FC2ブログ
TAG index

プロフィール

kubota.K

Author:kubota.K
~サイト概要~

2chのスレやゆっくりスレ、話題の記事ややる夫AAシリーズ等、気になった記事を総合的にまとめるサイトです!

よろしくお願いします!

about

『BuZZ Plus News』
バズプラスニュース

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

やる夫でドラクエ6(完結) (37)
ゆっくりいじめSS・イラスト ※残虐描写注意! (966)
ゆっくり愛でSS・イラスト (662)
やる夫でGPM(完結) (46)
やる夫が遺跡を守るようです(完結) (57)
実装石虐待系作品 (119)
やる夫がヒットマンになるようです(完結) (15)
やる夫が3つの珠を探すようです(完結) (26)
やる夫はリィンバウムに召喚されたようです(サモンナイト) (53)
やる夫がヴァレリアを平和にするようです (7)
やる夫は人気作者になりたいようです (2)
【クマー】二人の秘密【澪】(完結) (4)
やる夫が大破壊後を生き抜くようです(メタルマックス・第一部完) (11)
やる夫達は文化祭でバンドるようです(完結) (27)
やる夫達は広島でB級グルメを食べ尽くすようです(完結) (13)
やる夫とやらない夫で月旅行に行こう(完結) (18)
やる夫とやらない夫と漫画家シリーズ(完結) (12)
やらない子の周りは中2病患者(完結) (12)
【DTB】 契約者やらない夫  ―荒野の春紫苑― 【オリジナル】 (6)
DIOえもん(完結) (6)
そっきょうたんぺんすれ(完結) (8)
風魔のやる夫 (5)
東京が死んで、やる夫が生まれた(真・女神転生Ⅲ) (14)
ファイやる夫ムブレム(再録) (16)
やる夫が囲碁の幽霊に会うようです (3)
やる夫は誰かを助けるのに理由はいらないだそうです(FF9) (17)
やる夫たちの周りには愛が満ち溢れているようです (3)
やる夫の屍を越えてゆけ(俺の屍を超えてゆけ) (6)
その他やる夫短編 (58)
スレまとめ(事件) (1)
スレまとめ(ニュース) (36)
スレまとめ(趣味) (82)
SS (21)
しぃ系AA作品(虐待・虐殺) ※残虐描写注意! (88)
南ことり (21)
のんたぬ (0)
雑多 (1983)
管理人からのお知らせ (11)
未分類 (18)
う虐 (2)








検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

658:前もっていっておくが、オレは俊輔ファンでもアンチでもない

2010/06/26 (Sat) 11:08
29 名前: ホンモロコ(dion軍)[] 投稿日:2010/06/22(火) 01:53:27.47 ID:7fZoJ7D3
前もっていっておくが、オレは俊輔ファンでもアンチでもない
2ちゃんにも滅多に来ないが、あまりにも目に余る書き込みが多いので言わせてもらう

まず、俊輔は生粋のフットボーラーだ。これは誰しも認めると思うが、宗教のことやスポンサーとの契約云々の事実無根の話が飛び交っているのは許せない

一人のサッカー選手として議論すべき

そこで最近の俊輔だが、周知の通り、コンディションが悪く以前の切れ味はあまり見られないのも事実。
もう全盛期のプレーは見られないかもわからん。ボールもクセがあるようだし、十八番のFKも正直あてにならんだろう

ただ経験は誰よりも積んでいるし、実績も充分ある。途中交代でピッチに入れば何らかの希望が持てる数少ない選手であることは誰もが納得してもらえるだろう
ただ、現代サッカーでは、フィジカルが全てになりつつあるので、ファンタジスタと呼ばれる選手は淘汰されつつある。例えばロナウジーニョやリケルメのような存在は必要なくなってしまったからだ。

およそ俊輔もこのカテゴリーに属する選手なので、淘汰されるべき存在であることに間違いはない。それは本人も充分に理解していると思う。
昨日の試合てば岡田監督が何を期待して俊輔をピッチに送り出したかというと、後半残り15分限定ならばファンタジスタが光輝く瞬間が訪れると踏んだからだ。
そこで千載一遇のチャンスがやってきた。闘莉王から左サイドへ絶妙のロングパスが俊輔の胸に届いた
それは我々日本人の夢と希望を乗せた栄光への虹の架け橋のようでもあった。

それを胸で丁寧に受けとめて、オランダ代表の主将を小気味なステップ交わし、さあファンタジスタの出番が巡ってきたわけだ
成長著しい本田佳祐が逆サイドでフリーの状態でオランダゴール前に走り込んで来ている。
ここで日本最高のファンタジスタが選んだのは、右サイド長友へのパスだった
当然本田の姿は視野に入っていた。よしんば自らシュートを放つならまだしも、2人のマーカーに付かれてまるでノーチャンスの長友への絶望的なパスは日本の数少ない希望をねじり潰した格好になった。
本田にラストパス(10番)を送りたくないという意識表示でもあった。宗教やスポンサーなどまったく関係ない。
中村俊輔はただのクソだっただけだ。生粋のクソだった


雑多コメント(0)トラックバック(0)|

≪前の記事 王子さまは絶句しました
≫次の記事 やらない夫が遺跡に潜るようです 忘却王国編 前編②

コメント

コメントの投稿

名前
題名
メールアドレス
URL
コメント

パスワード
Secret
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

ブログ TOP