FC2ブログ
TAG index

プロフィール

kubota.K

Author:kubota.K
~サイト概要~

2chのスレやゆっくりスレ、話題の記事ややる夫AAシリーズ等、気になった記事を総合的にまとめるサイトです!

よろしくお願いします!

about

『BuZZ Plus News』
バズプラスニュース

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

やる夫でドラクエ6(完結) (37)
ゆっくりいじめSS・イラスト ※残虐描写注意! (966)
ゆっくり愛でSS・イラスト (662)
やる夫でGPM(完結) (46)
やる夫が遺跡を守るようです(完結) (57)
実装石虐待系作品 (119)
やる夫がヒットマンになるようです(完結) (15)
やる夫が3つの珠を探すようです(完結) (26)
やる夫はリィンバウムに召喚されたようです(サモンナイト) (53)
やる夫がヴァレリアを平和にするようです (7)
やる夫は人気作者になりたいようです (2)
【クマー】二人の秘密【澪】(完結) (4)
やる夫が大破壊後を生き抜くようです(メタルマックス・第一部完) (11)
やる夫達は文化祭でバンドるようです(完結) (27)
やる夫達は広島でB級グルメを食べ尽くすようです(完結) (13)
やる夫とやらない夫で月旅行に行こう(完結) (18)
やる夫とやらない夫と漫画家シリーズ(完結) (12)
やらない子の周りは中2病患者(完結) (12)
【DTB】 契約者やらない夫  ―荒野の春紫苑― 【オリジナル】 (6)
DIOえもん(完結) (6)
そっきょうたんぺんすれ(完結) (8)
風魔のやる夫 (5)
東京が死んで、やる夫が生まれた(真・女神転生Ⅲ) (14)
ファイやる夫ムブレム(再録) (16)
やる夫が囲碁の幽霊に会うようです (3)
やる夫は誰かを助けるのに理由はいらないだそうです(FF9) (17)
やる夫たちの周りには愛が満ち溢れているようです (3)
やる夫の屍を越えてゆけ(俺の屍を超えてゆけ) (6)
その他やる夫短編 (58)
スレまとめ(事件) (1)
スレまとめ(ニュース) (36)
スレまとめ(趣味) (82)
SS (21)
しぃ系AA作品(虐待・虐殺) ※残虐描写注意! (88)
南ことり (21)
のんたぬ (0)
雑多 (1983)
管理人からのお知らせ (11)
未分類 (18)
う虐 (2)








検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

2865:おやさいやるよ

2013/12/07 (Sat) 08:00
「むーしゃむーしゃ、しあわせーっ!」

畑に行くとまりさが俺の畑を荒らしていた。
正確にはまりさ一家だ。

「ゆゆっ!!に、にんげんさん……」
「ゆぴぃー!!にんげんしゃんこわいよぉおおおおおおお!」

まりさ達は俺に気づいた様だが、罵ってこない辺りに人間とゆっくりの差を理解しているようだ。
それどころか。

「にんげんさんごめんなさい、まりさはどうなってもいいからおちびちゃんだけは!!」
「おとーしゃん!!」

まりさは泣きながらゆっくりによる土下座を行った。
ここで潰すのは簡単だが、俺の脳内を何かがピキーンと駆け巡った。

「お前らどうして畑を荒らした?」
「ゆゆっ!……むしさんもくささんもぜんぜんなくて、むれのみんなもおなかぺーこぺーこで、ごめんなさい!」
「ごめんなしゃい!!」

餌が尽きたのか、なら尚の事に好都合だな。

「そうか可哀相に、もしよければ群のみんなにご飯をやろう」
「ゆ!?……でも……おにーさんのおやさいさんをたべておいてなんだけど……むれにおにーさんをつれていくのは……」

ゆっくりなのに警戒心とかすげぇな、でも計画を遂行するにはむしろゲスのが楽だったかも知れない。
しょうがないからここでちょっとばら撒くか。
俺はポケットからクッキーを取り出すと、赤まりさに与えた。

「お、おにーさん!」
「ゆゆ、むーちゃーちゃー!」
「おちびちゃん、たべちゃだめぇええええええええええ!!」

毒入りとか警戒しているのか、本当に凄いまりさだな。

「まりさ、そのクッキーに毒はないよ、あとどうして俺がお前の群を助けるかって言うと、お前のようなゆっくりが来られると迷惑だからだ」
「ゆゆゆ……そうだね、まりさいがいにもにんげんさんのはたけにこようってゆっくりはたくさんいるよ……」
「じゃあ案内してくれるな?」
「ゆ!わかったよ!」

