FC2ブログ
TAG index

プロフィール

kubota.K

Author:kubota.K
~サイト概要~

2chのスレやゆっくりスレ、話題の記事ややる夫AAシリーズ等、気になった記事を総合的にまとめるサイトです!

よろしくお願いします!

about

『BuZZ Plus News』
バズプラスニュース

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

やる夫でドラクエ6(完結) (37)
ゆっくりいじめSS・イラスト ※残虐描写注意! (966)
ゆっくり愛でSS・イラスト (662)
やる夫でGPM(完結) (46)
やる夫が遺跡を守るようです(完結) (57)
実装石虐待系作品 (119)
やる夫がヒットマンになるようです(完結) (15)
やる夫が3つの珠を探すようです(完結) (26)
やる夫はリィンバウムに召喚されたようです(サモンナイト) (53)
やる夫がヴァレリアを平和にするようです (7)
やる夫は人気作者になりたいようです (2)
【クマー】二人の秘密【澪】(完結) (4)
やる夫が大破壊後を生き抜くようです(メタルマックス・第一部完) (11)
やる夫達は文化祭でバンドるようです(完結) (27)
やる夫達は広島でB級グルメを食べ尽くすようです(完結) (13)
やる夫とやらない夫で月旅行に行こう(完結) (18)
やる夫とやらない夫と漫画家シリーズ(完結) (12)
やらない子の周りは中2病患者(完結) (12)
【DTB】 契約者やらない夫  ―荒野の春紫苑― 【オリジナル】 (6)
DIOえもん(完結) (6)
そっきょうたんぺんすれ(完結) (8)
風魔のやる夫 (5)
東京が死んで、やる夫が生まれた(真・女神転生Ⅲ) (14)
ファイやる夫ムブレム(再録) (16)
やる夫が囲碁の幽霊に会うようです (3)
やる夫は誰かを助けるのに理由はいらないだそうです(FF9) (17)
やる夫たちの周りには愛が満ち溢れているようです (3)
やる夫の屍を越えてゆけ(俺の屍を超えてゆけ) (6)
その他やる夫短編 (58)
スレまとめ(事件) (1)
スレまとめ(ニュース) (36)
スレまとめ(趣味) (82)
SS (21)
しぃ系AA作品(虐待・虐殺) ※残虐描写注意! (88)
南ことり (21)
のんたぬ (0)
雑多 (1983)
管理人からのお知らせ (11)
未分類 (18)
う虐 (2)








検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

2604:食物連鎖(仮題)

2013/06/28 (Fri) 20:00
1/12 Name 朴Q 13/06/23(日)22:54:24 ID:qE.QiP9k No.1041238 del

いつもより早く起きて、かばんの中身を確認する
ハンカチ、ティッシュ、遠足のしおり、筆箱、虫かご
お弁当と水筒以外、全部入ってる
先月から楽しみにしてた遠足がついにやってきた
朝ごはんを食べる時間ももったいなく感じて大急ぎで口に詰め込み、お茶で飲み込む
「ちゃんと噛まないと身体に悪いわよ?」
はいはい、わかってますよ
毎日聞いてるママの小言なんて聞いてる時間はもちろん無い

「ちゃんと先生の言うこと聞いて、しっかり勉強してきなさいよ
 勝手にふらふら歩いてはぐれちゃだめよぉ」
後ろから玄関先で見送るママの声が聞こえたが、僕は無視して自転車をこいだ
もう小六なんだから、わざわざ出てこなくてもいいのに
こんなところ、誰かに見られたら笑われちゃうよ


2/12 Name 朴Q 13/06/23(日)22:55:07 ID:qE.QiP9k No.1041239 del

学年全員で学校をバスに乗って、しばらく経つと目的地の大きな川原に着いた
「はい、全員居ますね?
 それじゃぁ、お昼まこの近くで生き物を探してください」
先生の言葉が終わる前に、僕は近くの草むらに向けて駆け出した
虫採りの鉄則はスタートダッシュだ
誰も探してない場所じゃないと良い虫は採れない
同じことを考えたのか、僕以外にも数人の男子が草むらを掻き分けている
「ちょっと男子ぃ、勝手なことしないでよぉ」
女子たちが何か言ってるけど、気にしてられない
一番大きくて珍しい虫を探さないとヒーローになれないんだから
勉強ができるわけでも足が速いわけでもない僕がヒーローになれるのは、虫採りだけなんだから


3/12 Name 朴Q 13/06/23(日)22:55:27 ID:qE.QiP9k No.1041240 del

藪の向こうから聞こえてくる話し声を聞いていると、まだ誰も珍しい虫は見つけていないみたいだ
今、何か捕まえれば目立つことができる

もしかしてオオカマキリでも居ないかとスズメガヤの株を蹴ってみると
『デデッ』
という声とともに一匹の野良実装が飛び出してきた
なんだよ、公園だけじゃなくてこんなところにも居るのかよ
実装石なんて珍しくもなんともない
こんなの虫かごに入れてても、アリと大差ないよ

