげち!」

自然の力に翻弄される親子ゆっくり。
それほど風もなく、海も荒れてはいない。
しかしゆっくりを死に至らしめるには十分すぎる自然の暴力。
数分前に私に向かって死にたいとか、殺して欲しいと私に悲願してきた野良とは思えない。
それ程、彼女達は生に執着していた。
輝いていた。

「ぐる…な…いだい…ゆげぼごべご?!…でいぶは…いぎるんげぼごべ?!…もっとゆっくりずる…んだ!…じんでだまる…か…ゆべごげべぼごぼ?!」

あんよがふやけて動けなくなったのか、親れいむはその場で固まったように動かなくなる。
悔しそうに歯を食いしばり、真っ赤に晴れ上がった両目は睨むように陸地を見据えている。

「ゆべべごげぇぇぇ?!ゆびょ!ぶびょぉぉぉぉぉ!」

子まりさが餡子を口とあにゃるから大量に噴出させると、そのまま動かなくなった。
波はぺらぺらになった子まりさの皮を、周囲に散らばった餡子と共に海へと運んでいく。

「だずけ…で…じにだぐ…ない…おねがいじば…」

親れいむの髪の毛が海草のようにどろどろと溶け、皮もふやけて崩れだす。

「貴方達も一応『生きている』じゃなかったかしら?死にたいって言ってなかったかしら?もう諦めて海に還りなさいな、生命のふるさとよ。死ぬには良い場所よ?」

「やだ…やだ…もっどゆっくりじだ…ゆっくりじだ…ゆっぐり………」

波は動かなくなった親れいむを少しずつ崩して、自然に還していった。





ゆっくりいじめSS・イラスト ※残虐描写注意!コメント(6)トラックバック(0)|

≪前の記事 お飾り遊び
≫次の記事 赤ゆ危機一髪

コメント

4260:

こういう自然の虐待は結構好き
良かったです。

2013/02/10 05:41 | ゆ虐バレッタ #- URL [ 編集 ]
4264:

海さんはとてもゆっくりできるよ!

2013/02/10 16:23 | 名無しさん #- URL [ 編集 ]
4265:

海「やめてください、汚れてしまいます」

2013/02/10 17:10 | 海 #- URL [ 編集 ]
4268:

海は広いぜ大きいぜ
汚饅頭くらいじゃびくともしねぇさ

2013/02/10 20:49 | 名無し #- URL [ 編集 ]
4334:

救いようのねぇアホ袋だな

2013/02/14 09:05 | 名無しさん #- URL [ 編集 ]
4422:

うん、これは短いけど好き
こんな糞饅頭が自殺目的で神聖な海を穢すとか絶対に許さないよ
まあ死んだけど

2013/02/18 02:37 | 名無しさん #- URL [ 編集 ]

コメントの投稿

名前
題名
メールアドレス
URL
コメント

パスワード
Secret
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

ブログ TOP