そうしてまりさはホイホイと俺を案内するのだった。

「と言うわけでクッキーやるよ」
「「「「「ゆっほーい!!」」」」」

ゆっくりらしからぬ叫び声と共に群のゆっくりが一斉に飛びつく。
しあわせーっ!ならまだしもうめっうめっ、めちゃぱねぇ!は見ていて気分が悪くなる。
微妙に目を背ける俺の元に、一匹のデブ……でかいれいむがやってきた。

「おにーさんありがとう、でもほんとうにいいの?」
「ああ、むしろこれからは畑とか荒らすなよ」
「うん、にんげんさんにめいわくをかけないようにがんばるよ!」

こうして俺は群のゆっくりが満足するのを見届けた後、山を降りるのであった。




2週間後




「そろーり、そろーり」
「ちょろーり、ちょろーり」

ちょろーりってなんだよ、何か漏れてるのかよ。
畑を耕していると、久しぶり……と言っても一週間しか経ってないが、ゆっくりの声が聞こえた。
見渡すと案の定ゆっくりの家族、と言うか前のまりさ一家じゃねーか。

「みんなゆっくりしてね、おにいさんにはもうしわけないけど、ゆっくりおやさいをたべるよ!」
「ゆっきゅりりかいしたよ!」
「いち、にの、ゆっくりー!!」

普通に俺が眺めているにも関わらず、遠慮なく大根の葉に喰らい付くまりさ。
しかし前回のようにはいかないようで……

「ゆゆゆゆ!に、にがいいいいいいいいい!」
「ゆっきゅりできないぃぃぃいいいいいい!」

☆ 大 成 功 ☆
俺は早速まりさ達にインタビューを始めた。

「ねぇねぇ、どんな気持ち?」
「ゆゆっ!?おにーさん!!ご、ごめんなさい!!」

まりさは早速お得意の土下座を始める。
しかし今はそんなものどうでも良い。

「はいはい、で?今回はどうしてきたんだ?」
「そ、その……やっぱりむしさんやくささんがぜんぜんふえなくて……」

だろうな、一週間程度で自然体系が代わってたまるか。
まぁ代わったとしても結果は同じだろうけど。

「なるほど、それでまた俺の畑に来たと」
「ご、ごめんなさい!!」

再度土下座に勤しむまりさ。
そこで俺は救いの手を差し伸べる。

「いいよ、困った時はお互い様だ好きなだけ食べるといいさ」
「ゆ!おにーさん!?」
「さぁどうぞ」

俺は右手でフランス人がするようないらっしゃいませのポーズをとる。
しかしまりさ達は動こうとはしなかった。

「お、おにーさん……だいこんさんはゆっくりできないよ」
「どうして?前は美味しそうに食べていただろ?」
「ゆぅ……何だか苦くてゆっくりできないよ」
「知らんがな」

涙目のまりさを尻目に俺は畑仕事に戻る。
俺の作戦はもう終わっている、後はゆっくり壊滅していってね。

「おにーしゃん!このまえのくっきーさんをちょーだい!」

お通夜状態のまりさ一家だったが、赤まりさが大声で何か叫びだした。
むしろ予定通りの反応だ。

「ゆ、おにーさん、まりさもくっきーさんがほしいよ……」
「わかってるよ、ぶっちゃけ餌が取れないってのもそうだけど、周辺の草や虫を食べれなくなったってところだろ?」
「ゆ……」

図星のようだ。
まりさは俯き泣き出してしまった。

「ゆぅうううう、おにーさんにくっきーさんをもらってから、むしさんやくささんもちょっとだけふえてきたんだよ!でも……でもむーしゃむーしゃしてもちっともおいしくないんだよ!!」
「知ってるよ」
「ゆっ!?」
「だってクッキーなんて食べたら草も……虫は知らないけど甘くはないだろうから、お前らの甘み至上主義的な舌じゃ食べれなくなるに決まってるわな」
「ゆ、じゃあくっきーさんを……」
「やなこった」
「ゆっゆっ!?」

俺の回答が意外だったのか、まりさは目を見開いて呆然としている。
きっとまりさ的には優しいお兄さんだったんだろうな。

「だって俺の目的はお前らが畑の野菜を食べれなくする事だし。 現にお前らは大根の葉をまずいと思っただろ?」
「ゆぐっ!は、はたけさんにはもうはいらないよ!だからくっきーさんを……」
「別にそんな宣言いらないし、もうお前らが畑を荒らせないのもわかってるしさ」