野良実装を無視して他の場所を探そうとすると、足に何かがぶつかった
地面を転がるそれは、季節外れのジュズダマの実
投げつけてきたのは、さっきの野良実装


4/12 Name 朴Q 13/06/23(日)22:56:12 ID:qE.QiP9k No.1041242 del

『デッシャアアァァァ!!』
と威嚇の声を出しながら、野良実装は僕に向けて手近に落ちている草の実や石を投げつけてくる
非力で不器用な実装石の投げつけてくる物なんて当たっても痛くないけど、
どこにでも居るような奴にナメられるのは癪に障る
「おい、やめろよ
 お前みたいな奴に威嚇されても怖くないし、鬱陶しいだけなんだよ」
手近な枯れ枝で追い払おうとしたが、野良実装は威嚇を止めない
それどころか、余計にヒートアップして小石をぶつけてくる

こっちは言葉で言ってるのに、しつこく攻撃してくるような奴に容赦はいらない
僕は足元に落ちていた握り拳ぐらいの石を拾い上げ、野良実装の頭に向けて思いっきり投げつけた
『デギョァ』
という変な鳴き声を出して、頭に石がめり込んだ野良実装は動かなくなった

…これだけ騒いだら、珍しい虫どころかバッタすら逃げちゃっただろうな


5/12 Name 朴Q 13/06/23(日)22:56:58 ID:qE.QiP9k No.1041243 del

がっかりしながら草むらを掻き分けて奥へ向かうと、また野良実装が出てきた
「テチャ?」
「レフェ?」
今度は蛆実装を抱いた仔実装だ
なんだよ、この草むらには実装しか居ないのかよ
げんなりしながら振り返り、元来た道を引き返す
何も居ない所に時間をかけるより違う場所を探したほうがいい
これが虫採りの鉄則その2
しかし、大事な出出しをしくじった僕は良い虫を見つけることができず、
結局は数匹のバッタと小さいカナヘビを捕まえただけで時間切れとなった
しかも、勝手なことをしすぎだと女子から文句まで言われた
全部あの野良実装のせいだ
本当に鬱陶しい奴だよ
弱っちいくせにぞろぞろ出てきやがって
あんな奴ら、カラスかイタチにでも食い尽くされればいいんだ


6/12 Name 朴Q 13/06/23(日)22:57:31 ID:qE.QiP9k No.1041245 del

次の日、午後の授業は遠足で見つけた生き物の発表だった
「それじゃぁ、この時間は班毎に何を見つけたのか言い合ってまとめてください
 次の時間に班毎に発表してもらいます」
トンボが居た、ツバメが飛んでた、バッタを捕まえた
ざわざわと騒がしいクラスの中で色々な生き物の名前が飛び交う
どれもこれも近所の公園にも居るたいして珍しくない名前ばっかり。
ぼんやりと耳から入ってくる名前を聞き流していると、班長とその友達が
「誰かさんが勝手に遊んでる間に、私たちキツネ見つけたもんね」
と言い出した
嘘つくなよ、山でもない場所にキツネなんて居るはずないよ
そう言うと、
「嘘なんてついてないもん
 本当に居たよねぇ」
「うん、私たちちゃんと見たよ」
と言い返された


7/12 Name 朴Q 13/06/23(日)22:58:11 ID:qE.QiP9k No.1041246 del

なんだよそれ、こっちは必死になって草むらの中を探しても何も採れなかったのに、
なんでその辺を歩いてただけの奴にキツネが見つけられるんだよ
僕は納得いかなかったが、これ以上文句を言うと帰りの会で吊るし上げに会いそうなので黙っていた

そして発表の時間
先生は僕たちが見つけた生き物の名前を黒板に書いていく
ミミズ、バッタ、チョウ、トンボ、トカゲ、カエル、ツバメ、トンビ、そしてキツネ
「みんな色々見つけましたね
 他の生き物を見つけた人は居ますか?」
先生はクラスを見回して聞いてきた
「そういえば、草むらの中に実装石が居ました」
「それ、俺も見たぞ
 死んだ親実装に抱きついて泣いてたな」

…あの野良実装のことだ


8/12 Name 朴Q 13/06/23(日)22:58:54 ID:qE.QiP9k No.1041247 del

先生は、トンボとカエルの間に実装石と書き加えた
「せんせぇ、なんで真ん中に書くんですか?」
誰かが聞いた
「実はね、この名前の順番にはちゃんと意味があるのよ
 誰かわかる人は居る?」
なんだろう?お前、わかる?
そんなささやきが聞こえてくる
どうしてみんなはこんな簡単なことがわからないんだろうか
僕は手を上げて、強い順番だと思います、と答えた
「そのとおり、と言いたいけど、半分だけ正解ですね
 これは食べる順番に並んでいます」
なんだ、間違ってないじゃん
「ミミズや小さい虫をカエルやトカゲが食べて、そのカエルやトカゲをトンビやキツネが食べます
 そして、そのトンビやキツネが死ぬと草やミミズの栄養になって、草をバッタやチョウが食べます
 これは食物連鎖と言って、自然の中で回るサイクルですね」


9/12 Name 朴Q 13/06/23(日)22:59:36 ID:qE.QiP9k No.1041249 del

「この食物連鎖の面白いところは、食べられる側の生き物ほど数が多いことです
 たくさんの虫をカエルやトカゲが食べて、それを数が少ないトンビやキツネが食べます
 この数はだいたいいつも決まっていて、
 食べる側が増えすぎると餌が足りなくなるのでその数が自然に調整されるようになっています」

なるほど、だからカマキリは数が少ないのか

「それでも、食べられる側がいつもおとなしいとは限りません
 誰だって食べられたくはありませんからね
 バッタやチョウは周りの色にまぎれて見つかりにくくしていますし、
 トカゲやカエルは敵が来てもすぐ逃げられるように巣穴や水の近くで生活します
 けれど、実装石は他の生き物にない行動をするんですよ」

実装石って何かできたっけ?
生ゴミを漁ってデスデス鳴いて、人間に迷惑かけるイメージしかないんだけど


10/12 Name 朴Q 13/06/23(日)23:00:21 ID:qE.QiP9k No.1041251 del

「実装石はダンボールや落ち葉なんかで巣を作って子育てしますが、
 巣に子供がいる時にキツネやネコみたいに自分より大きくて強い相手が近づいてきたら、
 親実装はわざと敵の注意をひきつけて巣から興味をそらさせることがあるそうですよ」
先生の言葉を聞いて、クラスがざわめく
「嘘だぁ、兄ちゃんが実装石飼ってるけど、そんなことしないよ」
「うちのミドリちゃんなんて、自分の子供食べちゃった」
「グズでノロマな実装石が本当にそんなことできるの?」
口々に疑問が湧いて出る
「そうですねぇ、人に飼われている実装石は野生に比べて子供を育てやすいので、
 そういうことをする子も多くなりがちですね
 でも、野生で同じことをしていたらどうなるでしょうか?
 自分の子供を守らなければ、誰かに食べられてしまいます
 そうなれば、この地球から実装石は居なくなってしまうでしょう」


11/12 Name 朴Q 13/06/23(日)23:01:47 ID:qE.QiP9k No.1041253 del

「でも、自分に注意を向けている間に子供が逃げ出せれば、
 生命力と再生力の高い親が死なない程度に食べられて相手が満足すれば、
 子供が生き残る確立は大きく上がりますね」
さっきまでにこやかだった先生の顔から、いつのまにか笑みが消えていた
「野性の世界を生き抜くというのは、それだけ厳しいことなんです
 もし、親がそのまま食べられてしまえば、子供は誰にも守ってもらえなくなります
 自力で餌を取るどころか、身を守ることすらできない子供だけで生きていけるほど、
 野生の世界はやさしくありません
 けれど、それだけの危険を犯さなければ生き残ることもできないんです」
クラスはしんと静まり返り、終業を告げるチャイムの音が妙に大きく聞こえた


12/12 Name 朴Q 13/06/23(日)23:02:17 ID:qE.QiP9k No.1041255 del

「はい、 ちょっと難しい話になってしまいましたが、今日の授業はここまで
 皆さんのまわりに居る生き物でも、少し調べてみたら面白い発見があるかもしれません
 その生き物は、動物園の天然記念物よりもあなた達に何かを教えてくれるかもしれません
 先生、自分の目で見て感じたことの方が学校の勉強なんかより大切だと思います
 もし今日の授業で興味を持った人がいたら、図書室の本で調べてみるといいかもしれませんね」

学校が終わり家に帰る間中、ずっと考えていた
珍しい虫だけじゃなくて、普通に居る虫や実装石も大切な存在なのか
僕がずっと信じてきたことは間違っていたのか
それとも、やっぱり正しいのか
たぶん、誰も正解なんて知らないんだろう

とりあえず、僕は今日も虫採りに出かけるだろう
先生が言っていたように、何が正しいのか自分で見て感じて確かめるために

実装石虐待系作品コメント(2)トラックバック(0)|

≪前の記事 アクアポール
≫次の記事 ゆ文字

コメント

8304:

これは感動するべきなのかねえ
いや、その必要は無さそうだ
だって実装石嫌いだもん

2013/06/28 21:55 | 名無しさん #- URL [ 編集 ]
12579:

あんなのが現実にいたら、色々問題になるよな。

2013/12/01 21:36 | 名無しさん #- URL [ 編集 ]

コメントの投稿

名前
題名
メールアドレス
URL
コメント

パスワード
Secret
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

ブログ TOP