徐々にまりさの顔が赤くなっていく、どうやら怒っているようだ。

「お、お、おにーさんのせいでしょぉおおおおおおお!」
「そうだよ、これでもう畑を荒らされる事ないし」
「まりさやむれのみんなはどうしてくれるのぉおおおおおおおお!!」





「知らんがな」





俺は泣きじゃくるまりさを放置し、畑を耕すことにした。
赤まりさ達が一生懸命に親まりさに話しかけるも、完全に上の空状態だ。

「ああ、この村は畑はオープンだけど家は結構しっかり戸締りしてるからな、家を荒らしてクッキーを探すとか無理だと思うよ」

まりさがビクンッと動く、どうやら家荒らしも考えていたようだ。




さらに数日後。
俺は元々あったゆっくりの群を尋ねた。
そこには阿鼻叫喚のゆっくり餓死祭が大盛況の元に行われていた。

「お、おにーさん……」

俺の足元に一匹のガリガリれいむが現れる。
ゆっくりは飾りで見分けがつくらしいが俺には無理だ、しかし伸びきった皮のサイズからあのデブ……でかいれいむだろう。

「どうしたよ?」
「お、おなかがすいて……でもくささんはおいしくなくて……おねがい、あまあまを……」

あまりの凄惨な状態に俺は少し同情し、れいむ達に生き残る可能性を教えてやった。





「知ってるか?お前らの中身ってあまあまなんだぞ?」





数週間後、山からゆっくりの群が消えた。

ゆっくりいじめSS・イラスト ※残虐描写注意!コメント(26)トラックバック(0)|

≪前の記事 はなしちぇ
≫次の記事 家出まりさの反省

コメント

12707:

でかれいむなら躊躇無く共食いしそうなのに
ガリガリになるまでやらないなんて意外だな

2013/12/07 09:31 | 名無しさん #- URL [ 編集 ]
12712:

自滅ENDですっきりー!

2013/12/07 13:45 | 名無しさん #- URL [ 編集 ]
12714:

でいぶじゃないデブれいむとは新鮮だな

2013/12/07 14:13 | 名無しさん #- URL [ 編集 ]
12717:

既に中身がなくなった餓死した連中なんて中身何もないから
この後でかれいむは自分の体をむーちゃむーちゃするんだろうな
いだい"い"い"い"ぃぃいいいいいいいいい
って叫びながらもうめぇ!ぱねぇ!って言うんだろうな
そして食べていくうちに死ぬんだ素晴らしい

2013/12/07 19:43 | 名無しさん #- URL [ 編集 ]
12718:

方向性は悪くないけど
さすがに舌が肥えた程度じゃ餓死には至らんよ普通は
そんな設定なら飼いゆ&街野良は全滅やで?

そもそも自然界にもクッキー級の甘味は存在するわけで
それ食ったからって餓死なんてせんやろ

2013/12/07 19:45 | 名無しさん #- URL [ 編集 ]
12722:

なんJ民うぜえ

2013/12/07 22:24 | 名無しさん #- URL [ 編集 ]
12724:

まあ、まずいけど他に食うもんなければガマンして食うわな
空腹には勝てん

2013/12/07 22:27 | 名無しさん #- URL [ 編集 ]
12736:

下手にちょっかいかけたせいで、腹いせに食う目的じゃなしに畑荒らししそうで放置するには怖いな

2013/12/07 23:52 | 名無しさん #- URL [ 編集 ]
12738:

自然界のクッキー級の甘味ねぇ・・・
あまり思いつかんが、あったとして、それはゆっくりの身体的能力で確保できるものなのか?

2013/12/08 00:10 | 名無しさん #- URL [ 編集 ]
12740:

自然界でのクッキー級の甘味ってなに?
蜂蜜とか樹液とか花の蜜とかは思いつくけど、花の蜜は取れたにしてもごく少量だろうし、蜂蜜とか樹液とかゆっくりの力じゃ無理だろ
それに、舌が肥えて不味い物を食う羽目になってゆっくり出来ないっていうのを理由に死んだり非ゆっくり症になる場合もあるぞ?
なんで舌が肥えただけで、飼いゆや街野良が全滅すんの?飼いゆなら大体それなり味だし、飼いで暮らしてた奴が野良になったらそら普通に死ぬだろ

2013/12/08 01:36 | 名無しさん #Xvt/OOlA URL [ 編集 ]
12743:

ゆっくりが自然界でクッキー並みのもん
見つけるとか無理に決まってんじゃんwww
ばかなの?しぬの?あたまがあーんこ!してるの?

2013/12/08 09:02 | 多魔五鬼意惨 #- URL [ 編集 ]
12747:

そうかゲスじゃないからデイブじゃなくてデブれいむっていう言い回しなのか

2013/12/08 09:17 | わろた #- URL [ 編集 ]
12754:

罪悪感は感じているあたり、このゆっくりどもはまれに見る善良だと思うのだが。

2013/12/08 19:27 | 名無しさん #- URL [ 編集 ]
12756:

自然界のクッキー級の甘みといっても
クッキーもそれほど甘くないし
ゆとり世代だからあんまし知らないけど、野いちごとかあるじゃん。

2013/12/08 20:28 | 名無しさん #- URL [ 編集 ]
12760:

花や草がほとんどないって言ってる位だから野いちごなんてないだろ

2013/12/08 22:16 | 名無しさん #Xvt/OOlA URL [ 編集 ]
12762:

>知ってるか?お前らの中身ってあまあまなんだぞ?

これ何度も見たけどめちゃくちゃだろ。こいつらしょっちゅう口からあんこを吐くし、大怪我したら
「あんこさん出ちゃだめぇ」っていうんだぜ。それをなぜ食わないかというと、同属を食ったらダメ
というモラルによるんだよ。だからモラルのない一部のゲスは同属を喰らう。

2013/12/08 23:05 | 名無しさん #- URL [ 編集 ]
12795:

>>12762
ゆっくりが、モラルと空腹を計りにかけられるほど知能が発達しているものだろうか?
人間だって、腹が減っている勢いだけで万引きに走る輩もいるというのに。

2013/12/10 02:18 | 743 #- URL [ 編集 ]
12805:

自然界でクッキーと同等の甘さの物とか、クッキーはそう甘く無いとか言ってる人は・・・
クッキーを食べた事が無いのか?、それとも、余りに甘すぎるクッキーを食べまくったせいで味覚障害になってるのか?
一応、ビターチョコクッキーとかバタークッキーとか甘さ控えめなクッキーもあるが
一般的に市販されてるクッキーは相当甘いぞw、普通クッキーに酸味は含まれて無いが、果物には、勿論、野苺にさえ酸味が存在するぞw
上のコメにもあるが、自然界のクッキーレベルの甘味なんて蜜や樹液位しか無いだろw
野いちごや野生のベリー系にしても、品種改良されてる、店で売られてる物より甘いなんて事は無いしなw

2013/12/10 16:25 | 名無しさん@ニュース2ちゃん #- URL [ 編集 ]
12806:

自然物の甘味と加工食品の甘味は別物だぞw
自然物には酸味が含まれてるからな、
酸っぱい物が苦手な人なら共感出来ると思うけど
柑橘系の果物で、この果物甘くて美味しいよって言われて食べたら、
物凄く酸っぱかった事とか無いか?

2013/12/10 16:30 | 名無しさん@ニュース2ちゃん #- URL [ 編集 ]
12812:

↑うん、ごめんね
実はクッキーあんま食ったことないし
野いちごも食ったことも無いからそんなの知らなかったんだよ
それにゆとりだからね

2013/12/10 21:17 | 12756 #- URL [ 編集 ]
12840:

???「ニンジンいらないよ」

2013/12/13 13:40 | 名無しさん #- URL [ 編集 ]
12874:

酸味があるから甘味が薄れるワケじゃないんだが・・・
これがゆとり世代ってヤツか

2013/12/15 01:22 | 名無しさん #- URL [ 編集 ]
12877:

まあ、畑を耕している農家にとっては都合がいいよね

2013/12/15 03:36 | 名無しさん #- URL [ 編集 ]
13004:

12812
ゆとりがあるから甘味も受け取れないんだねww

2013/12/20 10:46 | 名無しさん #- URL [ 編集 ]
13122:

日本だとクッキー級の甘味で自然物だと、完全に熟して落ちたドロドロの柿とかくらいかな?
季節が限られるし、虫が少し増えたってことは春か夏だろうから無理っぽいが

2013/12/23 04:49 | 名無しさん@ニュース2ちゃん #- URL [ 編集 ]
17149:

人間様が食ってる苺は品種改良の繰りか返しと底管理であそこまでの糖質を確保しているんだが・・・
野イチゴの糖質と比べられるレベルじゃないぞ・・・・

あと、ゆとり関係ないだろ。
意味も解らず使ってんのか?

2014/07/03 10:45 | 名無しさん #- URL [ 編集 ]

コメントの投稿

名前
題名
メールアドレス
URL
コメント

パスワード
Secret
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

ブログ TOP